妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

カテゴリ: 映画

(゚Д゚ )エッ?オリンピック始まってるの?

普段、皇室、芸能、整形、いい男ネタを
LINEしてくる友だちも
野球、サッカー、大相撲、
甲子園、ワールドカップにオリンピック
スポーツにまったく関心を持たず
「二刀流ってバイってこと?白鵬って外国人?」
僕には、話をふってこない…。


そんな僕にとって、南北協力!といえば

『コンフィデンシャル 共助』

映画を観ながら叫びそうになって
でも、そんなことしたら連行されちゃう。
それを我慢してたら吐きそうになった。

もう、大声で叫びたい!!

ヾ(o´▽`)ノ” ゚<<<ヒョンビンカッコいい―――!

いや、人ってカッコいい人見たら
吐きそうになるんだ
(僕だけ?)

本当こんなこと書くとペンのみなさまに
それこそ毒矢を放たれるけど
ドラマを観てる時は
クォン・サンウ?
バカリズム?江角マキ子?って
そんなにキュンとしてなかったのだ。

それがそれがこの映画を観ている時の僕は
目からハートマーク飛び出してたもん。



僕の好きな映画や漫画のテーマは
「ナメてた相手が実は殺人マシーンだった」

さらに(´Д`)ハァ…(´Д`)ハァ…させるのが
その生まれた環境で、無理やり暗殺者として
育てられた人間が外の世界を知り
人を愛する感情を知り、でも抜けられない掟


もうこの設定で、
'`ァ'`ァ (*´Д`*) '`ァ'`ァ何度だってイケる!

和田慎二先生の短編『朱雀の紋章』や
山田風太郎先生の忍法もの
それを原作とした漫画『バジリスク』とか
大好きなんだけど、
日本だとなかなか現代じゃない。

そんなとき、かの国があるじゃないですか!
もうね、女として生まれたら
AKBとか欅坂とか乃木坂とか
秋元物件になるよりも

北朝鮮の美女応援団になりたい!

そして、北朝鮮の精鋭刑事
(愛する妻を殺され←ここ大事)
鍛え上げられた肉体、殺人スキル!
あぁ北朝鮮羨ましい!←もう完全に間違ってる
高速道路を飛び降り、銃を撃ち放し
兵役で「本当の闘い」を
知った後の韓国俳優のアクション!

日本も兵役ないかなぁ。

コン・ユの『サスペクト・哀しき容疑者』と
まったく同じようなストーリー
しかも、スタントコーディネーターが同じ人。

銃撃戦も、肉弾戦も
カーアクションも、すべてがスゴい!!


政治やスポーツだけでなく韓国のエンタメの
話でさえも「キムチ~(゚д゚)、ペッ」
と嫌がる人いるけど
「あーーーもったいない!!!」
こんなに面白いのに!!!

あーーー韓国行きたい!!!
でも、街中にコン・ユも
ヒョンビンもいない( ・Д・)
そして、この映画のもうひとりの主役
ユ・ヘジンさんに触れない僕(′∀`)

木下優樹菜って、やっぱりスゴイ!
家に帰ったらフジモンがいるんだよ。
って、思いながら観てた。

日本に北朝鮮のスパイ忍び込まないかなぁ。
もう、ブログを停止させられるような発言!
そんな彼が僕と出会ったことで、
誰かを大切にする気持ちや笑顔を知るの。
そして、兄と弟の誓い!

もちろん、ルックスは金一族ではなく
コン・ユかヒョンビンで!
それこそ、ハニー・トラップやん!!


「私って、イヤなことがあっても
ひと晩寝れば、忘れちゃうんですよねー」


って言う人多いけど

僕は忘れない!
「どうしようかなぁ」ってレベルの悩みは
散々周囲に言いまくって、
翌日「あの件どうなった?」って聞かれたら
「( ・Д・) エッ?なんのこと?」だけど

「イヤなことされたこと」は忘れない。
忘れられない。

(女優だったら、役を抜けきれない!)
心の奥底に押し込めても、
夢に出てきて、歯ぎしりギシギシ。


イヤなことじゃなくても
トラブルが起きた時の態度
今後の仕事のために、ファイリングしてるもん。

ポジティブで、
腹にイチモツも、裏表もなければ
人に好かれて、もっと幸せになれたのでは!?

でも無理!自分の幸せより
相手の不幸を願ってしまう!


映画評論家の町山智浩さんが
この映画のポスターは
「看板(ビルボード)の<裏側>を
載せてるんですよ」とラジオで教えてくれて

official_threebillboard-690x436

なるほどーーー。

『スリー・ビルボード』

アメリカ南部の田舎町の
大通り沿いに放置されていた看板に
突然現れた警察署長への抗議メッセージ

7カ月前に娘がレイプされた後
焼き殺された母親ミルドレッドが
なかなか進展しない警察の動きに
腹を立て、広告を買い取ったの。


復讐には、鉄髄をくだせ!
80~90年代のアクション映画でもなく
憎しみの連鎖を断ち切って
「赦す」ことが大切だ!

2000年代の世界へのアンチテーゼでもなく

そうだよ!そうだよ!
人間、悲しみや怒りが
ひと晩寝て、簡単に消える訳でもなく

どんな人の言葉も届かないし
ほかの人の事情なんて知ったこっちゃない!

負の感情は、
ノーブレーキ!ノールール!

人間の「裏側」どころか
復讐でも、赦しでもなく
もう、予測不可能なほう
どんどん暴走して行って
ハラハラハンパない!

そして、その間に挟まれる緩さに
緊張感の糸が切れて
ついつい笑ってしまうんだけど。

子どもが殺されて、あぁ、父親は
別の女との生活に逃げることができても
母親は、後悔にさいなまれ
地獄の火に焼かれるしかないよなぁ。

それでも、復讐のモンスターでもなく
ふとした瞬間に人間味をあらわにする
フランシス・マクド―マンドが凄すぎて
二度目のアカデミー主演女優賞確実でしょ。


対する、バカで、差別主義で暴力警官の
サム・ロックウェル
(彼も助演賞最有力!)
そんな彼が、本当ささいなことで
(オレンジジュースのストロー!!!)
しかも、えっ?!あの脇キャラが
こんなとこで!!!
彼に影響を与えるとは!!涙!!
(ネタバレになるから書けない)

誰が観てもヒーローな
イイ役を演じるキムタクやトム・クルーズが
人気者なのは当たり前だし
そして、そんな「正しい」彼らに
周りが影響されて、変化していくのは
カタルシスありますよ。

だけど、この映画は
本当ね、変われない変わらない
しかも腹にイチモツニモツ
裏側真っ黒な人たちが出てくるんですよ。


そして、彼らの行動がハッピーでもなく
正しくなくても

彼らの未来を願ってしまうのはなぜ?!
清々しさが残るのはなぜ?!

先日「吉岡里帆が、
視聴者をイラつかせる役を演じて
この先の役者人生が不安だ」みたいな
ネットニュースが流れてたけど
「大きなお世話っ!」

その役が、いい人か悪い奴か
正しいか、正しくないかなんて関係ない!

クセのある登場人物たちの
心が動いていく姿に
僕は魅了されて、愛しくてたまらなくなる~。


脚本!演技!大人のドラマを観た~。
ひと晩経っても、この映画の彼らが気になるよ~。

松本幸四郎の襲名歌舞伎を観に行った
親が帰ってくるなり
「やっぱり海老蔵は、華がある!
かっこいい!!!」
と……

あんた去年散々「金儲けのために…」
「民間療法が……」云々
悪口言ってたじゃないか!!!

そもそも「ソニー損保自動車保険の
CMが!Σ(゚д゚;)打ちすぎ!!
顔パンパンやん!!」て
先代幸四郎のことを……


でも海老蔵はとにかくスタイルが良く
見映えがイイと。

やはりブログに鍛えてるの載せてるだけあって。

いや、でも、年を経ると
人間、体型維持って大切なのかなぁ。

やっぱりね、福山かっこいいわ!
゜+。:.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+゜カコィィ
映画館のスクリーンで観ると
その高い身長、均整の取れた体!
立ち姿や、アクションが様になる!!

320


ジャニーズでニノが映画俳優として
絶賛されてるけど…うーーむ。

fukuyama_iseya6


『マンハント』

トンデモ映画だった!!!


いや、最初は福山主演だし
重厚なサスペンスかと思いきや
そうですよね、そうです、
ジョン・ウー先生ですもん。

白い鳩!スローモショ―ン!2丁拳銃!
同時に銃を向け合う二人!!!

『ミッション・インポッシブル』の
トム・クルーズさえ。アレ?仮面ライダー?
ギリギリだったもん。
福山雅治頑張った!!
もう笑いながら観ちゃったけど。

たぶん、自分がよく知っている日本が
舞台だと、現実とリンクしちゃうんじゃないかな。
そ、そんなアホな…(゚∀゚*)って
でも、僕は『キル・ビル』やハリウッドが
描くような「はんぶん不思議」byCoCoの
ニッポン描写大好きなので
最初の演歌が流れる居酒屋で
いきなしの中国語とたどたどしい日本語
一瞬で惹かれ合う男女
そしてブサイクなジョン・ウー監督の娘!!
ダンスのように流れる銃撃戦!
逆にインド映画のように、
高層ビルで繰り広げられる
セレブたちの怪しいダンス!!

出だしから
「なんじゃこりゃなんじゃこりゃ!

「我が国日本をバカにすんな!
こんなの日本じゃない!」
って
怒る人もいるだろうけど
僕は味のあるニッポンの建物が
超近代的な高層ビルに改築されるたびに
「あら、もったいない」って
思ってしまうので

逆に、外国の人が描く
OHオリエンタル!
エキゾチック・ジャパン!!

堪能できて面白かった!!

とにかく大阪で、銃がバンバン乱射されて
(でも、ゼッタイに福山や主人公たちには
当たらない!!)

人がバンバンバンバン死んで
(あの警備員さんたちは非正規の若者なのかなぁ
それなのに、あんなに殺されちゃって、と
現実を考えちゃいけない、いけない)
ドッカンドッカン笑える映画だったよ。

わ、笑える?でいいんだ、よね?

オリジナルの高倉健さん、原田芳雄さんの
『君よ憤怒の河を渉れ』の映画も未見
原作も未読ですが
70年代、80年代の角川とかの
「細かいことはどうでもいいんだよ!」
勢いで突っ走れ!てな映画
を観ていた
子どもの頃を思い出したよ。

そんなトンデモ映画でも
英語も日本語もいい國村隼さん!
韓国で賞を獲ってたけど
彼こそ国際俳優!!ブレないもん。
そして、英語の喋り方も
福山のマネをする人みたいな福山
彼もブレないなぁ(褒めてます!)
福山のカッコ良さに、
久々に、気付いた映画でした。



親の影響なんて、そんなに受けてないと思ってた。
思春期になり、誰よりも親に、バレちゃヤバい
傷つけたくない、ガッカリさせたくないと
距離感保っていたし。

でもね、大人になって、社会人になって知ったの。
芸能界の噂話、整形、そして特に皇室。
話す人は話す。知らない人は知らない。
そして、前者の場合、母親が、
女きょうだい(特に姉)が
家でもその手の話を
すごくする
人が多いような。

そうです、もう僕の場合
「親の責任です」
「親の育て方が悪かった」
んです!

もうね、「あそこの角の●●ちゃん
今度結婚するそうよ」の素人会話以上に

「○○の宮の本当のお○さんは、加○さ✿らじゃん」
「サーヤの花嫁衣装は
カリオストロの城のクラリス!」

と、ロイヤルファミリーについて
当たり前のように、語ってきました。


妹なんて、「じっとしてらんない!」と
1泊3日くらいの強行軍で
ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚を見に
イギリスに行くほど、世界の王室大好き!
(いまだに、実家に「ダイアナ来日・独眼竜政宗」と
書かれたビデオテープが置いてある。
当時から、妹は渡辺謙とダイアナの大ファン
テープは、絶対腐ってると思うけど)

家族だけじゃない、親戚が集まると
「なんで、小坂一也ごときに
十朱幸代と松坂慶子が争うんだ!」
とか
お正月、「昨日の紅白の
中森明菜の『十戒』って歌は
旧約聖書のモーセと関係ないじゃないか!」
なんて
芸能ネタだけで、結びついてる一族でした。

この家族にして、この子あり!
なるべくしてなったのだと思う。

だから、友だち何人かとここ何週間は
小○家のことで、もちきり

本当、今日も朝から一日何回も
LINEのやりとりしてたので

ニュースが飛び込んできたとき

こっちまで、職場で飛び上がっちゃった!!!
叫び声あげちゃった!!


映画『アバウト・レイ
16歳の決断』
を観てね
家族って、やっぱり反目しても
影響与え合うなぁ、って思ったのだ。

エル・ファニング演じるレイは性同一性障害。
(エルたんが可愛すぎ!!あれで男になったら
狙われるって!!)
ホルモン治療を受けたいんだけど
シングル・マザーの母親(ナオミ・ワッツ)は
「娘が、いきなし息子に?」と現実に戸惑い気味。
そして、レズビアンのおばあちゃん(スーザン・サランドン)は
「ええーー、だったら、女(今)のまま
レズビアンになって、女の人と恋すればいいじゃない?」

トランジェンダーの意味を理解してないの。

女だらけの家族は、
感情も言葉もぶつかり放題。
それぞれの性癖とは関係なく
女同士って容赦ない。


うちの弟の奥さんは、
そして少し歳の離れたお兄ちゃん2人に
「可愛い、可愛い」と育てられてきた末っ娘。

なので、うちに嫁いできたとき
整形、皇室、芸能の話を、
家族みんなで、毒まみれ
止めどなくしゃべっていることに
ビックリしたみたい。

そして、そんな母、兄、
僕の妹(弟になっては姉)に
感情的に、ときには攻撃的に
言葉を浴びさせられている弟を見て

どうして普段、泰然自若としてるのかが
分かったそうです。

そして、うちの弟がなぜこんなに
皇室に詳しいのかも
(右翼と思われてたのか?!)

きっと、弟も、ここ数週間
小○家とM子さまの行く末を気にしてただろうな。

(こんなところで、家族の見えない絆を感じた!)
まさか、職場では話せないだろうに。
ノンケってそういうとき、可哀想。

そして、僕のスマホには
「美智子さま、大丈夫かしら」
母からのLINE
(でも、お金持ち貧乏、お家柄関係なく
お金に汚い人は、一生汚いと思う…)

僕ね、この映画のように
「性転換したい」って思ったことないの。
(「女優になりたい」はあっても)
それは、きっと、今の男性のままでも
好きなこと喋れてきたからかなぁ。



80年代の終わりから90年代にかけて
『ミザリー』『ペット・セメタリー』 と
映画化されたのを機に読み始めた
スティーヴン・キング 
じつはこの頃の僕はDT(そりゃそうだ)
AMKT(ア◯ル未開発←そんな言葉あるのか)
うぶな男の子、ホラー映画が大の苦手だったの!
(その前の2行は必要だったのか?!)
まぁ、その前に、キングの文章は、形容詞や副詞?
ひとつひとつの情景や行動が、事細かに描かれて
(それこそ死臭も漂うほど)
もうそれを読みながら想像していくのに疲れ果て 
この『ダーク・タワー』 シリーズも
1巻の『ガンスリンガー』で 挫折してるのです。
あぁ、こんなに世界中で人気の作品を
読めなかったオレ('д` ;)


そして、30年近く経った去年
アメリカで人気だったという
キングの小説のドラマ化
 ケネディ暗殺を阻止するために過去に向かう男を
描いた『11/22/63』
ごめんなさい!これも上巻で挫折〜('д` ;)
翻訳物って、頭に入らないときって
入らないじゃないですか。
Aと一緒で
(って、不要な下ネタばっか)

キング(もしくは翻訳者)と合わないのかなぁ。
しかも今さら新潮文庫だと十何冊?も読めない!
どんな話だったか全然覚えてないし
映画で観ちゃって、読んだ気になろう!

って、(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? 95分?!
頻尿の僕には優しい時間だけど
ええーーースティーブン・キングが
20年以上に渡って書いた集大成を95分?!

いいの?

『ダークタワー』

いいわけなかったwww

誰もが夢見る(見ないのか?)
いつも見る不思議な夢
自分は、じつは世界を救う力を持った
選ばれし人間だったのだ!(`Д´)ゞ ビシッ!

でも、今や、そんな力より
マシュー・マコノヒー演じる“黒衣の男”のように
相手を意のままに操られる力がほしい!

「僕を好きになれ!」
「私を抱いてそしてキスして」
by家田荘子さん

って、やっぱり心が荒んでるのか?
そんな自分の孤独を埋めることしか
思い浮かばない!!

僕がキングの小説を映画化したので
一番、怖かったのは、『ミスト』です。

そして、この1時間半あったら
(その前に、僕のブログを読むくらいなら)
みなさんは、松任谷由実の
『オールナイトニッポンGOLD』

先週のゲスト林真理子とユーミンのやりとりを
聴いた方が、絶対おもしろい!!

(ネットやユーチューブで検索したら
すぐに出てくると思うよ!)

↑このページのトップヘ