まずはじめに今回いつにも増して長文なので


(しかも、つまらないかも (゚ー゚;)


ここで、読むの止めたほうが正解・・・m(u_u)m



ぎゃあっ!( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚ テポドン!


どのくらい威力あるもんなの?


「威嚇」が目的でわざと届かなかったの?


届いてたら大勢の人が死んでたの?


なんか今いち“リアル”じゃなくて、


昨日と同じ毎日を過ごしているんだけど。


結局、北朝鮮があるから、国家危機を防ぐため


アメリカに依存しなくちゃいけないし、軍備整備のために


「憲法9条」を改正しなくちゃいけないんだよね。


(いや、軍事産業発展って裏の顔もあるでしょうが


戦争あるところに、金のなる木はあるのです)


なんなんだよヽ(`Д´)ノ、金日成ヾ(▼ヘ▼;)



“拉致”って、なんか遠い昔に起こった気がするけど


山口県出身の友人クーシュカの地元では


不審船が来ると、サイレンが鳴って、


町民は、家の中に入らなくちゃいけないんですってよ。


横田めぐみさんは、懐古的な写真だけど


弟さん(少しカッコいい)は、あんまり年変わらないもんね。


うちの北陸出身の上司も、一歩間違えてたら


連れ去られていたのかな~って。



そんな緊迫感あふれる国際情勢の中なんなんですが


あたしは、どんな国で、ひとり旅をしていても


危険な場所に行きません!怪しい人についていきません。


(性的な欲望が絡むと、多少ハメを外すけど、てへへへ)


中南米旅行中は、ゲストハウスでは旅人たちの


「この傷は、どこどこで刺された」とか“武勇伝”自慢大会。


あたしひとり「えっ?!嘘でしょう?」「怖ーい!」「すごーい!」と


ヒナ段芸人ばりのリアクションですよ。一度もなかったもん。



そんなあたしが唯一鬼門だった国は、ジャマイカ。


新婚旅行先で有名だけど、そういう人は高級ホテルへ。


町は、無法地帯、「酒と薬と男と女」


「いい」黒人と「悪い」黒人って、見た目で感じるんすよ。


観光のためレンタルしたバイク。怖いので「運転手」もお願いしたら


彼ったら「うちに来い」って。きゃあーーー移民花嫁??


っていうか慰安婦?そしたら「どうだっ!」ってだだっ広い草むら。


「どうだっ!って、どうなのよ!?」聞き分けの悪いあたし。


一面の緑の植物は、そうマリファナだったのです。


そもそもタバコも吸えないあたしは、興味ナッシング。


見たこともないアジア人を遠巻きに見ている子どもたち。


あの黒く澄んだ瞳にジーーっと見られるのが一番苦手なんだよ。


汚れた世界を見てしまった、自分の瞳が恨めしい。


居た堪れなくなって、ガイドブックを千切って折り鶴作ってあげたら


うぎゃあっーーーーヽ((◎д◎ ))ゝ


村中の子どもたちが、紙を手に集まってきたよ。


こんなとこで「うるるん滞在記」したくなーい。


しかも、何人かは教科書破いて持ってきたし・・・


あの村の学力下げたの、あたしでーす(・∀・)/


喜んだ大人たちは、あたしに牛の出産見せるし


ぼげっーー∑(゚Д゚)胎盤に包まれた子牛がぼとっ!と自然に落下


見たくなかったよ。そのあと「飯を食ってけ」って


今まで食べたことも、見たこともないお肉を振舞ってくれたんだけど


「なに?これ?」・・・((゚m゚;) 怖くて何の肉か聞けなかったよ。。。。



で、今から本題・・・長くてすまん。


ジャマイカのモンテゴベイでの最終日


ホテルを出て、「タクシーだ!」と声をかけてきた車。


空港まで、10分ほどだし・・・と乗ってしまったんだよ。


・・・・いつのまに山の中 ココはドコ?アタシはダレ?


山道で停まったかと思ったら、突然、車のドアが開いて


助手席に、あたしが座っている後部座席の両側に


どどどっーーーーと3人の男が。


「ジャマイカン・マフィアーーーー!!!」って雄叫びとともに。


手にしたナイフを首筋に三方からあてられ


あたしは間抜け面さらして「は~いっ」ってお金渡しましたよ。


そしたらリーダー格らしき男が「切れ!切れ!」って。


きゃあっーーー顔はやめて!顔は!あたし女優なんだから!!って


『Wの悲劇』の薬師丸ひろこですよ。


したら三田佳子・・・じゃなくて、辺鄙な山道の反対側から一台の車が。


あたしは、車の外に突き飛ばされましたよ。


根がいい人だったのか、その後に、カバンも投げ捨ててくれて


パスポートもクレジット・カードもセーフ!


走り去る車。放心状態のあたし。


「もう行かないで~」と流れる主題歌『Woman』


はっ(ノ゚ο゚)ノ!こんなことしちゃいけない!反対から来た車に


「へーーっるぷっーーー(ノ´▽`)ノ」と駆け寄っていきましたよ。


そのとき荷台に乗せられたことと、


空港にいた日本人新婚旅行らしき夫婦に


「お金を貸してください!絶対送ります」って頼んだら


3000円しか貸してくれなかったことが、


いまだに解せない゛(`ヘ´#)(あたしって3000円の価値?)



もちろん、そんな怖い目に遭っても、ジャマイカの自然はきれいで


湧き出る音楽とリズム。素晴らしいところでした。とフォロー。



帰国後、鈴木保奈美主演のドラマ『この世の果て』の再放送が


やっていて、たまたま観てたんですよ。


画面の中で誰かがナイフを手に「殺してやるっーーー」って。


うぎゃっーーーーー(/TДT)/、封じ込めていた記憶が一気に放出!


あのときリーダーが叫んでいた言葉、英語じゃん!


「切れ!」じゃなくて「KILL」だったんだっ━━━(゚∀゚)━━━!!!


ひえっーーーー(((( ;°Д°))))、急に震えが止まらなくなったよ。


あたしでこんなんだから、「拉致」で受けた恐怖と痛み


どんなもんなんだよっー(@Д@;金日成の人でなしっーーー!


国際裁判にかけろっーーー゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o