妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

カテゴリ: 映画

人間って月に行ったの?!
月面着陸の映像って、
ハリウッドで撮影したんじゃないの?!
いや、月には、紫苑や木蓮たちが暮らしてた
月基地があるはず!

地球上の植物をコントロールする
黒聖歌が流れてるんだよ!
(それは『ぼくの地球を守って』

でも、1970年代以降
どの国も月に行かないのが不思議で。
それもそのはずか!
宇宙飛行士たちが住む町は
喪服を常に準備しておかなきゃ!の
死の連続で。

税金を何十億ドルとつぎこんだロケットが
一瞬のうちに火で、燃え尽きてしまい。

それでも、あんな狭くて、ブリキ缶のような
宇宙船に乗って、月へと旅立っていくミッション

毛穴も、シミもそばかすも
全て見えるような、
とにかくアップ!アップ!
まるで、ニール・アームストロングと
一緒に月に向かっていくような臨場感!
映画ってすごい!IMAXってすごい!

思える映画館体験でしたよ。



そしてちょっとやそっとじゃCan’t Get Love
(怖い、ちょっとやそっとって書いてたら
25年ぶりに中村あゆみのこの曲が頭に流れた!)
そう、ちょっとやそっとじゃ、心が動じない
ニール・アームストロング!

そんな冷静な姿を、ライアン・ゴズリングが
カッコよく演じているんだけど

コントロールフリークの僕には
「どうして、本音を言ってくれないの?!
ひとりでいるより、ふたりでいるほうが
寂しいよ!

惹かれずにいられない
Can’t Get Loveな男だ!


彼の妻を演じるクレア・フォイが
アカデミー賞の前哨戦のいろんな批評家賞で
助演女優賞の候補に挙がってるのを知って
「またかよ!英雄の旦那の横で
陰ながら支えた妻を演じれば
評価されるのかよっ!ケッ!」
って
思い込んで観たら
アララ、アララ、
「人類にとって大きな飛躍となった」
小さな一歩を踏んだ偉大な人でも

吹きぬける夫婦のすきま風
感じられる絶妙な演技でした!

結局、このふたりは「離婚」したらしく
「やっぱりな!」と。

先日はスーパームーン。
「自国が一番だ!」
「EU離脱だ!」
地球のなかでわちゃわちゃするのではなく

みんなが宇宙の彼方に、
見果てぬ夢や未知へのロマンを
求めればいい
のになぁ、
って
空を見上げましたよ。

そしたら、自然に
「あぁ、幸せになりたい…」って
言葉が漏れてた。
ヤバい、空を見上げたら
いっつも、この言葉がパブロフの犬状態。


偉業を成し遂げてなくていい
一緒に、月を見て「きれいだね」と
言ってくれる人希望。


『東京タラレバ娘』のマンガの中で
映画好きなイケメンが
(ドラマでは速水もこみち。
ちょうどこの撮影現場に遭遇
カッコいいんだけど、顔が小さすぎて
宇宙人みたいだった!)
好きな作品を語りだし…
「出た…『ダークナイト』!!!
男は大好きだけど、女が観ても
全然面白くない映画ナンバーワン!」

と、その後もアメコミものを
心の中でずっとディスってるヒロイン。


東村アキコさん、ほかの作品でも
『ダークナイト』ネタを出してて
よっぽど過去の恋愛でトラウマがあるのか?!
FullSizeRender
いや、僕ゲイですが
(そんときはどっちでカウントすればいいの?)
大好きです!『ダークナイト』
これが、アカデミー賞の作品賞から漏れたことで
翌年から、作品賞の候補作が5~10作品に、と
ルール変更されたとき、
「遅えんだよっ!バーカ!バーカ!」と
毒づくほど(誰に?)好きです。


それにしても今年のアカデミー賞
ヒット映画賞部門を作ろう!
猛反発を受けて撤回
司会者、過去のLGBT侮辱発言で降板
司会をアベンジャーズのキャストに!
非難轟轟
(今年の放送はディズニー傘下のABC放送)
歌曲賞5曲のうちパフォーマンスするのは
レディー・ガガ含めて2曲にしよう!
猛反発を受けて撤回
主演、助演賞のプレゼンターは
去年の受賞者をやめよう
猛反発を受けて撤回
放映時間短縮のため
撮影賞、編集賞など4部門を
CMの間にやろう!
猛反発を受けて撤回今ココ

こんなグダグダでいいのだろうか?!
どこの組織も、会社も、それこそ国も
トップが(たとえ人がイイからでも)
ブレブレだと、もうその根幹を揺るがす~。

で、『ダークナイト』は、当時どっちかが
忙しかったかのか、彼とは別々に観たの。
そう、一緒に、この面白さを
共有できなかった
ことが
ずっと心に残っていて。


それに、この作品自体は
ヒース・レジャーの名演もあって
これでいいと思うんだけど
それ以降の、アメコミ
このシリアストーンに引っ張られすぎ!

みんな『ダークナイト』をやりたがりすぎ!
リアル重視!自国第一主義にフェミニズム
世相を反映!
“ヒーロー”とはなんなんだ?!と苦悩や葛藤
おめえら、暗いんだよ!!!
あんたら、スーパーマンや金持ちのくせに
心がケチくさい!出し惜しみすぎ!
イチイチ、面倒くさいんだよ!


マイティ・ソーの最新作や
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は
コメディで面白かったのに!
またもや、サノスの指パッチンで
アベンジャーズさえどんよりだし。


そんなこんなで観てきました!!!
『アクアマン』!!!!!



これよ!これこれ!!!
オープニングのニコール・キッドマンの
登場から、なんで海底人が
英語喋って、小柳ルミ子の紅白衣装?!
そしてドッカンバッカン!!!
一瞬で家破壊!!
そっからは、潜水艦ドッカン!
2011年だったら絶対公開延期の
津波でバッカン!!
叶姉妹の美香さんが現れてセクシービーム!
いい旅夢気分、サハラ砂漠でドッカン!
イタリアシチリアでバッカン!!!
(でも、この地上の対決シーンこそ
どうやって撮ったの?て、すごかった!!!)

エイリアンみたいなクリーチャーでドッカン!
ジュラシック・ワールドでバッカン!!
元祖メリー・ポピンズがボイスキャストの
なんだかわからない怪物がゴゴゴゴ―!!!
最後は、かに道楽vsくら寿司だ!!!

もうこれこそがヒーロー映画ですよ!
だって、アトランティスの国王の息子だもん!
海の神様だもん、
もう我々、地上人は、
ーーーーとひれ伏すくらいの
圧倒的な
強さと神々しさ!
こんな美しい海を汚しやがって!
もうローラじゃなくても怒っちゃいますよ!
わが国の政府も、アクアマンにやられちまえ!
(っていうか、トランプ大統領の
ノーベル平和賞推薦
フェイクニュースじゃなかったのか?!


彼と、この作品を一緒に観て
『ダークナイト』のトラウマも払しょくだよ。

もうさ、アメコミなんだもん!
マンガでいいんじゃね!
話のつじつまもめちゃくちゃで
己の心の旅もなくていいんじゃね?!
豪華絢爛!映画館のスクリーンで
堪能できる美しい海底ビジュアル!
アクション!
スペクタル!!

あーー楽しかった!!

ただ主演のジェイソン・モモア
この先、普通の役をできるのだろうか?!
ぜひとも日本に来た際には
『犬神家の一族』の猿蔵を演ってほしい!!

FullSizeRender
FullSizeRender
ごひいきのパトリック・ウィルソン!も出てた!

『グッドワイフ』面白いんだけどなぁ。
まぁ、数字がすべてではないと思うけど
『歌のゴールデンヒット』
昭和・平成の歌姫100
シングル売り上げ上位は、
やはり誰もが知っとる曲を
歌ってる人たちばかりで。
(世代的に、AKB、乃木坂はもちろん
浜崎あゆみの100万枚超えのヒット曲って、
2、3曲しかわからんΣ(゚д゚;))
一緒に観ていた母が秋元康案件のみなさんを
「こんな大勢いるなかのひとりじゃ
目立たなくてイヤじゃないのかなぁ」

言ってて、あぁ、DNA!同じ血!
そのグループのなかで
トップと言われてる人たちさえ
紅白で広瀬すずと永野芽衣ちゃんと並んだとき
その存在感の薄さにビックリしたもん。
70~80年代のアイドルが(そして演歌歌手も)
いま、しゃべりや機転が利くのも
数多の生放送や公開番組を
若い時に、ひとりやでこなしてたからじゃ?!


って、テレビを観ながら
「こいつも略奪愛だよなぁ。」
「SPEEDのメンバーの今って!
モー娘。(以下略)って!」
「ZARDって
全部同じ曲に聴こえる!」
って
好き勝手言い、友だちとLINEしたり
一緒に歌ったり
踊ったりしてるのが幸せ。


だからといって、僕は
NO MUSIC NO LIFEでもなく

あぁ、また、やっちまった。('д` ;)

『レ・ミゼラブル』『NINE』
『イントゥ・ザ・ウッズ』に続き
寝てしまった…
『メリー・ポピンズ リターンズ』

あんなカラフルな世界なのに!

もちろん、『ラ・ラ・ランド』とか
『シカゴ』とか夢中になったのもあるし
『ボヘミアン~』『ドリームガールズ』
『ムーラン・ルージュ』と
「ヒット曲」を歌うのは大丈夫。
ただ人がセリフを歌い出すと、
途端に眠くなるの…。


別につまんないわけじゃなく
なのに、手の甲をつねっても
頑張って目を見開いても……ううううう。

遠のく意識の中、アニメの象が踊ってたり
「本は表紙に騙されちゃいけない!」って
大階段を降りてたり
(エミリー・ブラント?大地真央?)
「本質見抜け!」て、3年A組の
柊先生も言ってたし!
メリル・ストリープ(この人の演技は
シリアスな作品でも眠くなるけど)
が逆さまになってたり。
心地よいトリップ~。

今年のディズニーは、『アラジン』
『ライオン・キング』の実写版が待機中。

(『ダンボ』といい、今は西暦何年なんだ?)
ちゃんと、最後まで起きていられるのか?!

バレンタインデーを前に
アメリカの有名なエンタメ誌では
『恋人たちの予感』『フォーウェディング』
歴代の恋愛映画特集!
表紙を飾るのは
『ベスト・フレンズ・ウェディング』
キャスト再結集。
FullSizeRender

もちろんフォトショップ職人さんたちの
力の賜物
だろうけど
女優ふたり(特にジュリア)の
「劣化させたなんて言わせねぇ!
キレイに映ってやる!」て
気合いの笑顔がすごい…。

FullSizeRender

僕は、この映画、大好きで!!
好きな恋愛映画ベストテン上位に入る!

今じゃ、アメリカの映画やドラマでは
LGBT三昧だけど、

90年代までのハリウッド映画が
描くゲイ
女装して、しなを作って
歌い!踊る!お笑い担当

夜にうごめくハードゲイ
AIDSや差別に苦しむ日陰者ばかり。

あぁ、僕は大人になったら、
どうすればいいんだ!?

それが、ごくごくフツーに働いて、暮らして
オシャレして、女友だちと人生楽しんで

悲劇でも、喜劇でもなく
隣に生きてる「ゲイ」を観たのが
この映画だったのだ。



そして、ヒロインが、めちゃくちゃ性悪!!!
独り者同士だったら結婚しよう!って
約束してた男の幸せを、壊そうと潰そうと…
僕やん!!!

そんなキャラクターも、
ジュリア・ロバーツ
100万ワットのスマイルで、
チャラにできるんだ?!

もうね、性格の悪さは、直せない…('д` ;)
だったら、僕もとにかく笑ってごまかして
生きていこう!

もうそっから自製フォトショップ
作り笑いに、嘘泣き
千の仮面をもつ女優ですよ!
(ジュリアの笑顔見るたびに
彼女と同じ年のカータンを思い出すの。
自分が輝くだけじゃなく
周囲も明るくし、元気の電流を走らせる!
でも、うちの職場も、この世代の女性は
華やかなんですよね。時代が上向きの中
育ったせいかなぁ)

この映画、もう22年前なのか!
もはや、笑顔でどうにかできない
年齢になってきたけど……

いくつになっても、脳内お花畑と言われようが
恋愛モノは大好き!

ゲイの金字塔
『ブロークバック・マウンテン』
アカデミー賞にノミネートされた時は
「ゲイの映画が!!」なんて騒がれてたけど



14年経った今
『ムーンライト』が作品賞受賞してるし
当時は「悲恋」の結末な同性同士も
『ゴッズ・オウン・カントリー』は
ハッピーエンド!!

時代とともに、恋愛映画は変わっていく!!
逆に、好きな気持ちは不変だもの。
この先も、心揺さぶられたーーい!

そして、この『ブロークバック』と
同じ年に公開された
ラブ・ストーリー
『ナイロビの蜂』も大好き!

今回は、反感を買ってしまうかも。てへ。
というのも、こんなご時世ですが
(」°ロ°)」<<韓国に行きたーーーーい!!!
もうね、我慢できなくて、先日
友だちと新大久保に、
サムギョプサル食べに行ったもん。

そしたら、すごい人混み!!
初詣か、花火大会か?ってくらいの牛歩戦術。
大人がどんなにわめいても若い女の子たちの
韓流アイドルや韓国コスメへの憧れは
もう止められんよ。

安倍首相本人の政策や信条はわからんけど
彼が、そして彼の取り巻きが
表立って出るようになってね

何が嫌かって、フツーの人も
平気でヘイトスピーチを
するようになったこと。

人間、心の中でいろんな差別や偏見が
あると思います(僕は顔で区別する!)
でもさ、それを声に出して言うのって
言った人のお里もしれるっていうか。
(この書き方が僕の差別か!)
もう最近じゃ、物騒な事件が起きると
「犯人、韓国の奴らだろ」
先日の芸能人の逮捕も
「やっぱり、血なんだよ」とか
僕は知人友人の口からそういう言葉
聞きたくないんだよね。

いや、韓国に肩入れしてる訳ではなく
そういう人って、時代が時代なら
「同性愛者を迫害せよ!」とか
言ってたんだろうなぁ、て。
僕は、韓国でも、中国でも米ロでも
どこの国の人かより
罪悪感なく(むしろ正義感かざしてる?)
断罪する人の方が怖いし、近寄りたくない!

そんな「韓国不足」だったせいか
『万引き家族』と一緒に
世界中の映画賞でノミネートされてた作品
わーい!!やっと韓国のフィルム・ノワールも
世界に認めてもらえるのね
、と楽しみにしてた
映画『バーニング』



残念なことに、アカデミー賞外国語賞の
ノミネートにはならなかったけど
観てみたら
あぁーーソッチね。
カンヌとか映画祭のほうに評価受けそう。
そうだよね、原作は村上春樹だもん。
メタファーやら、意味ありげな言動
いわゆる、ラストの解釈
観客それぞれに委ねます系。

映画通の人たちが熱く批評しちゃうようなのだった。
それプラス、『万引き家族』と同じように
格差、社会に取り残された人たちを描いてて…。
もちろん、だからこそ、
素晴らしいんだろうけど
バイオレンス!黒社会!ヒョン!
男たちの絆と裏切り!の韓国ノアールで
世界を席巻するのが見たかったよ。

でも、アーティスティックな映像でも
2時間半、まったく飽きずに
そして、映画館を出た後に、
速攻で「バーニング ネタバレ」
「バーニング ラスト」

スマホに打ち込んで
検索しまくるほど、
ミステリーを堪能できたのだ。

だいぶカットしたのをNHKで
放送したらしいけど、(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
これ短縮してわかるの?
(確かに、放映できないようなシーンも
たくさんあったけど)

(」°ロ°)」<<韓国に行きたーー!!!
ただね、唯一韓国に
文句言いたいことあるとすれば
街ゆく人の中に、韓流スターのような
かっこいい人、見たことないんだけど!!!

それでも、(」°ロ°)」<<韓国に行きたーーい!!!
いつまでも気軽に行けるよう
仲良くしてほしいのだ。



↑このページのトップヘ