観てきました『ドリームガールズ』

ごめんなさい。批判覚悟で書きます。

やっぱり、あたしはビヨンセだったと確信。

(この件は 後で)


STORY自体は、前半は楽しくて

後半は やぁーねぇ ブスの僻みって。

まあ、アカデミー賞作品賞脱落は妥当でしょう。

助演の2人は、獲るかもね、オスカー。

(『リトル・ミス・サンシャイン』のじじぃに挙げたいけど。)

ジェニファー・ハドソンは助演女優賞でしょ。

(菊池凛子ちゃんに申し訳ないけど)

だって、これ、彼女が主役の映画だし

「才能はあるのにドロップアウト、不屈の精神で立ち上がる」

アメリカ人好きだもん。

それに目が行っちゃうんだよ。悔しい事に。

『渡鬼』の「幸楽」の中島唱子ちゃん?

いや、バラエティで「苛められてたこと」を

泣きながら語る中島啓江みたいなもん?

うぜえぇーーーんだよっヽ(`Д´)ノ

いや、存在だけでなく、「悲しいとき」は

バラードで声を張り上げて、歌う!


あたしの思いを聴いて!ヾ(#`Д´ )ノ

(ねぇ、上手いでしょっ!)

あたしの哀しみを聴いてっ!!ヾ(#`Д´ )ノ

(声量スゴイでしょ!)

あたしの歌を聴いてっ!

ヽ(`Д´)ノウワァァァンどうよっーーー!!


うぜぇっーーーーーっす。


結婚式披露宴で、新郎の会社の先輩、

もしくは従兄弟、それも小太りが、

たまに目をつぶったりして、バラード歌ったりするの、

あたしは大大大嫌いなんだけど

後半は、それをずーーーっと聴かされてる気分。

デブとブスは引っ込んでろいっ(;`Д´)≡⊃)`Д)、;'.・

いくら心優しいあたしだって、限界あるわいっ!


悲しいときの「堪えた泣き笑い顔」

あたしは捻くれもんのせいか、そういう方が悲しい。

『One Night Only』って歌を、ジェニファー演じるエフィはバラード

ディーナ(ビヨンセ)は、DISCO調で歌うんだけど

あたしは、断然後者の方が、高揚感味わえたよ。

MISIAの延々バラードより<<たまには小室サウンドもGOOD(o^-')b


そう、あたし、ディーナなんだもん。

歌に深みがない、魂(ソウル)がない

中身がない、「お前は顔だけだ」と、どんな非難されようが、

「あたしには無理よ、歌えない」って謙遜してても

大衆が求めちゃうんだもん (-'д-)y-~

センターに立つこと、

スポットライトを浴びる運命なんだもん☆

仕様がないじゃないっ!

だってスターなんだもんっ!ヾ(≧∀≦*)ノ


いや、それ冗談で書いてる?って思われがちですが

本気で、ディーナに自己投影(自己陶酔?)して

観ちゃってましたよ。

あの(『魅せられて』小型版の)衣装着たいっ!

なんなら、立ち上がって歌って踊りましょうか?


確かにジェニファー・ハドソン独り勝ちの映画なんだけど

逆に、映画として、それだけの映画になっちゃった。

それで、じゃあ「ザ・ドリームガールズ」自体の

女の友情話は?あたしはそっちが観たいんだよっ!

キャンディーズだって、蘭ちゃんをセンターに替えたから

売れたけど、横に追いやられたスーちゃんは

最後まで頑張ったじゃないさっ!

キャンディーズの後楽園解散コンサートが、

頭の片隅に残っている人には(あたしはNEWS映像だけどさ)

絶対、おススメの映画ですよ。v(>∀<*v)三(v*>∀<)v


あとね、最後のディーナの決断は、なぜか中山美穂と

被っちゃったんだよね(ってことは、あたしってみぽりん?!)

「キレイでいなくちゃいけない」

「スターでいなくちゃいけない」

檻の中の毎日、誰も本当のあたしを見てくれない。

そんな時、パリのシャルル・ドゴール空港で

「やっと、会えたね」なんて、言われちゃ

気も狂うわな~。(いや、今も幸せそうで・・・)


その夜は、「マリリンwithドリームガールズ」改め

「マリリンwith六本木野獣会」のみなさま(あくまでもセンターはあたし)

このブログでもよく名前を出しているアンジーやキリコら

女友達5人で、台湾料理、ごま油たっぷりの鍋の

石頭楼 へ。

六本木と乃木坂の間の裏道を入ったマンションの一室

いわゆる看板の出ていない、お店に行ってきました。

(けどね、もうマンションの周囲一帯がゴマ油くさいっ!)

味・・・グルメじゃないあたしに説明させる?

どうだったか、思い出せないほど

喋って笑って、会話に夢中になったことの方が

あたしにとって、良い食事な訳さ。


いいの!そういう知る人ぞ知る予約客のみの、

業界人や芸能人御用達のお店ってとこに

「行った」って事実の方が、あたしには大切なのっヽ(゚`∀´゚)ノ

だって、あたしってば

魂(ソウル)も、中身も、深みもない、

キレイなだけのスターなんだもんっ!!ヾ(≧∀≦*)ノ


昔の「ザ・芸能界!」

足の引っ張り合いやら、まだ芸能人が「芸能人」であった頃の

歌番組とか、大好きだったみなさんに

ぜひ観てもらいたい映画ですっ!!


そして、ビヨンセ=ディーナ=マリリン(あたし)のイメージで。

(刷り込み、刷り込み、洗脳ブログ)