ブログに書いてなかったけど
なんだかんだと観続けてたドラマが
『タンブリング』
新体操に懸ける烏森高校のみんなと
芸能界に飛び込んでいく
若手俳優さんたちのタンブリングが
シンクロして好きだったのだ。

アタシ的には賀来賢人くんが
これから伸びてきそうな予感。
朝ドラとか出れば一発だよね。
(だって、うちの親は「ゲゲゲ」で向井くんを
大河で佐藤健くんを覚えてたよ。NHKはすごい)

あたしは高校時代バドミントン部だったのですが
たとえば国体や関東大会を目指すような
強豪校でもなく、なーーんとなくやってたのだ。
(っていうか、可愛いマネージャーポジション)
それが、いっつも自分のコンプレックスっていうか
青春を完全燃焼してないのでは…?
てね。
そんで、いま恋愛に対して
この思いが灰と化すまで燃えてやる!

原動力にもなってるんだよね。

若さって眩しい!!
ガラスの十代バンザイ!!


って若者大好き、
朝の満員電車に夏服の学生さんたちに
ドギマギして
(これってただのエロおやじ)
半袖から伸びた血管が脈打つ
20代の腕に抱かれる妄想して
(ここまでいくと犯罪)
自分より1歳でも年上には、
まったく心動かさない
氷のような女
(それは鈴木保奈美の離婚会見)のあたしですが
うひゃーーー燃える!って
ハートのIgnition
(おニャン子福永恵規)
発火したのが『クレイジー・ハート』
ジェフ・ブリッジス60歳!!
「無冠の名優」と言われてた彼が
5度目のノミネートにして
今年のアカデミー賞主演男優賞を獲得した作品デス。
(彼が獲ったことで、残るはエド・ハリス!!)
話自体は、かつては人気スター
いまや酒に溺れ、結婚離婚を繰り返し
自堕落な生活を送ってるカントリー歌手が
ひとりの女性と出会い、再生していくありきたりな展開。

でもね、片手にギター、片手にウィスキーボトル
モーテルの汚い部屋で、
服も着崩れて、ゆるんだ腹周りが露わになってる
このダメ男が、
すんげーーセクシーバイオレットナンバー1
その汗臭そうな脇に、二の腕に
自分の体を預けたくなっちゃうんだよね。

どうして、どうして 僕たちは出会ってしまったんだろう♪
リフレインは叫んでないけど、

彼の歌声に、ハートのIgnition
(福永の会員番号は11番
おニャン子のなかで東京在住はわたしだけ@会員番号の歌)
えっ?!あたしっておっさんイケるんだ?と開眼記念日。
っていうか、あたしとタメでも1、2歳下でも充分おっさん。
あたしもね!


あのイイ年したおとなが、社会適応力低っ!てのに
あたしは惹かれちゃうんだよね。
(あたしは自分がすごい低いくせいに
適応しようと、必死になるから、
逆に、順応しない感じが好きなの)
パンツ一枚で、一日中ダラダラしてる姿が
お金が欲しいくせに、儲けようと努力もしない態度が

相方にも重なるのでした。
(誰も聞いてない?いや心配して下さるコメントあったので)

もう、こんな男は見限ろう、と
何度も何度も誓うのに、
友だちに、宣言するのに

「愛情もお金もこんなに注いできたのに!」と
そんな最低な言葉を、彼に投げつけるのに

「俺は、お前に時間を、注いできた!」という
彼の言葉に、その手に、戻っていくあたし。

クレイジー・ハート。