妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!

カテゴリ: ドラマ

最後の最後は、また窪田くんの演技頼みか~。
もうお腹いっぱい!
しかも屋上のスピーチは
『未成年』のいしだ壱成彷彿。

ドラマの途中に、続きが気になって
原作のマンガを、
しかも面白くて、最終巻まで
一気に読んじゃったけど、
パイセンの再現率のすごさと、
今野とピエール瀧、リリーさんは
俳優としての顔面偏差値高し!!

原作通りの展開にビックリ。
後半になるにつれ、
マルのクズさと伊佐美のエロさは、
マイルドになってきたから、
ふたりの所属事務所調べちゃった。
圧力かけたの?
って。
ええー小栗くんのとこなら、間宮くんと葉山くんなら
マンガ通りのキャラでも貫徹したんじゃないかなぁ。

うう、これが民放の9時台ドラマの限界なのかなぁ。

なにがあっても「生きろ!」「生き続けろ!」
若い人にとっては大切なメッセージだけど
10人(+α)殺しといて、
自分は罪を白状してスッキリ、
被害者気取りでいいやね~。

自殺した市橋だって、
あの事故の元凶はあんたじゃん!って。
矢破高校どころか、トビオたちが通う凡下高校の
「そこそこ」の楽しい人生も、
イヤだ。


学歴はそんなに大切なことじゃなくて、
でも、僕みたいな中身が薄い人間は、
やっぱり周りの頭が良かったり、好奇心旺盛な人たちに
すごい影響されてきたから、

学校や環境って大事だなぁ、って思ったり。

「オレの演技見てくれ~」的な主役よりも、
『Nのために』のような、
一歩下がって静かに佇んでも
存在感ある役の窪田くんの方が好き
なので、
1月からの石原さとみのドラマに期待。

なんだかんだいって、
この夏楽しみに観てたのって
『やすらぎの郷』とこのドラマ。
暴走する老人逃走する若者の話だ!
どっちもめちゃくちゃだけど、
若い子たちには、袋小路よりも、
明るい未来を駆け抜けていってほしいなぁ。

「そこそこ」の俳優で、「そこそこ」の内容で、
「そこそこ」の視聴率を取れればいい、
「そこそこ」のドラマばかり作ってる

フジテレビの突破口になるようなドラマだった!


久々に入った中途採用の若い子を
お昼に誘ったら、僕と同じ年の同僚が
「私とマリリンと◯◯さん(ひとつ上の男性)の
三人はおしゃべりだから、
私たちに喋ったら全部みんなに広まると思って。
なので、それを踏まえて話す内容は
そちらで選別してください」
ってwww。

昔はさ、こんなにベラベラ喋っても、
どっかで「口が軽い」
思われたくなかったんですよ(どの口が言う?)。
でも、もうね、どうでもいい。
国を揺るがすような秘密ならまだしも
面白いことも悪口もみんなで共有しなきゃ!って。
ネタになって、不幸も恥も昇華される!!
えっ?!そんなとこにこだわるんだ?!って
逆にビックリしたり。ええ、開き直りですよ。
年のせい、って言ったら、
同じように年を取ってるみんなから猛反発食らうけど、
『やすらぎの郷』観ていて
とにかくみんな口軽すぎなんだよっ!って
画面に文句を言いながら、
あぁ、自分を見ているようだなぁ、
同属嫌悪。


でもさ、あざみへの恋慕
(菊村先生が「驚いたことに、夢精をしていた。
こんなこと何十年ぶりだろう。
律子が生きていた頃はこんなことなかったから、
戦時中我慢ができず、
姫を夢見て以来だろうか」
なんて、
石坂浩二のナレーションが入るんじゃ?って
ヒヤヒヤしちゃった)。
ハッピーちゃん「まわした」事件に続いて、
孫の梢の「おじいちゃん、1500万円欲しいの。
(相手の奥さんに)慰謝料を払わなきゃいけなくて」

イライラマックスですよ。
倉本先生なにがあったの?
ご自身も38歳のとき不倫をして、
家族間で揉めたの?って。
いや、恋をするのはいいけど
不倫している人って
周囲への気持ちを踏みにじるのも含めて
考えが甘いんだもん!!!

それにしても、52歳にもなって、妻子を捨てて
「本当の愛だ!」って叫んでるあの男
ムカつく!
誰だよ!(ここで上川隆也さんが
出て来ると思った。神木きゅんは最終回)って、
早速ネットで調べたら、あの松井誠さんって
浅丘ルリ子の元カレ
なんですね。元夫に
その元夫の彼女(加賀まりこ)の共演!

もうさ、カオス!
(いつか上原多香子や、石原さとみも…)

でも、40後半の僕でも、
あぁ、そんなことどうでもいい!って
思ってきちゃうんだもん。
この先もっとどうでもよくなるのかなぁ?
まぁ、頑なになるよりいっか(またもや開き直り)


  • ぅ(@゚Д゚)@。Д。)わぁぁぁ~~~~ッ!!!!!!
全然「やすらげない」『やすらぎの郷』が
もうやりすぎの郷だよ! 
なんじゃ、この展開とともに
脳裏には、倉本聰さんの姪ッ子さんが
殺された事件が。

あのときの無念や憤怒
このドラマで復讐つもりじゃないよね?!


賭け麻雀(「負けた分は体で払います!」の
お嬢こと浅丘ルリ子)に、
糖尿だよおっかさんに
あなた男性経験あるの?!
「あの人お金ないわよ!」と
年の差結婚を、はなから遺産狙いと
決めつけて失礼な草刈民代さんwww
確かに前科四犯のマロとなんで?
伸子さんの結婚話
演じる常盤貴子が出て来たら
もう一気に『真昼の月』じゃないかっ!!!

そのときの相手役の織田裕二は、
ロンドンで吠えてるというのにっ!!
って、このドラマを観ている人しか分からないですね。
あっ、子グマと五月みどり
+猟友会のみなさんのエピソードも!

(きっと五月さんは得意のティッシュボックス
「趣味のギフトショップ ヴィーナス」が
熱海にあるから、「やすらぎの郷」の庭のロケにも
参加しやすいんだろうなぁ)

もうさ、ビックリ仰天!!
でも、これを不謹慎だ、とか怒ってる人に
コンプライアンスを気にしている業界人に

「バーカ!!バーカ!!
おまえらにこんだけの覚悟あるんかいっ!」て
ビバ倉本聰!!ビバ テレ朝!!

いや、行為自体は卑劣きわまりないけどさ
お昼に突然「集団レイプ」って!!!!
親子で観ている人が、つかの間の家族団らんで
「今週の『やすらぎの郷』さ〜
ハッピーちゃんが廻されちゃったね」なんて
会話できないじゃんかっ!

それって、うちの親子だ!

もうどこまで暴走するんだろ?!
やすらげる終着駅はあるのだろうか?!


 

毎日帰ってからの『やすらぎの郷』
観るのが楽しみで、楽しみで。
大納言こと山本圭さんが
「やっと、兄貴が死んでくれて」って
セリフに「えええええっ(((( ;゚д゚)))
山本学さんって、まだご存命だよね?!」

ウィキペディアで調べちゃった。
(現実とフィクション混同)

石坂浩二さん演じる栄ちゃんが
「不倫してたの?」てな
若手女優への恋、その孫の突然の来訪からの
東日本大震災!!
そして、きたろう出演の戦争話!!
もうどんだけ〜〜ぶっ込みーーー!!
まぼろしーーー!!!


もうこのドラマを観ちゃうと
ほかの今のドラマが生半可に思えて〜。
そして、本当に戦争を経験した人の
言葉(セリフ)の重さたるやっ!

すべての字を忘れた!と言い逃れしてた
石原慎太郎がtwitterで
また、吠え出してるのより
よっぽど言葉を扱うプロだよ〜倉本聰さん!

それに、このドラマの登場人物たらっ!
年取っても、あぁ、安らかになれないんだ!
現実とも戦うし、過去にも思い出にも追われるし
全然楽になれないっ!!!
日々の生活で嫌なことがあっても
ぎゃーー、40半ばの今からこんなに
グジグジしてたら、体も心も持たないよって
あぁーー、やめた!やめた!
立ち止まるのやめよう!
って
逆にスッキリするんだよね〜。



感無量でございます。
週末は大体、土曜日、彼が観たい映画
日曜は彼が興味ない映画
って、イベント性のない日々を
過ごしているんですが。
もうね、ここ3週間は
土曜の夜に
『SHERLOCK』
で「これぞ、エンタメ!」と
満たされてしまうのですよね~。

1時間半ハラハラドキドキしっぱなしで
心の最終地がどこに持っていかれるか
分からない意外性と緊迫感!
これって予算の都合じゃないと思うんだけど。
確かに、シャーロックの隠された妹が
収監されてた刑務所や
シャーロックの生家は
その外観(本当にあるどっかの施設?)は
金かかってるなぁ、と思うけど
中はただの小汚い一室だもん。
それなのに、問題が繰り返されるたびに
「な、なにが起きるの?!」って。
そしてシャーロックの兄マイクロフトが
命乞いをして、ワトソンの方を殺せ!ってセリフにも
「あぁ、シャーロックが自分を殺すことを
躊躇しないように、あんな下衆な芝居してるのね。
もうマイクロフトったら!。・゚(゚`Д)゙」

登場人物が好きすぎて
彼らのこと「分かってる」と寄り添いすぎて
虚実混同の視聴者ですよ。


設定や物語もすごいけど
やっぱりさ、脚本家さん、俳優さんが
「登場人物」を作り上げてるから
その世界に浸れるんだよね。

日本のドラマも「東大出身、
恐るべきIQの持ち主、でも変人」な
キャラは量産されているけど
ほとんどが、ただの「イヤな奴」なんだもん。
あとは、逆に
「学歴も、育ちも、言葉遣いも良くはありませんけど
心の中は、誰よりも尊くまっすぐ生きてますぜ!」

今までキムタクらがやってきた役。
そんな主人公に、周囲が「面白い奴」と
感化され、人生や仕事、家族の中に
本当の大切なものを見つけていくという

ニッポンヤンキー最強伝説。
真木よう子さんは「女性の味方です」って
フジテレビのドラマより
女友だち?(´Д`)ハァ…
それって考えて作るもんすか?
って孤高で、それゆえにカッコいい
TBSのドラマの方が個人的に好き!

あぁ、話が逸れた。
織田裕二のドラマがまんまパクっているのに
ダメだったのは何がいけないのだろうか。
(織田裕二の喋り方!)
どっかで同性愛的な
男同士の絆を描くのに抵抗があるのかなぁ?

(広告クラアント企業への忖度?)

でもそんな二人を愛したメアリーだからこそ
彼女が殺されたことに
テレビ観ながら「えっ?!嘘!!」て声を出すほど

(((( ;゚д゚)))衝撃を受けたし
そんな二人だからこそ
メアリーは、お互いをお互いに託して
死んでいけたのね
、って、
(観ている人にしか分からない文章ですが)
胸いっぱい、涙いっぱいですよ。

シャーロックは誰かを変えるようなことはしない。
価値観も変えない。
誰も助けない。
お涙ちょうだいにもしない。
いい話にもしない。
イイ人にもならない。

でも「あぁー、面白かった」と
視聴者だけは幸せにする。

テレビドラマってそれでいいんじゃない?!



↑このページのトップヘ