妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

カテゴリ: セレブ

やっと観られたー!!!!!

漫画は、いっつも読んでて
好きな作品はたくさんあるけど
バイブルと言えるのは
『ガラスの仮面』
もう12年も前!!には
初めて、美内すずえ先生に会うことができ
2年前には、40周年を記念しての展覧会
そして、毎回一緒に行ってるのが、
同じ人間てのも怖い!

IMG_1996

美内すずえさんが出ると
予約録画してた
『SWITCH 達人達』
やっと観られたーーー!!!

あのマヤが泥まんじゅうを食べるシーンを
描きたいがために、それまでの
芸能界デビュー、失墜を延々と描いた話に
ビックリ!!!

でも、それ以上に、驚いたのが
対談相手の三上博史ですよ!!
(そもそも対談したい相手が美内先生って!
そして意気揚々と49巻までを手に
美内先生経営のカフェへ←絶対に行こう!)

最初から「白目!白目!って。

そして「やりたい役があるんですよ!」
って、熱のこもった言葉に
美内先生が
「(『忘れられた荒野』の演出家の)
黒沼龍三?」
「速水真澄?」
って答えるのを

「まだ僕のことをわかってない」

「紫織」って。

工エェェ∑(o'д'o)ェェエ工!!!
鷹宮紫織?!
僕は、どんなにこの漫画が好きでも
あの役のオファーがきたら断るって!
乙部のりえは、少し考えるけど。
おそろしい子!三上博史!!!

IMG_2013

そうだよ、この人は野島伸司や
それこそ『私をスキーに連れてって』
だけじゃないんだよ!
『あなただけ見えない』の
「明美よ…」の人だったよ!

そして、今回その映像を流すNHK
わかってらっしゃる!!

そういえば、そのガラかめ活動を一緒にやってる
友だちと、三上博史さんの舞台
『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』
観に行ったんだった!
そしたら、パルコ劇場の1列目で!
三上さんの絶叫!歌声!つばがかかるくらいだった。
その舞台のことを
「羽が生えたみたいに自由だった」と、三上さん。

そして、「観劇のプロ」と自称する
美内すずえ先生。
「ステージの上の、生きている姿
必死になっている生き様
生命力を観に行く
って
おっしゃってたけど、
まさに、そう!!!
舞台はもちろん、僕は安室奈美恵や
ユーミンの『生き様」を観て
エネルギーをチャージしてた(る)んだよなー。


また三上さんやいろんな人の
舞台も観に行きたい!

*今回は、空気感を伝えたくて、
失礼なことも書いてます。

いつも越後湯沢の駅から
夕刻にバスで向かうんだけど
真っ暗闇のなか、
突然、浮き上がる苗場プリンスホテルと
白いゲレンデ
は、
海の中の竜宮城?
砂漠のなかのラスベガス?
この世とあの世
現実と夢の境界のようで。

昨年は仕事で行けなくて
おととし以来の参戦。

ユーミンの『SURF & SNOW』
39回目の今回のテーマは
「大人の妄想」
「大人」というか
観客は、もうジジィババァばっかじゃん!!
(自分含めて)
ちょっと、若いかと思ってみても
コンサート会場が暗いからじゃん!!
よくよく見るとゲイの若作りばっか!!
(自分含めて)
ユーミンも年を重ねてるんだもん。
ファンの、この会場にいる人の
平均年齢いくつだ?!


そんな「現実」を突き付けられて
教祖さま(ユーミン)に会いに来たのに
信心度が、ちょっと冷静だったんですよ、出だしは。
それが『雨音はショパンの調べ』
『「いちご白書」をもう一度』
という
他人に提供した2作という
意表をつかれた選曲に、うぐぐぐと
涙腺と心が緩まされたまま


苗場恒例のリクエストコーナーに突入。
これは、いつもより小さい会場の利点を生かし
挙手した人の中から、ユーミンに指名された人が
ステージに上がって、
歌ってほしい曲と、その曲への想いを話すの。
ユーミンの膨大な曲には
「松竹梅」とあって
いわゆる紅白で歌ったような、王道曲や
コンサートでよく聞くような曲
だと
会場からいっせいに「ブーイング」が起きて
「チェンジ」にもなっちゃうのだ。

逆に、今回1人目に当たったおじさん
選んだ曲を、ユーミンは覚えてなくて
途中までしか歌えなくて
土下座して、謝ったり。

(いつも「仕込みじゃ?」ってくらい
盛り上がるんだけど、ガチなんだよね)
その人は若い頃は聴いてたけど
子育てや「牛乳の販売店」という仕事で
音楽から遠ざかってしまい
2000年の食品偽装で、
牛乳がまったく売れなくなり
どん底まで落ちたときに
メグミルクのCMソングで
ユーミンの歌声を久々に聴いて
(リクエストはその曲)
「ユーミンって現役だったんだ!
自分もがんばろう!と思った。
それ以来、元気をもらってます」
と。
すかさずユーミンは
「ユーミンは現役だったんだ?!という
今の言葉で、私は元気を奪われました」
www
でも、その人の本当のリクエストは
「観客全員」
にで、
ここにいるみなさんもユーミンに救われたと思う
みんなで「ユーミン、大好き!」と
一緒に「せーの!」で叫んでください!!
と。

もうその「ユーミン大好き!」叫んでる
ジジィババァの何十年分かに
ユーミンの曲が流れてたかと思うと、
泣けてきて。
(照れ隠しか、ユーミンは
イヤミのシェーのポーズしてたけど)

そして、2人目の恋愛エピソードが終わり
ユーミンが「すごい味のある人見つけた!!!」と。
その人のリクエストは『宇宙図書館』
それって、3年前に出たアルバムの表題曲でもあり
翌年のコンサートで歌ってたから
観客からブーイングも起り
なによりもユーミンが「味のある」
そして「男?」「女?」と聞くくらい
長髪を後ろでまとめた不思議な空気を
まとった人
で、
見た目は作家の高村薫さんや宅八郎さんのよう。
ええええーーー(((( ;゚д゚)))
ユーミン、そんな人、ステージにあげて大丈夫?
テレビだったら放送事故になるんじゃ?

心がざわざわするような人だったの
(失礼でごめんなさい)
普通だったら、ユーミンに対峙して
舞い上がったり興奮するのに、
その人は淡々として。
ユーミンに「誰と来たんですか?」
「ひとりです」
「だと思いました!」って突っ込まれちゃうような。
朴訥と、ひとことひとことを
ゆっくりと思いを吐き出すような
話し方も面白くて
会場は大盛り上がり。


「普通のコンサートと違って
敷居が高くて、3年前に初めて来ました
」と。
そして、なんでこの曲を選んだかに

苗場に行って、本当良くて
そしたら、
その年に母にガンが発覚しまして…


(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

介護して、亡くなって
もう一度会えるなら…
あれもしたい、これもしたい

泣きわめいたり、取り乱すと思う。


でも、そのとき、『宇宙図書館』を聴いて
「いつの日にか、また逢えたら
微笑むように」
って歌詞
なんで?「微笑むだけ?
ユーミンはどうして、こう書いたのだろうか?と
ずっと考えてて、
そうか、きっと生と死って、
そんなもんで
微笑む程度のものなんだ。

次元が変わっただけで、また会えるんだ。
また歩き出そう
、って。
(うまく書けないけど、その方の
ひとことひとことを大切に発するのが
余計胸に響いて、会場が独特な空気に)

「あなたの解釈、正解です」と
ユーミンも泣いちゃって

そっからの歌唱。
(ユーミンの歌詞は深い!!)

FullSizeRender

若い人は、「( ゚Д゚)ハァ?」かもしれない。
でもね、会場はジジィババァばっかですよ。
この長い人生で、親、家族、友だちや
大切な人を何人も看取ってきてますよ。
自分を一番愛してくれてた人との
別れと孤独も背負って生きてますよ。

もうね、声が漏れるほど、みんな号泣。
僕も鼻水、涙ダダ漏れ、垂れ流し。

もうね、心のスイッチ入ってしまって
『リフレインが叫んでる』では
周囲の男同士が、
♪どうして、どうして
僕たちは出会ってしまったんだろ
壊れるほど抱きしめた♪
と泣き叫び

50肩の女性も、髪の薄くなったおじさんも
みんな立ち上がって、手を振り上げて

♪私を許さないで、憎んでも覚えてて
今では痛みだけが真心のシルエット

笑って話せるね、それはなんて哀しい
だってせいいいぱい愛した あなたを愛した♪


苗場の熱気あるコンサート会場にいるのに、
観客はひとりひとり
自分が誰かを愛した記憶の中で
そのときに流れてたユーミン

あぁ、人生劇場!!ぐーるぐる。

始まる前は、ジジィババァとゲイばっか!
思ってたけど(自分含め)
ジジィババァ、ゲイばっかだから
いいんじゃん!
それなりの人生も、痛み、
喜びも、悲しみも
経験したうえで、みんなで歌える
心をひとつになれる、この空間!!!


どんな過去だって、
やってこれたじゃん!

だからユーミンと一緒に
明日も歩いて行ける!!



アーーーー新年早々、初日から終電や!
日曜日のドラマ2本のこと書きたいのに!
てか、今日は時差で
ゴールデングローブ賞やん!
今、アメリカって、テレビドラマ人気が
すごいんでしょ?
ハリウッドスターが次から次へと
評判のいいドラマに出てて、そのせいか
映画部門とテレビ部門がある
ゴールデングローブ賞授賞式には、
ハリウッド女優が大挙してノミネートされ。

さっき、帰りの電車の中で
そんな女優たちのドレスや振る舞いを
チェックしてたら、

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

「ベストドレス!!」
と絶賛されて
「私は、オスカー女優よ!」とウハウハ状態の
シャーリーズ・セロンのインタビュー中に
ハル・ベリー
そしてジュリア・ロバーツ乱入!!!

FullSizeRender

その時、一瞬笑顔が消えるシャーリーズ!



もうこういうね、女優同士の
仲がいいんだか、悪いんだか
ドレスの裾を踏み合うような
華やかな場が
たまらなく好き。

FullSizeRender
FullSizeRender

先日『いだてん』と『3年A組』の合間に
林先生のアンミカの「パリコレ学」を
見ててもね、服を着こなして
堂々と背筋を伸ばして、
歩いている子の方が輝きが違う!

「あっ!ダメ!」「この子、いいんじゃない?」って
感想が、コシノジュンコ先生と一致する嬉しさ!
洋服を美しく見せるモデルさん
洋服より自分が目立ってなんぼ!の
ハリウッド女優
とは、また違うんだろうけど
40、50歳を越えて、若さとは違う
場数や修羅場を踏んだ経験からくる強さ

美しさに憧れるんだよね〜。

こういうドレスを着てみたい!

FullSizeRender

主題歌賞をとったレディー・ガガ
持ってるとゴールデングローブ賞の
トロフィーが、違うものに見える(*´Д`*)

FullSizeRender
FullSizeRender

ティモシー・シャラメくんは
もう耽美系の美少年!!

主演男優賞をとった
クリスチャン・ベールやレミ・マレックとの
絡みも、いろんなこと妄想しちゃう!

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

そして、今回気になったのが
コーディー・ファーンくん!!
なに?この妖艶さ!!今後注目!

FullSizeRender

紅白は、なんでこの人たちが、この曲が
人気あるか分からない!!

もうついていけない!
いろんな人たちの顔のお直しに、
(氷川きよし…)
あと、女性歌手たちの高音の出なさに
(aikoにハラハラ…)
我が身を重ね、
あぁ、自分も年を取ったなぁ、と
思いながら観ていたんだけど
(あと今月あるだろう送別会のカラオケでは
「良かったら、一緒に歌ってね」と
『やさしさに包まれたなら』を歌わなきゃ。
最後の締めは『勝手にシンドバット』だろな)

いま録画で観ている
ジャニーズのカウコン
ほぼみんな分かるし
どの曲も知っているし
現役感持てるんですけど……
すごい図々しくてごめんなさい。

でも、これ、リアタイで観てなくて
良かったよ。

もし、31日に観てたら
マリウスのことで頭いっぱいで
2019年を迎えてたよ。


しかも、カータンやほかの友だちに
ラインしまくって(今もしてた)
特に、Kinkiヲタの高校時代の友だちには
(てか、光一来るならさ
剛、いい加減にしようよー)
「嵐を好きになるような人生なら
男運も良かっただろうに」と慰め合い
ここには書けないような
ひどいことやり取りし合って

年明け早々、性格の悪さ全開
あぁ、年も6日を過ぎてて良かった!
(日にちの問題か?!)

歌はともかく
(だって、テゴマスが一番うまい!)
トークスキル(紅白の嵐司会ローテは
もう櫻井くんがずっとでいいよ)や
演技力は関係ない絵面で

豪華絢爛、あんなに一斉に見ると
顔の美醜の差オーラの輝き
年の取り方の違い

ビックリするよね。

なんだかんだいって
キンプリもとい平野紫耀の
キラキラ感、スター性はすごい!

ジャニーさんの選眼力ってすごいなぁ。
それと個人の好みになるけど
山田涼介、山ピー、中島健人、中島裕翔
ジャニーズWEST
らはカッコいい!
そんななか、突然「エッ!?ピーコ?」と
思ったら、安田くんだった。

(彼も関ジャニは好きですよ)
あの薄いサングラスのせいか?!
丸山と上田が年男(36歳)になることにも
ビックリ!!時が止まってる!

(それは三宅健か!)
今井くんは、復帰したばかりの中山美穂みたい。
やっぱり、人に見られてキャーキャー
歓声を浴びることって大切なんだなぁ、

まるで、タッキーのジャニーズ社長就任式のような
カウコンに、
キャーキャー言ってる
年男(48歳)
のおじさんでした。

僕がフラフラと旅行するのは両親譲りで。

うちの母が、初めて一人旅したのは
「大阪万博」
父がチケットをもらってきたのに
仕事で行けず、でも、どうしても行きたくて
新幹線に飛び乗ったそうなんですよ。
すごい暑かった中で、太陽の塔を見たと。

エッ?!ちょッ 待って!
それって1970年夏
エッ?! 僕は1971年3月生まれ。

もしかして、もしかして
お腹に僕がいたんじゃない?!

着床?排卵?!胎児レベルで
僕が一番最初に行った旅先って
太陽の塔なんじゃ?!
そっから48年、やっと来た!!!

IMG_4884
IMG_4887
IMG_4885
IMG_4889

これが本当の
タイムマシンツアーだ!!!


こんなベストオブベスト
「引退じゃ?」と言われたユーミン
「引退なんてしませんよ!
私はまだまだこれからですよーー!!」て
叫んでた

「TIME MACHINE TOUR 
TRAVELING THROUGH 45 YEARS


IMG_4886
IMG_4882

大阪まで行って来ました!!
ツアーはこれからも続くし
僕もまだまだ行くので、ネタバレしません。

エッ?!これいいの?!
正直、荒井由実時代や2000年代以降は
無視した、1980年代〜90年代前半
まさに、時代の先頭で旗を振りかざしてた
カッコいい松任谷由実づくし!

失恋しても、幸せになることで
いつか見返してやる都会のカウガール!
ESP︎や生まれ変わりと「ムー民(読者)」を
信者に取り込んだユーミン教!!
もうお布施しますよ!!!
1960年から70年代前半に生まれた
我々世代狙い撃ちのセトリなんですけど!!

涙のリクエスト!!
初めて正隆と心が通じ合った!

消費文化というお立ち台の上で
羽根を振り続けてきたバブルの申し子
お金なら払いますよ!大阪まで行きますよ!!


っていうか、
ここは大阪なのか?異次元なのか?
いつの時代なんだー!!!??

ユーミンのコンサートに行きたくて
早く大人になりたかった10代から
今日までの自分を
タイムマシンで行ったり来たり。

「ユーミンのファンで良かった!
この時代に生きてて良かった!」

もうずっと泣きっぱなし
涙腺緩みっぱなし!


でも、ある曲の突然のド派手に演出に
Σ(`□´/)/ヒィーーー
もうビックリして、漏らすかと思った!

いや、観客の年齢層的に
失禁した人たくさんいるはず!!

若い頃の自分の写真を入れるなんて
どんなファンの踏み絵だよ?!の
特別チョコを販売してたけど

IMG_4881
今回のツアー、尿パッド5枚組
グッズで売るべき!!!

IMG_4879
今回のコンサートのパンフレットには
今までのコンサートのセトリなど全て載ってるよ。


↑このページのトップヘ