妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!

カテゴリ: 映画

出身地、血液型、人になんでも聞いちゃうし
ひとりウィキペディア状態なんだけど
(真偽が怪しいのも込みで(´∀`*))
飲み会とかのコミュニケーションで
唯一解せないよくあるある問答が
「Sですか?Мですか?」
「俺はS!」「わたしは実はマゾかな?」

(こう見えて、男が自由にできる女なんですyo
アピールなのか?!)
それって必要な情報?どうでもええわいっ!
って、僕の会話の95%はムダですが。
っていうか、どっちかちゃんと
調べてるのかよっ!

僕は性格はサディスティックだけど
性行為自体は
攻められるってことで「М」
でも痛いのイヤだし、
猿ぐつわとかボールギャグ絶対NG!
それに、タチの人をコントロールしてるのは
結局こっちなんだよっ!
なんて
長い前置き!!!しかもこれこそ無駄話!

ただ、映画館に行って、
お金も時間も要する
映画鑑賞という行動。
これに関しては完全に「マゾ」です!
ゼッタイに心に響かない!
自分の人生のクスリにも毒にもならない!
観たことを1週間後には忘れてる!

そんな映画をたまらなく観たくなるのだ。

えっ?!今まで何作あったんだっけ?
そして、ストーリーをすべて忘れとる!
『パイレーツ・オブ・カリビアン
最後の海賊』

そもそもさ、ディズニーランドで
「カリブの海賊」も好きじゃないもん!
まだオープン間もないころ
友だちや家族が入園してすぐに
左側に走ってEチケットを使うのが解せなくて
僕は、右に走って
マジックカーペット世界一周 360°に
行きたいんだよ!
って毎回思ってた。
(でも、ここ空いててすぐに入れた)

しかも、ジョニー・デップ本人というより
トム・クルーズとかブラピじゃなく
「ジム・ジャームッシュとか
個性的な監督と組むジョニデが好き!
生き方のスタイルがカッコいいんだよね」
とか
ジョニー・デップを好きなことを公言して
「映画通でしょ、センスいいでしょ
人とちょっと違ってるでしょ」
って
自己顕示欲ダダ漏れな
女性が苦手だったのだ!

僕が学生の頃や20代の頃に
わんさかいた彼女らに、
(*´∇`*)ヤーーーイ!
今や高額な出演料で、白塗りの
おかしな役一辺倒で
ハリウッド大作にばっか出てるよ!
長年のパートナーを捨てて
若い女に走って、
すぐに三行半叩きつけられてるがな!
(*´∇`*)ヤーーーイ!
と言ってやりたい。

それにジョニデよりも
久しぶりに特別出演のオーランド・ブルーム。
そして彼にあんな大きな息子がいたとは!!
いやいや、それ以上に
すっ裸で遊んでいる姿をパパラッチされて
彼があんな大きな息子を持っていたとは!!!
その想像以上の《オーリーくん》
映画見ている間、頭から離れず!!!

それを耐えながら、ディズニーの
ファミリー映画を観ている僕!!

なんて官能的なの!!これこそ
マゾヒズムじゃない?!




ええーーーっ!!!ドラマの中といえ
野際陽子さんを呪い殺すの?!
茄子の呪い揚げの儀式と
もうぶっ飛び過ぎて全然「やすらげない」
『やすらぎの郷』
そんななか向井理も出てきた
(昭和の俳優に較べて顔が小さすぎ!)
特攻隊のお話
「戦時中のことは知らない。
そのくせ保守的な発言をして
体制派から可愛がられてる」

薄っぺらい脚本家って百田尚樹のことなんかなwww
倉本先生のディスりもハンパない!

確かに、出征した恋人の
切った「爪なのね」
戦死の報でそれを「食べたのね」
「~ね」と“姫”(八千草薫)の
可愛さを一気に、ズドーンと戦争の闇へ。

そして、もう日本の小学校を巡回上映させて
トラウマ教育したほうがいいんじゃない?


メル・ギブソン監督の
『ハクソー・リッジ』

数年前に『はだしのゲン』
図書館から撤去すべきて
騒動があったとき「アホかっ!!」
このマンガと小学校の体育館で
全校生徒で観た『ガラスのうさぎ』
「戦争怖っ!!絶対イヤだ!!」って
植え付けられたもん。

もうそれどころの騒ぎじゃない
アメリカ軍が沖縄の難攻不落の前田高地
(ハクソー・リッジ)で戦った際に
武器を持たずに負傷兵を助け出した衛生兵のお話。
ざわわざわわざわわ
って、感動系の話では一切なく
もうね、2時間半の上映時間に
膀胱は持つのか不安
だったんだけど
後半1時間の戦闘シーンに
これで失禁しても誰も文句言わないべ。

開き直れた。
アメリカ人だろうが、日本人だろうが
若かろうが、家族がいようが
邦画でありがちな
「愛する人を守るため戦います!
僕には帰る場所があるんだ!」
なんて
感情いっさいなし!!
ただただ「殺ってやる!」
銃と手りゅう弾で
頭は吹っ飛び!腕や足は千切れ
腸や臓器が飛び散り、
ナイフを突き刺し
死体にウジとネズミが群がる
血まみれ地獄!!!

でも、戦場ってそんなもんなんだろうなぁ。
本当ネットで勇ましいこと書いている人に
「だったら、あんたがそこに行きなよ!!」
ざわわざわわざわわ
八千草薫さんじゃないけど
森山良子さんの美声の裏にはこんな
壮絶な戦いがあったとは!!!

日本軍の描き方に不快を示す人もいるようだけど
僕はもう沖縄に足を向けて寝られないよ!って
ざわわざわわざわわ
もう心のざわつきが抑えられない!

小学校どころか、中学高校
そして会社でも、巡回上映してほしいよ~。
アカデミー賞候補も納得の観るべき映画!
ほら、暑いしさ、一気に身も心も冷え切るよ。

あと、やっぱり宗教って怖っ!
(逆に信仰って素晴らしい!って
映画なんだろうけど)
「神のために」「お国のために」
「愛する人のために」

その信心が、いい方に向かえばいいけど
狂気と紙一重
(でもアンドリュー・ガーフィールド演じる
主人公の恋愛も
ストーカーで気持ち悪っ!!)
こんな地獄絵図の映画でも
カッコいい登場人物ばかりを
「生き延びて!」と応援してた僕。

僕の「見た目信仰」も、かなり危険。

もう年齢には抗えないけど
人に薦められたものは
食わず嫌いしないようにしよう!

心は頑なにならないようにしなきゃ!
って、ド――――ンと紙袋ふたつで
渡されたマンガ『キングダム』
それでも、まだ半分の25巻まで!

もうね、いま僕の日常は「キングダム」で
回ってる!!もう面白すぎ!!
中国の春秋戦国時代
後に秦の始皇帝となる若者「政」と
大将軍を目指す戦災孤児「信」のお話。
あまりにも荒唐無稽なんで
全部フィクションかと思いきや

ネットで検索すると実在の人物
言い伝えられてるエピソード満載
なんですよ。

もうね、すさまじく歴史に疎いので
正直、坂本龍馬と新選組の区別もつかない。

古代は山岸凉子先生の『日出処の天子』
明治は『ヨコハマ物語』
大正は『はいからさんが通る』と
大和和紀先生が教科書ですもん。

それが嘘でも真実でも
面白すぎて、今すぐ中国に行きたい!
舞台の咸陽、いまの西安までの
飛行機とか調べちゃった。

そのまんまの勢いで
同じく、売春宿に育てられた孤児
じつは伝説の王「アーサー」だった!!
『キング・アーサー』
観に行ったのだ。

しょっぱな、悪い男の役
あのお方、ベッカムが出てるんだけど
一声発しただけで、
キャー―!!甲高い!!!
なんじゃこりゃ!!
巨大な象をはじめ、魔術師も入り乱れて
もうめちゃくちゃ!!

そもそもアーサー王や円卓の騎士って
史実じゃないんですね
←そこ?!

僕としては、
幼少期の親が殺されたときの
記憶がよみがえり、
その悪夢で汗びっしょりになって
目覚めるアーサー
(チャーリー・ハナム)の
姿だけで、もうオッケー。
チケット代の元取った!(映画の日ですが)
僕はTシャツの「裾を持って」じゃなく
両手で首元をつかんで脱ぐ男の人に
グッとくるのだ!!!

それを見るためだけにジムに通ってるようなもん。
それが汗に濡れた筋肉質の体なら!!

そんなこんなを含めて
ガイ・リッチーって
ゲイ(が喜びそうな)目線の映像が多い!

ジュード・ロウ演じる弟が
国王(エリック・バナ!)を見つめる目!
妻や娘ら女性に対しての冷やかな態度!
アーサーを守る男たちの熱い絆。

マドンナと結婚してた時
ペニ●・バンドをつけられた
彼女にお尻を攻められてたのでは?!

思わず声を出しちゃってたのでは?と
ひとり妄想してましたよ。

もう、僕の感想もめちゃくちゃ。
すみません。


別に欲求不満じゃありませんよ。
だって今やネットを観れば
もっともっと過激な映像を観られる。

でもね、楽しみにしてたんですよ。
『フィフティ・シェイズ・ダーカー』

今回も前作同様の感想だけど
他人の、恋愛模様
応援したいかどうかが
ラブストーリーの醍醐味じゃないですか。

藤真利子さん、いやユーミンの呉田軽穂に対抗して
微美杏里(ヴィヴィアン・リー)さんが作詞した
柏原芳恵の『夏模様』です。


いや、自分のこと、どっかでこれは
もしかしたら、いまの日本でやってる
おかまのおじさん人生は、
白昼夢


若い頃『SEX and the CITY』に憧れ
今はニューヨークで働く
バリバリのキャリア・ウーマン

愛読書は「COSMOPOLITAN」
洗い立ての髪をヘアバンドで留めて
(イメージは『ニューヨーク恋物語』の
桜田淳子


a0d9d9d3-d0d4-44b3-bb4c-d0e0177cdf6e

お金持ちのカッコいい男に見初められ
「君が俺を変えたんだ」と
後ろから抱きしめられてるのが
本当の自分なんじゃないか
、って
思う時があるんですよ。
(救急車を呼ばないで)
それで、社交界の仮面舞踏会に
参加したい!!!


だから、アメリカで若い女性に
大人気の(本当か?)
『フィフティ・シェイズ・ダーカー』も
楽しみ、楽しみと、心待ちにしてたんですよ。

でも、世の中には2種類の女がいるんだよね。
自分から彼の部屋に押しかけて
「あなたのすべてが知りたい!」と言っておいて
都合の悪い話が出てくると
「聞きたくない!!」と金切り声をあげても
「おまえだけだ!」と抱きしめられる女

気になる相手に
「迷惑な時間じゃないよな」と
時間と言葉を選んでLINEを送って
「明日用事がある、ごめん」って返信が来ても
「どうして?」と聞けず
「了解!」と


スタンプでごまかす女が。

僕は後者だよ!!

仕事中に「上司とニューヨークに行くことになった」
彼の方は会議中に「ダメだ、許さない!」
「私は、あなたの従属者じゃないわ!自分で決めるわ!」
って言っておいて、色目を使う上司を
「私のことを触ろうとしたの!!」
お金持ちの彼氏を使って辞めさせて
ちゃっかり自分は「えっ?嘘?私が?」と
編集長の後釜に座る女。


もう理解不能。

どうしよう、恋愛映画なのに
ふたりともスタイルのよい裸身を
惜しみなく見せているのに
美男美女の俳優が演じているのに

どんどん、応援どころか
不幸を願ってしまう。

恋愛って、周囲の迷惑を考えない人のほうが
(終電間際の駅のホームでキスしてる
ブサイクなカップルとか)
幸せになってゆくのは、なぜ?



僕は真性の差別主義者です!( ー`дー´)キリッ
イケメンカースト制度信奉。
顔がイイ人には、好待遇。
そうでない人にはそれなりに。

でもさ、いつからなんだろ?
日本人が、近隣諸国に対して
差別的な言動するようになったのって。

それはネットだけでなく
フツーに職場の人や友だちが
「(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?今なんつった?」

すごい侮蔑を口にしてビックリするときある。
昔はさ、たとえ心の中で思ってても
言葉にしたら自分の品性もおしまいよ
みたいなとこあったじゃん。
(いま漫画「キングダム」を読んでて
だから、中国人は他国に侵入するし
残酷な遺伝子なんだよ!と
偏見にまみれてるけど(´∀`))

僕が国際情勢や政治に
そしてスポーツに興味がないこともあるけど
「いやいや、こっちが黙ってると
あっちの国がね」って難しい話されても
でも、旅行先をはじめ出会った人にも
イヤなことされたことないしなぁ。


本当、このことだけは、何年経っても慣れないし
言った人を、じつは心の中でリストにしてるwww

なんで、韓国の映画を「面白い!」って
リメイクとかして、国際交流?とかするの
全然いいじゃん!

(日本の漫画やドラマもいっぱいリメイクされてるし)

『22年目の告白
ー私が殺人犯です』


あーーー、でもこれはオリジナル
『殺人の告白』観てなきゃ良かった!!

内容を知らないで観たほうがゼッタイ面白いよね。
その先の展開をわかって観ちゃってると…
韓国版と変えてきてる真相は
そのキーとなるある俳優さんの演技が微妙で。

そうだ!忘れてた!!!この人昔は
EXILEのAKIRAさんみたいなもんだった!

そうだよ、みんな場数を踏んで
「棒」を卒業していくんだよ、ね。

韓国版はアクションがすごかったり
途中の緩急の差(ユルさ)にエッ?って笑ったり
気性のアップダウンがすごかったけど

日本版は静かな(じつは僕はお腹が鳴って焦った)
傷ついた過去をたどるミステリーって感じ。
ただ凶悪な殺人犯には「理由」がなきゃ
ダメなんだね。精神病棟は拘束着着て
なにもない真っ白な部屋っていう
定番の描写にしても、
そこは、ありきたりでつまんなーーい。

僕の大学時代のゼミの専攻は「犯罪心理」で
児童虐待とか初めて知った。
そして「トラウマなにそれ?僕も欲しい!
なんかかっこいい!」て思うようなバカな学生。

でも、教授は「犯罪者の何割かは
生まれながらの犯罪者」
て言ってて、
その意味が、この年になって、
いろんな人と会って、なんとなくわかる。
暴言暴力の某議員みたいな人いるじゃん。
家族とか成長過程も重要なんだろうけど
やっぱり、おかしい人はおかしい。

(僕も周囲にそう思われてるかもしんないけど)

そういう人には地雷を踏まないように
心の中でリストにしてるもん。

伊藤英明くんのオス臭い刑事はGOOD!

鑑賞後、伊藤くんの刑事が
「あなたを殺し屋から
守らなくていけません」
って
命を狙われる僕の身辺警護をしてくれるの。
最初はぶつかり合いながらも
逃避行してるうちに、愛が芽生える、って
ストーリーをずっと妄想してるんだけど!


僕が生まれながらに頭おかしい人?


↑このページのトップヘ