妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!

カテゴリ: ドラマ

僕は、結構、軽い願い事なら叶えます。
いや、小さな願いでも
毎晩、マジで祈祷するから!
ここ最近、寝る前に「○○してたらなぁ」と
念じてたのが
「あら、ここ、会社に近いじゃん!!
『東京タラレバ娘』の撮影現場に
遭遇しないかなぁ、
遭遇する!!ゼッタイ!!

そして、彼に会うのだ!!
田中圭くんの写真集に願をかけてたのだ!
(顔射じゃないよ!)

IMG_0923


そして、そして、早朝
表参道にドラマの撮影隊らしき影が!
キタキタヾ(〃゚Д゚)ノ・‥…━━━☆
歩調を緩めて、ゆっくりゆっくり
歩行者のエキストラらしき人たちに指示している
ADが手に持つ台本?進行表の文字を凝視。

『東京タラレバ娘』
キタキタヾ(〃゚Д゚)ノ・‥…━━━☆

そしてそして喫茶店の中に大きなライト
この中で撮影されてるのね、と
覗き込めば

吉高由里子と、、、、、
アァ、速水もこみちか!!
(予告に出てたから、もう書いていいよね?
来週、喫茶店で二人が向かい合うシーンがあったら
道路に面したガラス窓から、顔を押し付けて
覗いているおじさんがいたら、それは僕デス!


いつか、いつか、いつの日か。田中圭くん!

それまで小雪と別れず、出演し続けてくれ!

でも、もこみちを見たのは2度目なんだけど
今までは、高身長の割に、顔が小さすぎて、
ちょっと宇宙人?奇形ぽかったけど

今回は髪が多くて、すげーーかっこ良かった!!

ドラマの方は
「つるんでる女がいい女なんじゃない!」
って倫子が啖呵を切っていたけど
いや、いや、いや
「つるんでる」じゃなくて
他人の恋愛に口を出してくる女友だちが
面倒なんだよ~。


僕が苦手なのは「女友だち」との
飲みやしゃべりと「同じ」テンション
「同じ」ノリで、男がいる場でも
ふるまう人
(いや、友だちでも何人もいるけど)

「だから女(おかま)は面倒くさい!
男と女で態度を変える女はイヤ!」って
反論されちゃうけどさ。
いや、態度変えろよ!秘密守れよ!

だって、
女友だちとのおしゃべりがあるから
生きてゆけるんだよね。


そんなこんなで
カータンがオフ会をするそうです。
以下のような申し込み方です。
僕も、遊びに行きたいと思いますので
そこで、人生に一切役に立たない
どうでもいいおしゃべりができたら嬉しいです。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□
【お知らせ】3月4日(土)に予定している
オフ会・スナックカータンの詳細決まりました。
応募開始は2月11日(土)午前10時から
先着順となります。飲み放題の2時間半。
おしゃべりと女の古なら大興奮する?ゲーム、
それにプチギフトもご用意しております。
お時間がありましたら、ぜひいらしてください。
詳細は→
こちら 

ぁあ、ムカつく!ゴミ出しの件
私生活でも仕事でも誰かがやんなきゃいけないこと。
やった人に対して「うっせぇなぁ、細けぇなぁ」
って態度。トイレのスリッパも!
しかも「別府さんの部屋に運んじゃいましょう」
って、アレで巻さん、いや松たか子さえ
ちょっと嫌になってしまった。

ドラマは面白いのに、
登場人物を愛せないのはなぜ?
仕事の関係で、火曜のドラマは
深夜2時、3時に観ていて
『重版出来!』や『逃げ恥』は
睡眠時間を削っても、逆に
「明日からがんばろう!」って
元気がみなぎってたんだけど。


いまや大人気の高橋一生さんでさえ
「この人、なんか小さいおじいさんみたい」て。
(ぎゃーー、熱狂的ファンに殺される!)
松田龍平の183cmだから相対的に…。
それに松たか子さんって166cmもあんだね!
満島ひかりなんて162なのに、
すごく小さく見える。

そんなこのドラマで
好きなキャラ登場!!
高橋一生さん扮する家森の元嫁
茶馬子役の高橋メアリー・ジューンさん!
しゃべりは鈴木紗理奈
名前は藤島ジュリー景子を彷彿!

『闇金ウシジマくん』に次ぐパワー。

「なんで男って他人の言うことは
信じるのに
妻の言うことは信じへんのかなぁ」

「子をかすがいにしたときが
夫婦の終わり」


「20代の夢は男を輝かせるけど
30代の夢はくすますだけや」


坂元さん、森口瑤子さんとの
夫婦仲大丈夫なのやろうか。

っていうか、こんな旦那面倒くさいやい!
でも、しゃれたセリフを俳優が口にすると
「おれ、うまいこと言った!」って感じで
『最高の離婚』のときから
鼻についてたんだけど

高橋メアリー・ジューンさんは
品のなさと相殺されて、リアルに聞こえる~。
(ほめてます!)

「あのとき、宝くじを引き換えてたらなぁ
そこに私はおらんかったやろ」

この辺から別府くんの

「愛しくて愛しくて、むなしくなります」
「語りかけても、触ってもそこには何もない」

うぅううう、身につまされて痛い。

そして、ぎゃーーーー!!!
なに、あのラストの扉がちゃがちゃ。

このドラマがサスペンスだったことを
一気に思い出したよ。
もうさ、日本の実録(女性)犯罪ものは
八代亜紀の慰問と
寺島しのぶ、松たか子の梨園ふたり組で

(藤原紀香はダメ!)
映像化していけばいいんじゃない?!
もう、怖い怖い!!
まるで『ガラかめ』で北島マヤの背後に
台所が見えた!ひとり芝居『毒』
松たか子で演じてほしい!!!

「毒……!!」(ゾク~!!Σ(ll||д゚ノ)ノ
「これから先の、あの人の人生…運命…命
それがすべてわたしの手の中にある!」
「わたしの切り札…!!」

images










 

One for All All for One

トランプにイライラしてたら
「世界は変わっていくんですよ。
世の中が求めてるのは
そっちなんだから仕様がないじゃないですか」

って会社の人に冷静に言われて、いいもん!!
過去にしがみついてたって
そんな未来イヤだもん!!

そんな沸々と怒りを抱いて帰った木曜日
久々に観た『アメトーーーク』
「スクール☆ウォーズ芸人」

 大切なことなんで、もう一度書きますよ。

One for All All for One
ひとりはみんなのために
みんなはひとりのためにスピリッツですよ。
世界だって、それでラブ&ピースでしょ!!

あぁ、『スクール☆ウォーズ』
懐古主義と言われようが
「80年代よ再び!」って
トランプみたいだけど
このドラマを必死で観ている
青春時代で良かったよ。
観客の若い子たちが「知らない」って
顔してて、
本当、「あの頃」を生きてて良かった。

『男女7人秋物語』の特番で
岩崎宏美が「妹の良美が
山下真司さんのこと『苦手』って
言ってたんだけど、
今回、共演して私もダメだった」
って
発言してて、山下さんの評価は
ちょっと下がったけど。

っていうか、
アメトーークでもそうだったけど
リアルタイムで観ている時より
その数年後、大学に入って
同好会の夏合宿で
テニス大会とかやって、
負けると「おまえらゼロの人間なのかっ!
一生ゼロのまんまで終わるのかっ!
それでも男か?!悔しくないのか?!」

悔しいですっ!!!
今までは負けるのが当たり前だと思ってたけど
いまは悔しいです!!」


「スクール☆ウォーズ」ごっこして
騒ぐのが楽しかった!


松村邦洋のように、このドラマと
マンガ『キャプテン』のセリフを
暗記して諳んじてたTくん
いまはどうしてるんだろ。

あぁ、テレビしか娯楽がなかった
戦後の子どもたち。

北は北海道、九州沖縄
さまざまな場所から東京の大学に出てきた
人間が、すぐにひとつになれる
テレビや流行語の威力!


ただ、僕がすごい強烈に印象に残ってた
圭子(伊藤かずえ)
(彼女の名言というと
「馬上から失礼します」のほうが有名)
「あんたキンタマついてるの?
ため息ばっかりついてないで
勇気出しなさい!
骨は私が拾ってあげる!!」
ってセリフは
あんまみんな覚えてなかったんだよなぁ。
おかしいなぁ。

フジテレビのドラマは
流行を切り取るのがうまかったせいか
いま観ると「古くさっ!」ってなるけど

(今や、今期のドラマなのに「古っ!」て
思ってしまうけど)
TBSのドラマって、
今観返して、どんなにベタでも
胸打つのが多いんだよなぁ。
いまだに和田アッコの演技にさえ泣いちゃうもん!

おヒョイさん亡くなったね。
昭和九年会でご存命なのは
♪ピアノ売ってちょーーだい♪の
財津一郎さんとかくらい?

っていうか、芸能人でも
ニックネームで呼ばれる人って
もう数少ないよね。


あとはへいちゃん
チータ
(サバンナを走るチーターじゃないよ
小さいたみこちゃんの略)、
ユーミン、キョンキョン、
ショーケン、ジュリーくらい?

老若男女が愛称で呼ぶのって
国民的なスターの証なのかなぁ。
若者がいない!!

って、話がそれ逸れましたが
やっぱりさ、30くらいの女子だと
SEXに意味を持たせるのかなぁ。

もうね、男にはそういう夜ありまくりですよ。
魔が刺すことなんてしょっちゅう!
っていうか、
マ●刺してくれっ!!!って。
それは僕か。

この前も、 イケメンとチョメチョメ(笑)
すごい突然起きたんですよ。
突然すぎて、シャワーも浴びてない!
もう帰り道、速攻で女友だちにライン。
キャッ!「お前らは女子会で報告ばっかり」
(女子会ではなく「婦人会」「寄り合い」ですけど)
KEYくんに怒られちゃう!

まぁ、僕は、ゆきずりだったんだけど
翌日、会社のランチで、
相手の断片的な情報
仲良くしてくれてる人たちに
話してたら
(私生活バラしすぎ?)、
デスクに戻った直後、グループラインに
「見つけたよ!!」って。
(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
相手のフェースブックやブログまで
その中の一人が見つけてくれた!!
持つべきはIT関連の部署の友!(そこじゃない?)

もちろん社内の人や共通の知り合いと
何かあった時は、お口チャック
一人箝口令で誰にも言わないし

「タラレバ娘」みたいに、相手の男に
色々言う女友だち(恋愛無法)は困るしね!

もうさ、愛とか恋とかいいじゃん!
KEYくんみたいな人と出会えて、ヤれたら。

なんなら、後腐れがないよう
「また、これでお願いします!」って
お金で解決したいよ。お金渡すさ!

「なんであいつとしたの?」って聞かれたら
「したかったから!」でしょ。

そして田中圭くん(丸井)
超絶タイプ!!!! 

一目で見ただけでわかるよ。
顔はもちろん、声、喋り方、佇まい、 
纏ってる空気。すぐにわかるよ。

だって、毎日、寝る前に
《今日イチ》決めて寝てるもん。
今日、一番「かっこいい!」「よかった!」と
思える人を。
365日、それをもはや20年、いや30年か
やってると、自分の好みが研ぎ澄まされていって
会った瞬間に「この人!!」てのがわかる!

なんで大島優子なんだろ?
っていうか、放送3回目にもなると
初回では漫画のキャラに近づけようとしてた
吉高由里子も、甘ったるく、
今や彼女の雰囲気やしゃべり方まんまじゃん。

あぁ、このドラマの途中のCMに出てくる
麻生久美子とかの方が良かったよ。

漫画とセリフやシチュエーションも
あんまり変わらないのに、
なんで、こんな陳腐な恋愛ドラマに
なっちゃったんだろ?なんで?なんで?

おしゃれな倫子が、
「まさか好きって言ってくるのを待っている」
図々しいっていうか、面倒くさいっていうか
恋に恋してる野暮ったい
処女の中高生みたい!

「大人の」痛々しさを観たいんだYO!!

僕だって、愛がほしいYO!!
愛が手に入れた瞬間が、
一瞬でもあればいいんだYO!!

「間に合わなかったーー
約束したから……今日来るって」
(少ししゃべり方が吉岡秀隆ぽかった)
って、走ってきてくれるだけでいいのだ!
(でも、「結婚してる」って
本当のことを言って選択権を委ねるのは
「優しい」んじゃなくて「ずるい」男でしょーが!)
そのためには、自分から気持ちを
伝えるし、「あなたの顔が好き!
見てて飽きない!」って何度でも言うし
相手がどう思ってるかなんて
どうだっていいじゃん!

「俺は、あんた(男)とは恋愛できない
なんて、人生で何度言われたことか!!

手に入るなんて思わない、でも戦う!!!
恋愛という戦場なんて、
そもそもルールないのに!!

そう思えるようになれて
年取るのも(年齢関係ないか)楽ちん!

「誘惑はまず人間を捨てることです」
「猫になる」
「虎になる」
「雨に濡れた犬になる」


「気をつけてください、
そこに、おじいちゃん寝てますから」

吉岡里帆ちゃん
将来、絶対、永作博美や篠原涼子みたいに
主演を張れる女優さんになると思う!

話自体はすんごい面白いんだけど
ど、どうして、坂元さんって…('д` ;)
(ごめんなさい、主人公4人に
感情移入してる人いたら)
次から次へと、決して近づきたくない
疎ましいキャラ
を出してくるんだろ?


そして、そんな彼ら彼女らを
「世の中で、うまく立ち回れない人」として
描くために、対比として出てくるのが
『問題のあるレストラン』の全裸セクハラや
『いつかこの恋を〜』の<東京>の人たちの
執拗なほど冷酷な仕打ち。
そんなに世の中って、嫌な人ばかりかなぁ。
繊細の人は生きづらい社会なのかなぁ。

『重版出来!』や『逃げ恥』のような
例えば主人公たちと対峙するキャラでも
その人たちの主張や理由がある
そう、愛に包まれた登場人物たちのドラマを
観た今は、
坂元さんのドラマは、
ちょっと後味が悪いんだもん。

どんなに時が経って、人気者になっても
行動や発言の端々に
「あぁ、だから、いじめられるんじゃない?」って
過去いじめられてたんだろうなぁ、って
空気を醸し出す有名人
を思い起こさせるんだよね。
(レディ・ガガとか)

今回もさーーーー

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
反応が間違ってるでしょ!
何年も前の「超能力少女」
たとえ詐欺で父親が捕まっても面白いでしょ! 

「ええええ、あの頃どうだったの?」
って根掘り葉掘り聞くのが
正しい好奇心
じゃないのさ!

僕だったら、ひとり「徹子の部屋」で
「本当に超能力はお持ちになってたの?
ごめんなさい、コマーシャル」って
ランチ誘い出して、聞いちゃうよ。
なに、あの会社あげての
「出て行け!」攻撃。

出てく意味ないじゃん!!
しかもそのナレーションを安藤サクラが
やってるから、さらに不快感倍増

(声だけでも、演技が上手い!ってことです)

そして、すずめの父親
お世話になった人が入院して
「風邪がうつるのが嫌だ」と
お見舞いに行かない。
基本工事が杜撰で、建て直しの原因なのに
「ラーメンの汁がぬるい」とか
そんなの絶対嫌だ!
本当、人の神経を逆なでるキャラ作りがうまい!!
そんな父親が高橋源一郎さんがぴったり!
そして、あの笑ってない目が
バカリズムさんに似てたけど。

そして、「絶対に目が笑ってない」
吉岡里帆ちゃん演じる
ハローグッパイの有朱ちゃんが
一番、親近感湧くかなぁ。


もちろん好き嫌いは別にして
続きが気になって、楽しみなドラマなんだけどね。
 

↑このページのトップヘ