妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

カテゴリ: ドラマ

このドラマのこと、みなさんディスってて
奥さんを誹謗中傷された野球選手のように
訴えられちゃうよ('д` ;)
って、整形だなんだと、名指しで書いてる
僕が一番訴えられるよ!(′∀`)
しかも時代が時代なら、不敬罪どころか
大逆罪?皇室のことを…
キャーー、ごめんなさい、ごめんなさい!

『きみが心に棲みついた』

僕だって、このドラマを一瞥して
「意味わかんない」と斬り捨てられる
ような
人生を送りたかったよ。

でもね、週刊新潮の「黒い履歴書」を
愛読するように、目が離せないの。

てか、これ、ラブストーリーじゃないもん。
「俺だけのために、生きてくれよ。」
「星名さんのためだけに、生きます!」
「私を見て、愛して、許して」

相手を一途に思うことが
どんなに常軌を逸しているのか
警鐘を鳴らしてくれるサイコドラマやん!
石橋杏奈演じる飯田さんに
「頭おかしい」「気持ち悪い!」と
言われる、連ドラのヒロイン
の立場って(´∀`*)

ムロツヨシさんーー助けて!!!
ムロさんがいるときだけ
スーハースーハー息継ぎができるよ。

でも、僕はそれ以上に
鈴木紗理奈をこんなに待ち望む日が来るとは!
キョドコを救うのは、男じゃなく
ちゃんと叱って、ちゃんと向き合う
先輩デザイナーの八木さんでもある気がする~。
昔の内館牧子ドラマじゃないけど
恋愛のように、足元5ミリ浮いた状態
地上に落としてくれるのは「仕事」
火曜22時、なにげに「お仕事枠」?

なんだかんだ言って
キョドコは、それなりに「他者」と接してるけど
本当に、「依存」してヤバいのは星名さんだよね~。
まぁ、ルックスが向井理だから、だけど
ヤバい、ああいう人……スキ(´∀`)

僕も、大学時代、大好きな先輩がいて
僕も、悲しくなったり、寂しくなると
広いキャンパスを探しまくり
「〇〇さーーーん」と、甘えに行ったり
携帯のない時代、一晩中電話してたの。

会わなくなった今も
「あの人なら、どうしたか、どう言ったか」
いつも問いかけてる自分がいて。

もう、依存しまくってるんですよね。
ずっと「心に棲みついてる」
彼の中でも、僕は棲みついてないかなぁ。

そういえば、先日、ユーミンと林真理子の
ラジオの対談を聞いてね
低音で、一刀両断するユーミンに対して
まぁ、ちょっと甘ったるい声
(高校時代地方局でDJをしてたら
「声がかわいい」とファンが多くついて、
後援会結成つくろう!
ってなったのに
その人たちが、ラジオ局に見学来た途端
その話は立ち消えに…(o゚∀゚)ブハッ∵∴

矢継ぎ早に、思考直結で喋る林真理子
「自分って」と迷いなく、ぶつける
林真理子
……あぁ、自分みたいだ。
彼女のこと、すごい嫌う人って多いじゃん。
(僕はこんなに面白い人いないと思うんだけど…
大好き!!)

なんか、林真理子のしゃべりを聴いてて
猛省ですよ。せっかちもモテない!

キョドコもダメ、林真理子もダメ
あぁ、もうだったら、どうやって喋ればいいのだ?!


「なに、このドラマ」と不快になる人は
観なきゃいいのに。

むしろ「公共の電波を使って」と怒る人のほうが
お前ごときが、何言ってるの?!wwww

僕は、時に自分を省みながら、
時にイライラしながらも

楽しく観てますよ~。
好感度高く、正義を主張するような主人公
健全な日常を演じてる女優なんて(゚д゚)、ペッ
ドラマなんて(゚д゚)、ペッ

極端でも「誰かの心に棲みつく」人がいい!



いやーTBSと脚本家野木さんのコンビ
裏切らないわーーー。


もはや、連ドラ、そして特に事件モノは
「これって、どっかで観たことあるよ!」
「また、この展開かいっ!」って
同じようなパターンに、飽き飽きとしてくるけど

『アンナチュラル』の場合
「あぁ、こんな風にアレンジしてるのね!」
「この事件を、男vs女の構図に
落とし込むのか!」
って
逆に、新しい発見っていうか。
だてに、原作モノをこなしてきてないな~。

女は感情的になって
ヒステリー起こして、責任転嫁する
」って
吹越満さんが本当にこういう役
憎々しく上手に演じて(本人は、革新的な女性
広田レオナさんと二度も結婚してるのに!)
ミコト!ぎゃふんと言ってやれ!!って
腸煮えくりかえったよ!

(また、ブサイクな温水が同調するのも
さらにムカつき倍!倍!!)
ミコトが反撃する展開のほうが
カタルシスあっただろうけど

なるほどねーーーーそこで中堂さん登場か!
そしてミコトは、コミュニケーション能力を
発揮できる交渉へ。

(これこそ逃げるは恥だが、役に立つ!
この人たちは
「皮をはいだら男も女もただの肉の塊だ」
デスもんね。

目的を達成するためには
本当の意味で感情的にならず
自分の怒りや功績を脇において
法治国家の学問、「法医学」の力を
証明することを優先する
UDIのチーム

(それが、本当の「プライド」だ!)

いや、あんたたち賢い!!!頭いい!!
そしてあんたたちも、あなたたちの仕事も
カッコいい―
―って視聴者に一気に思わせる手腕!

そして、ストーリーは「犯人探し」ではなく
「法医学の仕事」だけに注力している姿勢も
お仕事ドラマとして面白い!!


もうUDIのメンバーみんな好き!!
(坂本役の飯尾さんも!)
「法医学者は、殺しのプロだ!
いつまでも逃げおおせると思うなよ」

烏田検事(吹越さん)
ハイ!ハイ!!!( ´ ▽ ` )ノ
中堂さん(井浦新)に殺されたのは僕です!

「奴はとんでもないものを殺していきました。
あなたの心です

(カリオストロの城の銭形警部風に)
中堂の「クソ!」「バカか!」のあとの
裁判での「感じ悪い」証言に
胸を撃ち抜かれた~。
いや、今回の犯行凶器の場合、恋の矢で
胸を刺された!と言うべきか。
そこんとこ、UDIで調べてくださいっ!


うひっーーー 観ている間
もう、気が抜けない!
っていうか、加齢のせいか
セリフが聞き取りにくいから
集中力ハンパない。
もう音量すごい上げてるんだけど!

『アンナチュラル』

練炭の無理心中かと思いきや
ひとりは謎の冷凍死体
そして、科捜研の沢口靖子は忙しいってことで
現場に出て、調査しだしちゃうミコト。

でも、今まで石原さとみ自身が演じてきたような
木村拓哉が、お家芸としてやってきたような
猪突猛進、正義感で事件を解決するのではなく
「法医解剖医」だから、死因が分かり
「法医解剖医」だから、温泉の塩分、
シカ肉で殺害場所にたどりつき
「法医解剖医」だから、水の成分で
救命信号を特定
ちゃんと「お仕事」ドラマとして面白い!

冷凍車にとじ込められてるのでも
ハラハラしちゃったのに

さらに池にドーーーーン!!!って
もう、奥歯をギリギリ噛みしめながら
観ちゃったよ。


ただ、今回の犠牲者は
生きているうちに、帰る場所もなく
死んでからも身元不明の女の子


先日、西原理恵子さん、岩井志麻子さんが
審査員をやるイベントに行ってきたんですよ。
「東西最狂風俗決定戦」
“地雷系風俗”発祥の店として関東圏に3店舗を
構える「デッドボール」
キャラクター重視の妖怪風俗店として
関西の話題を席巻する
「トリプルレッドカード」
日本中の風俗店から拒否られるような
ギリギリガールズ(高年齢者含め)が
勤めてるこの2店の“人気嬢”たちが集まって
どっちが「ヤバい」か対決するの。


その見た目や中身の個性の破壊力
最初は笑ってたんですよ。
お客さんもイケメンや、なぜか若い女の子も多く
「これって、なんかのサブカルのイベント?」的な。
入店希望者の面接シートの
誰もが思い浮かばないような珍?チン回答
(たとえば、「あなたはSですか?Мですか?」に
「ポエムが好きです。スイート系の」
【エム】繋がりかいっ!)にゲラゲラ笑ったり。
で、ふと周りを見ると…

今回、西原さんと志麻子さんが
席を取ってくれてて、関係者席から
観覧してたのね。
このテーブル、デブの女が多いなぁって。
( ゚д゚)ハッ! この人たちも
お店に勤めてる“嬢”たちかっ!!!

なんかさ、舞台と観客じゃなく
(しかも舞台に上がってる人たちはキャラ立ちすごい)
地続きで繋がっている場所にいると
目の前の地味目のふくよかな人
負のオーラを放った人
この人たちも同じ人間だよなぁ(当たり前)
いや、痛みも悲しみも感じる人間だよ!って。

好きでやってる子もいるだろうけど
逃げてきたり、縁を切られたり
もう戻る街も、家もないのかなぁ、

突き進むだけの片道切符を必死で
にぎりしめてるのかもしれない…
って

ちょっと切なくなっちゃった。

僕も身元不明の不審死で終わるかもしれない。
その時は、窪田正孝くん
解剖されて、僕を見てほしいよ!



木村拓哉ってすごいなぁ。
ファンもアンチも、目が離せない?状態。
とりあえず「初回」は観ちゃうし。
でも、最終回まで観たのって『南極大陸』が最後?

いや、今回もおはしを口で割るのとか
「に・げ・ろ・よ」と声を出さずに
伝えようとする細かな演技

「キムタクぽーーい!」って
ついつい意地悪目線で観ちゃうけど
ハイ、出ました!「うちら」
僕、木村拓哉が(もう役名も失くしていいのに)
警護チームのことを(ほかのドラマでもいっつも)
「こっち側の人間」?「俳優部」「演者チーム」?
「うちらが」って主語で発するのがイヤでイヤで。
あぁ、ハイハイ、「仲間意識」強いんですよね。

自分は、情熱と才能をドラマ作りにかけてる
メンバーのひとり、一部
なんですよってのを
アピールするのが、ウザい。
キムタクは、キムタクでいいんだよ!
いまの時代の数少ない「スター」で。
孤高でも、輝いていればいいのに!

ひとり、真犯人に気づくキムタク!!!
ひとり、別行動して、標的が
犯人に狙われるところに居合わせるキムタク!!

危険を察知すると、並外れた観察力、知力
身体能力
で最善の対処するキムタク!!!

丸腰でのぞんで「あなたたちが銃を出したから
犯人はナイフを出したんだ」と
最後まで性善説を唱えるキムタク!!!
そして石田ゆり子も上川隆也さんも
「こいつ、やるな」と一目を置く存在。
隠しきれない ビバ!キムタクの魅力!
若手の俳優(斎藤工さん、間宮くんも)も
「木村さんは、普段から本当にかっこいい、
スタッフの方への目配せも、すごいし」と
最後はみんな好きになっちゃうのだろうなぁ。

チームでキムタクマンセーになる
『HERO』とかより
スタンドプレイの『眠れる森』や
『ビューティフルライフ』の
キムタクのほうが
個人的に好き
なんですよん。(えっ?僕だけ?)

もうさ、こんなにひとりで大活躍なら
次のドラマは、Xメンみたいに
超能力者の役にしちゃえばいいのに!
その強大な力ゆえの孤独を描けばいいのに!
そしたらさ、「いつものキムタク」って
文句言う人も、「特殊なパワー持ってるから
しようがないよな」って納得するんじゃ?!

( ゚д゚)ハッ! それじゃ『安堂ロイド』か?!
そこに触れちゃ(*´д`)ダメダメ(´д`*)
やっぱり難しいね、王道のスターって。
高倉健さんとか、どうやって乗り越えたんだろ?
時代が良かったのか?!
まぁ、吉永小百合さんはいまだに
(゚∇゚ ;)エッ!? ニノのお母さん役?(祖母じゃなく?)
(゚∇゚ ;)エッ!? 阿部ちゃんが旦那さん?(息子じゃなく?)
(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? また日本アカデミー賞ノミネート?!

それだけ衆目を集めるスターなんだよね~。
あぁ、Aスタジオに出て(テレ朝だから無理か)
鶴瓶さん、キムタクの素晴らしさを説いてあげて!
まぁ、僕はこのドラマ、リタイアするけど…
するんかいっ?!


もうやだ!遅くに家に帰って
フツーの人なら、お風呂に入って寝てますよ!
こんな生活、マゾ的なとこなきゃできないって!

もうやだ!やだ!
さっきチラッてネットを見たら
スゴい叩かれてる!みんな怒ってる(*`Д')
多くの人に賛同されないかもしれない。
視聴率もダダ下がりかもしんない。
でも書かずにいられない!!

す、好きだーーーーヤバい
身近にいたら、絶対好きになってた。

『きみが心に棲みついた』

顔が濃い人が好きだと思われがちなんだけど
好みは、田中圭と、そして向井理!!
そんな彼が演じる星名さん!!
みんなには愛想がいいのに
自分だけには冷酷だったり
負の感情ぶつけてくる人

あぁ、僕にだけは心を開いてるのね
(って、もうそこで、間違ってるんだけど)
そんな人に惹かれて傷ついて。

だって、根は明菜ですよ。
だてに感受性豊かな10代を
明菜に、明菜の歌に、飲み込まれてませんよ。

ただ泣けばいいと思う女と
あなたには、思われたくないわ

もうあなただけに縛られないわ
蒼ざめた孤独選んでも。




あの事件の二日前の出演ですよ。

マッチの7番目の女でも
何千万円か、貸してて、
そのまま返してもらってなくても
聖子とニューヨークで逢引してようと。

もう引き返せない
美しい悪魔に魅入られて愛して
いたぶられるままに
ふりむくだけであなた 罪なオトコ
命燃やして踊ればTangoTango


愛しただけで壊れちゃうんですよ。
もう、ドラマを観ながら
踊って、反り返って、腰を痛めた、と
芳村真理さんに心配されますよ。

って、もう文章も壊れてるけど
(ヒットスタジオを観た人だけわかる)



もうこの動画を観てて
この時の明菜を思い憚るだけで
泣けてきちゃって。

明菜も吉岡里帆ちゃん演じるキョド子並みに
言動が極端だし
「私なんて」って自己評価低いし
メンヘラだったもんな。


って、僕も挙動不審さなら負けませんよ。

共依存?!

彼が、誰かを傷つけることで
自分の存在を見出すのなら
どうぞこの体も、心も差し出しましょう。

そんな若い頃の自分の
苦さと甘さを思い出しながら
どっぷり観ちゃった。


そうね、そうね、いじめとか
パワハラとかモラハラとか厳しい
今の世の中には、
みんなが眉をひそめるドラマかもしれない。

でもね、向井理の冷たい悪魔の眼差しから
逃れたい!
絡め取られたい!!
変わらなきゃ!!
あぁ、恋愛は全然学んでないよ。

飛鳥涼は、この歌を明菜に作っただけでも
素晴らしい!!『予感』




↑このページのトップヘ