今日は、アカデミー賞ノミネート発表なのだ。

だから、また書くと思うけど。

その前に、ゴールデンラズベリー賞

アカデミー賞に対抗してっていうか、シャレで

今年、最悪だった映画作品、演技、映画人」に送られる賞の

ノミネ―ションが一日早く発表。

作品だと、日本上映されたのは『マスク2』『ろう人形の館』とか。

俳優だと“セレブ”パリス・ヒルトンジェシカ・シンプソンらが

候補に名を連ねているんだけど(当然!)

中でも、多くの候補に挙がっているのはトム・クルーズ!!

『宇宙戦争』の演技はもちろんのこと(だって、トムはいつでもトム)

「タブロイドに載る退屈な映画人」で「トム・クルーズと反精神医学のわめき」

(精神病なんて、“そんなのない!元気であれば大丈夫!”って訳のわからん主張、

そういえば、ブルック・シールズの産後ウツを

“元気であれば大丈夫!”と非難して、喧嘩してましたね~(真性バカ)

トム・クルーズとケイティ・ホームズ、

オプラ・ウィンフィリー・ショーのソファ(トムが「ケイティが好きだ!好きだ!」と

いきなしピョンピョンはねた対談番組のソファね、大バカ

エフェエル塔(トムがケイティにプロポーズしたとバカ騒ぎした場所)

そして、“トムの赤ちゃん”)」

なんてのも候補に挙がっているの。

もうトムって「おばかさん」

日本もラジー賞みたいなのあればいいのに。

どう見ても、いつも同じ演技の人や、

棒読みの人が、主役をはっているテレビドラマや映画。

ちょっと、小馬鹿にする場があってもねーーー。