妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!

カテゴリ: セレブ

ぎゃーーーー!!!
ぎゃーーー!!


この興奮を伝えたくて
パソコンを立ち上げたんだけど
(アソコが勃ち上がったんじゃないの!
←アウトな下ネタ)
去年一昨年
まーーーったく同じ文章になっちゃう。

安室奈美恵の2015年ライブ
LIVEGENIC

ドクンドクンと心臓の鼓動音が
代々木体育館を覆い尽くし
キャーーーと立ち上がる観客。
真っ黒な階段型のステージ
差し込む一条の光

最上段に腰に手をおいて、
髪をたなびかせた
女性のシルエット!!


ぎゃーーーー!!!
ぎゃーーー!!


じつは、スイートで
オシャレで、キューティな
「奈美恵ちゃん」
よりも
クールな「アムロ」の方が好きなので

後半のこれでもかこれでもかの
怒濤のダンサンブルなナンバー

キッメキメのポージング!
ダンサーを従えて
モデル・ウォーキングで
観客席のほうに歩み寄っていく姿に

「アムロ様、アムロ様!!」
乱れ飛ぶレーザービーム
(って言い方古過ぎ?)
点滅するライトにさ
もうさ、昔のヒッピーたちみたいに
マリファナとかLSDとかやりながら
このライブを見たら
とんでもないことになっちゃうんじゃないか?

「ダメ。ゼッタイ。」
いや、ドラッグなしでも
第3の目とか開いちゃうんじゃないか?てくらいの
トランス状態になっちゃったよ。


時々、会社で、
「そのモチベーションはどこからくるの?」と
聞かれることがあるんだけど
今日の安室奈美恵のストイックさ見たら
「もう、まだまだ!」

ある意味、アムロがドラッグ?
「もっと、もっと、がんばらなくちゃ!」
「もっと、先へ」と僕を掻き立てるのだ。


一緒に行った女友だちも
「絶対痩せる!ハイヒールを履く!」と。
これじゃ「痩せますよ」と売り文句の
危険ドラッグみたい(笑)

会場にいる人がみんな
「ヤバい、ヤバい、ヤバい
アムロちゃんヤバい」しか言わないのも
“集団トリップ”みたいだしね。

いやいや、「ダメ。ゼッタイ。」

アムロちゃんのライブは
あくまでも「合法的な」
麻薬のような夢の場所。

一度体験したら、引き返せない!

カータンの水木しげる追悼文に泣けた。
カータンとか会社の人とか
こういう昭和の思い出を共有できるのは幸せ。

小さいころは
「妖怪」がいる気がして
トイレに行くのも怖くて
小6までおねしょしていた。

決まった通学路を
たまに外れて歩くと
その道は昼間なのに、なぜか暗くて
夏でも、温度が2、3度下がってる気がして
ダッシュで駆け抜けた。

まぁ、リアルにうちの実家は
山の向こうが鉄条網のフェンスに囲われた
米軍の燃油場で、乗り越えたら
赤鬼がいたし!
近くの海では、土用波が
人をさらっていったんだけど。

毎朝すれ違う
身長が190cmほどある
「ビッグ・ベン」と呼ばれるおじさんを
怖れていたら、
自分が進学した学校の英語の教諭だった。
だから「ビッグ・ベン」だったのか!

あの頃は異形の者は
すべて妖怪だと思ってた。
二の足を踏み出せない暗闇の向こうに
妖怪がいると信じてた。

冬の日に、突然切り傷ができるたびに
「カマイタチがいる!」と逃げ帰った。
今や、自分が「カマ」ですよ!
「イタチ」じゃなくて「ネコ」だけど!


夕闇が怖くて、見えない何かを畏れてて
親に言われなくても
自ら家に帰った。眠りについた。


世界が怖かった。
夜から、妖怪から、
自分を守ることで、自衛することで
危機管理能力を
身に付けていけてたのかもしれない。

自分のなかで、引き返しどころを
覚えていけたのかもしれない。


電車に貼られてる水木さんの
平和展示資料館のイラストが怖かった。

(井上ひさしさんの顔が苦手になったもん!)
水木さんのパプアニューギニアの話が怖かった。
そして左腕のない水木さんが怖かった。
水木さんが身を以て、訴える戦争が恐ろしかった。
戦争が怖かった。


何も経験せずに、失わずに
偉そうに、「国際社会の中では…」と
「戦争や軍拡の正当性」を語る人より、
水木さんの失われた腕のほうが雄弁だった。

妖怪も水木さんもいなくなってしまった。
闇がもうない。
いや、人間の世界のほうが怖いよ。

終電近くの山手線

アレ?この声?

桃井かおり?去年の紅白の明菜?

隣を見たら、椿鬼奴さんっ!!!
ぜひともこの時のこと(YouTube)
彼女も毎日録画して観ているという
『徹子の部屋』に出演した時のことを
語りたかったの。
観てる僕まで、一緒に泣いちゃったもん。

キュートンのメンバーも
旦那さんもいるじゃんかっ!!

そんなこんなで

月曜日、会社の近くにできたカフェに
行ってみると
( ゚д゚)ポカーン

( ゚д゚)
!ギャ━━━━Σヾ(;`・Д・)ノ━━━ !!!!

エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

これ書いていいんだよね?
逆に宣伝?お店の広報活動でいいんだよね?
て、会社であらゆるフロアで吹聴
大騒ぎしましたが。てへ(*´∀`)ノ

永作博美さん!!!

そう、彼女がオープンしたお店だったの。

なんで?なんで?
思わず本人に聞いちゃった。
(表参道で、ゴミ拾い活動をしていた
V6の三宅健くんに会ったとき以来の衝撃!
そのときも「なんで?なんで?」と
聞いちゃったけど)

なんでも、映画『さいはてにて』で
焙煎コーヒー店主の役をやって
そのときからコーヒーにハマったらしく。
多くの人に、この味を届けたい…と。
すみません、もっといろいろ言ってたんだけど
アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

「同じ年なんです!ずっとファンでした!」
なんて月並みな言葉を叫んで微笑み返し。
(ただの怪しいおじさん。永作さん引いてた)

彼女にしたら、
コーヒーのこと語ってもらいたいよね。
だって、だって、僕、コーヒー飲めないんだもん!!

でも、永作さんが淹れてくださった
ヨダカ珈琲は
そんな僕でも「美味しい!」と飲みやすかったよ。
たくさんの人に飲んでもらいたいな。
女優とは違う神経使って
大変だろうし~Σ(ノд<)

あぁ、本当は『週末婚』での松下由樹さんとの
演技合戦について、話を聞きたいっ!!
(本人はもう覚えてないか)

でも、本当に本当に、顔が小さくて
キレイだったよ!
同じ年の、会社の同僚に「顔がもう見られない!」
「45歳一般女性と全然違う!」と
叫んでたら、「エイジハラスメントだ!
セクハラだ!!」と同僚には訴えられましたが。

今日もお店にいらして(行っちゃった、てへ)
不思議な感じ~。

女性用バイアグラが発売される
ニュースが出たら
女友だち何人かから
「そんなの売れないよ!
逆に抑止薬がほしいっ!」
て。
( ゚Д゚)アライヤダ!! みなさん、お元気。

(よくさ、こういうこと書くと
「そんな女友だち、
私の周りにはいない!」て
言われるんだけど、
実際いるんだもん!
えっ?!もしかして僕が創り上げた
妄想友だち?!
自分で自分にLINE送ってたり。てへ。
そんときは、そっと目を瞑るか
私を病院に連れてって(o^-')b)

でもさ、この前も
某男性<若手>芸能人のオタの集いに
参加させてもらったら、みなさんお元気よ~。
( ゚д゚)ノ ハイ!シツモーン!
「性の対象として見てるんですか?
ヾ(・д・` )ネェネェ、そこんとこどうなの?」

って聞いたら、みなさん
「YES!!We Can!」でしたよ。

そりゃ、トキメキ欲しいよなぁ。
いや、それ以上?

BSジャパンで金曜11時半から
やっている「メンズ温泉
みなさん、ご存知ですか?

頑張る女性たちの疲れを癒す
温泉番組。

様々なタイプの5人の男の子たちの
入浴シーン満載!ってことなんだけど
一度見たとき、その人選に
違うよなぁ」って。

そしたら先日その番組への
「オーディション」の回を観たら
「この人いい!!!」って思った
何人もが、落とされてた…

やっぱり趣味悪いのかなぁ。

制作側は「男子の部室」を
覗き見するような人選だったらしいんだけど

“つるむ男”って欲情しないんだよね。
男友だちがいない孤独な人がいい。

2人だけがいい。

ただ何回か観ているうちに
出演者で年齢的に真ん中の
加藤貴宏くん(26)が

年上には敬語を使って
年下にはフランクな喋りをしているのに
ちょっとキュンとなってしまった。


僕と同世代の人や少し下には
ちゃんと敬語を使うのに

僕には不機嫌や愚痴、
感情をぶつけてきたり
タメ口をしてくるずっと年下の
男が“ツボ”
なんだよね~。

(尊敬されてないってことなんだけど
距離が近いのかなぁなんて
ポジティブシンキング!)
あっ、自分より年上に感情的になられたら
「甘えてくんじゃねぇ!」って
イヤなんですけど(複雑な乙女心)
あ~癒されたいって人は
一度観てくださいな。

公開処刑……Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ

頭によぎった言葉。

もしかして、今まで仲良くしてくれてたのも
この瞬間、僕を奈落の底に突き落とすため?
映画『キャリー』のプロムパーティーで
ベストカップルに選ばれたキャリーの
頭上に豚の血が降り注いでいく感じ?

「大恥かかせて
二度を大舞台に立てないようにしてやるよ!」


もしかして、もしかして
カータンの策略?!

なーーーんて、一生懸命
僕にドレスを着せてるカータンが
そんなこと思ってるはずもなく。

そう!とうとう降臨したのです。
僕と友人カータンとBたんが
追っかけしていた
中森明菜のモノマネさん
生森明菜さんが、カータンの家に
遊びに来てくれたのです!!!

(しかも、明菜の誕生日前日!
明菜の自殺未遂の翌日!)

そして、場面は冒頭に。

生業にしているモノマネを
無料で聞いていいのかしらん?
タニマチとして
おひねりを渡すべきかしらん?

そんな心配をよそに
みんなでカラオケへ。

そして、カータンが
「じゃあ、一番に歌って!」と僕に。

(;゚Д゚)エエー 

しかも、僕にドレスを着せて
入れた曲は、明菜の
『難破船』


ヽ(ill゚д゚)ノ アンビリバーボ

どの面下げて、ホンモノの明菜ちゃん
(あっ、正確には本人じゃないけど)
生森さんの前で、明菜の歌
歌うんだよっ!!

こっちが、難破するわっ!

初めて、カータンに殺意抱いたわっ!(嘘)

もう、その緊張が、
いつも新曲初披露でガチガチの
『夜のヒットスタジオ』の明菜への
オマージュになったのか?
(なってない!)

行き場のない絶体絶命感が
マッチへの先の見えない恋愛に
かぶったのか
(かぶってません!)

♪折れた~翼~広げたまま~♪

傷だらけの翼で、歌い切りましたよ。
(根が図々しいからなんだけど)

そして二番手のカータンは
お得意のキョンキョンのモノマネで。
同じく緊張してて


「思い知ったか!!この地獄!」

コロッケすごいわ!
ご本人登場しても、ちゃんと
自分の芸をまっとうできるんだもん!
(コロッケと自分を較べるのも
図々しいか)

そして、そして生森明菜ちゃん!!!
(詳しくはカータンのブログ
近日書かれると思う!)

『スローモーション』
『DESIRE』
『ミ・アモーレ』


カータン、Bたん以外のみんなはさ
初生森明菜ちゃんだからさ
その歌声、しぐさ、目線、手の動きに
ギャー―――――!!!!と雄叫びですよ。

カータンの娘なんて
高校生なのに(『タイタニック』公開よりも
後に生まれてるのに!)
この日のために、「どんなに似ているか」
感動と興奮を分かち合うために
母親(カータン)に
“昭和”英才教育を
受けていたと言っても過言でない。

カータンの家は
いや、カータン自身
まるでパワースポットかのように

次から次へといろんな人が来て
いつも笑いが絶えず、
元気になるんだけど

生森明菜ちゃん、
いや、歌って、モノマネって
人をこんなに感動させるんだ!
と。
正直『セカンド・ラブ』への思いが
強すぎて、個人的には影が薄かった
明菜のデビュー曲

♪出会いは~スローモーション
瞳の中、映る人♪


『シンデレラ・ハネムーン』が
コロッケに乗っ取られて
「もう、あなたの曲よ」と
岩崎宏美に言わしめたように
『スローモーション』は
僕の中では、生森さん!

このままじゃ、ほかの曲もそうなっちゃう!

早く出てきてよ、本物の中森明菜!!
天岩戸にお隠れになった天照大御神に
呼びかけるように、
みんなで歌い続けますよ!!

↑このページのトップヘ