妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!

カテゴリ: セレブ

実家がめちゃくちゃ近くなんですよ。
(近所のおばちゃんたち、早速
「旦那が介護に来るのなんて
見たことなかったよ!」と噂でもちきりらしい)

ヤンキー上がりってことで
そんなに大物扱いで見てなかったんだけど
今日の会見で、さすが女優さん!
地味な服装も、清潔感ある化粧も美しい!
滑舌いい!!声も通る!!
涙をこらえて、気丈に立つ姿

事情聴取も検査も受けて
噂してんじゃねーーよっ!と身の潔白
クスリのことも、女のことも
まったく気づかなかった!
それほど私たちは親友のように
同志のように、仲が良かった!
仮面夫婦の疑惑も払拭


「更正見守っていきたい」「まだ妻ですし」と
健気さをアピールしながらも
「私を支えてくれる人をもう裏切れない」と
離婚の可能性も示唆。

もうね、女優!女優!!女優!!!
完璧な記者会見だったのでは?


こんなイイ女を悲しい思いさせるなんて
高知のバカ!バカ!バカ!!!

でも、女が放っておけないんだろうなぁ。
(なんて、旦那のやんちゃなイメージもUP
心なしか、桐谷健太くんと容姿がカブるし)
もう、花王さん、テレ朝さん、
高島礼子サンをよろしくお願いしますよ!!
白髪染め買うよ!主演ドラマ観るよっ!
って、 同情して、応援したくなっちゃったもん。

ピンチがチャンス!初動が大切! 
女優!女優!!女優!!!

どんなキャメラや舞台の上より
こういうスキャンダルの
フラッシュのなかで
カチンコ鳴らせて、輝けるかが、
女優の器量だよな〜。 

あけましておめでとうございます!




インドのサル~。

まぁ、インドといえばゾウ~。
フツーに川で水浴びしてて
ビックリした。最初死んでるのかと…(゚◇゚;)!!!




インドの話の前に、
帰国後、実家でダラダラとつけたテレビ
市川海老蔵の長女・麗禾ちゃんと
長男・勧玄くんは本当に可愛いのう。

デンジャラスなイメージだった彼が
子煩悩になってブログをアップしまくってるのに
少し淋しさを感じたけど
あの可愛さだったら、しかたない!

うちは、僕はもちろん
既婚の妹弟にも子どもがいないので、
姪っ子甥っ子もいない

それこそ正月にみんなで集まっても
色がグレー
未来に向かっていく若い息吹が
まったくないのだ!


そういう家ってあまり多くないんじゃないかな?
もうね、一番下の弟も40を越えた今
(弟の奥さんは年上なのだ)
みんなで、人生を、家を、お墓を
どうするかの話だもん。

決してネガティブに話してる訳じゃなく
紅白の出場歌手の整形とかで盛り上がってるんだけど
年が明けるたびに、みんなの死期が一歩近づく感じ?
それが不幸とか淋しいとかじゃなく
この独特な面白い感じ、共有できる人が少ないのが
つまんない!


そんなときに観てた市川海老蔵の息子くんの
デビュードキュメンタリーだったので
子どものいる暮らしの輝きに!!目がクラっ!!

CMの合間に、チャンネルを変えたら
あら?うちのリビングと同じ空気。

『小泉今日子 50歳 ニューヨーク』
知らなかったよ、大江千里が
2007年、47歳のときに
すべてを捨ててジャズ・ピアニストになる
夢を叶えるためにニューヨークに渡米してたこと。
僕も夢や目的も人生のビジョンもないから
そういう眩しい人や街には臆してしまうし
すごい「イン(陰)ドア」の人間なんだけど

『パパとなっちゃん』の共演以来
25年ぶりに大江千里に会いに行った
キョンキョンに勝手にシンクロ!!
「あぁ、もう心もカラダも
健やかでいられる健康年齢は
折り返し過ぎてる!!」
って
もう少し、あと10年はアクティブに生きよう!
JRのキャッチコピーじゃないけど
「検索じゃなく、探索しよう!」て。

そんな訳で、友だちと
「高校のクラス会しない?」って
軽い気持ちで、卒業アルバムの住所に
ハガキ出したのだ。
25年前の住所は10枚以上が
宛先不明で戻って来たけど。
即効で返事をくれた人もたくさんいて。

もちろんこれからの
いろんな世代の新しい出会いも大切だけど
♪サヨナラさえ、じょうずに言えなかった♪
人たちと、久々にも会ってみよう!

そんな一年の始まりでした。

追記:今回の年末年始唯一録画してた
キョンキョンと薬師丸ひろ子共演の
富士ファミリー
二大看板で煽っておいて

片桐はいり主演のドラマだったよ!(笑)
20年振り続けた男(しかも高橋克実さん!)に
今さら、結婚をオッケーしないし
(薬師丸演じる長女)
自分が死んだ後、旦那が若い女と子供をつくって
結婚することに

(しかも、元妻の家からは出ないってなに!?)
いい顔しないし(キョンキョンの次女)
四葉のクローバーのス―パーのスタンプで
日常の幸せをかみしめない
(ミムラ演じる三女)
でも、そんな僕でも、ここにいていい!って
温かい気持ちになりました。


ぎゃーーーー!!!
ぎゃーーー!!


この興奮を伝えたくて
パソコンを立ち上げたんだけど
(アソコが勃ち上がったんじゃないの!
←アウトな下ネタ)
去年一昨年
まーーーったく同じ文章になっちゃう。

安室奈美恵の2015年ライブ
LIVEGENIC

ドクンドクンと心臓の鼓動音が
代々木体育館を覆い尽くし
キャーーーと立ち上がる観客。
真っ黒な階段型のステージ
差し込む一条の光

最上段に腰に手をおいて、
髪をたなびかせた
女性のシルエット!!


ぎゃーーーー!!!
ぎゃーーー!!


じつは、スイートで
オシャレで、キューティな
「奈美恵ちゃん」
よりも
クールな「アムロ」の方が好きなので

後半のこれでもかこれでもかの
怒濤のダンサンブルなナンバー

キッメキメのポージング!
ダンサーを従えて
モデル・ウォーキングで
観客席のほうに歩み寄っていく姿に

「アムロ様、アムロ様!!」
乱れ飛ぶレーザービーム
(って言い方古過ぎ?)
点滅するライトにさ
もうさ、昔のヒッピーたちみたいに
マリファナとかLSDとかやりながら
このライブを見たら
とんでもないことになっちゃうんじゃないか?

「ダメ。ゼッタイ。」
いや、ドラッグなしでも
第3の目とか開いちゃうんじゃないか?てくらいの
トランス状態になっちゃったよ。


時々、会社で、
「そのモチベーションはどこからくるの?」と
聞かれることがあるんだけど
今日の安室奈美恵のストイックさ見たら
「もう、まだまだ!」

ある意味、アムロがドラッグ?
「もっと、もっと、がんばらなくちゃ!」
「もっと、先へ」と僕を掻き立てるのだ。


一緒に行った女友だちも
「絶対痩せる!ハイヒールを履く!」と。
これじゃ「痩せますよ」と売り文句の
危険ドラッグみたい(笑)

会場にいる人がみんな
「ヤバい、ヤバい、ヤバい
アムロちゃんヤバい」しか言わないのも
“集団トリップ”みたいだしね。

いやいや、「ダメ。ゼッタイ。」

アムロちゃんのライブは
あくまでも「合法的な」
麻薬のような夢の場所。

一度体験したら、引き返せない!

カータンの水木しげる追悼文に泣けた。
カータンとか会社の人とか
こういう昭和の思い出を共有できるのは幸せ。

小さいころは
「妖怪」がいる気がして
トイレに行くのも怖くて
小6までおねしょしていた。

決まった通学路を
たまに外れて歩くと
その道は昼間なのに、なぜか暗くて
夏でも、温度が2、3度下がってる気がして
ダッシュで駆け抜けた。

まぁ、リアルにうちの実家は
山の向こうが鉄条網のフェンスに囲われた
米軍の燃油場で、乗り越えたら
赤鬼がいたし!
近くの海では、土用波が
人をさらっていったんだけど。

毎朝すれ違う
身長が190cmほどある
「ビッグ・ベン」と呼ばれるおじさんを
怖れていたら、
自分が進学した学校の英語の教諭だった。
だから「ビッグ・ベン」だったのか!

あの頃は異形の者は
すべて妖怪だと思ってた。
二の足を踏み出せない暗闇の向こうに
妖怪がいると信じてた。

冬の日に、突然切り傷ができるたびに
「カマイタチがいる!」と逃げ帰った。
今や、自分が「カマ」ですよ!
「イタチ」じゃなくて「ネコ」だけど!


夕闇が怖くて、見えない何かを畏れてて
親に言われなくても
自ら家に帰った。眠りについた。


世界が怖かった。
夜から、妖怪から、
自分を守ることで、自衛することで
危機管理能力を
身に付けていけてたのかもしれない。

自分のなかで、引き返しどころを
覚えていけたのかもしれない。


電車に貼られてる水木さんの
平和展示資料館のイラストが怖かった。

(井上ひさしさんの顔が苦手になったもん!)
水木さんのパプアニューギニアの話が怖かった。
そして左腕のない水木さんが怖かった。
水木さんが身を以て、訴える戦争が恐ろしかった。
戦争が怖かった。


何も経験せずに、失わずに
偉そうに、「国際社会の中では…」と
「戦争や軍拡の正当性」を語る人より、
水木さんの失われた腕のほうが雄弁だった。

妖怪も水木さんもいなくなってしまった。
闇がもうない。
いや、人間の世界のほうが怖いよ。

終電近くの山手線

アレ?この声?

桃井かおり?去年の紅白の明菜?

隣を見たら、椿鬼奴さんっ!!!
ぜひともこの時のこと(YouTube)
彼女も毎日録画して観ているという
『徹子の部屋』に出演した時のことを
語りたかったの。
観てる僕まで、一緒に泣いちゃったもん。

キュートンのメンバーも
旦那さんもいるじゃんかっ!!

そんなこんなで

月曜日、会社の近くにできたカフェに
行ってみると
( ゚д゚)ポカーン

( ゚д゚)
!ギャ━━━━Σヾ(;`・Д・)ノ━━━ !!!!

エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

これ書いていいんだよね?
逆に宣伝?お店の広報活動でいいんだよね?
て、会社であらゆるフロアで吹聴
大騒ぎしましたが。てへ(*´∀`)ノ

永作博美さん!!!

そう、彼女がオープンしたお店だったの。

なんで?なんで?
思わず本人に聞いちゃった。
(表参道で、ゴミ拾い活動をしていた
V6の三宅健くんに会ったとき以来の衝撃!
そのときも「なんで?なんで?」と
聞いちゃったけど)

なんでも、映画『さいはてにて』で
焙煎コーヒー店主の役をやって
そのときからコーヒーにハマったらしく。
多くの人に、この味を届けたい…と。
すみません、もっといろいろ言ってたんだけど
アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

「同じ年なんです!ずっとファンでした!」
なんて月並みな言葉を叫んで微笑み返し。
(ただの怪しいおじさん。永作さん引いてた)

彼女にしたら、
コーヒーのこと語ってもらいたいよね。
だって、だって、僕、コーヒー飲めないんだもん!!

でも、永作さんが淹れてくださった
ヨダカ珈琲は
そんな僕でも「美味しい!」と飲みやすかったよ。
たくさんの人に飲んでもらいたいな。
女優とは違う神経使って
大変だろうし~Σ(ノд<)

あぁ、本当は『週末婚』での松下由樹さんとの
演技合戦について、話を聞きたいっ!!
(本人はもう覚えてないか)

でも、本当に本当に、顔が小さくて
キレイだったよ!
同じ年の、会社の同僚に「顔がもう見られない!」
「45歳一般女性と全然違う!」と
叫んでたら、「エイジハラスメントだ!
セクハラだ!!」と同僚には訴えられましたが。

今日もお店にいらして(行っちゃった、てへ)
不思議な感じ~。

↑このページのトップヘ