妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!

カテゴリ: 映画

某女優さんが番組宣伝も兼ねて
twitterを始めて、その姿に
「神対応」って騒がれてたとき
( `д´)ケッ って思ってたんですよ。
逆に叩かれた今こんなこと書くと
「人が弱ってるときになってサイテー」
お叱り受けそうだけど
そうなんですよ、僕はサイテーなんです!

あっ、10年前だけど吉田豪さんの
彼女へのインタビュー裏話は面白かった!!

『SP︎』とか『MOZU』での役は
もちろんカッコいいんだけど
「漫画が大好きです。でも少年漫画しか読まない」
「キャピキャピが苦手だから
男と飲みに行くことの方が多い。
男の中で、自分も男みたいに飲む」
って
語ってらしたのを見て
うわっ!ゼッタイ仲良くなれないな、って。
(その前に、向こうがイヤか)
そしたら、やっぱり面倒くさそう
「ほーら、それ見たことか!」て
溜飲が下がったんですよ(サイテー)。


男としかつるまない人って
そりゃ楽だよ。
自分は「他の女とは違う(扱いを受けてる)」
自己承認欲が満たされ

そして、実はみんなからは紅一点
「特別な女」として他者承認欲も
満たされてるんだもん。


ええ、男には全く誘われない
おかまの、いや、これは「人として」by金八
求められてない僕の僻みなんだけど。

いや、時々、
「女の気持ちも分かるでしょ」
「女の人と仲良しでいいね」
って
思われがちなんだけど
(そういうゲイの人も
多いかもしれないけど)
僕はまーーーったく分かりません
そもそも男女問わず、他人の話聞かないし。

でもね、女性監督が撮った
女性ヒーロー映画
アメコミには珍しく女性客の拍手喝采で
批評家も大絶賛、世界的大ヒット
(アメリカでは今年一番の興収ナンバーワン
間違えた!訂正:1番は『美女と野獣』
でも、女性主役がワンツー!
冬公開の『SW』最新作も女性だし!)
『ワンダーウーマン』

「分かる!分かる!さすが女性目線」なんて
感銘と興奮を受ける気満々で
観に行ったんですよ。


ごめんなさいm(。≧Д≦。)m
ちっともわからなかった!

なんでヒットしたのかも、なんで評判いいのかも。
っていうか、ワンダーウーマンこと
ダイアナの行動がちっとも分からなかった。
なんで、彼を好きになったのか
なんで、いきなし戦いに出たのか。
いや、そもそもこのスートリーが
ちっとも頭に入ってこなかった。

こんなに世間と自分の評価に差が開いたのって
『アイ・アム・サム』以来ですよ。
(これも人気の映画じゃない?
あっ、『ラブ・アクチュアリー』も苦手です)

どうなの?女性心も分からないおかまは
どこに向かうの?!

っていうか、某女優さんより
僕が炎上物件?!
ただ、アカウントを「???騙された?」と
変えて、このブログを閉じたりはしないので
これからもよろしくお願いいたします。




L!LはLOVEのL!
L!LはLIPのL!
このくちびるに 燃える愛をのせて
Lはあなたをみつめてる


ってヽ(`Д´)ノチガウョ!
Theかぼちゃワインのエルじゃないよ!
あの漫画も今なら「女性蔑視だ!」って
炎上しちゃうのかなぁ?

もうさ、うるさいよ!
不謹慎だ!って、ネットに投稿する人たち。
小さい頃とかテレビ観たり
マンガ読んだりしてなかったのかなぁ?
楽しい思い出がないから
今のネットが一番信頼できる!正義だ!と
頑張っちゃうのかなぁ。


確かに、最近の『やすらぎの郷』
野際さんに「死」を語らせるのもすごいけど
(まだ、生きて、ない、よね?無念)

みんな
「口が軽すぎぃーーーー!!」
テレビ画面に向かって
文句も言いたくなりますよ。
施設内ならまだしも(のぶ子!!)
菊村がアザミに手紙で、「姫」が
余命いくばくもないこと書くのは
どうなのっ!!(゚Д゚)ゴルァ!!

とも、思うけど、ハテ?
この光景どこかで見てる!デジャブ?
って、僕じゃんかいっ!
他人のこと言えない!
「絶対、誰にも言っちゃいけないよ」
「ここだけの話ね」
って
僕が人生で使ってるフレーズベストテンに
ランクイン
ですよ。

まぁ、そんな僕だからか
お!も!し!ろ!い!!!

『 エル ELLE』



『氷の微笑』の
ポール・ヴァーホーヴェン監督作だし
予告から、暴行された女性が
警察には頼らず、犯人探しをして
自らの手で復讐するミステリー
もしくは、ヒロインの過去の事件が暴かれる
サイコサスペンスかと思いきや

エ゙ェェ- - - -(*゚Д`ノ*)ノェェエ

コメディじゃん!!!

女性がレイプされて、こんな話!!
やっぱり男の監督だわっ!
身勝手な男のポルノ!!
結局、あの事件の真相は?!
納得いかない!!って怒る人もいるだろうけど


僕は、もうおかしくておかしくて。
だってさ「正しい人」観てても
つまんないじゃん。

人なんて、それぞれ違うんだし
本当は何考えてるのかがわかんない。

登場人物全員が、何しでかすか
わからないから、
もうハラハラドキドキ
突拍子もない言動に、恐ろしくも
クスクスゲラゲラ。
宣伝や感想でも「変態」って言葉を
目にするんだけど
みんな、そんなに倫理感ある生活を
精神状態良く送ってるんですかね?

お客さまに道徳教えるために
芝居やってる訳じゃないでしょ?!
私生活がキレイじゃなきゃ
舞台に立つ資格ないというの?
それじゃぁ、どなたかしら?
舞台に立つ資格がおありになるの?


ハッ!(`ロ´;) 
いつのまにか『Wの悲劇』の
羽鳥翔になってしまった!
でも、その時の三田佳子さんのように
このヒロインを演じるイザベル・ユペールは
頭おかしいんだけど、美しくて
かっこいい!!! そして面白い!
ココ大事!!

フランス語映画ながら、
主演女優賞にノミネートしちゃう
アカデミー賞って(´∀`)(しかもこの役で!!)

何よりもね、出てくる男優さんが
みんなエロくカッコいいのだ!
それが一番大事か。
その中でも、感情をすぐに爆発させるわ
仕事辞めちゃうわ、バカだわ の息子
ヴァンサン(演じるジョナ・ブロケ)が
好みだよ! 

Jonas+Bloquet+Y8Oq6utCGQFm

あぁ、僕って本当に男の趣味悪い。

L!LはLOVEのL!
LOVE イズ ミステリー



土曜日、家族や友だち同士で賑わう
うどん屋さんで、彼と食事をしていたら
僕たち以外のお客さんはみんな
天井からぶらさがったテレビに夢中。
「誰が走るのかなぁ?みやぞん?」
「マラソンランナーの発表ってまだかなぁ」
て。
へっ?(*゚∀゚)っ24時間テレビって
「感動ポルノ」とか
「引っ張るだけ引っ張って視聴率稼ぎかいっ!」て
ディスるもの
であって、
そんな楽しそうに待つものなのっ!?
そして、いつものごとく視聴率も
めちゃくちゃ高かったらしく、

えっ?!自分って少数派だったのかっ!

そんな週明け、人身事故で電車が止まり
復旧の見通しがない!
早く行って、仕事しなきゃいけないのに!
みなさん、Uberとかアプリを使っているのか
タクシーはいっせいに「回送」('д` ;)
アナログでダメダメな僕は
♪負けないで もう少し♪
(この曲が流れると、その著作権料はどこに?)
会社まで走りましたよ!
自分の足で!
一人突然マラソンランナー


そういえば、カータンのブログで、
この話ゲラゲラ笑ったんだけど
僕もイケるかもしれない!
東京オリンピック2020!!!
競歩ってゲイに向いてそうじゃん。
(実際の選手に怒られる)
金メダルの代わりに
やり投げ(室伏!)パンパン(どこが?)の
リレー選手!の陸上、
柔道、レスリング、水泳
好きなオリンピック選手の「金」
自由にしていい!ってルール
にしたら
世界中のゲイが、日頃から使ってる内股と
鍛え上げた大臀筋で腰を揺らし
競歩でTOKYOを走る姿が見える!!!

(日本陸上競技連盟に怒られる!)

まぁ、実際に90キロメートル走ったから
ブルゾンは多くの人の心を打ったんだろうけど。


そうなんですよ!!
ここで、いつものように映画
『スパイダーマン
:ホームカミング』


ソニーがディズニーに頭を下げて
アベンジャーズの仲間入りをした
スパイダーマン。
アイアンマンことトニー・スタークがあげた
スパイダースーツがね、AI搭載
最新技術満載でね、

まぁ、つまんない!(*´Д`*)
いや、イマドキの人やガジェット好きには
たまらないんだろうけど
なんでもできちゃって、葛藤も努力もなし。
別にスパイダーマンじゃなくていいじゃん!
そのせいか、空中を上下左右飛び回る
スパイダーマンの爽快感や
楽しみ
感じられなくて。
(それにスパイダーマンが張り切らなければ
壊れる建物も、傷つく人もいなかったんじゃ?
マッチポンプ状態)

でも、主人公を演じたトム・ホランドくんが良かった。
若さって素晴らしいなぁ、
そう、この年になると「若い人を見る」だけで
お肉いっぱい食べな!
おじさんがお金は払うから!!って思うの。
(ハリウッド俳優の彼のほうが何百倍と
お金持ってるだろうけど)
それに実際スポーツ万能のトムくん。
スパイダースーツを着ている時より
普段の彼が(学校ではイケテナイ設定なのに)
生身の体で走って、
飛んでる姿の方が
躍動してて
キラキラしてるよ。


特撮やCGよりも、
(スタッフさんの仕事は素晴らしいけど)
俳優は実際に動いてる姿のほうが
胸を打つね〜。


あぁ泣かないでメモリーズ
私はもっと強いはずよ
でもあふれて止まらぬ
涙はダイアモンド


( ゚д゚)ハッ! つい声に出してしまってた
しかもかなり大きな声で。

東京の街並みを、
「僕は、強い!強い!!
幾千粒の雨の矢たちが降ってきても
傷つかないダイアモンド!!」

ブツブツ言っているおじさんがいたら
それは僕です。

ぶっちゃけ管理職なんで
残業代は出ません。
子ども手当も、結婚(家族)手当もつかないし
うちは純然たる年齢給なので
遅くまで働いても、お給料は
みんなのほうが多かったり。
いや、お金はいいの(いいのか?)

ただ、僕の人生すべてこんな感じ
何をやっても、結果を出せない。
#ダメな毎日#ネガティブキャンペーン
一生タグ付け中。

朝早く起きて勉強しても、
地の頭が良くないので、そこそこ。
誰かをすごく好きになっても
気持ち悪いおじさんからの求愛じゃ
ただのストーカー(((( ;゚д゚)))

「あの人って、要領得ないよね(′∀`)クスクス」
それが僕ですyo!
だから、スマートでカッコいい人に憧れ
あたしなんもしてないんでぇーーすって
女を憎むのだ!そして整形パトロールへと。


そんな僕が、どうにか正常を保っていられるのは
「現実逃避」(この時点でサヨナラ正常)
自分のなかでBGMをかなぐり鳴らし
自分だけが自分の人生の主人公!!!
主人公!!!と、妄想の世界で生きてるのですよ。

(もう、ずっと脇役、しかも悪役の現実にバイバイ)

誰かにときめいたら『ラブストーリーは突然』に
ジャカジャーーンが脳内で響き
頑張ろう!!ってときは菊池桃子の
空にSAY!YES!!
彼ともう終わりかな、って思えば
♪さよならね、って言いだしたのは
あたしのほうが先だったのにぃ
動き出す汽車 最後の握手
まだほどけない、離せない♪

(斉藤由貴)
そして、あぁ泣かないでメモリーズに戻って
リフレインが叫んでるですよ。

なので、な!の!で!!
幼い頃の事故で、聴覚と心を閉ざし
iPodのイヤホンで
社会を断絶して生きてきたベイビーが
主人公のクライムドラマ

ずっとずっとノーミュージックノーライフの
『ベイビー・ドライバー』

正直、最初のほうは
GapとかiPhoneのCMみたいで
ハイハイ、マガジンハウスの(このセンスも古すぎ?)
雑誌で、「あたしの好きな映画」で
ハウスマヌカン、オシャレショップの人や
カタカナ職業の人たちが
挙げるオシャレ映画っぽくて

うへぇーー('д` ;)だったんだけど
さすがアカデミー賞俳優ジェイミー・フォックスの
得体の知れない狂気と
海外ではいつも「もっこり」がすごくて
パパラッチされちゃうジョン・ハムさん
そして、主人公を見る目が
もうすごくいやらしいハリウッドのクイーン
ケヴィン・スペイシーが
いろんな意味での「雄」をムンムンさせてからが
面白かったよ~。


僕も同じように脳内で音楽が鳴り響いているのに
なにがダメなの?

ほとんどが80年代アイドルで
テンポがユルイの?失恋ソングばかりだから?
あんな風に目と目が合った瞬間に
♪通じ合う、かすかに色っぽい♪工藤静香
ミラクルby牧瀬里穂
なんてこと、一度もないんですけど!!
むしろ、
♪FUJITSUです、
微笑んだあたしを不思議顔、
それはないんじゃなーい♪


カータンから「買って読んで!」と
ラインがきた週刊新潮の別冊
「昭和とバブルの影法師」



面白かった~。
先日、大学時代のサークルの同期、
そして、先週末高校時代の友人に会ってね、
アノ頃、僕たちはバブル」の
狂乱と喧噪
のなかに「いたよね~って
話をちょうどしてたから。
なんで、今さら?ってのはね、
彼女たちの上の子が、今年大学生になって、
彼らの堅実な生活
(お金がなくなると飲みにも行かず、
家にいて、夏の旅行も家族と)、
自分らの頃とは全然違う~。
就職も勉強もなんも考えてなかったよね!って。
ただただ早く大人になりたくて、背伸びしたくて、
そのためにお金が必要で、バイトして、
社会の入り口に立って挫折して、
でもそれ以上に、街や世界が
キラキラ(ギラギラ?)してて、

宙に2cmばかり浮いているようだった。
まぁ、朝方まで昼のように遊び、
夏にもスキー(SSAWS)
冬にはプール(ワイルドブルーヨコハマ)と、
バベルの塔みたいに、
神に背くようなことしてたんだもん!
(僕なんて、入れるべきじゃない穴に…以下自粛)
そりゃ、崩壊するよ。

ハリウッド映画も『ダークナイト』以降、
アメコミでさえ現実路線で、どっか辛気くさい。

そんななか「バブル!!」
それこそ、泡だらけの金髪美女が、
おっぱい出して洗車サービスするような
バブル感いっぱいの監督がまだひとり!

マッチョ!爆発!!
燃えさかる街をバックに、
いや、核爆発の地球をバックに、
主人公がワイルドサイドを走りまくる
マイケル・ベイ!!


『トランスフォーマー/
最後の騎士王』
ですよ。
この映画をつくるにあたって
泡のように消えた何百億円、
もっと有意義に使えなかったかのかなぁ。

「くだらないなぁ」以上に、
もう話が「ちんぷんかんぷん」「とんちかん」でwww
トランスフォーマー対策部隊?なんの略?
「TRF」のみなさんが出るたびに、
脳内で♪イエぃイエぃイエーサバイバーダンス!
ミュージックが。
だって、来ているお客もそんなのばっか…(以下自粛)
あっ、今回は世の中の多様性を目指したのか、
ヒロインが黒髪のおっぱいちゃんだったり
(マイケル・ベイに枕営業しただろ感はたっぷり)、
いろんな人種が出てきたけど、
あの子役、マイケル・ベイ、絶対興味ないよね。
「愛」がないもん。
もう、うるさいだけの子供でイライラしちゃった。
危険な場所についてくんなっ!


この監督の映画を観るたびに、
長渕剛さんの『Captain of the Ship』
フルコーラスを聴いた気分。

♪オマエがしっかり舵を取れ♪ヨーソロー♪



↑このページのトップヘ