妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!

カテゴリ: ドラマ

『華麗なる一族』

すーーごいお金のかけ方でしたね。

福澤諭吉の子孫で、自分自身が「華麗なる一族」なんじゃないか?って

TBSの福澤さんの、いつものごとくダイナミック!!(押しつけがましい)演出。

「そ、そこまで、豪華なシーンにしなくても・・・TBSさん制作費大丈夫??」って

観ているこっちが別の意味でハラハラドキドキしてしまいましたよ。

だって、TV雑誌の相関図に載っているキャストでお腹いっぱいなのに

(そんな中で、存在感を放つのは、津川さんと西田敏行さん。さすがデス)

佐野史郎さんがホテルの人だったり

しつこいくらいうるさいナレーションが倍賞千恵子さんだったり。

あたしは『男はつらいよ』全作観ているほど、“さくら”も大好きなんだけど

『ハウル』に引き続き、倍賞姉の声が苦手なこと発見。


木村くんは・・・まあ、彼が主役だから、こんなビッグ・プロジェクトが始動し、

華麗なるキャストも集結したのでしょう。

「いい加減、大人の役やれっ!」と思ってたけど

抑えた演技見たら、まだまだ「キムタク印」でいいかも・・・(゚ー゚;


鈴木京香の気合は、ビシバシでしたね。

それに反して、引き気味の原田美枝子さん。

ふたりの相対が良かった。

(けど、この2人じゃ、楽屋でケンカはしないだろうな、チェッ。つまんない)

けど、あんなアイラインびっしり書き込んでる大介(北大路さん)はイヤだよ~。

一番若手の相武ちゃんはともかく、「ザ・役者」に囲まれると

長谷川京子ちゃんはキツいなぁ。


で、でよ、あんなにお金かけてるのに

どぉっーーーして、物語上、カギとなる重要なモノにお金かけないのよっヽ(`Д´)ノ

まずは安っぽい肖像画にクスクス失笑。

すごいマジメな話しているのに、その人のチャックが開いてたり

ヅラがずれてるのに気付いてしまい、

マジメな話が頭に入ってこない感じ。

「鉄平はじいさんの息子だっ!」って言われても、あの絵・・・。

ええっーーーもうちょっと、なんとか出来たんじゃないのかな?


そして、最後に視聴者何百万人が、

どひゃぁーーーとズッコけた(←懐かしい表現)と思われる

サイボーグ鯉“将軍” ブハハハハっо(ж>▽<)y ☆

久々にテレビドラマ観て、笑ったよ。

エキストラいっぱいのパーティー・シーンを無くしてでも

あの肖像画を、鯉を、なんとかすべきだったんじゃ・・・。

ロボット鯉のせいで、何十万人が、このドラマ離脱したと思うもん。

逆に、「次は何が出てくるか、楽しみ」で必ず観ようと

固定客になった人も多くいるだろうけど。ハイ(・∀・)/あたし。

もうあのラストシーンで、初っ端の「もののけ姫?」 いのししも

ロボットなのか興味津々。まさか着ぐるみ?

原作者の山崎さんも、社運を賭けているTBSも、出演者も

こんなに笑われてるとは、思わなかっただろうなぁ。

いろんな意味で楽しみなドラマだよ( ´艸`)


今日は別のこと、書こうと思ったけど

あの“将軍”の破壊力にヤラれてしまいました。あしからず。


「殺したとしても、バラバラには出来ないよね~」


友達と会うと、挨拶になってますよ。

殺すことは、出来るんかいっ(@Д@;

もう猟奇的事件ばっかで、

「ボーダー」(@明菜ちゃん降板)が分からなくなってきてる。

今なら、トシちゃんの往年の名曲

『君に薔薇薔薇・・・という感じ』も放送自粛になるのでしょうか。

近所のゴミ集積所にスーツケースが放置されているんだけど

ほら、黒のビニール袋は、カラスがついばんで

中身が飛び出して、発見されるって言うじゃない・・・

あの、丈夫なスーツケース・・・・>((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

うちの会社でも、ダンナをバラバラにしちゃった夫婦と

同じマンションに住んでいる人がいて

外出の際、マスコミがうじゃうじゃいて大変らしい。

これはね、まさに桐野夏生さんの『OUT』だよね~。

(↑このドラマのときの田中美佐子さん大好き☆)

けど、30代の女としては、身につまされるぅ(P'ω`。q)


あと、スッカリ忘れてたっ!知人の娘さん。

失踪してたムスメさん。年始に出てきました!

東京から電話があって、迎えに行ったらしいんだけど

その後は、実家の部屋に閉じこもりっきりらしいデス。

何を聞いても、何も答えないらしいです。

でも生きててなんぼ、だからね。

とりあえず良かった良かった。


大人になれば、経験も失敗もたくさん繰り返して

生き方の術も身について、もっと上手く生きていけるもんだと思ってた。

けどね、変わらないですよ。

昔、globeの『FACE』って歌で

~バス停でおしゃべりしている学生

明日のことはもちろん考えているけど

切実さは比べようもないほど 明るい

あの人の胸には すぐ飛び込めない~


って、あったけど、年を重ねると

自分の記憶の中から、似たようなパターンを呼び起こし

結果がどうなるか読めるし

傷つく度合いも知っているから

むしろ臆病になったり、簡単に行動に移せないっ。+゚ヽ(・´Д`・)ノ゚+。

人間関係も、いろんなものが絡んできて

解こうとすればするほど、ドツボにはまる。

で、ある日、臨界点がきて、壊れちゃう(@Д@;

まあ、あたしはそんなとき「傷ついてなんぼのもんじゃいっ!

もう堕ちる事まで堕ちて、這い上がればいいじゃん」と

自分を奮い立たせるんだけど、

いまだ、好きな人への電話やメールさえ

最後のボタンが押せないことアリアリ。


『花より男子』のつくしと道明寺のすれ違っていくやり取りに

思春期や、はじめて原作マンガを読んだ時と同じように

せつなくなって観ています。

演じる井上真央ちゃんの必死さと、松潤の憂いを帯びた瞳に

自分の年も忘れ、見入っちゃってる・・・。

「テレビドラマがつまんない、と思うのは年のせいかな」と

思うけど、少女マンガは永遠ですなぁ。

ああ、マンガ喫茶行こう(≧▽≦)っと。


す、すみません(゚ー゚; 

昨年末に、1月からはテレビドラマたっくさん観るぞっ!って

宣言してたのに。

あたしは韓流ドラマ観たことないんですよ。

『ビバヒル』『フレンズ』『アリー』『ER』もそんなに。

それこそ『ツイン・ピークス』や『Xファイル』も流し見って感じ。

それが、『24』にハマリまくり

『プリズン・ブレイク』(∑(ll゚Д゚ll)エェ!! シーズン1ってあそこで終わるの?)

そして、「観る時間ないだろ!」って敬遠してた『LOST』

イタリアで毎晩やっていて、イタリア語に吹き替えされてて

チンプンカンプンなのに、もうダメですよ。禁断症状。

うう、続きが早く観たい・・・。


そんなこんなで、日本の連続ドラマ・・・

だって、ほとんど既に読んだことのある本やブログのドラマ化ばっかで

内容知ってるし・・・

そんななか、オリジナルで勝負している日テレの気骨は認めるけど

やっぱり、どっかで観たことのある展開で

「<(ll゚◇゚ll)>どうしよう?続きが気になって仕方ないっ!!」って

わけでもないんだもん。

でも観ました、主演女優が好きな2本。


まずは『ハケンの品格』。

まさに『anego』+『女王の教室』でしたね(笑)

一歩間違えば、すごーーく嫌なキャラになるのに

そこは篠原涼子の魅力でカバー。

同じ“涼子”でも米倉や、広末がやったら、

「うるぜっーーぼげっ!」ってなるようなキャラだけど

篠原だと、温かみが滲み出るちゅうか、キライになれないの。

「生きていく技術とスキルさえあれば

自分の生きたいように生きていける」ってセリフは

派遣、正社員関係なく、すべての人に当てはまる言葉だよな~。


あと、「ハケン!ハケン!」ってうるさいっ!

そんな嫌な“正社員”を大泉洋、板谷さんが上手くて

(あたしも、そうなのかな~と自省しちゃった)

ダメな派遣を、また加藤あいが上手くて

(彼女って、ヒロインよりウザい役の方が絶対似合う)

そしてビックリヽ(*゚O゚)ノ  小泉孝太郎 演技うまくなってない?!


で、仲間由紀恵の『エラいところに~』

これは、『トリック』+『花嫁は厄年!』(笑2)

正直ね、谷原さん演じるダンナ磯次の良さが

ちぃーーーっとも分からなくて

だって、姑である母親(松坂慶子)に

「君ちゃん(仲間)は、この家にいると、すごく気を遣うんだって」って

しゃあしゃあと言う男だよ。

なんにも助けてくれないんだよ。

しかも庇うどころか、責任転嫁。

で、仕舞いには「必死で頑張ったのに

どーして僕ばっか、こんな目に遭うんだっーー」と

被害者意識で泣きまくり。

この先、長い結婚生活、トラブルが起きるたびに

逃げ出すの目に見えてるじゃん!

まあ、「あんなバカで、底の浅い人間どこがいいの?」って

妹に言わせてるくらいだから

確信犯で、あんなキャラにしたんだろうけど

「彼女は、僕の唯一の自慢です」なんて

最後の最後に泣かせること言ってたけど

あたしはダメだぁーーー。

『渡鬼』の鬼たち(沢田雅美)の方がまだマシ。

あたしは、松坂慶子が演じた姑や、磯次のような

自分は、絶対「加害者にならない“善人”」と

信じて疑わずに生きている人間が

いーーーちばん苦手っ凸(*`Д´*)

だって、こいつらって「反省」しないから「変わる」ことしないじゃん。

こういう人とは、私生活でも距離を置いているので

このドラマも、うーーーむパスかな?

しかも合間に入るCMは仲間由紀恵ばっかし!

これじゃあ、TV局が、そのクライアントの広告主に向けて

「彼女のイメージUPします。で、御社の商品買わせます!」って

作っている洗脳ドラマじゃないか~。

まあ、お金出すのは広告主だから、ある意味正解なんだけど

ちょっと辟易。(・´з`・)ぷぅー


ってことは、天海祐希の『演歌の女王』

『女王の教室』+『ごくせん』÷2みたいになるのかしら?

もしかして『東京湾景』( ´艸`)

いま、人気のこの3人、そして米倉涼子。

みんなキライじゃないし、それぞれタイプも違うんだろうけど

なーーんか根本は似ているっていうか

泣いたり、喚いたり、人間の汚ささらけ出さないちゅうか。

このまま、仲間→篠原→天海の役をシャッフルしても

全然違和感ないんだもん

米倉の「悪女」っていうのも、戦略なわけだし。


もうね、続きはどうなるの?

ワクワクドキドキっーーーって

クライアントの顔色うかがうだけじゃなく

危険に満ちたドラマ、出てこないかな~

(←最近、日テレスゴイよね、今まで別の意味で“危険”だったけど)


うーーーむ、なんでTBS、『LOST』深夜、しかも月、火だけなの?

気になって仕方ないっ!TSUTAYAに走るか。

「合格。就職決定!」って相方からのメールに、

「えっ?!いまどこっ?」って、

携帯持って、走り出してました。


すみませんm(u_u)m このブログでもブーブー言って

アンジーをはじめ友人たちにも「もう、終わらせるっーー(ノ◇≦。)」

(何十回目かの)別離宣言してたのに

彼の就職決定の一報に、頭や心より前に、体が、足が、動いちゃってました。

凍てつく空気に胸が苦しぃ、ハーハー息も途切れたあたしに

「早いね」って笑った彼の顔見たら

もう、すべてがどうでも良くなっちゃった(*゚ー゚)ゞ


『たったひとつの恋』最終回

走ってましたね~、弘人(亀梨)も、そしてラストにゃ全員ダッシュ。

『太陽にほえろ』の日テレだからか。

けど横浜出身のあたしからしたら、地理的におかしい(揚げ足取り)

まあ、そんな位置関係の前に

自分は、別の男と婚約しておいて、

ウェディングドレスの衣装合わせまでしてて

「弘人は大丈夫なのっ?!」

「弘人はちゃんと人を好きになることなんて出来ないんだよっ!」

逆ギレ。訳わかんねえ女だな~、菜緒(綾瀬)。

お前が「“思い出”返せよっ!」だよヽ(`Д´)ノ


しかも、「(弘人と)別れてm(u_u)m」とお願いしてたハズの母親(すーちゃん)まで

婚約者(池内)に会って、なんだか説得(いまさら、ムスメの気持ちが一番)

親子して、人の気持ちや、人の人生お構いなし。

わたしたちが“お姫様”。

男は、どんなに“王子様”でも、

「お前が一番好きなんだっーーー」とハッキリ声にして、態度にして

優しく、カッコ良く演じなくちゃいけない、

しょせん“王子様”の役を振り当てられただけの“下僕”なのデス。

そりゃあ、今までの北川さんのド作品の主人公も

ちょっと気が強くて、感情がストレートな女の子だったよ(そればっかか)

ただ、今回っていうか、ここ最近の北川ドラマ

暴走しすぎじゃないかな~。

なんか節操のないオバさん化してるよ。


空港行きのバスを追いかける弘人、気付く菜緒。

「運転手さんっ!止めてくださいっ!」

バスを降りて、見詰め合うふたり。

「今だったら、その(心の)壁、一緒に乗り越えられないかな」

メデタシ、メデタシ。ふっーーー。あーーあ。((((((ノ゚⊿゚)ノ


って、あたしもそうか。反省、猛省。

自分の(恋愛妄想の)思い通りに、相手がやってくんないと

勝手に不貞腐れて、「あなたの、あたしへの思いってそんなもんなのっ!!」

キィッーーーー(`Δ´)って。

自分の気持ちばかり押し付けてる面倒くせっーーーオカマ。

だからと言って、気が利く男にゃ、「なんだ気持ち悪い」って

目もくれないのにね。

ああ、ダメダメ。だから北川ドラマに自分を投影してハマって観てたけど

今回ばかりは、もう誤魔化せない。

「恋愛至上主義デース。てへ(*゚ー゚)ゞ]

なんて言い訳できん。

ダメじゃん!あたしじゃん!

視聴者の皆さんからみたら共感度なしのバカな女じゃん。

ぐすん。


まあ、そんな横から

―新しい環境―、―新しい出会い―

「彼との関係はどうなるの?」

新たな妄想の火種が・・・(@Д@;

恋って、“地獄”ですね。

そんな時は、何も考えずに本能のまま走るしかないのか~。

走って、妄想の炎を断ち切るのだっ!






今さらですが『たったひとつの恋』第9回

「いま、一緒にいたいよ!私のために何か捨ててよっ!」

と、家出してきた菜緒(綾瀬)に「中学生みたいっ!」って。

恋の衝動で突き進むのはいいけど

日が経てば、捨ててきた家族のことを思って「悲しむ」

「俺たちは、それぞれの場所に戻るんだよ・・・」って

大人だよ、そんなとこで“大人”にならなくていいよ、

弘人ぉっーーー(ノ◇≦。)

ヤダ!あたしだったら、断固拒否権発動!

こんな30過ぎた恋の酸いも甘いも

それなりに味わってきたけど、ヤダヤダ、そんなんで別れたくないっ!

若いときは、“誰かへの恋心”なんて、次から次へと沸いてくるもんと

思うかもしんないけど、年を経ると(*゚ー゚)ゞ

誰かを“好き”になることだって

ましてや、誰かの心の中に“生きる”ことなんて

難しいんだからっーー(ノ◇≦。)

「神様、人はいくつになったら大人になれるんだ?」って

いくつになっても、“恋愛”で物分り良くなんてなれねぇっよっ。

弘人のバカバカっ!


「弘人の手が好き。あったかくて

いつも握りしめてほしいときに、ギュって手を握ってくれて・・・」


ってセリフに、いつか来る、自分の別れをシミュレーションして

泣けてきたよ。


なんか生々しくて、自分の恋愛を書くのは、木っ端恥ずかしいんだけど

あたしは、相方と「バイバイヾ(o゚ω゚o)ノ゙ 」するとき

必ず握手します。この7年ずっと。

どんなに喧嘩しても(゚Д゚#)ゴルァ!! 、

ブっーーって不貞腐れてもヽ( )`ε´( )ノ

とりあえず、最後はハイって手を預けて、「バイバイヾ(o゚ω゚o)ノ゙ 」って。

そうするとね、どんなにムカついて「二度と会うもんか!」って

思っていても、口をきいてなくても

ああ、こんな汚れちまった手を、握ってくれるのは、この人だけなんだなぁ

なにがあっても、離さないでくれるのは、この手なんだよなぁ

ああっーーヤダヤダ、こんな一時的な激情で

ケンカしたまんま、今日が終わるのはイヤじゃぁーーーと

素直に謝ることができます(って、大概あたしが悪いんだけど)

みなさんも、ぜひどうぞ・・・ってアホくさいか。


けどね、先日深夜に、青木さやかが女の芸能人2人と

素人の家に遊びに行って、恋話をするって番組があってね

千野志麻アナが、「彼の好きなところを100個書いて渡した」

素人さんが、「好きな人への気持ちとカブる歌詞や詩をノートに張って渡した」って

恋愛の話をしてて、同じくゲストの上原さくらも含めて

みんなが「きゃぁーーーっ?ロマンチックっーーー!!」って

大騒ぎして感動してたのね。

その中で、ひとり青木さやかが

「へっ??( ゚д゚)ポカーン それって素敵なことなの?」って

まったく理解してなかったんだけど

あたしも (゚Д゚)ハァ?  全然分からんかった。

むしろ、それって気持ち悪いことじゃないの?

うちの会社の男の子も、今の奥さんに「好きなところ50個あげてっ!」って

言われて考えてたら「100個あげちゃいましたよ~」って

自慢してたんだけど・・・・

おえっ(*゚д゚) 、 そりゃあ、あたしダメだぁ。えづいたもん。

気持ち悪かったもん。

ロマンチックの線引きってどこなんだろ?


あっ、ちなみに、うちの相方は、別れの“握手”に

なんの意味も見出してないと思うよ。

ただのパブロフの犬、っちゅうか、条件反射で握ってるだけだと思う。


、『のだめ』、もう原作のマンガがどうやって進んでいたか

分からなくなっちゃったけど

上野樹里ちゃんの、迫真の白目ののだめ(笑)は

千秋と、一緒にヨーロッパに留学したくて

コンクールでの優勝を目指すんだけど

“恋愛”が生きていくパワーになるのも、羨ましいっーーー!!

たったひとつ、なにが欲しいのか、たったひとつ、何が一番大切なのか

分かっていることが大切。


まあ、それが幸せか不幸かは別として。

「たったひとつの恋」さえ、ままならない、あたし・・・Σ(´Д`lll)



↑このページのトップヘ