妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

カテゴリ: セレブ

僕がフラフラと旅行するのは両親譲りで。

うちの母が、初めて一人旅したのは
「大阪万博」
父がチケットをもらってきたのに
仕事で行けず、でも、どうしても行きたくて
新幹線に飛び乗ったそうなんですよ。
すごい暑かった中で、太陽の塔を見たと。

エッ?!ちょッ 待って!
それって1970年夏
エッ?! 僕は1971年3月生まれ。

もしかして、もしかして
お腹に僕がいたんじゃない?!

着床?排卵?!胎児レベルで
僕が一番最初に行った旅先って
太陽の塔なんじゃ?!
そっから48年、やっと来た!!!

IMG_4884
IMG_4887
IMG_4885
IMG_4889

これが本当の
タイムマシンツアーだ!!!


こんなベストオブベスト
「引退じゃ?」と言われたユーミン
「引退なんてしませんよ!
私はまだまだこれからですよーー!!」て
叫んでた

「TIME MACHINE TOUR 
TRAVELING THROUGH 45 YEARS


IMG_4886
IMG_4882

大阪まで行って来ました!!
ツアーはこれからも続くし
僕もまだまだ行くので、ネタバレしません。

エッ?!これいいの?!
正直、荒井由実時代や2000年代以降は
無視した、1980年代〜90年代前半
まさに、時代の先頭で旗を振りかざしてた
カッコいい松任谷由実づくし!

失恋しても、幸せになることで
いつか見返してやる都会のカウガール!
ESP︎や生まれ変わりと「ムー民(読者)」を
信者に取り込んだユーミン教!!
もうお布施しますよ!!!
1960年から70年代前半に生まれた
我々世代狙い撃ちのセトリなんですけど!!

涙のリクエスト!!
初めて正隆と心が通じ合った!

消費文化というお立ち台の上で
羽根を振り続けてきたバブルの申し子
お金なら払いますよ!大阪まで行きますよ!!


っていうか、
ここは大阪なのか?異次元なのか?
いつの時代なんだー!!!??

ユーミンのコンサートに行きたくて
早く大人になりたかった10代から
今日までの自分を
タイムマシンで行ったり来たり。

「ユーミンのファンで良かった!
この時代に生きてて良かった!」

もうずっと泣きっぱなし
涙腺緩みっぱなし!


でも、ある曲の突然のド派手に演出に
Σ(`□´/)/ヒィーーー
もうビックリして、漏らすかと思った!

いや、観客の年齢層的に
失禁した人たくさんいるはず!!

若い頃の自分の写真を入れるなんて
どんなファンの踏み絵だよ?!の
特別チョコを販売してたけど

IMG_4881
今回のツアー、尿パッド5枚組
グッズで売るべき!!!

IMG_4879
今回のコンサートのパンフレットには
今までのコンサートのセトリなど全て載ってるよ。


安室ちゃん、誕生日おめでとうです!
あぁ、引退してしまった。
この何日かは、会社で会う人ごとに
「沖縄行ったの?」と。
僕、そんなに安室好きを公言してたのか?!
もう、イタいおじさんやん!!

でも1996年の
千葉マリンスタジアムのライブ
初めて参戦してから22年
イモトじゃないけど
アムロちゃーーーーん!」と
何度泣き叫んできたことか。

でも、そのときは他の観客が十代ばかりで
20代半ばだった僕は、ちょっと恥ずかしくて。

それが今や、みんな同じおばさん!おじさん!
怖くない!


結婚離婚を経た2000年代
売り上げやランキングも落ちてる中
「人から言われたことをやって
失敗するのはイヤ。
なにをやっても、最終的には
自分がそれを背負わなきゃいけない。
だったら自分で決めて、
自分で選んだところで失敗したい。
それだったら、自分もその責任を背負える」
と、自分が「かっこいいと思うもの」を
貫き通した安室ちゃん
が、

セールスや知名度はそんなないけど
そのころリリースした楽曲『ALARM』や
『FUNKY TOWN』が、本当に大好き

いまだに夜中にしょっちゅう一人で踊ってしまう!
(時代が、自分に追いついてくる気がして)

安室ちゃんは、「頑固だ」とか、
週刊誌に「近しい音楽関係者」とかに
よく語られてるけど
自分の芯はブレずに
でも時代という名の座標軸とともに、
動いていたから、
いつも「時の人」でいられたんだよ。

(あと、『HERO』があって良かった!
この曲があったから、世間的に
小室時代の人と思われてない!さすがNHK)

それと日テレの最後に密着した番組観てたら
去年の紅白の出演
コンサートの前に
「ありがとうございました」と
出て言わなきゃいけない。
「出させてください」
って
彼女なりのけじめだったらしく
「条件を出してごねた」とかなんとか書いてた
週刊誌の嘘つき!!


いや、その紅白のリハや本番でも
スタッフのみなさんに
きちんと頭下げて、お礼してたり
雑誌やテレビのインタビューの受け答えも
すごく、真っ当で

(ごめんなさい、ファンのひいき目かも)
医者の家のサム家に対する意地もあって
子供をちゃんと育てようとして

そして、自分自身も子育てしながら
きちんと歳を重ねていったのだろうな〜。

なんて、友だちとずっと話してたの。
(週刊誌よりタチ悪いただの推測デス)

安室ちゃんがいた25年
僕の時の流れの中には、
彼女がずっといて。

20代半ばから40後半だけど
(SWEET 19 BLUESには程遠いが)
これも100%で駆け抜けた
ひとつの《青春》だったのだ!

ただ、今日も
先日の沖縄の花火大会に行っていた
会社のアムラーさんが
「もうロスだよ!どうしよう!!」って
言ってるのに、うなずきながら
(来月からは、ユーミンのコンサートツアーに
行くんだよなぁ)
って心の中で
思ってたのは、ナイショ。

最後は笑って
元気でネーーー バイバーーイ!!



こんにちは、SNSに疲れた
石田ゆり子です。


嘘です。

ウギャーーー、
いつのまにか8月が終わってた。
平成最後の夏に骨折した!


足は手術したせいか、
来週末には歩き始めていい、と。
そしたら!右手の骨折
ギブスあとどれくらいですか?
と先生に聞いたら
「うーん、あと8週間かな?」て。

∑(゜д゜υ) うへっ?!

思わず、診察室で、大声で
叫んじゃったよ。
そして、ギブスをもう一度
きつく巻いてもらったら
パソコンのキーにぶつかるので
打ちにくくて。ブログも書けなかった。

あぁ、持ち越しか!
一部で「サラリーマンのウッドストック」
「夏フェス」
と名高い
新宿三井ビルディング会社対抗
のど自慢大会


この巨大ビルに入居する企業のみが
参加できるイベント
今年で44回目、
ちょっと自分の仕事のスケジュールが
変更して金曜夜なら観に行けるかも、
今年こそ観に行こう!!
骨折してもうた!!

2日間に渡って行われる予選
その中から勝ち抜いた20組の決勝本選
そしてこの大会名物の各会社の
シュレッダーによって出きた紙吹雪!!

twitter#三井ビルのど自慢 で検索したら
動画もたくさん出てくるので見てみて!!
(これ、みなさん、このビルに入っている企業に
お勤めの銀行員さんや会社員さんですからね!)




もうね、自分も出たいもん。
てか、うちの会社もフロア対抗で
やんないかなぁ。
バブル期の新入社員として過ごした20代
会社行事が当たり前のようにあって
当たり前のように、参加させられて
しかも社員旅行を販売するという旅行会社。

公私混同しまくり人間なんで
社内親睦大好きなんですよね。
(幹事をやる器はないけど)
もちろん面倒くさい人もいるし
それこそ、みんなにはいい顔するくせに
僕には攻撃してくる
明らかに僕のこと嫌いって人もいる。
でも、どうせ毎日行く場所なら
楽しくしたいし、
出会う人とは、仲良く関わっていきたい。
偽善ぶったり、ポジティブシンキングて
わけじゃなく。

そして暦は9月。

毎年のように、ネットで
いろんな俳優さんたちのSNS
「石井ふく子 誕生会」を検索しまくりですよ。
御年92歳の日本が誇る名プロデューサー
9月1日生まれの石井ふく子さんお誕生日会
渡鬼の岡倉5姉妹+タキさんをはじめ
多くの女優さんが集う、一大イベント

「あぁ、三田佳子さん、さすが集合写真では
センター取ってる」
「香川京子さん、お元気そうで」
「誰?大空真弓さんか!!」
「チータも佐良直美さんも
『ありがとう』から50年!!」
「上戸彩、今年も参加して
何気に義理堅いのね。ピン子に脅されてる?」
「お松は?(松たか子)」
「坂本冬美が、初参加なんだ」
みなさんがお元気か、定点観測。
(ふく子と壽賀子は誰より元気!)

これを検索するたびに
秋がやってきたのだなぁ、と。

あら、やだ!僕全然SNSに疲れてない!
むしろどっぷり。



追記

三井ビルのど自慢について
明日9月3日NHKの夕方4時50分からの
ニュースで特集やるみたい!

って、僕はどこの回しもんだ?!

ビジネスマンの3大奇祭
大手町、丸の内、有楽町綱引き大会
埼玉政財界人チャリティ歌謡祭

ぜひとも押さえておきたい!


怪我をして、今まで見てなかったこと
気づいたり、反省したり。

これからは気をつけようって
自分ではできることはしていくけど
どうにもならない大きなことは('д` ;)

品川駅のエレベーター
どこも端っこ問題!しかも小さい!!!

ベビーカーや大きな荷物を持った人が
並んでるの、駅員さん、JRさん気づいてーーー!
そして元気な時も魔の巣窟だった
渋谷駅!!!

日本でも屈指の、それこそオリンピックの時は
一番使用される駅だろうに!
あの新しい構造って誰が考えたのか?!
迷路好きの人?!

病院から、外出許可を取って
仕事をしに、会社に行ったんだけど
実は予約をしていたここにも行きたくて。
駅から直結しているビルのはずなのに
もうリハビリ、過酷な上下階段段差を経て
たどり着いたヒカリエ

IMG_4675
IMG_4667

安室奈美恵
「Final Space」

IMG_4676

時間指定の予約制なので
人も制御されて、こんな身でも
迷惑をかけずに(多分)
回れて良かった!!!


ファイナルコンサートでも出た
ステージが登場した時には
周囲の人も泣いてたよ。

IMG_4671

撮影はNGだったんだけど
今までの衣装の展示は
本当華麗で、

いや、今この体で見たからか
こんな細い衣装着て、高いヒールで
あんだけ激しいダンスを
長時間踊って、骨折しなくて良かったね!

いや、そんだけストイックに
自己管理してたんだろうなぁ
、と
思ったら、泣けてきた。


いじわるな雑誌やネットでは
「やれ、引退ビジネスだ!」とか
様々な憶測を書いているけど、
全速力で25年走り続けてきたんだから
休ませてあげようよ!

IMG_4672

って、お前が休めよ!
ってツッコミ入りそうですが('д` ;)


こんな僕でも(仕事でも)
責任感なのか、罪悪感なのか
ただ、やらなきゃいけないことは
ちゃんとして、迷惑かけちゃいけない
って。
そのために、怪我とかあんま関係ないし。

いや、それ以上に
「好き」なことのためには
怪我とか、歩くのが不自由とか関係ない。
(治ると信じてるから言えることかもしんないけど)

正直、落ち込んだり
知らない人に冷たくされたりしたことを
逐一、友だちにラインしたり
(京急の快速って、新幹線の席みたいに
2−2で並んでるから、
通路が狭くて出入り口付近がすごい混むの。
異常に揺れる電車だし
他の人の邪魔になりそうだから
唯一空いていた席にカバンを置いている
50代くらいの女性に
「ここいいですか?」って聞いたら
「次の駅で孫が乗ってくるんで」と拒否された。
ハァ?!松葉杖をそいつの頭に振り下ろそうかと。
まぁ、次の駅で、降りる人がいるのに
飛び込んで、「バァバ!」って駆け寄ってくる
子どもは、人間として障害持つから、仕方ないのか!)

それに、高齢者の人ばかりの病室は

(手術じゃなく、自然治癒も多いだろうから
若い入院患者さんが全くいない!)
自分の孤独な老後はどうなるんだ?!て
不安にもなるけど

逆に「しなくちゃいけない!」って
自らに課題を負わせる方が

僕の場合は平常心でいられる!
(それをクリアできないと凹むという
負のループはあるけど)

だから、どんな時も、
目の前のハードルから逃げずに?
むしろ高く作って
飛び越えていく人に憧れてたんだろうな。

性別、年齢関係なく。

安室ちゃん、ありがとう!!!!

IMG_4673




家のwifiがずっと使用できなくて
6〜7月はブログをあまり書けなくて、
リハビリリハビリ。

この菅田将暉くんは好きだ~。
(歌手活動は控えめでプリーズ)
『dele』 第1話

そう、死んだあと、
部屋のゲイビデオ(DVDになったのに
いまだ「ビデオ」と言いたくなる)
大量のBLマンガ
田中圭、向井理、伊藤英明、風間トオル
室伏広治、ラグビーの大畑、ベッカム……
歴代の写真集の整理は誰がするんねん!?

もういっそ部屋を焼き払ってくれ!と願う。

あっ、月刊明星やUNO
JUNON、昔の雑誌は
誰か欲しい人言って!

でも、それ以上に今の時代、
友だちも仕事のメールも
ゲイアプリで出会った人も
恥ずかしい写真も
行動範囲も
アマゾンの購入も
サイトの検索履歴も
隠したいことも忘れたいことも
すべてが入っているのがスマホ


死んだ後に速攻で
山田孝之くんと菅田将暉くんに
消してもらわねば!

そのとき、このブログはどうなるんだ?!

でも、マイナスなことよりも
僕のスマホの写真ライブラリーに
残っているのは、消したくない思い出。


カータンの長女ペーちゃんのお誕生日会
行ってきました。
カータン歌ちゃん
もう面白く描いてくれてて
ハードルが上がって、もう書けないけど

IMG_4382
IMG_4362
IMG_4359

パワフルな人に会うと
自分のパワーまでチャージできるんだ!

毎回、毎回、思えて。
あぁ、ネット(デジタルな世界)がなければ
出会えてなかったもんなぁ。


歌ちゃん、ツレちゃん、カータンを見てると
「引き寄せる力」って
あるんだなぁ、って。
それはやっぱり、
本人たちが、感情も欲望も全開で
好きなことや、目標に向けて
全力疾走してて、

僕はスポーツ観戦とかしないんだけど
そばにいると、いっつもドラマも感動もあって
人間オリンピックを体感しているよう。

(安室ちゃんだって、そんな風に
いつも全力で駆け抜けてるイモトだから
会ったんだと思う!心動かされたんだと思う!
『イッテQ!』観ながら泣いちゃったよ)


そんなカータン、
娘ふたりが大好きな台湾のアイドル
noovy(ヌーヴィー)を応援しに
台湾フェスタに行ったことを
ブログ
に書いたら

ぬぁんと!!!本人たちから返信が!!!
いやー、カータン、引き寄せてる!!!

IMG_4383
IMG_4385
カータンの長女、ペーちゃんはさ
年をとっても、人生面白がってる
そんな大人たちに囲まれてることが
何よりの20歳の誕生日プレゼントじゃ?!



↑このページのトップヘ