妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

カテゴリ: BOOK

好きなものを「好き!」って言い合える
仲間も必要だけど
“親友”や“パートナー”と言える人には
どちらかというと
お互いの「好き」は尊重するけど
「許せないことや、その境界線」が
似てたり、分かり合える人がいい。

いざ!ここぞ!ってときに
他人にお金や時間、愛情や友情を
出し惜しみして、心がケチくさい人とか
たとえば、会社で、下請けの会社や
警備員さん、清掃のおばさんとかに
「まるで、目に映ってないか」のように
挨拶とかしない人とか、
あとね、これは、だからこそ、
心を分かち合える人にしか言えないんだけど
僕は「善人」がダメ。
自分の人生や日常では「良かった探し」をするけど
人のことを疑わず、長所(うわべの社会性)しか
見ないような
「いい人」はダメなの!!
羨ましいのかなぁ?!
僕はゲイだったり、性悪だったり
他人は自分の鏡?自分がいけないのか?
他の人にはいい顔したり媚びへつらう人が
僕には、牙をむいてきたり、
ナメた態度取ってきたり

このブログだって、アンチや
頭のおかしな人が、メッセージとか
何度も何度も送ってきたりしてたし。

あーーーー、こんなネガティブなことを
書いてるのは、もうね、すごい!すごい!!!
ページをめくってるのか?
この暗黒世界に引きずり込まれてるのか?!


何度か書いてるけど
清水玲子さんの『秘密』
Season0になって、
もうドンドン人間の闇と悪が
研ぎ澄まされ取る!!!


小学校で起きた不幸な事故
そして、その被害者の父親が起こした事件

「かわいそうな子どもたちを
トラウマや精神的な苦痛から守ろう」と
「正しく、優しい、善き大人たち」は
動き出すんだけど。


ぎゃーーーー(((( ;゚д゚)))
怖くて、でも止まらない!!!

何が正義か分からないし
僕が「正しい」と信じてることを
ほかの人の視点や言動に
押し付けちゃいけないけど

やはり、僕は心が狭い!!
あっ、これはもうダメだ!
こいつは近寄っちゃいけん!
って人は
世の中にたくさんいると思うし
もうそこは線を引いてつき合ったり、断線。
そっから、いいとこ探しも敗者復活戦もない。


だって、このマンガのように
死後、脳を切り開かれたとき
自分が見ていた景色は美しく、
自分が「面白い!!」と
思えてたものがいい!!!


このマンガもそのひとつだよ!!!









いやー、木村拓哉はスゴい!
これは決して嫌味じゃなく
飛行機内で観た『マスカレード・ホテル』
出だしの捜査会議に遅刻
仕事に熱いあまりに
「なんでですか!!」
パイプ椅子を蹴り上げて。
待ってました!
(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ ザ!キムタク劇場!!

「なんなんですか!あの人は!」
最初は反感を抱いていたヒロイン
長澤まさみも、周囲の人も
彼の類まれなる才能に惹かれ始め。

いや、本当すごい!!
普通なら20代、30代半ばのような
青くさい正義漢と熱いキャラ
ヒロインより背の低い姿

最後は、キムタクかっこいいねと
納得させちゃうヒーローっぷり!

あの人は、
やっぱり平成のトップスターだや。

あぁ、そうそう機内での映画としては
こんなの観るより
メリッサ・マッカーシーが
有名人の手紙を偽造しながら
ゲイのおじさんと
辛らつな友情を築いていく作家を演じ
アカデミー主演女優賞候補にもなった

『ある女流作家の罪と罰』
めちゃくちゃ面白かった!!!
前回機内で観た『ロスト・マネー』や
Blu-rayで観た『LOVE、サイモン』といい
20世紀フォックスさん
本当に面白い作品を日本でも劇場公開してよー!

そして飛行機の中で一気読みしたのが
東宝の映画プロデューサーさんの
川村元気さんが執筆した恋愛小説
『四月になれば彼女は』

エ、エエ、エモい!!!

僕はこの言葉が出た時
ハテ?どういう意味?
どういう時に使うの?
って
まったくもってわけわからんちんだったけど
初めてこのワードを心の底から
叫べる、
エモいいぃ!!!

いや、世界から猫が消えたり億男とか
あんまり触手が動かなかったし
ちょっと意識高い系の人かと

勝手に色眼鏡。
けど、阿川佐和子さんとの対談番組を観たら
先人をすごいリスペクトしてるし
何よりも仕事への真摯な考えに

この人スゴい!!
(偏見持っちゃダメですね)
初めて、読んでみることにしたのだ。

学生時代の彼女の名前が
カタカナで「ハル」
そして、主人公が結婚を控えたある日
そんな彼女から突然のエアメールが届く
ってのに
「うわっ!自分を主人公に投影した
男(作家)のメルヘン炸裂なのか?!」

最初はゾワってしたんだけど
読んでいくうちに
過去と現在を行き交う話なのに
なぜか、まだ来ていない
失われていく未来の方を思って、
せつない。

どんなに、心を通わしても
いつか離れていくふたり。
あんな風に、一瞬が永遠に刻まれるような
恋はもうできないよね、と
若さが懐かしく、胸が痛むけど

エッ?!まだ、僕はまだ誰かに
「愛されること」を
諦めきれてないのか?!
愛されたいのか?!

こんな汚いゲイのおっさんなのに!
いや、いや、もう傷つくのは勘弁!
恋愛なんて、もうできないってば!!


この12カ月に渡るラブストーリーを
読みながら、
一人、心が行ったり来たり
逡巡している自分が、
エモい!!キモい!!!

そしたら、ええエエーーー
今や日本で一番の映画プロデューサーの
川村元気さん!!!
なんと僕と同じ高校出身じゃないか!!!
(ウィキペディア調べなので、真偽は不明)

今話題のお浜さんの暴露本の「M」こと松浦さん
LDHの社長のHIROさん!
(高校の最寄駅の電車の発着メロディーは
だから、EXILEなのだ)
我が高校は、エンタメでの
プロデューサー能力が養われるのか?!


四月になれば彼女は (文春文庫)
川村 元気
文藝春秋
2019-07-10




アジェンダ、デフォルト、アサイン
エビデンス、ローンチ、ITリテラシー

もうね、みんなが何言ってるか
わかんない!。゚ヽ(゚´Д`゚)ノ


それこそ、リスケも分かんなかったもんね!
ニッポン素晴らしい!!って礼賛するなら
日本語使おうよ~。

仕事が多いことより、
理解できなくて、役に立たないことのほうが

ツラい。

「あの人って、地頭悪いよね~。
要領得てないよね~( *´艸`)´艸`)クスクス

と影で笑われるタイプですよ、僕は。
要点を抑えて、頭の回転も速く
「なんで、みんな、
こんなに時間がかかるのかなぁ?
オレって器用貧乏なんだよな」て側

行きたかった。
スマートに立ち回りたかった。
受験勉強だって、朝5時に起きてコツコツと。
就職活動だって、100社近く回ってた。
友情だって、黙ってて人が集まるタイプじゃない。
恋愛なんて、誰かに愛されたことない!
なんだって、傾向と対策を練って、
作為と悪意が交差して、

ようやくやっと、人様に追いつける。


だから、今のように、
あぁ、やっぱり自分ってダメなんだ!
限界だーー
って時に思い出すのが
もう完結してしまった『君に届け』

このマンガのことこのブログで書いていたのって
もう12年も前だ!!
その頃は、風早くんと爽子の恋愛に
ドギマギしてたけど
少女漫画ヒロイン無双
両想いになって、友だちにも恵まれ

高校生活をエンジョイして
いたるところで、「好き…」ってキスしてる
ふたりには、
もはや興味ナッシング!!
(高校時代の恋人と結婚する人なんて
一握りだよーーー!!!
でも、それはそれですごい)

後半は、いつも人のせいにして
「本気を出してこなかった」矢野ちん

「もう誰かに甘えるのはイヤなの!
自分の力で本気で頑張ってみたいの」

自分の夢である東京の難関大学受験を決め
「頑張ったやつは、頑張った記憶の分だけ
後悔があるんだよ!
まちがったって、ちゃんと後悔して
次に生かせ!!」と叱咤激励する担任教師に
告白する18歳の女子高生の姿に
48歳のおじさんが
ジー―ンと胸を打たれてますよ。

そして、風早に片思いしてたのに
爽子とうまくいったのが悔しくて
イジワルする敵キャラのくるみちゃん。
そんな彼女もまた、教育大学目指して
「ムリめだから、越えたいの。
認めたいの、自分を」

「わたしには、無理しなきゃ
出来ないことなんて、いっぱいあるの!」

と邁進する18歳の女子高生の姿に、
またもや48歳のおじさん、胸がド――ン!!
そうなんだよ!なんでもできる人には
ありのままで生きていける人には
わかんないんだよ!!

て。今さら、まだ頑張らなきゃいけないのか?!
何に頑張るのか?オレ?

きっと、いまの時代には
「もっとアウトソーシングしなきゃ」
「費用対効果が悪い」
「結果をコミットしてない」
「人生のプライオリティができってない」
って
ますますバカにされるんだろうなぁ。

もちろん、そんな言葉を使う人は
うちの職場にはいなくて

だからこそ、みんなの役に立ちたい!
そんな生活幸せなの?!って聞かれても
もう幸せがなにかわからない。

そして、12年前に書いたことが
我ながら、昨日の日記か?!って見紛うほど
いまの自分、成長がない!!


あぁ('A`|||)
本当伸びしろがない人生なり!




中学時代、陸上部で
110Mハードルの選手だったんだけど
普段走る時も、奥歯を噛んで
加速装置!
ってやってました。

親戚が歯科医で、親子で
通ってるんだけど
母が行ったときに、僕のことを
「ストレスがあるんじゃないか?
寝てる時に、奥歯を噛んでいるらしく
傷ついてる」と言ってたらしく
本人に直接じゃないところが、
またなんか('д` ;)
「歯」って民度が
一番分かるから大切にしなきゃ。

やばい、話がそれた!
明日までの開催だから
誰かひとりにでも届けなきゃ、と
急いで書きますが


世田谷文学館でやっている
生誕80周年記念
「萬画家 石ノ森章太郎展」へ。

IMG_7609

ずっと気になってたんだけど
会社の友だちとそのお姉ちゃんが行ったのを
聞いて「6月末まで?」と
ギリギリセーフ!!

僕は、本当、小学校のそれも低学年
漢字を覚えだしてすぐに買い始めたマンガが
「鉄腕アトム」「スケバン刑事」
「はいからさんが通る」

そして「サイボーグ009」なのだ!!
(40年経った今も全巻まだ手元にある!)

IMG_7601
(スタンプラリーも!)

初恋の相手は、はいからさんの伊集院忍なんだけど
009の島村ジョーと004のハインリヒ
そう、混血児や体を機械にされた
男が見せる「影」「哀しみ」
幼心ながら、胸が痺れまくりですよ!

初潮?第二次性徴もはじまってないこの時期に
ドパーミンがあふれだしてた。
(銀河鉄道999の化石の戦士にも!)
オダギリジョーを観たとき
ぜひ!009を!!と念じてたもん。

それから幾年月
ホテルとか日本経済入門描いてるなら
009を完結させてくれ!!と願いも叶わず
巨星墜つ

そして、今回展覧会でまず目にした
「仮面ライダー」の原画!!
なんて美しい色彩!
今の時代のポスターとかにしてもいいくらいの
カッコいいデザイン!!
えっ?!こんなにオシャレだったの?!
仮面ライダー!!

そして、なにより、絵がうまい!!
とにかくうまい!!

実はこの後ヨガに行こうかなぁ、なんて
思ってたけど、展示されたマンガに見入っちゃって
読み込んじゃって、すごい時間が経ってた!

なにより、手塚治虫先生を筆頭に
当時の漫画家さんのメッセージ性
(反戦だったり、権力への反旗、
そして平和への希求)

一枚の白い紙から読み手に向かってくる
パワーが半端ないんだもん。

すごい消耗しちゃって、
館内にある喫茶店で、甘いもの食べて
体力、精神力補給したもん。
あっ、そうだ、展覧会内で唯一撮影できる
石ノ森先生の上京したてのころの仕事部屋
写真撮ってなかったなぁ
、と。
でも、そんなの僕じゃない!!
(レモンタルトで復活!!)
再入場して、知らない人に撮ってもらいましたよ。
しかも、「良かったら使ってください」という
白髪のパーマかつらとサングラスの
石ノ森章太郎先生扮装グッズを身に着けるのを
待ってもらって(′∀`)

IMG_7604

実家にある009読み直さなきゃ!
そして、原画を今読み直すと
009たちの友情を腐女子目線で見てしまう。
「黒い幽霊団(ブラックゴースト)」との
最後の闘いで
009を助けに宇宙空間に追いかけてきた002
力尽きて大気圏へ突入
「いつまでも一緒だ」と
ふたりで抱き合いながら、
流れ星になっていく姿
尊い」と涙。

「愛は一瞬でも、だからこそ尊い
そして一瞬は、永遠にもできる」

神話篇での神様との戦いで
「あとはどんな力を持ってるんだ?」
「あ、あとは勇気だけだ」
いま、この年になるとそんなシンプルな言葉にも
ぐぐぐぅ、と突き刺さる。


マンガ家になるのを父親に反対されて
それでも描き続ける章太郎少年に
お姉ちゃん(若い時に亡くなってたのね!)の言葉
「なんでもマンガの主人公にできる」
「そうよ、あなたは、
あなたの“世界”の造物主」


石ノ森章太郎さんが亡くなっても
彼が作った世界は、永遠になるのだなぁ
と実感。

本当、明日までなので、お近くの人はぜひ!!





種田さん(向井理)いないかなぁーー!!

僕のリアルな仕事現場は
定時なんかで帰れない!
過渡期ということもあり
みんながいっぱいいっぱいのなか
一緒に働いてくれてる部下?が
突然激痛にうずくまり救急車で運ばれ
その人の分まで働いてたら
「(僕が)フォローしちゃうから
人手不足やオーバーフローの
根本的な問題があぶりだされない」

文句を言われ?( ゚Д゚)ハァ?
だったら、この仕事が期限までに終わらなかった
責任、あんたが取ってくれんの?!


そして、別の人間には
「この部署の“長”があんただから
このワークフローはうまくいかない」

八つ当たりされ、( ゚Д゚)ハァ?
あんたの上司に、言うべき相手に
文句言いなよ!!!

男(強い奴)には言えないくせに。
そもそもちゃんと朝から来て働く奴だけ
文句言う権利はあんだよ!
偉そうに御託並べるだけの奴って
ネットに書き込んでるのと一緒じゃん。


もうね、「あいつにこんなこと言われた!」て
局長、いや、実は社長にまでチクりましたよ。
ネガティブキャンペーン拡散!

(立場より、感情が先立つおかま舐めんな!)

まぁ、でも「貴重な意見ありがとうございます」
「的を得ているだけに、ムカついたんだ」
って、しおらしく反省もしましたよ職場では。
同情買うために!


でも、家に帰れば
自分の非は棚にあげて
「ふざけんじゃねぇ!!!
デス・ノートどこだ!?
「一人が思うのは主観的な殺人だけど
10人に『シネ!』と思われるような奴は
頭が吹っ飛ぶシステムになればいいのに!」

(僕が一番に吹っ飛んだり('д` ;))

いや、これ以上ここには書けないような
攻撃的な言葉も、
受け止めてくれて
聞き流してくれて
たとえ世の中的には間違ってたとしても
「お前は悪くないよ」と
言ってくれる人
そばにいたい。

それが僕にとっての「結婚」
「いい夫婦」だと思うのだが
いや、少なくとも、個人的に
僕は、彼にそれを求めてて

「俺について来い的なヤンキー感とか
君を守って幸せにするよ的な王子様感とか
俺のことを見ててくれ的なヒーロー感とか
ないけど」
「相手をよく見てよく聞いて
より添ってくれるし
労ってくれるし
言葉だけじゃなくちゃんと動いてくれるし」
「店員さんとかに横柄じゃないし」

そんな彼が好きで必要だった。
そしてこれは
マンガ『1122』での
旦那への妻からの褒め言葉なんだけど
このマンガと同じように
「信頼や敬意や理解や思いやりは
いっときのドーパミンどばどばや
性欲の盛り上がりよりも大切だって
思ってたんだけど」

そう、信じ込もうとしてたけど
甘かった!!

このマンガの旦那おとやんも
(そして僕の彼も)
恋をしてるのです!!!

そして、この妻いちこちゃんは
仕事の忙しさや、性生活の面倒くささから
(僕は、ゲイという負い目から)
公認してたんだけど
やっぱり、人は自分が可愛いのか
おろそかにされたくないのか
アアーーーーーーーーヽ(#`Д´)ノ

これTBSの火曜22時で
ドラマ化すればいいんじゃない?!


もうね、おとやんの恋愛相手が
(彼女も既婚、そして多動性気味の子ども)
また、うわーーわかる!怖っ!って感じでww
今までの僕の生活範囲の中にもいたけど
こういう女性って、自分の感情のためには
過去も女友だちも社会的通念やルールも
平気で捨てていけそうな強さと怖さが
近寄りがたいんだよね。

でも、そんな彼女が、おとやんに別れを切り出され
だったら他の人とセックスなんか
しないでほしい
と取った行動は
「おとやん、ザマぁ!!!!」って。

もちろんヒロインでもあるいちこも
おとやんが優しいことをいいことに
感情がダダ漏れで
相手を追い詰めるような
言い方が、きついし
(我が身に重ねて反省)
自分の母親(またいい感じで重苦しい!!)にも
イライラと冷たい態度をとるし

何よりも、お金で若い男を買っちゃうし!!
(でも、僕もあのお店行きたい!!
礼くんに相手してもらいたい!!)

とにかく面白い!!!
これ、結婚してるとか、子どもいるとか
うちは仲良いとか、セックスレスとか
関係なしに、
大切な誰かとどう向き合っていくか
自分は、好きなのか?
ノックアウトされて崩れ落ちるのか?
そもそも勝ち負けなのか?

今ハマりまくってる漫画のうちの一冊です。



1122(1) (モーニング KC)
渡辺 ペコ
講談社
2017-05-23




↑このページのトップヘ