妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!

カテゴリ: BOOK

あーー面白かった!
+゚♪。(∀`人●)(★人´∀)。♪゚

『貴族探偵』の原作本!!

テレビドラマを観ていて
アレ?「話」だけは面白いよね?!と
原作本を手にしてみたら一気読み。
このシリーズも、麻耶雄嵩さんて作家さんも
初めて知ったので、月9に感謝だよ(´∀`*)


でも原作クラスタのみなさんが
麻耶先生の世界観、オリジナルを踏襲してて
「この映像化を絶賛の声」って
ネットで見たんだけど
(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? どこが?!
武井咲ちゃんの役、要らんじゃん!
設定や、犯人さえ変わっちゃってるじゃん。

むしろ、脚色で安っぽくってる気が。
ファンのみなさん優しすぎっ!
(僕は『リバース』も微かな希望の光を
見い出す最終回なんて要らんがな
原作通りド―――(゚д゚)―――ン!俺が殺したのか!
で終わらせちゃって良かったのに派
なんで。
成瀬くんと、窃盗犯を演じた牧田哲也くんを
チェックできたのは( ´∀`)bグッ! 


もう炎上商法だけどさ、書いちゃう!
魅力的な登場人物なのに、
主役がクラッシャー!

やっぱり、( 」´0`)」<<へたくそっ!!!
炎上!炎上!
石坂浩二だって、人気がある若手時代
ナレーション学校に通って
発声法を学んだから、いまの『やすらぎの郷』が
あるわけで(高齢者詐欺に富士真奈美さん自殺に
前立腺問題と視聴者全然「やすらげない」展開!)
相葉くんも、武井咲ちゃんも声や
喋り方
をどうにかしようよ~。

って、そういうのを演出家さんや
先輩の俳優さんが教えなきゃいけないんだろうけど
中山美穂も仲間由紀恵も
蓄膿症気味の発声法で参考にならん!
(そもそも、ジャニーズ!オスカー!って
芸能事務所におもねるプロデューサーさんなのか?)
こんな「生ぬるい」声したおかまに
言われたかねぇわいっ!だろうけど

武井さんと福士蒼汰くん(突然とばっちり)
人気先行?事務所ゴリ押し?で
主演ドラマが途切れないけど
人生は長いんだもん。
このままでいいのかおじさん心配よ。


相葉くんは……相葉くんは…
そう考えると松潤って、
東出くんと声質、声の高さが一緒なのに
「棒」に見えないから演技うまいのか?
(と、嵐ファンにおもねるσ(゚∀゚ )オレ)
相葉くんは、グダグダ紅白でも
ほかの嵐のメンバーに優しくフォローされてたけど
それだと、みんなボケ役でもっとグダグダ。
これも彼のあやうい演技を
「御前」って頭下げたら
視聴者は「なんじゃそりゃ!」てなっちゃう。
外野がワーワー言う前に
彼の朗らかなキャラを
「おまえ、なにやっとんねん!」って
突っ込む人がいる役やドラマだといいのに。

相葉くん人気に賭けたんだろうけど
相葉くんじゃなきゃ
もっと多くの人が視聴しただろう
ドラマだったので
(僕は最後まで観る!)

原作は面白かった!!
そのなかの1編『こうもり』なんて
なるほど!!とワクワクしながら
ページを読み返したもん。

麻耶雄嵩さん
『貴族探偵』の続編もだけど
ほかの作品も読んでみよっ!と。




急遽、会社の同世代で集まって
野際さん追悼ランチですよ。
「テレビしか娯楽がなかった時代は
思い出も共有しやすくて
盛り上がるよな~」

でも時代は確実に変わってる訳で。
それにちゃんと順応しているのか?
最近の政治や国際情勢を見てると
違和感ばかりなんですけど(`Д´) !!!

それはそれで
ただでさえ年を取ると
人は面倒くさくなったり
短所ばかり伸びていくから

やっぱり身近な人や職場ではさ
心も体も健やかに
機嫌よい人でいたいよ。

年を取るのって
難しいぃーー(ノ`Д´)ノ

そんな時に友だちのお姉ちゃんから
「読むように」と回ってきた
社会学者の上野千鶴子先生
『情報7days ニュースキャスター』にも
出ている著述家の湯山玲子さんの対談集
『快楽上等!』

最初は、311後に沖縄への移住や原発問題
体制やらのお話で、
難しい話はわからなーーい(๑´ڡ`๑)
(46歳のおじさん)

湯山さんの私って昔から文化的に裕福!
今もリア充って話に
えっ?!どうでもええわいっ!
何でこの本貸してくれたのかなぁ、て
リタイアギリギリでページをめくってたのだ。


それが、ロマンチックへの幻想について
「虫のいいこと、考えるなよだよね、
あなたを全部受け止めてくれるのは
神様か麻原彰晃だけ(笑)」
あたりから
ふたりのボルテージに、ノレてきて
効率」なんて言動
(仕事では大事かもしんないけど)
そうなんだよ、セコいんだよっ!
(昔、会社で「映画は、
ヒット作だけを3倍速で観る」
って人がいて
それで「効率的」って言われても
豊かじゃない!!て思ったもん)
って彼女たちの会話に、
もう頷きながら本に熱中してた!

経験から学ばない人もたくさんいる!
いつも構ってほしくて
悪態ついている人もいる。

でも、それは年齢関係なくで
もしかしたら、僕も成長も向上も
全然してない
のかもしれない。


でもこの本にも何度も出てくる
「予測誤差」って言葉。
自分が予測してたのと
人がしてくることには「誤差」があるから
軋轢も生まれるけど、面白い!

他人が最後の「秘境」
その人と向かい合って
踏み込んでいかなくちゃいけない!

その好奇心があるうちは
老いと向き合って、
年を取っていけるのかなぁ、て
この本を読んで元気をもらえたよ。

自己啓発本は苦手っていうか
読んだことないけど
こんな女性の対談本で
しかも自分で見つけたのではなく
人に薦められた本で
ピカっ!って心に電球がついた!!

これも人生の「予測誤差」なのか。















人の妻を横恋慕したくて
カルト宗教団体に潜入スパイとして
送り込んだ男

その男と生きていきたくて
夫を教団に密告した女

お似合いじゃない?!
西島秀俊さん石田ゆり子。
火曜はみんなクズばっか!
『CRISIS』


雑誌のインタビューで西島さんが
8話は爽快感ありますよって
言ってたけど、( ゚Д゚)ハァ?
7分半のアクションシーンのこと?
演出的にすごいのかもしんないけど
肝心の話に、全然乗れなかったので
「逮捕令状あんのっ?!」
「ただの国家権力の暴力行為じゃん!」て。
カタルシスよりも
むしろ、ラスト、石田ゆり子の頬撫でる
西島さん
その「手、洗って来てください!」
by『あなそれ』の麗華。

なんかドヤ顔で助けてるけど
ラスト、スパイをさせられてた林さん?が
西島さんの腹でも刺さないか
ヒヤヒヤしちゃったよ。

小栗くんが、「閉塞した日本の
ドラマや映画に風穴を開けてやる!」

って気合は分かるけど…それほど…

あぁ、ダメダメ、
ちゃんと行動を起こしてる
若者の応援しなきゃ!!

(ってドラマ観るだけ)

「いつでも難しいほうの道
選んでください


漫画『金の国 水の国』でも
このセリフがズドーンときた。

最近漫画の新刊が出ると
その前の巻がどうやって終わったか
思い出せなくて、
追いかけるのが面倒くさくて
どんな好きな作品でも
「早く完結しないかなぁ」って
『ガラスの仮面』状態。


逆に、短いと
「内容も薄いんじゃ?」って思って
どんだけ勝手な読者なんだ?!

そんなとき、「このマンガがすごい!」で
2017年のオンナ部門1位の
『金の国 水の国』

たった「1巻完結」と知って
手に取って読んだら
あぁ、マンガ、いや、テレビ、映画ってさ
長さじゃない!!

それに、設定、役者、演出とかも大切だけど
なにより
ストーリー
「魅力的な登場人物」が
重要なんだよなぁ
、と
当たり前のことに気づいたよ!!

憎み合う隣国同士を仲裁する神様が
提案したのは

A国は一番美しい娘をB国に嫁にやり
B国は一番賢い若者をA国に婿にやりなさい。

って、おとぎ嫁婿ものがたり。

これはさ、ネタバレにならないから
書くけど、先日観た映画『メッセージ』で
言語学者のヒロインが政府に
「宇宙人の言語を分析してくれ」って
依頼を受けるんだよね。
でも、彼女は現場に行って
面と向かって対話したい

条件をつけて引き受けるの。

最近さ、ネットやテレビでも
政治、国際情勢、芸能を
一方的に「批評」する人が
多いじゃん。

それも、反対意見の人たちを
「全然わかってない、バカだ」
って。
そんなに正しい意見が偉いのか?!
だったら、間違ってても
ちゃんと向き合って
他者を受け容れる人を尊敬するよ。


って、ここまで書いてて
Σ(゚д゚;)他人のこと言えん。
いつも好き勝手書いている
自分を猛省。
偉そうに「批判」してるよ。


人の振り見て我が振り直せ、だね。

このマンガの主人公ふたりも
出会って、対話して、
すれ違う国を、心を
近づけてゆくんだよね~。

さすが、「このマンガがすごい!」1位!!

逆に、戦争とか憲法とか、ニュースとかを
偉そうに「批評する」ような人がいなくなれば
世界は良くなるんじゃない?!

って、そもそも、この手の話題に関しては
"脳内お花畑"なんで、なんも言えねぇや。
(46歳にもなって、社会人失格!!)



『スウィート17モンスター』は
いろんな人が推薦コメントを出していて
「十代のあの頃のイタさが懐かしい」って
いやいや、「あの頃」じゃないでしょ!
「今」だって変わらんよ!!
自意識過剰、さみしさの行方
愛されたい!傷つけずにいられない!!
些細な事に一喜一憂!
果てしない欲望!!

やだ!!46歳になって何一つ変わっていない!

いまの十代のことなんて、ちっとも分からないし
別に若ぶりたいわけじゃなく
(僕は見た目年相応?他人から見たら
老けてるかもしれないし)

ただ、「少女漫画脳」なのかと。

ハッピーエンドの作品をたくさん読んでいるのに
現実は、圧倒的にうまくいかない恋愛の方が多くて
だからいつまで経っても、初恋の人のことや
(初めてヤッた相手は忘れてるのに!!)
片思いや、付き合ったときのことは
事細かに思い出せる。
未だにうまくいかなかった恋の夢を見る。


「普通の人は置いていくのだろう。
色んな記憶を
新しい記憶と交換して
生きていくのだろう」

「結婚したり、子育てしたり
新しく幸せな記憶を増やして
古い記憶は薄れていく」

「私にはそれがなかった
いつまでも生々しく
あの頃の記憶が残っている」


55歳の少女漫画家の世界を描く
これ、フィクションなんだか事実なんだか
稚野鳥子さんの漫画
『月と指先の間』

もう、すんごく面白かったっ!!!!
漫画家って、特殊な舞台だけど
働いている女性、今までの恋愛を
新しい幸せで塗り替えれない女性
そして「少女漫画」好きな人に
読んでもらいたーーいっ!


仕事でいえば、「朝から遅くまで大変だね」
って、職場で言われることも多いんだけど
大学を卒業して、新卒で入った会社の時から
朝から終電までで、正直、定時で帰ったり
その後、習い事だったり、デートだったり
家族との生活だったり、
日々「丁寧な生活」だったりを
いや「普通の生活」さえやったことないから
わからないのだ。

「お給料分働いてるのかなぁ」
「目の前の仕事終わるのかなぁ」
夢も野望もプライドもなく、ただただやってきたら
タイムマシンに乗ってたみたいに
いつのまにか46歳のおじさんになってた。


そして、恋愛
「ツンデレにトキメク女子は2次元だけ。
疲れた働く独身女性には
ツンは必要ないーーーーー!
デレだけでいいーーーー!!
現実はデレ100%でいい…!!!」


この漫画に100万点!!
はらたいらさんに全部!
なんですけど。

駆け引きとかもう要らんもん。
発した言葉に意味はあるのかないのかとか
面倒くさい恋愛手続き省略してくださいな。

っていうか、この漫画の黒月編集長
超好みなんですけど!!!

見た目も!!
僕は彼が濃い顔なので
そういうの好きに見られるんだけど
(岡田准一くんは、あの暗そうで
ストイックな感じが好きなの)
理想は向井理に、時代劇評論家の
春日太一さんですから!!

そんなクールなルックスの人が
慌てふためいたり、言いよどんだり
一生懸命伝えようと言葉を探して
でも、言えなくて、最後はいきなし
腕を取って、引き寄せられて、キス!
「エッ?!なに?」みたいな展開
が好きなんです!
って、あぁ、もう完全に
少女漫画脳。



ドラマ『恋がヘタでも生きてます』の
ヒロインが仕事に、人生に「頑張ってる」のを
観てて、自戒も含めて、
ヌハァ(´Д`)って、いたたまれなくなったのは
もうさ、相手が田中圭なんだから
つべこべ言わずに「抱かれちゃいなよ!」って
思ったのだけでなく

ちょうど、酒井順子さんのエッセイ
『an・anの嘘』を読んでたから。
もう冷や汗。
いや、さすがに、an・anもう読んでないですよ。
(男性タレントが、ヌードグラビアになった時は
深夜の書店で立ち読みするけどさ
←アラフィフのおじさんが怖い)
だって、今のan・anって
「結婚に悩むジャニーズ好きのアラサー
ほどほどに楽しく生きたい」
って
酒井さんの言う通りのイメージなんだもん。

でも、1970年の創刊から、「今」までの
an・anの歴史を読み解くこの本を読んでたら
確かに、an・anに
ハマっていた時代
があった!!
毎週のように買っていた時があった!


an・anお得意の占い特集の「血液型」の号で
林真理子さん、ユーミン、キョンキョン、山田詠美さん
秋元康さん
「好きな男」15連覇のキムタク
それこそ、この著者の酒井順子さん
an・an(に、しょっちゅう出て来る)オーールスターズ
全員O型なことを知り
やだ!O型って「人気者の運命?!僕もじゃん!」なんて
(だったら日本人の3割が人気者('A`))
今思えばトンチンカンな偏見を持ち
いつかan・an誌上で対談をやる!
エッセイを書く!と未来を思い描いてた。


でも、40年以上の誌面を改めて、見ると
「おしゃれ」「個性的」「夜霧のハウスマヌカン」
広尾の「F.O.B CO−OP」の雑貨屋を巡り
「インテリア好きなひとり暮らし」をしながら
林真理子さんと一緒に「ダイエット」
たまにはスッパリ「ショートカット」
「恋愛力を磨いて」「愛され体質になって」
「セックスできれいになって」

たまには「自分を豊かにするひとりH(DVD付き)」
「与えられた運を鍛えて、もっと強くなり」
「江原啓之」
さんの「スピリチュアル・ヒーリング」
「ハッピーオーラを身につけて」
玄関に置いた観葉植物の植木鉢に
「お金が入りますように」と500円玉を置いたり
週末には「カフェでまったり」
気ままな女友達との「女子会」
最新の美容情報をチェックして「アンチエイジング」
でも、やっぱり「丁寧な暮らし」をして
日本文化にも目を向けて、「日本を楽しまなきゃ!」
泣いたり、寂しい夜もあるけど
いつだって「自分らしく」
自分の「欲望に忠実に!」
「センスのいいあたし!!!」

もう、お腹いっぱいだよ!!!

これ以上「頑張らないで!!!」
もう「自分らしく」「自然でいることにさえ」
頑張らなくていいんだよ!!!
an・anを読んできた全ての女性とゲイに言いたい!
過去の自分に、言ってやりたい!!!

あっ、でも、「好きな男・嫌いな男」特集や
男性芸能人脱ぎ特集は、今でも大事に取ってある!


名称未設定 2
名称未設定 1
 

ananの噓
酒井順子
マガジンハウス
2017-03-22




↑このページのトップヘ