妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

カテゴリ: ドラマ

はるたーーーん!!!

30080112_139469406896120_1531446069144059904_n


部長のはるたん隠し撮りインスタ
そのまんま写真集にしてもらって
いいんですけど!

始まりましたよ、腐女子のみなさん!
(ゲイの人は茶化しやがって!と
怒る人いるのかなぁ?)

「巨乳が好きなのは知ってます!
でも、巨根じゃダメですか?!」
年下かわいい攻め

「ハルタ!ハルタ!はるたーー!!」
年上渋い既婚の受け

30084165_284880725383790_8411180698840334336_n

林くんが美しいのは分かるけど
観ているうちに、吉田鋼太郎さんの
乙女心全開が可愛く見えてくるのが
すごい!!これこそ演技派!役者魂!

女優!女優!!女優!!!

個人的には壁ドンより
バスや電車での急ブレーキでの
いきなしハグのほうが萌える~。


30084178_166641314017833_1642322608395386880_n

そして、田中圭くん演じる春田が
女にモテないのも、男にモテるのも
一発で分かる!

(一発ダッテ!きゃっ。
主題歌はスキマにスイッチだし!きゃっ。)

いや、これって僕が元々好きだからの
甘い採点?!

ただ僕もスマホのアルバム写真
誰にも見られないようにしなきゃ。

そして、残業で遅くまで職場にいるとき
「やべぇ、あの人とふたりきりじゃん」と
怖れられてたらどうしよ……

書類を渡すときに、指が触れて
嫌がられてたり…

なにはともあれ、初回から
心配して抱きつく部長の頭を
つい撫でてしまう春田

シャワーのお湯の下
牧くんにくちびるを奪われる春田

いいもの見させていただきました。
( ゚д゚)ハッ!もう役名を覚えてる!
それって、僕がドラマにハマるジンクス発動!
スペシャルを連ドラ化すると
つまらなくなることも多々あるけど
なんかパワーアップしてる。
スペシャルの時の僕の感想
興奮のあまり、なんか壊れとるがな)
もう毎週楽しみ!!録画も永久保存版。

でも、女性のみなさん
誰かを一途に好きになったら
人って心を動かすことできるんですよ。

部長の姿、あの吉田さんさえ
可愛く見えるんだもん!
異性愛だったら、もっとですよ!
好きな人に駆けていきましょう!
(ストーカーで訴えられても
当ブログは責任を負いかねません)

あぁ、僕も職場のカッコいい男性に
「好きだ!」と言おうかなぁ…

ここまで書いて気づいた、もう何人かに
すでに、言ってるや。てへへへ(′∀`)


1989年と言えば
僕にとっては
『リフレインが叫んでる』デスよ!
まだまだ、みんなには
「えーー、女が好きだよーー」って
バレバレの嘘をついていた時代。

(♪そんな時代もあったねと
いつか話せる日がくるわ♪唐突に中島みゆき)

♪どうして、どうして、僕たちは
出会ってしまったんだろ?♪

それこそ「唐突に」飛び込んできた
「僕たち」という主語の切ないメロディーと
機械的なユーミンの歌声

ぎゃーーー!!!!
昭和は終わった!平成がやってきた!
僕の中で、大人の扉がオープンですよ。


そりゃ、松雪泰子演じる晴さんじゃないけど
浮かれちゃいますよ!
そして、僕は鈴木伸之くん
(ついでに白濱亜嵐くん)の
顔が大好きなのですよ!
LOVE!DREAM!HAPPINESS!
ビバ!LDHグループ!
(そう、高校の一つ上の先輩、
HIROさんがこんなになるとは!
1989年の僕は思いもしなかった)

わーい!!バブルが来たぞ!!
和子さん(原田知世)とユーミンの映画に
触発されてスキー場に行って
「おねえちゃん!私、高原さんが好きなの!!」と
『想い出にかわるまで』の松下由樹の
モノマネをしてた頃ですよ(翌年)

そしたら、律ったら!!
和子さん(原田知世←しつこい?)の
『時をかける少女』へのオマージュ?!
的に恋のキューピットが矢を放ち
弓道をやってる女の子に初恋?!

「運命の出会い」??
カッコいい子はいいですねーー。
「また、会えたら」なんて余裕かまして。
僕なんて、相手が「運命?」って
勘違いするよう、毎日待ち伏せしてたもん。

『夜霧のハウスマヌカン』ならぬ
『夜霧のストーカー』だった1989年。

対して、ヒロインの鈴愛
「恋の予感です、出会いの予感です
運命のとき」
……えっ、えっ、微妙ーーー


えっ?イントロ始まる
星野源が歌い始める


には笑った~。

そして、ドラマのネット掲示板で
「鈴愛の弟への態度がひどすぎて、引きます」みたいな
感想を書いてた人がいたんだけど
(そういうのを見つける、ダメなオレ)
( ゚Д゚)ハァ?( ゚Д゚)ハァ?ハーーーア?!(`Д´) 
全国お姉ちゃんの弟への態度なんて
「ここは日本じゃなくて、
独裁国家と覚えときな!
」だよ。

うちの末っ子の弟なんて、
妹、そして僕という
もうひとり謎の(精神的)姉に、
罵倒され、虐待され

いまや女性に期待しない、
女性を過剰に美化しない、
優しい男に育ちましたよ。


女の子は面白くなくていいんだ
律の意見はもっともだけど
「面白い女」は、
お姉ちゃんがいる「弟」だった男に
狙いを定めていけばいいのです!


でも、僕は「微妙」なのは、イヤだ!
朝から、強く思いましたよ。
「顔がすべて」なのは1989年から
1ミリたりとも変わってない!




時効までのタイムリミットよりも
これ以上、やっちゃダメ!
風船おばさんになっちゃう!

ハセキョーのほうが気にかかり。

ジェーン・ス―さんの
「男は年齢とともに(高い)時計を買っていく。
女は時間を止めるものにお金を投資する」

名言!!
でも「全然変わんなーーい」と言い合う人より
(変わらないわけないちゅうねん!)
「私は老いる生き物である」と
自覚してお金を費やしたり
努力している人のほうが
面白いけどね!

僕は見た目はブサイク心はアイドルの相反から
「笑顔」の練習(写真映り)も
練習してきたんで

他人の笑顔さえ、ウソくせぇと思ってしまうの。
特に、ミスチルの桜井さん、ゆずの北川さん
堺雅人さんのスマイルライン

その系譜の坂口健太郎くん
でも、個人的には、向井理→田中圭→の
好きな流れで、いや、いま一番好きな顔
今回、笑顔を封印してくれてるだけでも
もう、うっとり、ときめきに没頭できる。
(話に集中しろ!)

てか、最初の少女誘拐事件の解決編って
2010年のことだったんですね!

もう時間が目まぐるしく動くし
過去の大山刑事(北村さん)との交信
それに伴うルール?みたいなのが
全然分かってないんですけど

その「分からなさ」が気になる!
細かい時代考証なんてどうでもいいし
リアルじゃない!のがドラマだし
暴力や登場人物の行動の正誤なんて
裁くことなんて、できない。
合わなかったら、観なきゃいい。
ただただ、続きが楽しみ~。


左耳から入って、右耳に抜けていくものだと
思ってた、「音」って。
(僕の場合は、鈴愛と逆で右耳不能)

物心ついたときにはそうだったから
「何度呼んでも、振り向かない」
「テレビや漫画を見すぎ
ちゃんと返事しなさい!」

親に怒られても、気づかないよ!
「なんで、車に乗ると
こんなに具合が悪くなるんだろ…」

自分の三半規管の弱さが苦しくて
(もちろん三半規管なんて言葉
知らなかったけど)

年子の妹と電話で遊んでるときに
言った気がする。
「なんで、受話器を右耳で持てるの?」って。

小さい頃は大学病院はじめ
耳鼻咽喉科めぐりですよ。
(しかも律と同じく、喘息持ちで
そっちの病院も!)
大きなヘッドフォンを着けて
「音が鳴ったらこのボタンを押して」って
押すことは、なかったけど。
鼻の穴に大きなノズルで水を入れたり。
(ほかの子供たちがむせて
鼻水ダーダー流してる記憶は鮮明)

聴こえないことより
「もう無理なのに」病院に通うことが
苦痛だった。


でも、今週『半分、青い。』を観てて
当時の(30代の)父は、母は
どう思ってたんだろ?
どこで諦めたんだろ?

松雪泰子演じる晴さんみたいに
「同じような人は多いんですよ」と
お医者さんに慰めの言葉をかけられても
「みなさんの話はどうでもいいんです。
この子がなんで?」と悲しんだのかな?!

いやー、僕は鈴愛みたいに突然だったり
それこそ「大人になってから難聴になって」
歌えなくなったアーティストとは違って
(カラオケもガンガン歌うし。
( ゚д゚)ハッ! だから音痴なのかも!)
もうそれが「当たり前」だったから
両耳で聴こえてる人の「音」が分からん。
失う怖さもなかった。

「これからは水泳の授業に出ないように」って
お医者さんの指示が嬉しくて嬉しくて。

でも、母はどう思ってたんだろ?

聴いてみたら、赤ちゃんの頃から
左耳にしか反応しなくて
分かってたんだけど
ある程度の年齢にならないと
検査できなくて、
その頃にはもう覚悟できてたんだって。
父がガンになったときは
晴さんみたいに、健康食品買いまくってたけど

でもそんなの責められない。
このドラマについても
障害者や病気の人に配慮が云々
と、自称・正しい人たちが
批評するの、息がつまるよ!!

原田知世の金八先生のモノマネ!!!)

いや、いまだに車に乗って
右側に座る運転席から、
母は、フツーに話しかけてきますからね。
そっちからじゃぁ聞こえない!
横にいるから口の動きも
読めないっちゅうねんっヽ(#`Д´)ノ
お前が一番わかってないちゅうねんヽ(#`Д´)ノ


あぁ、そうです。人の口の動きで
何を言ってるか、読み取るのは得意かも。

(『瞳はダイアモンド』みたいに
♪あなたの目を覗き込んだとき
黒い雨雲が二人の青空消すのが♪見えたり)
鈴愛は「海の音」と表現してたけど
左耳を押さえれば
(さらに目をつぶると)
海の底にいる深海魚みたいになって
音のない世界に隔離されて
すごい集中できる。

(それで受験を乗り切った!)

「生き物として弱くなった。
でも本能が生きようとした」


病気だけじゃない
人生、この先何が起きても
受け容れて、生きていく。
かわいそうじゃない。
面白く生きていく。

天気が悪くても、
半分は雨の音が聴こえない。
だから、鈴愛の半分は、
いつでも晴れ。

北川悦吏子さんが紡ぐセリフが
物語が、メッセージが、
耳が半分聴こえなくても
高らかに響くし
心の中まで届くよ!


そして、「俺があいつより
一足先に生まれたのは
あいつを守るためだったかなぁ」


律(佐藤健)のナレーション!!!
ぎゃーーーー
北川さんの真骨頂!!!


多くの少女マンガが映像化されてるけど
「なかよし」「りぼん」からはじまり
「別マ」「花とゆめ」「LaLa」
「コーラス」その後は単行本だけど
僕の脳も、長年少女マンガに侵されていて
藤木直人がでてきたときは
大和和紀先生が描く線だ!
と好きになり。
あっ、羽生くんは山岸凉子先生の線の人!
(たがら、彼のことは怖くて、男として
見られない←見られても困るだろうけど)

初めて見た時、いくえみ綾先生の線!
思ったのが坂口健太郎くん。
向井理→田中圭に継ぐ、
僕の好きな顔なんですが。

そんな彼の主演作、
ええ、オシャレ着に着替えて
正座して観ますよ。

『シグナル』

韓国ドラマ(映画)のリメイクだと
それだけで叩く人がいるけど
「リアルじゃない」
「ありえない!」って思う人は
だったら、フィクションなんて観ないで
ずっと自分の世界に閉じこもっていればいいのに!
そんなのをぶっ飛ばすスピード感と
勢いにあふれてて、僕は大好きっ!

何より、整形パトロール隊としては
長谷川京子さんの、
くちびるフィーチャリングばかりの
演出
と、坂口くんが何度も言ってる
「自己顕示欲が強い」って
真犯人のプロファイリング

そもそも女優ってみんな「自己顕示欲」の
垂れ流しじゃん!
ってのが
後半の怒涛の展開とともに
押し寄せて、怖かった~、怖かった。

ハセキョ―って、好感度狙いの主役やヒロインに
推されてたときは、その棒っぷりに
イライラしてたけど

逆にイラつく脇役をやりだしてから
俄然おもしろい~。


渡部さん、北村さん、甲本さんと
ありがちな配役
吉瀬さんのヤンキー臭ある女優さんが
刑事役
をやると、どうしてみんな
高島礼子化問題もあるけど

主人公が長年抱えてた事件が
1話にして、すでに犯人確定!
これからどうなるか楽しみ!

そして、僕はこのブログの更新
ほぼ23:23に設定してるんだけど
坂口くんと北村さん演じる
現代と過去の刑事の交信23:23
やだ!運命?!坂口くんと交信したい!

やっぱり、坂口くんの写真集買おうかしら…
それにしても1995年の吉瀬さんは
('д` ;)ちょっと違和感あったけど
高校生姿の坂口くんは
1ミリも誤差なし!!全然イケる!



↑このページのトップヘ