妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

カテゴリ: 映画

僕は明日から、通常の仕事に戻るので。
今日中に、今観てる『梨泰院クラス』
終わらせたかったんだけど
内容が、濃すぎて、途中、なぜか逃げた。

なんも考えない
『6アンダーグラウンド』に。

だって、マイケル・ベイ監督だから。

す、すごいベイ先生。
さすが破壊行為を意味する「mayhem」から
「ベイ・ヘム」という造語ができたくらい

右も左も保守もリベラルも関係なく、
とにかく「悪い奴をぶっ殺せばいいんだよ!」
初っ端のイタリアのフィレンツェを皮切りに
アブダビ、香港と
街も世界的遺産も壊してしまうんじゃ?
撮影で、2、3人死んでるの隠蔽してるんじゃ?

カーアクションと銃や爆弾ぶっ放し!!
目玉を取り出しの、首吹っ飛びの
「イカれてる…」




でも、今って、飛行機飛ばず
濃厚接触もできずに
世界中のスパイや諜報員って
どうしてるんだろ?
(それとは関係ないけど
香港のデモも、コロナ騒ぎで収束してしまったし)

そう考えると、750台も使って
カースタントをしたり
世界中を、スタッフ、大移動で
めちゃくちゃ多いエキストラを指示したり
大声を上げながら、撮影している

マイケル・ベイ作品が
平和の象徴の気がして来た。



アアーΣ(`□´/)/ビックリした!!!

突然のスマホからの地震アラーム。
心臓をやられちゃうよ。


今は、「ステイホーム」なんて
かっこいいモノじゃなく
もう本当「ニート」生活で
イレギュラーなことに心が対処できない。

好きな時に寝て、好きな時に起きて
ずーーっとネットを見て
誰かと一緒なら、コロナ離婚されちゃう。
いや、殺意さえ持たれるんじゃ?!

てな訳でネトフリで観たのは
『マーダー・ミステリー』



『梨泰院クラス』って
韓国の連ドラを並行して観てるんだけど
あまりに面白く、内容も濃いので、
なかなか一気に観られなくて。

その合間に、何も考えない2時間映画を
ひとやすみ」で、観てるのだ。

ミステリーなのに?気軽に?

ええ、そう。
だって、これはアダム・サンドラーと
ジェニファー・アニストン
の主演作だから。

スペインからモナコへの
地中海クルーズ船の中で
お金持ちの結婚パーティに集う
怪しげな人々
(再婚相手を演じるのが忽那汐里さん!)
そこで起きる密室殺人。

まぁ、安い!!お安いの!
豪華クルーズ!モナコ!イタリアのコモ湖!と
ヨーロッパの高級リゾート地で撮影してるのに
なぜか安い!
景色が書き割りで
シットコムの笑い声が入っても違和感ゼロ。
映画を観ると、大概、その風光明媚な
ロケ地に行きたくなるけど
今は、欧州よりも、韓国に行きたいもん。
そんな隣国にもいつ行けるのか?!


うちの妹も大好きで
『フレンズ』のレイチェルの悪口
言ったら、ムキになって怒るんだけど

ジェニファー・アニストンは
何をやってもレイチェルなんだよー。

いい意味でも、悪い意味でも。
キムタクのパーソナリティが光ってしまい
役柄を凌駕する【スター性!】なのと一緒で。
また、それが【映画スター】じゃなく
【テレビスター】なんだよね。
ネトフリの映画はお金がかかってると
聞いてたけど、これはスクリーンで観なくても
家で観るのにちょうどいいサイズだった。

なんて、ぜいたく言ってられるのも
家族も、仕事もないから。

ゴールデン・ウィークが終わったら
また、あの仕事の日々に戻れるのだろうか。
在宅で頑張ってる人も含めて
「新しい世界」に対応できるのだろうか。

 

『ぴったんこカン・カン』で
岡江久美子さんの特集
スタッフに愛されてたんだなぁ。・゚(゚`Д)゙
元TBS安東アナの追悼が胸にきた
(それに引きかえ、ナイナイの岡村への
矢部の公開説教。風俗の話もだけど
「ADの女の子がコーヒーを持って来ても
『ありがとう』を言わない」
ってのに
闇を感じたわいっ!でも同じ年の岡村。
今から異性への価値観変えるの難しいよなぁ

ただヤックンの「おじさんみたいなおばさん」
「おばさんみたいなおじさん」って表現が
ちょっと引っかかったっていうか。
それって、サッパリキッパリしてない自分を
「おばさんみたい」って卑下してる
言葉だよね?!
この年になると、男女差関係なく、
自分の短所や個性ばかり伸びていくよ〜。
僕も、他人のこと詮索したり
相手のエリアに、ガツガツ土足で入って
踏み荒らしていってしまう…。

あぁ、ここまで生きていると
思わなかったんだもん。

美人薄命、繊細で儚いまま全うしたかった。

自分の人生は、28歳で終わると信じてた。
だから27歳で、会社も辞め、
やり残しちゃいけないと
富士山登頂したり、南米を回った。

だって、1999年ノストラダムスの大予言
恐怖の大王が降りて
世界は滅びる(((( ;゚д゚)))
と思ってたんだもん。

それが、鉄腕アトムが生まれた2003年も過ぎ
今や、東京五輪が開催される予定の
AKIRAの世界に生きとる!!!

そして、きっと製作しとる数年前までは
遠いSFとして描かれてただろう
この映画(またもやネトフリですが)
「目隠し」の代わりに「マスク」がなきゃ
生きていけないような世界になるとは
思わなかっただろうなぁ。

『バード・ボックス』



僕自身、こういう終末モノ作品は
「祭り」気分で観てたんだけど

今観ると、怖い怖い('A`|||)
臨場感ある面白さ
(不謹慎だが)
「ノストラダムス」に怯えてた若い頃みたいに
(でも、20代っていったら、分別あるいい年)
身に詰まされる怖さだよ。
サバイバル・スリラーで描かれる
「人間が一番怖い」
(僕は、この手のだと『ミスト』
スティーブン・キングの原作の方じゃなく
映画がたまらなく怖かったんだけど)
狂気に走ったり、己のために人間性を失う
怖さは今までもたくさんあったけど


311の放射能にしても、コロナ禍にしても
潔癖だったり、ちゃんとしてる人の方が
大変だったり、割りを食ったり。

また「批判するな!今こそ一致団結!」って
正しいこと言う人の方が
僕は癪に触ったり(すみません。
でも、率先して、そういうメッセージ出してる
有名人は誰だったか、僕は忘れないよ(ノ`Д´)ノ)
この映画も、性格のいい人や、
優しさのために

惨事を招く怖さが、怖かった。

そんな中、あぁ、自分ってつくづく
誰よりも性格悪いなぁ。

2時間の緊張のサバイバル劇を
主演で引っ張っていくサンドラ・ブロック
顔が、もう怖くて。
もうパツンパツンで表情が固まってる。
こまめに“お直し”に行ってる
国内外の女優さん
(男優さんや歌手も)
こういう濃厚接触が禁止されているとき
定期的な“お直し”どうしてるんだろ?!って
それが一番気になってしまい。

あー、あの人も、頻繁にしてたあの人も
ここ最近、インスタの更新してなかったり
自撮りを載せてないもんなぁ。('д` ;)



もう今朝からズーーーッと
部屋にこもって、
ネトフリを10時間。
いつの間に、空が夕焼けに染まって
「なんも食べてない!」と
買い出しがたら、
「今日は、KタクとSちゃん夫婦の家まで
散歩しよう!」
と。
ほら、芸能界もステイホームで
Sちゃんを筆頭に、最近デビューした
娘のcさんkさん
エトちゃんヒカルちゃんを散歩させてるかも
しれないし。 本人が判別できなくても
独特のファッションでわかるか!)
インスタでいつもアップさせてるワンちゃんは
気づくじゃん。

って、芸能人や有名人も大変だよね。
僕みたいなストーカー気質の人間に
飼っている犬や、子供の顔を覚えられたら。
(この家は“汚名”より“有名”を望むんだろうけど

そんなんで、今日はネトフリ
インドの麻薬王の息子ってことがバレて
誘拐されてしまった少年
救出する傭兵を描く
『タイラー・レイク 命の奪還』



イヤーーー、これ大きなスクリーンの
映画館で観るものでしょ!
てな
銃撃戦やカーアクション。
どんだけお金を持ってるんだ?!ネトフリ。
話自体は、たった一人を守るために
何百人が死ぬんじゃいっ!!
って
よくあるハリウッド大作なんだけど。
僕は、その「たった一人」に憧れる!!
アメリカのドラマや映画でよくある
殺人を目撃したりした証人保護プログラムとかね。
証言への報復から、殺し屋から狙われて
政府や警察の中枢にも裏切り者がいて
自分を守る捜査官や刑事と、逃げ続けるうちに
恋が芽生え…

♪エンダアアアアアイアアアウィルァ
ホイットニー・ヒューストンですよ。

まぁ、実際、今の緊急事態宣言の中も
会社に毎日通うのは嫌だけど
逆に、ずっと在宅の人はすごいなぁ、って思うほど
ジッとしてられないから、
(明菜が自殺未遂の後、今もか
ずっと隠遁生活してたのとかアンビリーバブル)
すぐに見つかってバキューンと殺されちゃうけど。

そして、守ってくれるのが
クリス・ヘムズワース!!!

去年末の東京コミコンで彼との
サイン撮影会が28000円であって
行きたかったけど、即完売で。
国を行き交うのも難しいこんな世界になってしまい
ジュード・ロウとかオーランド・ブルームの
行っておけば良かったなぁ。
(お二人のは、ネットで全裸も確認済みだし)

そう「行っておけば良かった」
「やっておけば良かった」

まさに、いま、痛感すること。
まぁ、コロナ・ウィルス以前も
政局不安定で、
行けない国はたくさんあったけど。
今回、舞台になったバングラデシュ
混沌さ、デンジャラスさ、
異文化、異国感たるや!

あぁ、またここではないどこかに行きたい!

そして、クリヘムのような
血管浮き出る筋肉隆々の男の人に
命をかけて守られたい!!

(これはコロナの問題じゃなく
現世では、僕自身の問題として
ミッション・インポッシブルなことだが

吊り橋効果じゃないけど
危険な状況ななか、二人でいたら
思いは燃え上がらないかなぁ。

女友だち曰く、旦那さんが家にずっといて
ストレス溜まりまくりらしいが。

僕は、家で、しばらくストレス解消!

 

コロナウィルスでテレビの撮影も
大変だろうなぁ。

でも、少し前に撮ったであろうバラエティとか
今見ると、「密!密!!密!!!
ガヤを含め、そんなに出演者いらんだろうに。
会社もだけど、芸能界もいろんな世界も
これから人材や仕事の整理が始まるのかなぁ。

そんななか、始まった新ドラや
バラエティを観ても
うーーーむ。チャンネルを変えてしまう。
もしかして、この閉塞的な世界で
自分の感情まで停滞してる?!


いや、そんなことなかった!

製造業で働いている相方さんは
いま、まさに、給料を補償されてのお休みで
韓国のドラマ2作『梨泰院クラス』
『キングダム』(時代劇ゾンビもの)に
女友だちもヒョンビンの
『愛の不時着』にハマってるらしく
「早く、ネトフリに入って観たほうがいい!」と。
でも、観られる時間ないしなぁ。

てな訳で、アマプラで
『シークレット・ミッション』を。



朝起きたら、鼻水を垂らして
半年に一回は、人前で野グソをして
「おバカ」な主人公。

僕は、お笑いのセンスゼロなので
みんなが語ったりする「お笑い」は
全く分からなくて、出川や松村みたいなのが
大好きなのだ(男として好きなのは
かまいたちの濱家だが)
だから、もう最初はゲラゲラ笑って。

そんな彼は、実は北朝鮮のスパイ!
しかも特殊工作部隊に所属する
エリート工作員だったのです。
なめてた相手が殺人マシーンだった!

いやーー、後半からのシリアス展開に
おじさんビックリよ!

「おとこの教室」と看板を掲げた近所の家に
ドキドキしてたら
「おことの教室」だったこと以来の衝撃!
(いま、思えば、生徒さんいたのか?!)

めちゃくちゃカッコいんですけど!!
演じるキム・スヒョン。

最初は、「俺ってどんなバカも
演じられるんです!」て菅田将暉ぽい風貌に

(時々野村周平、時々剛力彩芽)
苦手意識持ってたんだけど。
突然脱いでの腹筋割れ割れからの
とんでもアクション!


本当、不思議よねー
韓国のドラマや映画って
結局、最後はその役者さんに
ハートを盗まれ

寝る時間も惜しんで、ネットで
過去作から、噂や裸画像まで
検索しまくっちゃうんだもん。


同じように、「北」から送られてきた
スパイ仲間が、「玉木宏みたいだなぁ」
「高橋一生ぽい」って思ってたら
それまんま今度のフジのドラマ
『竜の道」じゃんさ!
でも、俳優さんなら、自分自身の好感度より
「役」として、愛されたいだろうなぁ。
海外でロックダウン中の妹は
今更ながら日本のドラマを観まくってるらしく
『Nのために』の窪田くん、『わた定』の向井理、
『はじ恋』の横浜流星、『恋つづ』の佐藤健と
役者を光らせるのは、最近はTBSのドラマが多い

言っていて、なるほど!
古くは金八の武田鉄矢に、泣き虫先生の山下真司と…
エッ?次元が違う?!
でも、今じゃ信じられんが『BL』のキムタク
『魔女の条件』のタッキー(社長)
『高校教師』の真田広之
『噂の刑事トミーとマツ』の国広富之

ハマったもんなぁ(ひとつ毛色が違うが)

あっ、話が逸れた!!
いや、観た後は、その前半のバカっぷり
♪なんでもないようなことが
幸せだったと思う♪

『ロード』14章分の
とりとめのない笑い話
退屈で、なにげない日々、
いつも当たり前のようにあった愛が

なんて尊いんだ!って
泣いたよーー!!!

映画館に映画を観に行ったり
好きな人と、ごはんを食べたり
大声で笑いあったり

仕事で鬱積がたまったら
誰かの席に行って(今はほぼ誰もいない)
不要不急じゃない話をしたり
そんな日々が、なんて素晴らしいことだったんだ。
(仕事しろ!)

あぁ、それにしても韓国の俳優さんは
身長も高く、筋肉もすごく

こんな閉塞的な世界から
僕の手をつかんで、抱きあげて
連れ出して!!!
って叫んでしまう!

北朝鮮のスパイものだと
コン・ユの『サスペクト』もステキ!
拷問シーンの胸筋!!





↑このページのトップヘ