妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!

カテゴリ: 映画

自動車保険のCMに出ている
大物歌舞伎俳優さんを見て、
ヤダ! Σr('Д'n打ち過ぎ!
カンヌ映画祭のキム◯クのとき(頬)もだけど、
みんな顔がパンパンやん。
最近一番驚いたのが、堀内孝雄さん、
ヒゲがあるのに、なんだろ、このおばさん感。

imgres

まぁ、年取るとおじさん、おばさんの
ボーダーが曖昧で、
フランスのヌーディストの村では
本当、下を見て確認しないとわからなかった。

先日、知り合いのダンス発表会を
観に行った時も、一緒に行った女友だちと
「あの最前列の人、ロバートの秋山似だよね」
「アルフィーの坂崎さん?」

例えに出てくるのがみんなおじさんなんだもん
ダンサーは全員女性でした)

「オレのエイリアンをしょぼくしやがって」と、
観賞後、彼はブーブー言ってたけど、
御年79歳のリドリー・スコット監督も
もう男とか女とか同性愛とかヘテロとか超越して、
もう美しいものを撮りたかったんだよ。
エイリアンって自分の庭場で、
マイケル・ファスベンダーを撮りたかったんだよ。

alien-covenant-ridley-scott-michael-fassbender-interview


『エイリアン』のシガニー・ウィーバー
『テルマ&ルイーズ』で強い女性を描いてきてたけど、
それに最近は「ブス」要素も加わって
(前回『プロメテウス』のノオミ・ラパスとか今回のとか…)
ヒロインよりも、
マイケル・ファスベンダーだけ
カメラに美しく収めたい!!
って、
その思いがビンビンに感じられた
『エイリアン コヴェナント』

出だしのカラダにフィットした
ユニフォーム姿から、か、カッコいいファス!!

6148191_1_urn-newsml-dpa-com-20090101-170512-99-421766_large_4_3
17

ハリソン・フォード、ラッセル・クロウは
好みじゃないけど、
ジェームズ・フランコ、ガイ・ピアーズ、
そしてマイケル・ファスベンダーと、
今回はリドリー・スコット監督と
好みがシンクロしただけで僕はオッケー。

乗組員がバカばっかで、
ギャーギャー慌てすぎ!
なのも、
許してやろう(何様?)
そんな彼らを薄ら笑うアンドロイド役の
マイケル・ファスベンダーに
ゾクゾクしちゃったよ。

♪もう引き返せない、
美しい悪魔に魅入られて愛して
いたぶられるままに〜
ふりむくだけであなた 罪な男
命燃やして踊れば タンゴタンゴ♪


老年の監督が、最後の情熱をたぎらせ
彼を撮ったかと思うとね
今までのエイリアンとの話の整合性がどうとか
人を創造したのは?とかどうでもいい。
乗組員がバカばっか

(大事なことなので2回書きます)
お前らのせいで、お前らのせいで!
けど、それもラストの
マイケル・ファスベンダーの微笑み
繋がると思えば。

もうさ、好きな男を好きなだけ
見つめていられるなんて!
好きにやってちょうだいな!リドリー・スコット!


はぁーー 今さらながら韓流ドラマに
ハマった人の気持ちがわかる。

正直、さびしいおばさんの現実逃避かな?
なに?交通事故?記憶喪失?!
血の繋がらない兄妹って!
観てもいないのに、勝手に偏見抱いて。
(唯一全話観たのが歴史アクションの
『推奴』なんで…あれはカラダ目当て)

それが、10年も前の韓国ドラマ
『コーヒープリンス1号店』

キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー
ドラマ観ながらこんな風に
胸がときめいてるのって、いつ以来だ?!
てか、マンガみたいに
胸がドキドキ、キュンキュン音を立てることって
現実にあるんだ?!
でもさ、日本のドラマもさ
半沢直樹とか、逃げ恥とかさ
キャラクターが魅力的なら
主人公だけじゃなく、悪役も好きになって
ヒットする訳じゃん。
(主人公がサイアクだと、演じる役者共々
真木よう子みたいに、自滅しちゃうんだし)
僕はドラマで感情移入していきたい派なんで。

コン・ユ演じるハンギョルが
男と信じてるウンチャンを
どしても気になる、でもゲイじゃないって
葛藤のなかで「一度だけ」と抱きしめる姿に
テレビの前で、>┼○ バタッ卒倒しましたもん

(大原麗子みたいに、死後数日経って
発見されるとこだった)

会う人みんなにススめてる
『新感染』
この映画を観た彼は
コン・ユのことを「藪だ!藪!」って
ずっと言ってたんだけど、誰それ?!
誰だっていい。

いつか、彼と別れる運命なのなら
神様、今にしてください!
今ならコン・ユがいるから
その悲しみを乗り越えられる!


脱北した暗殺者が
韓国で、殺人容疑をかけられての
『サスペクト 哀しき容疑者』

カースタントをはじめ
アクションが半端ない!
そして、なぜか半裸でロッククライミング
脇全開で岩にぶら下がる姿、
鍛えられた上腕二頭筋!

製作者、見たいもののツボをわかってる!

仕えていた北朝鮮に裏切られ
絞首刑で、落とされても
肩の関節を外して、
首を縛っていたロープを外すくだりなんて
アホか!!そんなことできるか?!て
思いつつ、
もうね、僕を縛ってる現実から
解き放して!!

ふたりで誰も知らない土地に逃げよう!!

コン・ユに連絡取らなきゃ!って
コン・ユのファンクラブを
検索しちゃいましたよ。

(こうやって、人はストーカーになって
常軌を逸して逮捕されるのね)

Wikipediaを見たら
日本の温泉が好きで、来日してるらしく
どこの行ってるんだろ?検索しまくり。
(もうね、何を見てても、すぐにwiki
クイズ番組観てたら、その芸能人の学歴を
「やすらぎの郷」を観てたら
その俳優の年齢を、確認しまくり。
やはりwikiに寄付をすべきか?!)

コン・ユや韓国エンタメの長年のみなさま
コン・ユペンのみなさま
新参者ですが、よろしくお願いします!




夏休みに、ヌードの町に行ったって言うと
「Σ('◇'*)エェッ!? じゃぁ、
自分も裸になったの?!」
って
そっちに驚かれるんだけど、

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?そっち?!
僕、全然平気なんですけど!


いや、家族の前ではいまだに
お風呂上りパンツ一丁とかムリだけど
大学が、スキーと旅行のサークルだったので
もう一年中、ずっと旅行や合宿。
そのお風呂の中でも、先輩に
「ちょんまげー」(頭にのせられ)
「ソープランド!」(泡だらけのカラダを
ナニを押しつけてくる)って
かわいがり(いじめ?)があったり
新宿やお茶の水の町を裸で疾走!とか
裸で泥酔とか、あったので
慣れてるんですよね。
事務所がOK出さないだけで
五社英雄作品にも喜んで出たのに!
全然脱ぐの大丈夫!
ゲイの世界でも脱ぐことあるけど
筋肉質でもなく、大きくもなく
顔も体もあそこもすべてがお粗末な
僕なんて、みんなの視界に入らないだろ
って
諦め?いじけ?悲しい現実から
羞恥心とか、全然ない!!

むしろ、ゼッタイ無理なのがトイレ!
家以外で、したくないもん!

そのため気合で、胃腸や細胞に話しかけ
コントロールするもん。
まぁ、無理なときも多々あるけどさ。
トイレの水があふれたり、
温泉やプールに入っていると
トイレから逆流してくる夢を
しょっちゅう見るくらい、トイレは苦手!


だからか、この映画の冒頭で
便意をもよおし、チャックを下げて
座り込むものの、そのたびに
銃撃にあったり、人と会ったりして

達成できない主人公が
アレ?アレレレ?いつのまに
スッキリしたの?もしかして漏らした?

船が沈没して、海の中でもがいているうちに
ドサクサにまぎれて、やっちゃった?!

その割に、匂いとか汚れとか
感じさせないよなぁ
、って
そればかり気になってしまった。

『ダンケルク』

そもそも戦闘シーンも爆撃受けた後
「生きてる」人は立ち上がる
「死んでいる」人はただ動かない

エキストラのみなさんご苦労様でーーすって
感じで、戦争の恐怖や命のギリギリさ
血生臭さが、
いっさい感じられない
んだもん。

メル・ギブソンの『ハクソ―・リッジ』で
吹っ飛ぶ頭や四肢、ひきずる臓器
スピルバーグの『プライベート・ライアン』で
貫通する銃弾、飛び散る肉片に較べて
なに?このアッサリなスマートさ。
ブルータスのようなオサレ感。

1Dのハリーやトム・ハーディはじめ
出てくる人みんなカッコ良くて
それだけでも観る価値ある映画だけど
「僕たちのミリタリーファッション」特集的な
ジェントルマンな風貌。


僕と同じ年なのに
なに?この天才ぷり!なんだけど
やはり、クリストファー・ノーラン監督は
ぐちょんぐちょんの肉弾戦や
阿鼻狂乱は描きたくないのかなぁ。

そして、主人公のおもらしも!



邦画をあまり好意的に書かなくて
こっちの映画をベタ褒めしたら
「あの人ってもしかして
ヒソヒソ( ゚д゚)ヤダァ(゚д゚ )ネ」

なんて、ネットの世界では
言われちゃうかもしんないけど
いやいや、僕は純然たる日本人だし
逆に「韓国のでしょ~」って色眼鏡を持って
この映画を見逃したらもったいない!!!


いやーーー、超面白かった!!!!
感動したり、心を打った映画は
ほかにもあるけど
もう2時間興奮しっぱなしの
面白さでは、今年暫定1位!!
新感染
~ファイナル・エクスプレス』



僕はゾンビ、ホラーのジャンル映画
めちゃくちゃ苦手だったんですよ。

小さい頃、土曜の昼間にやってた
『キャリー』や『サスペリア』を観て
夜眠れなくて、「神様寝かせてください!」なんて
ずっと祈ってたし
『リング』の貞子とかジャパニーズ・ホラーは
全然怖くないのに(小さい頃から
楳図かずおや『エコエコアザラク』とかを
読んでいたせい?!)
呪いには対抗できるけど(念返し!)
ああいう多勢に無勢もんは本当イヤ。
追いかけられたら、バラけて逃げても
ゼッタイ自分のほうに、来る気がするもん。


夢の中で、逃げたいのに足が重くて
動かなかったり
隠れきれると思ったのに、
なぜか自分から走りだしちゃったり。
目の前に伸びてくる腕に
∑(´゜Д`;ノ)ノ ヒェェェエエ!!!
って叫び声をあげて、
何度夜中に目を覚ましたことか。


それがゾンビ、ヴァンパイア
ドラキュラ映画が大好きな彼に会って
気が乗らないまま
次から次へと、観るようになって。


でも、その今までが
この映画を「観る」ってことに
すべて繋がってると思えば感謝!

最近の若手男優が、バラエティやトーク番組に
出るたびに、両手を合わせて感謝のポーズを
取るのにイラつきМAXだったけど
それさえも「#感謝」と許せるよ。

なんか余計なこと書いてる。
いや、今回は
面白い!!観て!!!」の
ふた言でいいのに。

このダジャレ邦題どうなの?って思ったけど
あまりの面白さに、そんなのどうでもいい。
少しでも多くの人が観てくれれば。

もうね、単純な話なんですよ。
原題が『Train to Busan』
釜山港に帰れ、デスよ。
ソウル発釜山行きの高速新幹線に乗ったら
ありゃりゃ、いつのまにか韓国中で
ウィルスが広まり、みんなゾンビになってた!

乗客のひとりが感染してて
車内は血まみれパニック!!
そっからはもう2時間ノンストップ!!!


やっぱり韓国や海外ものって、
俳優さんが誰が最後まで生き残るか
分からないのが緊迫感をあおるよね。

日本だとさ、あぁ、ジャニーズやホリプロは
死なないよなぁ。
こいつアミューズのバーターのくせに!とか
余計な情報が入っちゃうけど(僕だけ?)
小栗旬くんとか西島さんとか
こういう映画やりたいだろうなぁ。
韓国映画はもう容赦ない!!
そして、みんなただのイケメンじゃないから
「味のあるいい顔」
人間の汚い部分も垂れ流し

だからこそ、その中で見せる「人間の」に
( ゚Д゚)アライヤダ!!
ゾンビ映画なのに、泣いちゃってるよ、ワシ。


そして、主人公のコン・ユ
日本のファンクラブに入ろうかと
検索しちゃったよ。

download

そしたら、明菜と安室のファンクラブ更新の
ご案内がきてたよ…。
一時の衝動より、永年の愛を取ったけどさ!
来週の3連休は
TSUTAYAで借りて
コン・ユ祭りだ
ワッショイ♪ヽ(゚∀゚ )ノ三 三ヽ( ゚∀゚)ノワッショイ♪

韓国の主役をはる俳優さんって
みなさん、身長が高いのと
兵役とかで体幹を鍛えてるせいか
映画のスクリーンに映えるんだもん!

もうさ、その太い腕につかまれて
一緒に逃げたかったよ。


実は今度ミニマラソンに挑戦することになり
(TBSの感謝祭、赤坂ミニマラソンじゃないよ!)
走らなきゃ走らなきゃ、
さすがにぶっつけ本番はヤバいって思ってるんだけど

なかなか。ジムのルームランナーは飽きちゃうし
夜中の公園を走ってたら
それこそハッテン?と間違われるし。
でも、この映画を観て思った。
ゾンビに襲われたとき、とにかく走らなきゃ!
捕まったら最後、と。

そのXデイに向けて、走り込まなきゃなぁ。
あぁ、でもやっぱりコン・ユに
抱きかかえられて逃げたい。


download2



えっと、一応法学部出身なんで
裁判モノ大好きなんですよ。
あっ、いろんな映画のネタバレしてるし
この映画を未見の人
観て「良かった!」って人はこの先読まないで!

ルーキーの弁護士に突然任された事件
有罪決定のルーティン作業かと思いきや
その裏に隠された陰謀!
人生に絶望した被告人とともに
よみがえる仕事への熱意と誇り
しかし明るみになる新事実!
もう絶体絶命で迎える最終弁論
勝利を確信する相手側をだまし討ちしての
大逆転で勝ち取る無罪!!!
沸き立つ報道陣、その中をガッチリ握手する
弁護士と被告人!!!!!


みたいなジョン・グリシャムが描くような
法廷サスペンスが好きなんですよ!!!

『ニューオリンズ・トライアル』

舞台劇を映画化して、
ジャック・ニコルソンが
「You can't handle the truth!」
おまえなんかに真実は分からん!と
トム・クルーズの挑発に乗って
自分が暴力的制裁命令を出して
殺したことを認めた
『ア・フュー・グッドメン』とか。



もう全身から鳥肌!!うぉーーーー!!ですよ。


でも、一番好きなのは
自分が履いている靴について
「プラダの新作なんて見せびらかして嫌みな女!」と
ディスってきた男を
「あいつはゲイよ!!だから妻の情夫なんて
ありえない!!」

容疑を晴らす『キューティ・ブロンド』
エル(リース・ウィザスプーン)



そして、なんていっても
「あんたみたいな嘘つきを
刑務所では、ちんころって言うんでしょぉ」

桃井かおり×岩下志麻の
『疑惑』!!!!



で。是枝監督が新境地を開いたという
『三度目の殺人』観てきました~。

観ながらずっと思ってたのは
キムタク大丈夫かいな。
いや、来年?ニノと共演する映画
『検察側の罪人』で
ベテラン検事をやるんでしょ?!

昔の映画スターなら、どんな役をやっても
「ひばりちゃん」「裕次郎」でいいけど。
『HERО』みたいにザ・キムタクで
貫き通すのも大変
いつもと違うことしても
「なにやってもキムタク」って
また言われちゃうんじゃないかなぁ。

だってこの映画も、
何をやっても福山雅治だったから。
勝利しか求めてない敏腕弁護士が
ある殺人事件の容疑者に会って
自分の信念が揺らいでいくってお話
なんだけど
もうね、最初から「イイ人」にしか
「かっこいい人」にしか見えないもん!

横顔のアップが多いんだけど
彼の鼻の高さ!!!女性アイドルや女優が
鼻を整形するのが分かったよ!
鼻の形で、こんなに美しい生き物になるのね…。

だからか、役所広司さんが
「見ろや!俺の実力!!」って
鬼気迫る演技
に(カナリアが見えた!
ガラス越しの手が怖い!!!)
食らいついてたのが、広瀬すずちゃんだけ、という。
(実は僕は『チア☆ダン』も泣けた!
すずちゃん好きなのか?!)
是枝さんはこの先ずっと
すずちゃんの成長期を映画におさめていくのかな。
柳楽優弥くんも追ってほしいのに。

満島真之介くんは好きだけど
あれだけバラエティに出てて
「頭のいい弁護士」役は無理だよ~。
吉田綱太郎さんは「レンタルおじさん」だし。

そして、余韻の残るエンディング
真実は観客に委ねるパターン。

その割に、事件は、またいつものアレ。
もう好きだよね~
ここ10年映画や推理小説の犯人の動機って
こればっかじゃね?!

「これは観る人を選ぶ映画だな」
「単純な勧善懲悪ものが好きな人には
分からないだろうなぁ」
「考えさせられる」
って
(でもさ、法曹界に生きてないフツーの人が
考えたってしようもないことじゃん!)
映画を熟考したい人、映画好きな人には
すんごいおススメの、いい映画だと思う。

僕はやっぱり、司法を問う濃厚な作品よりも
女同士、ワインをかけあったりする方が…
映画をたくさん観ても
全然映画のセンスが磨かれない
映画を語れないおじさんが、ここにいるよーーー。

あっ!そういえば
この景色どこかで見たことある!!!と
エンドクレジットを凝視してたら
やっぱり!実家近くにある高校がロケ地だったよ。
(向井理の母校)
それだけで、わーい!わーい!!


↑このページのトップヘ