妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

カテゴリ: 映画

妹が住むカナダや
いとこが住むアメリカの某都市は
食品店しか開いていず
外を歩いているだけで
注意をされるらしく……。
イタリアの友だちは1カ月
勤労や社会機能停止!!

世界はどうなっちゃうんだ?!
そんなグローバルな問題なのに
僕ときたら
『アナザースカイ』や
『世界ふしぎ発見!』って
この先、撮影や放映できるのだろうか?!

しばらく「国内」ばかりになるのか?!
そこが気になって。

コロナはもうかかってるかもしんないしね。
いつ発症するんだろ?て怖さもあるけど

先日、中国が発表した(嘘くさい!)
「コロナ罹患率はO型が少ない」とか
どっかの博士が言ってた
「海外旅行をよくする人は
さまざまな気候や水、食べ物に適応しようと
してきたから、免疫力が高い」
ってだけを
意味なく信じて、乗り切りますよ。

あと、やっぱり笑いが免疫力高める気がして
笑うようにはしてる!!

というか、僕なんて、落ち込んでたら
ただの不機嫌なおじさんで
疎ましくて、嫌がられちゃうよ。

ありのままでいるなんて、
もう世間が許してくれましぇん!

この前、テレビ「ねほりんぱほりん」で
YOUが
「ありのままの大根なんて食えるか!
バカ野郎!」

「大根は洗って泥をおとして、切ったり煮込んだり
味付けをして食べられる。
誰かに好かれるためには、努力が必要!」

意味なんだけど、もう膝を叩いたよ。

若き天才、グザヴィエ・ドランの最新作
『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』
今までの作品は、フランス語の
オサレなおフランスが舞台だったから
その複雑で繊細な感情の動きに
惹かれたのかなぁ。

英語になって、ハリウッドスターが演じると
途端に、うぅ、うう、めんどうくせぇ!!

大人気のテレビスターと
文通していた男の子。
突然のスターの死の謎は?!
もうどうでもええわいっ!!

(ヒース・レジャーのことは
思い出したけど)
逆に、こういうの見ると
僕は親や家族、友だちと
深く向き合ってないのかなぁ。

そばにいてくれるのが当たり前と
信じて疑わないのは、傲慢なのか?!
親と芸能人の整形の話はするが
なんか話しかけられても
「うるさいっ!」と不機嫌になることのほうが多い。
友だちだって、シリアスな話題は僕には
したくないだろうなぁ
(そもそもバラすし!)
僕も、これを分かってくれるのはAさんだろうな。
このネタはBに伝えなきゃ!って相手を選ぶし
すべてを誰かひとりと分かち合おうとは思わない。
ありのままで受け入れられようとは
思わない。

だから、そのことで孤独を感じる
主人公ジョン・f・ドノヴァンの気持ちが
今一つ分からず。

あんなに若い時に
決め付けて、命を絶たなくてもいいのに

きっとまじめな人ほど
人生は大変なんだろうな、

その分、人でも、社会でも
プラスアルファの関係を
紡いでいけるんだろうけど。

僕は、そういうのは無理!
年齢が経つと、自分の役割がわかる。
その代わり、くだらない話
不謹慎なネタ、悪口、噂話
ウェルカム~。


それが僕の生きていくための
免疫力アップなのかもしんない!



会社の若い男の子
僕が学生時代好きだった人が勤める企業
仕事をする
と言うので
「〇〇さんって知ってる?」と聞いたら
「エッ?!
まさに、いまその人と会ってきました」

名刺を出してきたのだ。
「同じ年なんですか?
でも、すごい、おじさんでしたよ!

マジ?マジ?マジ?!
僕の方が若く見えるってこと?!

(無理やり20代の子に、
うなずかせる50前のおじさん)
よっしゃっー━( p゚∀゚)q━!!!
ああーー、ならば今会いたい!!

「お前は、変わらないなぁ」
あのときの、きらめきの瞬間を
相手によみがえらせたい!!


終わりのないコロナウィルス
毎日眠る前に、
「明日目が覚めたら、高熱が出て
発症してたらどうしよ…」
僕がなったら、「濃厚接触したよ!」と
不安になる人多いだろうなぁ、と
それが一番イヤ、というか、怖い。

でも、もうどこにいてもどうなるかわからん。
とにかく免疫力つけるために
笑っていなきゃ!動いてなきゃ!!
(言い訳)

『BOYS ボーイズ』
さすがに、映画館は空いてたけど。



ごめんなさい、伝染る恐怖より
観たい気持ちのほうが勝ってしまった!

(でも、会社近辺の渋谷原宿なんて
学校が休みの若い子でいっぱいだよ
自粛なんてムリ!ムリ!)

『ゴッズ・オウン・カントリー』の成功でか?
2014年製作の作品を今さらながらの上映。
しかも、オランダの映画だから
役者さんも、その人気や知名度も知らないし
純粋なラブストーリーなのか?
もしかしてバッド・エンドのサスペンス?!
先が読めないから、面白かった。

(どんだけ日本の映画やドラマって
配役とかですべてがわかっちゃうのか?!)

陸上の選抜メンバーになった15歳の男の子
そのチームで出会った男の子に惹かれてしまい。
「でも、僕はゲイじゃない!」って。

僕は、自分中心だし
悲劇のヒロイン、少女漫画の主人公で
生きてるんですよ
(50歳前のおじさん!!)
でも、今までの人生で
キャンプやスキー合宿で、夜中抜けだしたり
修学旅行で、布団の中に引きずりこんできたり
誰もいない教室で突然抱きついてきたり
グループで行った花火大会
すごい人混みのなかで、
みんなに気づかれないように手を握ってきたり
会社の飲み会のあと、ビルの影でキスして来たり

ブサイクなりに、
僕にも、それなりに相手から
アクション起こされたことあったんですよ。

(ネットをいいことに、記憶の捏造かもしれん)
しかも、彼女がいたり、フツーに結婚したりしてる
ストレートの人たちから。

冗談だったのか?!一時の気の迷いなのか?!
まぁ、僕は「まっ、いっか」ってなっちゃうけど
彼らは、彼らなりに、悩んだり、苦しんだり
自分のアイデンティティを疑ったりしてたのかな?
ゲイを好きになってしまう
ストレート側を描いたこの映画見てたら
なんか、自分の歴史も違った景色に見える。

よくあるじゃん、青春ミステリーで。
このまま僕が若い時に死んじゃえば
その周囲の人たちのなかにも
「忘れられない傷」となって…みたいな。
でも、僕は「美人薄命」というわけにいかず
図太く生きて、もうすぐ49歳!!半世紀前!


久々に再会したら、
「うわっ!俺はこんな汚いおじさんに
抱きついてたのか?!キスしてたのか?!」

後悔?
いや、もう笑うしかない汚点になるのがオチ。

もうまぼろしでいい。
まぼろしーーー!!!


映画は美男美女ばかりで

FullSizeRender

6年経って、主役の男の子は
カッコ良く成長してた!!

汗まみれのロッカールーム
UFOキャッチャー
自転車ごと飛び込む川も
ふたりで飛んで倒れ込むトランポリンさえも
美しく
あぁ、やっぱり
人は失ったときに気づくのだ!
その美しさに。


あぁ、今まで出会った男の人たちが
その手から、僕を失ったことを、
死ぬほど悔んでくれたらいいのに!

(汚い大人の強欲の極み)

コンプライアンス、多様性の時代
僕もとんねるずの貴さんがやった
保毛尾田保毛男は
当時イヤでたまらなかった~。

だから、「みなおか」で復活したとき
うわっ!またやるんかいっ!('д` ;)
テレビ局にクレームつける人の気持ち
わからんでもなかった(しないけど)
「そんなの言ってたらバラエティなくなる!」
「言葉狩りだよ!差別差別って面倒くさい!」て
意見もごもっとも。ただ、僕はイヤだった。

きっと、それは自分自身が
みんなが思い浮かべる
ゲイのテンプレートそのまんまだから。
僕が、保毛尾田保毛男だからなんだよね。

カミングアウトしてないのに
周囲の人、誰もにバレバレなほど。

先日、歌ちゃんが、ゲイの友だちを
何人か連れてきたの。
全員、平成生まれ!!
年齢も離れて、職業も違う若い子たちに
愛されて、リスペクトされてる
歌ちゃんがすごいんだけど!

なによりもね、その子たち
「ゲイ臭がないのだ!一切ないのだ!」

仕草や言葉に生ぬるい風が吹くこともなく
逆に、マッチョで鍛えてます!てのもなく
ムシューダ!!!
ただ、ただ見た目も中身も
すごーーくカッコよくて

(それは歌ちゃん’ずEYEの
ふるいにかけられたのか?)

ええーーこんなイケメンが職場にいたら
女性たち、好きになっちゃうんじゃない?
でも、彼らはゲイなのです!!
へへーんだ!残念でした!!
なんだろ?このまっすぐなカッコよさ!
周囲からも、本人たちも
「おかま」とか「ホモ」とか
古いくくりに縛られてない!!!

もちろん、悩みも黒歴史もあるだろうけど
あぁ、こういう若い子たちが
理不尽なことで傷つくことなく
イヤなことがあっても、乗り越えられる
世の中になってほしい!!
って
虹の彼方へ!!って思ったよ。

LGBTを表すレインボー・フラッグ
基になった『虹の彼方へ』を歌い
当時から、ゲイのミューズだった
ジュディ・ガーランド!!!
彼女が亡くなる半年前のロンドン公演を描いた
『ジュディ 虹の彼方に』



僕は、この人のこと、
あんまり知らないんだけど
もうさ、中森明菜やん!!!
ジュディの場合、小さいころから投与されてた
薬物の影響があるんだろうけど
繊細で、神経質で、身勝手で、
遅刻や出演拒否、人を信じなく
クスリと男に依存して、酒浸り!

でも、歌いだすと、
その歌声は多くの人を魅了して。

いや、ゲイには、いろんな人がいて
ひとくくりにしちゃいけんし
男の好みなんて千差万別!億差兆別!!

なのに、ちあきなおみ、
ユーミン、中島みゆき
聖子、明菜、安室に浜崎あゆみ、

「歌姫」「ディーバ」?に限っては
昭和のゲイの趣味はどうして似るんだろう。
(もちろん、多数派って訳でもないけど)
僕は、自分のことも性対象も
よくわからないうちに
歌もうまくない、顔も良くない
(ハイ(・∀・)/ 、ファンです!)
ユーミンをどうして好きになったんだろ?!
彼女の女王っぷりも、
話術も知らなかったのに!
歌声やメロディーに、
あるDNAを刺激する
何かがあるんだろうか?!


明菜は、スターという光と闇に
歌に、人生が飲み込まれていく
危うさに惹かれたのかなぁ。


同じように、ジュディ・ガーランドの魅力
(レネー・ゼルウィガーを通してだけど)
この映画で、すごくわかった!
その時代のゲイの人たちの気持ちがわかる!
もう観終わった後、ずっとネットで検索。

そっちに行けば、安泰な幸せが待ってるのに!
そんな危険なオトコじゃなくて
山下達郎と結婚したらwwwいいのに!
それができない女の人
どうしても惹かれるのだ!!

『オズの魔法使い』のように
ラスト、実は、自分が育った町が
虹のふもとだった!と気づけばいいけど
僕は、ずっと遠い虹の彼方に憧れてしまうもの。

それにしても
あぁ、おじさんが、若い女の子たちに
喜ぶのを「セクハラ!」と糾弾できない。
保毛尾田保毛男を悪く言えない!

若くてカッコいい男の子たち(しかもゲイ!)と
一緒にいると、やっぱり幸せだもん!

コロナなんてどこ吹く風~。
(そんな機会をくれた
歌ちゃん、カータンに多謝!

僕もジュディ同様、ロクな死に方しません!


「中国人のせいで卒業式がなくなった!」って
言った娘に対して、
「〇〇人と、くくるのは良くない」
「自分では冗談のつもりでも
傷つく人がいることを想像しなさい」
「欧米に行けば、みんな同じアジア人」

と説いた親御さんのSNSでのツイート
「すばらしい(′∀`)ノ
やっぱり親の教育だよなぁ」

感心してたら、そんな投稿にも
まぁ、中国人ヘイトのレスやら
「自分の子供には中国人に近づくな!と
教えてます!」との反論が!!

Σ(´д`;)エッ?!そっち?!
(残念ながら、その方はアカウントを
閉じてしまった)

いや、別に、人それぞれでいいと思うし
僕自身だって、偏見と差別の
薄汚ねぇシンデレラ!!
ですよ。
でもさ、そういうのって
気心知れた同志とコソコソやるもんじゃない?
なにも、誰かに自分の意見や理想を
押し付けたり、攻撃しなくたって!!

友だちや会社の人とフォローし合ってて
その言動、見られたりしないのかなぁ。

あっ、この僕のブログ、友だちや同僚
知ってるや!恥さらし!)

もうそういう人はこの映画を観て!

『黒い司法 0%からの奇跡』



犯してもない殺人罪で、死刑宣告された
ジェイミー・フォックス演じるマクミリアン
仕組まれた偽りの証言、杜撰な裁判
関係者への脅迫、受け付けない上告
だって、マクミリアンは黒人だったから。

しかもこれ、奴隷時代とか、
太平洋戦争後すぐとかじゃなく
1988年!!!!
僕は17歳!!

漫画『CHIPER』を読んだり
スピルバーグの映画を観て
海の向こう、アメリカに憧れてた時だよ!
その国、アラバマで
黒人ということだけで、冤罪で
死刑を待ってる人がいたんだよっ!!!

(あっ!同じ頃、佐野文吾も
音臼小無差別毒殺事件で
無罪なのに、捕まってる!!
↑これはフィクション)

マイケル・B・ジョーダン見たさの
不純の動機だったけど

ちゃんと脱ぐシーンもあり
(って、差別を表す、屈辱的なシーンだが)

FullSizeRender

シャツの上からも分かる筋肉に
(逆にエロい!!)

FullSizeRender

胸と股間は熱くなったけど
それ以上に、怒りで沸騰ですよ!!
法律を、憎しみや差別の
人間の命や尊厳を奪う道具に
使うんじゃねーーー
(`Д´) ムキー!
(法学部出身として、そこんとこ許せん)

30年経って、日本も、
お気に入りを検事総長にするために
検事長の定年延長とか
自分に都合よく、法を解釈する人が
国のトップや政治家でいる。


もう、最近は、ヘイトも差別も、悪いことも
厚顔無恥というか
堂々と、悪びれもせずにやりすぎ!

みんなーーお天道様は見ているよ!

逆に、33歳という若さで
自分のパワーを使って
この映画をプロデュースする
マイケル・B・ジョーダン!!

いつか、この人はオスカーを手にする!
やっぱり大好きっ!!

僕は、依存症かもしんない。
平日の真夜中過ぎから
そして、土日はもうずっとスマホを見てる。

中でも、芸能人の出身学校や
経歴を教えてくれるwikipedia
僕の知恵袋。

そして、twitterは大好きな芸能人や
作家さんや漫画家さんのつぶやきに
芸能情報、ニュース速報に流出画像
僕の偏見と偏愛に満ちた宝箱ですよ。
ただ、そんな僕の聖域にも
邪魔者はやってくる!
好きでフォローしてる著名人の意見に
反論で絡んでくる安倍応援団や
正義者ぶったヘイト軍団。

「安倍さんや政権が決めたことに
今は日本『ONE TEAM』で
立ち向かう時です!
中国人や韓国人はなんたらかんたら。
311のときの民主党はなんたらかんたら」
独裁国家や王国なら、トップが絶対だけど
「美しい国」ニッポンは民主主義、法治国家で
国民が議員を選んで、彼らは国税で働いているのに!
もう、うぜえわいっ!!!


もう、彼らの勇ましく
頭良いアピールの批評見てると

だったら、戦場行きなよ!!!
僕は、ゼッタイイヤだよ!!!
臆病だし、力ないし、役に立たないし
汚いのも動物も虫も苦手だし
歯や体も磨きたいし、死臭も嗅ぎたくない。
なにより、誰かが誰かを殺したり
狂気にかられるとこ見たくないよ!
それが“日常”や“普通”になるのなんてイヤだ!


もうね、映画で充分!
まさに、戦場体験映画の


『1917』




これでアカデミー賞を取った
ロジャー・ディーキンスの撮影は
詩情があって、美しいんだけど。

あんな緊張感ある場所耐えられない!
すぐに喋り出して、敵に見つかって
撃たれちゃうよ。

話自体は、「作戦中止」を
離れた場所の部隊に伝えにいくだけなんだよね。

あのスペクタルさは出せなくても
日本映画だって、
たとえば、戦国時代に秘密の伝令をする忍者とかで
話つくれそうじゃん。

今回、主演2人が新進俳優ということもあってか
サム・メンデス監督作だからか
要所要所に、イギリスが誇る人気俳優たちが
ちょろっと出てくるんですよ。
各エピソードのまとめ役的な。

ここで、僕の
「日本人キャストだったら」妄想が。

主役は坂口健太郎くん。
それとも岡田健史くんの未知数に賭けるか?!
相手役は山田裕貴くん、もしくは泉澤祐希くん
(どっちも「ユウキ」やん!)

いかにも特別出演な
コリン・ファースはケン・ワタナベ
アダム・スコットは妻夫木聡

(妻夫木って役の大きさに関係なく
面白いプロジェクトなら参加してくれそう)
マーク・ストロングは、最初佐藤浩市?と
思ったのだが(たぶん、予告で流れた
『Fukushima50』の残像で)
江口洋介かなぁ?!
ベネディクト・カンバーバッチは
堺雅人
がいいけど、この人は
主役じゃなきゃ出てくれなさそうだから
出演交渉が確実な香川照之か?!
そして、リチャード・マッデン
向井理か、松坂桃李くんにお願いしたい。

あぁ、僕は依存症でも
「妄想依存症」じゃ!

ともかくこの映画
シンプルな内容なのに
こんなに飽きさせないのは
やっぱりスゴい!

映画館で、映画観たぁ!!!
って感じ
なのだ。


↑このページのトップヘ