妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

カテゴリ: ドラマ

大河主役か!
全方位に認知されてからの吉沢亮くんの
出世街道を進むスピード恐るべし!

坂口健太郎くんや清原翔くんのように
男性モデルに関しては
チェックを怠らないんだけど
新進俳優さんや女性になると、疎い。
青田買いってのが、とんとダメ。
ジャーニーさんのような先見の明がないのだ。

今回、ドラマや映画ウォッチャーの中では
既に期待されていた
桜井ユキさんと白石聖さん
ふたりの女優さんを知ることができただけでも
観といて良かった!
(桜井さんが出るから
次の『G線上のあなたと私』も絶対観る!)
『だから私は推しました』

世の中には、地下アイドル
Jrジュニア、特撮もの、2.5次元
その界隈では知名度高くても
メジャーではない人を推している人

もっともっとたくさんいるんだろうなぁ。

このドラマ、何が羨ましかったって
そのオタ同士で集まっての「オタ飲み」

自分が好きなものを
「好き!!」って叫べて、語り合える会!
先日、参戦した『おっさんずラブ』応援上映でも
一緒に行ったみんなで、鑑賞後
飲みに行ったときの至福の時たるや!


この前、大学時代の男友達に
誕生日おめでとう!ってLINEしたら
「もううれしくないよ。
年を取って、さびしくなる。
終わりが見えてきて嫌だ」
とネガティブな言葉と絵文字マークが!

もちろん、白髪やシワ
なんてたって、言葉や名前が出てこない
記憶力の低下!
親や、独り身の孤独!
問題も次々と増えていくよ。
体や精神が年を取っていくのは
実感してるし、うへぇーだよ。

でも、それ以上に「好き」は
年齢関係ないっていうか。

「好きなこと」追いかけてるスピードで
シリアスな悩みに絡めとられる前に
もっと先に走っていけるよ。

(って、それは僕が僕のことだけ
考えていればいい気楽なシングルだからかも。
結婚や子育てしてると、
自分のこと以外の、家族の悩みもあるもんね)

もちろん「推して」いくには
お金だったり
(このドラマのヒロイン愛は
そのために、アダルトなネットのバイトしたり
会社まで辞めることになっちゃうけど)
危険や失うことも隣り合わせだけど
そんな常識や判断も天秤にかけられないほど
「好き」で暴走しちゃう幸せを
僕はこの先も、年齢とか性別とか立場に関係なく
進んでいきたい!!
と思えたドラマだったよ。
(k-POP好きな友だちが
韓国のペンらと仲良く交流してる姿のほうが
世界情勢を語ってる人よりステキに見えちゃう)

先日のカータンと生森明菜ちゃんのイベントも
会社の人が何人も来てくれて
「えっ?!身内の前で、踊れるの?
会社の人に教えちゃっていいの?」って
心配してくれる人もいたんだけど
そんな身バレや恥ずかしさの前に
大好きなカータンと明菜ちゃんを
「見て!見てほしい!!」の気持ちの方が強かった。

『おっさんずラブ』の応援上映も
知人、友人、会社の人に
面白さを熱く語りすぎて
次回の21日は、(今のところ)8人の
友だちで行くことになったよ。

連番で座席が取れるのかが心配。

このブログも、少しでも
いろんな「好き」が
伝播していけばいいなぁ。



黒島ちゃんが犯人が、というより
翔太、いや、田中圭の、春たんの
結婚式での、新郎
白いタキシード姿見たくなかったよ!


俺のこと「翔って呼んで」って。
もう、簡単に他の(牧以外の)男と
下の名前で呼び合わないでよ!!!

どーやんと同棲もどきみたいなことしないでよ!

『おっさんずラブ』
応援上映後のこの展開はなし!なし!

終わってみれば、順当な
まぁ、そうだろうな、ってな結果になったけど
毎週、毎週、ええエエーーーって
次回まで待てない!!
!って
半年間楽しませてもらったのだ。
(しかも、最初から黒幕も全部
決まってたみたいだし)

まぁ、赤池のおばあちゃんと
江藤くんの謎を追求するために
映画化されても
それは観に行かんわなぁ。
黒島ちゃんの過去は観たいけど。

そりゃ、木村多江さんや
奈緒ちゃんに比べると
それこそ知世ちゃんよりも
(あの病室での殺害シーン
あんなに翔太の近くに寄れるんだったら
ナースコール押しなさいな!)
演技は、うぐぐぐ('д` ;)だったけど
西野七瀬ちゃんは、可愛いですね。

もう、その時点で、
秋元康の手のひらで転がされてる
愚民です。


ほげぇ!!!Σ(゚д゚;)
今回予想だにしない新事実が発覚!!
(それは、この記事の後半に!

いやーー最終回前にしてお話自体も
またきたか!斜め上の展開!!
いや、半年クールの20回
毎回毎回
(僕にとっては
赤池夫婦の方が殺された時から)
ええええーー(((( ;゚д゚)))!来週まで待てない!て
ドラマを作り通した
脚本家さん、スタッフさん
マジ、すごい!!

どこかで見たような焼き直しの設定
ありきたりのキャラ
(そして、いつも同じキャスティング!)
そんなテレビドラマが多い中
ネット社会で、正義の裁判官、
映像を驚異的に調べ上げる考察者がいる今、
「真相」が誰も解けていない状態
最終回まで引っ張ってきたのが、スゴい!

そして、何気に、交換殺人の犯人は
判明して、ちゃんと捕まってるし!

どーやんは、黒幕ではないだろうけど
黒島ちゃんに操られる線は捨てられないし
ああぁ、でも黒島ちゃんが
サイコパス連続殺人(を先導してた)犯人の
結末はイヤだよーー。

もう僕は黒島ちゃんに洗脳されとる、
「死を迎える」男のひとりなのか?!

って、ラスト犯人激白!で
西野七瀬ちゃんの演技力を試されるのも、
本筋に集中できないし
(桜木役の筧美和子さん、
うん、セリフが少ない方がいい!
藤井とのやり取り、( ゚Д゚)ハァ?だったもん)
黒島ちゃんは、ずーーと「しーー」って
くちびるに指を当ててるだけでいいから!

てか、早川教授、誰?!
そこで、秋元康御大が白衣とか出てきて
「俺が黒幕だ!
次はあなたの番です!m9( ゚Д゚) ドーン!

やってくれたら、本当に「斜め上」なのに!

そして、はじめにも書きましたが
今回、驚愕の真実が!!!!
牡羊座のラッキーディ!
そして、尾野ちゃん!!!
3月27日生まれって!!!

僕と同じ誕生日なんですけどぉおお!

僕もお口くちゅくちゅモンダミンで
毒霧を噴射するか

愛してくれてた相手(たぶん妄想)の
部屋で波動ダンスを踊ろうかしら。

中盤の木村多江さんといい
後半の奈緒ちゃん!!もうすごいいい味。

( ゚д゚)ハッ! 西野七瀬ちゃんの未熟な演技を
薄めるために、

木村さんと奈緒ちゃんの濃い演技を
際立たせるために、

ヒロインは原田知世だったのかなぁ。

もう、初回を観た時は
こんなに楽しみでハマるドラマに
なると思わなかったよ。

(登場人物の役名を全部覚えてる
自分をほめてあげたい)


ぎゃー、痛い痛い。
ちやんとNHKは枠を考えてるんだ!
リアルタイムで観るべきですね。
昨日はクスリを盛られたんじゃないか?!ってくらい
眠くて、眠くて、このドラマを録画にして
今朝、窓から陽が燦々と降り注ぐ中
観たんですけど
ぎゃーー!!痛い!痛い!!

この光の中で現実を晒さないで!
僕だって、芸能人が結婚したり
悪い噂が流れたりして
それに一喜一憂しているファンの人の
気持ちは分からなかったですよ。
男性アイドルや俳優の性処理は
誰がやってると思ってるんだ!?
それこそ女性芸能人は風俗と元ヤンの過去
あるだろうが!!
って。

でもね、この前出たananで思った。
この編集者わかってねぇ!
映画の宣伝、田中圭の無駄にいい体を
出そうが、相手に女性モデル使ってどうする?!
今この時期は「春たん」を求めてるんだよ!て。
もちろん買いましたがね!!
あぁ、これで林遣都が噂の相手と結婚したら
「牧、そうじゃねえだろ!」てなりそう。

『だから私は推しました』
愛が通る道、私は「ただの金づるなんじゃないか。
私が思ってるほどに、向こうは
こっちをオタの一人、別にいてもいなくてもいい
存在だと思ってるんじゃないか」
って
そこはさ、通るよ!通る!!
僕なんて、リアルな恋愛でも通るもん!!

でも結局、「課金できる相手がいるだけ
幸せなんじゃないか?!」
って。
「何もない砂漠なら、地獄がいい」って
戻ってしまうんだよーー!
あぁ、逡巡した時間がもったいない!!

僕は、好きなものには、とことんお金でも
注ぎ込んで行くんですよ。
それを相方さんは、「頭おかしい」って
言うんだけど、いやいやいや
僕のこの愛情、貯金通帳、ダダ漏れな性格に
お前が一番、あやかってるじゃねぇか!!
て。
(現金を渡したことはありません!!
そこは自分なりのプライド、ボーダー)

あと、やっぱり森下さんはすごい脚本家さんだ。
ただの敵役にはせず、愛の同僚マイにも
ドラマ(バックグラウンド)を持たせて、
彼女の言葉にも、キャラにも
説得力持たせてるし。
いや、一瞬で場をさらっていく森口瑤子さんも
ナイスキャスティング!

そして、僕は、2DEAD目の
『おっさんずラブ』
へ。
まだ2回目かよ!とOL民のみなさまには
せせら笑われそうだけど
もうね、課金!課金!課金!!
(けど、「映画の日」に鑑賞)
そして沼に沈んでいく快感!

そろそろこの映画のこと、
このブログにも書きますんで
まだ観てない人や興味ない人は
当ブログ、しばらくスルーしてくださいね。
予告ちゃんとしたからね!!


『おっさんずラブ』映画鑑賞後は、
連ドラの時と違って
twitterも徘徊することもなく
余計な情報も入れたくない。
幸せを噛みしめて、
ひとり「ありがとうございます」と
手を合わせて、静かに感謝してました。

まずは、自分の気持ちに向き合いたい。

尊い。


もう宗教。

「帰れま10」で
春牧再現に歓喜するオカリナ
見つめる林遣都がよかった!
俳優冥利に尽きるのか?!
頭おかしい、と思ってるのか?!

ふとね、この視線どこかで?って思ったら
そうだ!弟の目だ!!!

僕は、マスコミ、芸能関係、企業の広報
その他諸々、芸能人に会う仕事に就いている人にね
「すごい嫌だった人、誰?」とか
「素顔が全然違うのは?」
とか聞くの大好き!!
そして、うちの弟は前職が
某仕事で、政治家や芸能人などVIP︎を
担当する職
だったの。
だから、彼が実家に来るときは
質問攻め。決して、口を割らない。
それでも、喰い下がらない兄を見るその目!!
普段、義妹すなわち弟の奥さんにさえ
話さないんだって!!!
そんだけ口が堅いから、
任されてるんだろうけど。

チェッ!(*`Д')
オメェ、この家の血が流れてんのかよ!


でもさ、他の人が教えてくれる情報だと
大概、アイドル、俳優、芸人
「男性」芸能人の方が、悪い噂聞くよね。
むしろ「嫌いな女性芸能人」のランキングに
挙がる人の方が、「その役割」を全うしてるだけ。
男の方が、あの好感度の高い俳優も
わがままな「お姫様」体質だったり、

仲が良いグループも芸人コンビも
実は口もきかない険悪な関係だったり。


だからかなぁ、
『だから私は推しました』
女同士が集まると、マウンティングに
嫉妬と足の引っ張り合い。

まだ、そこやんなきゃ、ダメですか?!
女の子たちが、どんな理由でも
それぞれの目指す道が違っても
アイドルであろうと
頑張ってる姿だけでいいじゃん!


いや、このドラマ大好きだし
このドラマを観ていると
「好きなこと」を「好きーー!!!」って
全力疾走していいんだ!

それがお金を落とすことでも!!
自分が何が「好き」か
心の底から湧き上がることを
実感できる
のって、

幸せなことなんだ!と思える。
ええ、僕も「愛さん」を見習って
推していきますよ!!


あっ、そうだ!!!カータンが
大人のデジタルTVナビという雑誌で
好きなテレビのことを語る
連載エッセイを始めたよ。
「カータンちゃんねる」
みなさん、ぜひ読んでみて!!

↑このページのトップヘ