フジテレビが解散すればいいのに。

っていうか、こんなんでいいの?!
帰ったら、クライマックスを迎えてた
「SMAP× SMA
最後、ちょろっと観ただけなんだけど
スタッフとの記念撮影を
流し続けるエンディングって!

視聴者カンケーないんすけど。
「笑っていいとも」最終回の
延々と続く出演者のスピーチ合戦の時もだけど
それって打ち上げで存分やんなよ!
いまだに、業界の内輪ネタを視聴者が
喜ぶと思ってるから、この局はダメなんじゃ?


もう、紅白歌合戦で、ちゃんと
盛大に、解散セレモニーしてほしかった。
彼らに花道を歩かせたかった!

5人の歌の下手さにビックリしたけど
キムタクのオリジナルをアレンジしたり
フェイクかましたりして、「俺ってうまい」アピール
いい加減やめればいいのに)

って、僕の映画鑑賞も、ダメダメで
フェイドアウトなんすよ。


ゲイの歴史でも重要な
「ストーンウォール暴動」を扱った

『ストーンウォール』

これが劇場で今年最後に観た映画!

自らゲイを公言してるローランド・エメリッヒ監督
『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』
『2012』などディザスター・ムービーで有名だけど
ほかのどんな映画よりも、
その世界を破壊してしまったのだ!!

アメリカでも興行でコケ
批評家たちに叩きのめされ
なにより当事者のゲイたちに総スカンらしい。
史実とどう違うか、興味ある人は検索して。

っていうか、僕は、出てくる人が
かっこよければ、事実と違ったって構いやしない
(ダメ)
それがさ、この映画、フツーに
「こいつら頭悪りぃなぁ」
「世間が悪い、あいつが悪い」って
被害者意識満々の若者たちが
ありゃりゃ、これまた後先考えずに
暴れ出して、周囲に迷惑かけてるにしか見えない。

「同性愛者は、仕事に就けない」
「精神的な病気だ。電気ショック治療をすべき」と
偏見と差別に苛まされてきた永年の恨みが
あるんだろうけどさ。


なんか、誰も得しない。

そう、結局誰もが口をつぐんでいた
SMAP騒動も
「事務所の圧力!マスコミの偏向記事!
創立者姉弟は老害だ!」
「キムタク裏切り!」
「慎吾、もっと大人になれ!」
なにより、「本人たちがやめたがってるのに
自分の都合を押し付けるSMAPファンって
怖ぇーーー('д` ;)」てな印象

誰もが、マイナスになってるような…。
あんな多感な男の子たちを
国民的スターにした事務所の力
本人たちの輝き、ファンの思い
もったいなーーい。
裏で、実際に何が起こってようが
表舞台では、嘘をつき続けて
あと少し、12月31日までは
「スター」でいれば良かったのに。

隠ぺい工作や、真実を捻じ曲げるなら
誰もが、笑って終わらすやり方なかったのかなぁ。
どうせなら、面白い嘘つこうよ~。


いや、僕なら「大河の主役」と引き換えに
紅白出るね!

そしてモっくんみたいにジャニを辞めても
大丈夫にしとく!
そういうセコさや狡さが
小さい人間のままなのか。

今年もそうやって終わってゆくのね。