妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

カテゴリ: ドラマ

『ガリレオ』第5回「絞殺る」は、原作と変えて

ペンション経営の“夫婦”の設定にしてきましたね。

そういうとこにも“愛”とか“感動”を

無理やり捻じ込もうとする姿勢が見てとれて・・・(゚ー゚;

謎が解き明かされていくのは、面白かったけど

映像で見ちゃうと、あの装置は無理があるっていうか

そこまでして、死ななくても・・・

お客様ノートが何年も前だったり、スケジュールが真っ白だったり

それなりに伏線は張っていたけど

あんまり悲壮感が漂ってなかったせいかなぁ。


しかも下手したら妻(水野美紀)に容疑かけられるんじゃ。

っていうか、ホテルの人間誰か見てるじゃろ?

あと、ついでにムスメ役の大後寿々花ちゃん・・・

上手いんだろうけど、「あたしって上手いでしょっ!」って演技が

はなについて(笑)。


『働きマン』第6回は・・・

まぁ あそこまでじゃないけどさ

風邪を引いても、休まない、絶対休まない!

(夏休みや、GW以外で休んだことありませんもん)

「明日は、後悔しないよう、今日を生きていきたい」

とか、そういうのは分かる・・・けど、周囲からしたら

ウザいのかなぁ~なんて、反省しましたよ。ε=(・´дノ|┴┬

(ただ、あたしの場合は、仕事で大したこと

残してませんが。(*゚ー゚)ゞ)


今日発売の週刊誌に安野モヨコさんと

週刊誌女性記者の対談が載っていたけど

他のテレビ局からのドラマ化オファーでは、

「編集部全員を恋愛関係の設定にしたい」

と、来たらしい・・・・・・そりゃぁ断るよな。

どこよ、そんなテレビ局 フジか。


まぁ事務所の力か?(菅野、沢村も所属の研音)

もこみち演ずる田中が、好感度高いんすけど・・・。

まさか、恋愛にハッテンしないよね?!

ない!ない!ない!職場恋愛なんて!

あたしがしたいよぉーーーヽ(;∀ ;)ノ!!


そして、今日も、またして今夜もこれから

そんな働きマンだらけの、女ばかりの飲み会じゃぁ!!

女だらけに黒一点のあたし・・・ァノヽ。+゚(゚ノ∀`゚)゚+。ノヽノヽ

全然嬉しくねぇっーーー

殿方、誰か誘ってくらさい。m(u_u)m

まずは『ジョシデカ!』

犯人に繋がる証拠品PCを見つけた

仲間由紀恵の背後の鏡にうつるナイフ。

ひゃぁーーー∑(゚ロ゚屮)屮コッテコテ。

でも続きが楽しみ。

この先、麻生祐未さんも出るらしいし

怪しい人が満載(笑)

ただ、このドラマは初回のテイストを維持して欲しかった。

番組BBSの意見を参考に編集し直したみたいだけど

うーーーん うーーーん。


あてくし 毒吐いていいすか?

視聴者や広告のクライアントあってのテレビ。

制作陣のひとりよがりや、尖がり過ぎで

誰もついてこないのも困ったものだけど

最近のドラマって、いやテレビ番組全体って

標準偏差値っていうか、むしろ下の人に合わせすぎじゃない?

勧善懲悪なストーリー、

カテゴライズされたキャラ(亀田一家含む)

バラエティでは、出演者が発した言葉のテロップ。

そこまで、分かり易くしなくても・・・

もう少しハードル上げてもいいんじゃないかな?


それと、世の中の流れが速い今は

「ドラマは一話完結の方が望ましい」って言われるけど

それもなぁ(;´Д゚lll)

連ドラの意味っていうか、醍醐味ないじゃん。

確かに、「先週見なくても、今週はOK」ってなるけど

そんな切り刻みじゃ、ドラマのキャラクターに

感情移入出来にくくない?

(だって逆に、段々と『歌姫』のメンツにも愛着湧いてきたもん)


あたしは、そんな“一話完結”のせいで

来週から、観るのどうしようかな~って

一気に下降したのが、『ガリレオ』

初回は、あれは唐沢の力だったのかな~(笑)


原作では“変わり者”の湯川先生。

ドラマだと、頭もいいし、

事件も突然チョークで書き殴りだして解決。

(偶然重なりすぎ!)

その上、人間の情の機微にも長けていて

ただの“完璧な人”じゃん。

福山雅治は見た目も完璧なんだから

キャラはもう少し壊れてても、面白かったんじゃ・・・。

本当は「人間的な」部分を担当するはずの

柴咲演じる女刑事が、その横でぶーたれたり

喚いたりしてるだけにしか見えなくて、

存在意義があるのか。

って言うか捜査内容、喋りすぎ( ´艸`)


そして裸サービスの香取慎吾。

『沙粧妙子』『未成年』のときは

演技上手い子だなぁ~と思ったけど・・・

ダメじゃん(笑)

いや、SMAPファンは怖いんだけど・・・

どーーー見ても天才で、自分の才知に溺れて

人を殺していくマッド・サイエンティストには見えん!!

湯川との対決も、なーーんの緊張もないんだもん。


唐沢って、やっぱスゴイ役者さんなのか?

初回が高かった分、急角度で

このドラマへの興味薄れてるんだけど。

あたしが一番移り気が早いのか(*゚ー゚)ゞ


ちょっと会社で思うところがあって

このブログっていうか、テレビドラマへの感想で

八つ当たり気味。

各ドラマのファンの皆様、気分を害したらごめんなさい。

やっぱ泣いてシュン(´;д;`) と なる回だったんだよね~。

制作側からとしては。

でも、なりませんでした。ええ。

広末涼子って、やっぱ苦手。

涼子って名前~、TAWARAだとか米倉とか。

大丈夫なのって、篠原涼子くらいか。


ラスト、泣かせの下りがあっても(あったのか?)

前半の広末発する「役立たずっ!」

「あんたが下っ端だからでしょ!」のセリフに

本当にムカっヽ(`Д´)ノ

見るの途中で止めようかと思ったもん。


遺体が、どっかのなんかに共振しちゃって

(もう、すごい適当な解説)

ポルターガイストみたいに

家がぐらぐら揺れちゃうの。

「ふぅーーーん」で終わり。(゚ー゚;


だって、このドラマ、

ちょっと評価下がってきたのは

福山演じる湯川と、柴咲の女刑事を

無理やりロマンスの流れに持っていこうとしてるんだもん。

フジテレビの月9といえば、そうなんだけど、

なんだかなぁ~。


あたしは、よっぽど『ウチくる?!』

青木さやかに、もらい泣きしちゃったわよ。

「一年後に浮気するなら、今して欲しい」ってのが

イタイほど、分かるぅーーー!!


いいなぁ あたしも結婚したい。

自分が幸せになりたいとかより

周囲の人に「良かったね~」と祝ってもらいたい。

まぁ 今の相方じゃ、世間や親は

心から喜んでくれないか。(・∀-`;)

その前に、相方が嫌がるね・・・えへへへ。

まずは昨夜何人もから同じメールが届きました。

「青木さやか 結婚!」

あたしには、夏木マリさんに次ぐ驚き。

そして年下のダンサーを選んだことに、親近感。

さすが同じ誕生日、血液型(( ≧▽≦))


将来性より、堅実さより

見かけや雰囲気“本能”で選んじゃうの
・・・分かります!

まぁ その選択眼は誤ってそうだけど。

ここ最近、一番「ヤバっ!」って我が身を振り返ったのって

コアラ(ハッピーハッピー。)が離婚を決意した

三原じゅん子のセリフ「顔は止めなよ、ボディボディ」じゃなく

「あんた、また彼女に食べさせてもらうの?」だもん。

ヤバイ・・・逆上したら言ってしやいそう・・・(*゚ー゚)ゞ

まぁ うちの相方の場合、

言ってもプライド傷つかなさそうだけど。


そして 近頃は男側からの暴露ばっかだなぁ。

花田美恵子さん、ツメもシモも甘すぎっ!

(そしてスキャンダルのたびに顔を出す伊藤英明・・・)

もう嬉しそうにしゃしゃり出てくる藤田憲子さん。

この人見てると、女の人っていくつになっても

女だよなぁ~(悪い判例として)

死ぬまで生理ありそう。


ハイ 下世話な文系話題は控えます。

、『ガリレオ』第2話。

おっと、その前に、やはりやはり来ましたね、

フジテレビ。『容疑者Xの献身』映画化。

まぁ これはいつの日か映画化されると思っていたので

このドラマの制作陣ならいっか。


容疑者のアリバイを証明できる車を

幽体離脱して見たと訴える少年のお話。

あたしの中で、幽体離脱といえば、

もう北島マヤと速水真澄なんだけど

(分かる人には、分かる(o^-')b)

子供好きな人は、あの少年も“いい子”と見るのかなぁ。

あたしは、もうダメでした。(,,b・д-)

湯川が引くチョークの音くらい、

いや、彼が見詰め合ってじんましんが出るのと同じくらい

ああいうガキが苦手。生理的拒否反応。

子役独特の、涙流して「してやったり顔」にケッ。

あと、品川をはじめ、虻ちゃん、石井と

どうして芸人を使うのかなぁ~。( ´△`)アァ-


まぁ そこは福山の魅力でカバー。

ただスカッシュとか、カッコ良すぎない?

若い頃は「オレは顔だけじゃない!」と色んな役に

挑戦する美形男優は(ブラピとか、キムタクとか)

実際に年を取ると、打って変わって

カッコ良さを追求しがちだけど(ナルシシズム)

福山の、この湯川役はそこをギリギリ

踏みとどまってほしいなぁ。


なにはともあれ、今日は「月9」!

(この表現も古い?)と

久々に、本当懐かしい感情を呼び起こして

観ているドラマだよ。

肝心の事件やトリックの真相解明は、

文系のあたしからしたら、

「ふぅーーん そうなんだぁ~」で終わってますけど(*゚ー゚)ゞ

『働きマン』2話目は ユミちゃんの回に

いろいろ絡ませてきましたね。

でも、マンガだと、想像力で働かせる余白部分を

(ユミちゃんは“女力”だけじゃなく、実際は

仕事に真摯に向かってるからこそ認められてる“働きマン”)

誰が見ても分かりやすいよう

説明的な映像でも見せなくちゃならんのが

テンポ悪くしてるような・・・( ´△`;)


なによりマンガでは応援したくなる松方のキャラが

仕事でガツガツしてるだけの“強引な女”って

イメージにしか見えないのがなぁ~。( ´Д`)=3

もちろん猪突猛進ではぶつかって挫けたりしてるんだけど

そこで立ち上がる強さや、頭の賢さが

ドラマだとイマイチ感じられないのよ~。

もしかして、もしかして(小林幸子)

この(大本命)ドラマ脱落かも。


で、寝不足のせいか、機械音痴のせいか

『医龍2』と間違って録画してしまった・・・

興味もまったくなかった・・・見る気もなかった・・・

『ジョシデカ!』


ピンコ・レディーこと、

泉ピン子、喚く!がなる!叫ぶ!

すげぇーーー面白かった!!!

あたし的には、超大穴!今季一番に躍り出ましたよ。

ドン底TBSで、ピン子と来れば

「ポン!来週のお話は@石坂浩二」

義理人情のユルイ刑事モノと思いきや

どちらかといえば『アンフェア』(同じ脚本家だし)

もしくは『ケイゾク』(『Quiz』みたいに破綻するのか?)


しかもタイトルバックから、映像がカッコ良くて

ピン子なのにスタイリッシュ。

「ピン子、実はシャネル好き」というより、それを通り越して

「ピン子、実は、靴はルブタン、バッグはバレンシアガ、服はmarni」

って感じ。このたとえ分かる?


まぁ、片平なぎさとか益岡徹とか

TBSぽい、土着的な主要キャストなんで相殺されてますが。

仲間由紀恵も、『TRICK』からずぅーーと続いてた

タイプキャストから、ちょっとだけちょっとだけ

脱出出来たんじゃないかな~。

あたしも今日から、丸いもの見るたんびに

手でピストル真似てます(こんなの明菜の『Fin』以来)。


そーーして何より何より

まだ全然活躍の場を与えられてないけど

警察署の面々がいいっーーーー!


ドラマや劇団好きの人にしか、名前と顔が

一致しづらいけど、あたっしが好きな方々が

脇を固めてるんだもん

大倉孝二さん、田中哲司さん

袴田くん、鈴木浩介さん 

大浦龍宇一さん、金子昇さん

(カラテカの入江もGOOD!)

男祭りだ!ワッショイ ワッショイ!d(d∀゚)(゚∀b)b

男祭りだ!┌|嬉´∀`|┘ワッショイ ワッショイ!┌|嬉´∀`|┘

あんな“男社会”なら、差別されたってイイ

陵辱されたってイイ!(むしろ歓迎)

あんな男だらけの職場で働きたいよぉーー!!

(正直リュ・シウォン要らなくね?)

あんなメンツに囲まれたら、ピン子勃ち。

それともピン子ひとりで、ピン子萎えか?


みなさんが裏の『医龍2』やらで、

ハラハラドキドキしている間

ひとり、『ジョシデカ!』

ワクワクピン(子)ピン(子)しております!

(なんかオヤジの下ネタぽいなぁ~

寝不足のせいよ!)


PS 久々のいしだ壱成くん

相変わらずの危うい演技。

稲森いずみにソックリ!と思ったのはあたしだけ?

↑このページのトップヘ