妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

カテゴリ: BOOK

飲み会の会費を集めるときとか
お釣りを返す時に
「お札の向きをそろえない人って
なんなんですかねぇ」
って
言ってる人、それに賛同してる人がいて

……(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
50年近く生きてきて
そんなこと一度たりとも考えたことない。

1000円札が今誰なのか、
それさえも答えられないのに('д` ;)
僕が知らぬうちに
(`ε´)ムカーってしてた人いるんだろうなぁ。


僕は職場の椅子を出しっぱなし
もうなんだったら、助走がついて
変な場所に滑って行ってもそのまんま。
通るのに、邪魔だよ!(゚Д゚)ゴルァ!!て
イライラしてた人いるだろうし

あとプリントを投げるように
誰かの机に置くこと

怒られたことは何度もあるなぁ。

てか、そんな小さな行動より
余計なこと言うし、
マジデリカシーだし
by牧
人間性に問題あって
知らず知らずのうちに、相手を傷つけたり

アギャ!('д` ;)
他人の気持ち考え出すと動けなくなるーーー。
って、そこで余計なことは何もしない
距離を置くとかすればいいんだけど
だったら、早く信頼関係築いて
何しても許される存在になろう!
って
思うとこが、僕のまた図々しさ。
でも、そのためには、相手との距離感を
ちゃんと測っていかねばならず。

実際に会っていると、その人の目の輝きや翳り
表情で察することできるけど

身近な人でもメールやSNSの文字だけだと
言葉が厳しく読めたり、
言葉足らずだったり。


ヒャーーーーーー(((( ;゚д゚)))
袖木麻子さんの小説
『ナイルパーチの女子会』

自分がずっと読んでいるブログや
チェックしている有名人のインスタ

「その人の世界」
その人を取り巻く環境も含めて
親近感や憧れを抱いて
全部わかったつもりで
「この人と気が合う!」って思ったが最後

こんなに好きなのに
あなたのためを思って、と
自分の気持ちを押しつけ
どんどん行動は暴走していき

「ごめんなさい、ごめんなさい
もうメールはしません」って
でも、ゼッタイにやめない。
自分が悪いとなんて思わない。
「どうして?なんで?」
いつも自分が可哀想な被害者
しまいには「私の時間と想いを返せ!」と逆ギレ。

もうめちゃくちゃ怖くて、
って、それは自分もどこかで
(それこそネットだけじゃなく
リアルな人間関係でも)
間違えてるんじゃないか?
って怖さ。

それこそ、彼とかに
「僕のこの気持ちって一方通行?!
想いの押し付けかな?」って
確認しちゃったよ。

(いや、その必死の形相に、相手も
「大丈夫、そ、そんなことないよ」って
言わざるを得なかったのかもしれないけど)

人と分かり合えることなんてできないし
ちょっとしたボタンのかけちがいで
疎遠になる人もいるし

でも、そこで妄想力と想像力を
フル活用して、意思疎通していかなきゃ!

肝に命じたのだ。



途中からだけど、『音楽の日』
久々に、ひっさびさに
音楽番組を観たよ。
たとえ口パクでも、声が加工されても
若い女の子たちが
一生懸命に踊っている姿に
心打たれ(年取った証拠)
フミヤ、カールスモーキー石井さん
石川さゆりさん、ポルノとかって
歌うまいんだなぁ、て(当たり前)
プロってすごい!!!

元々、バラエティというか
Mー1など漫才とかネタ出し番組って
ほとんど観ないので
芸人さんたちの実力やネタ作りの
苦悩って測り知れないんだけど

好きな芸人さんは、出川と松村邦洋
男として好きなのは
オードリーの若林とケンコバと
東野幸治

そして、お笑いのプロとしてすごいなぁ、と
思ってるのは
南海キャンディーズの山ちゃん。

そんな彼が、「天才ではない自分」が
自ら退路を絶って
ただひたすらストイックに
笑いを追求した半自叙伝?
『天才はあきらめた』
もう、発売と同時に
書店に駆けていきましたよ。

僕は、やっぱり「笑い」のことは
分からないけど

自分が「何者」でもなく
「面白くない」ことは
イヤッてほど、自覚してて
身につまされた~。

ただ、僕はリアクションはいいんですよ。
(って、他人の自慢話や関心がないと
すぐに、つまらない顔するのも含めて)
誰かが悪口、愚痴、噂話をすると
すんごい嬉しくて、笑い転げるので
みんながネガティブなことを
喜んで喋ってくるんだと思う。
でも、自分から「面白い」こと
みんなを楽しませたりすること
実は、あまり、
いや
全然発してない!


カータンとか歌ちゃんツレちゃんとか
一緒にいると幸せになるくらい
面白い天才といるときは

もうね、自分の空っぽさを直視したくなくて
「僕は、いまバラエティ番組に
番宣のために出ている女優!女優!!」

なにも喋らなくていい、いるだけでいい!
にこやかに笑ってるだけでいい!
て現実逃避。


それと、売れなかったり、
吉本の社員やテレビ局の人、芸能人に
見下され、相手にされなかったり
その恨み節をノートに書き留め

いつか見返してやる!って
劣等感をガソリンにして、
エンジンフルスロットルで
走り続けた山ちゃんが、
尊くて

もう、最後、読みながら泣けて泣けて。

ネガティブ界の星(スター)だよ!!

僕も12歳から35年間
毎日毎日、日記を書き続けてるんですよ。
もうね、ほとんどが、人の悪口や恨み節。
沸点が低いのか、すぐにイライラするんだけど
そういうのはすぐに忘れる。
でも、何度もイヤなことしてくる人には
もう、一切、心も開きませんし
許しませんからね。

それこそ、昔の日記を読み返して
仕打ちを思い出して、再確認するもん。

執念深いと思われて結構!上等!
(もちろん、仕事をしてるときは
笑顔で接しているよ。私情は挟まない。
でも、一生、信じない)
けど、そんな人たちをいつかひれ伏せさせてやる!
誰にも、なにも言わせない!!
そんな存在感になってやる!

働け!相手が羨むほど笑え!
いつもポジティブに生きてやれ!

って、もうね、冥王星くらいの
ネガティブさが、
僕を前に押し出すパワーに
なってるのだ。


僕とは、次元が全然違うけど
クズのようなエピソードを書いてる山ちゃんが
全然クズに見えなくて。
人との出会いの運がいい、と話す山ちゃんに
ある人が、「運もあるかもしれない。
ただ、自分の道を一生懸命に走っていると
人はそこに引き寄せられていくものだ」
と。

。・゚(゚`Д)゙。・゚(゚`Д)゙

一読者に、お笑いもわからない素人に
言われたくないだろうけど

山ちゃん、天才!!!

大切なことなので、二度書くけど

ネガティブ界の星!!


天才はあきらめた (朝日文庫)
山里亮太
朝日新聞出版
2018-07-06






石原慎太郎や明菜が
目をパチパチやるたびに

「愛されてなかったのかなぁ」
同業者(の他人)を「お母さん」「ママ」
「お姉ちゃん」「兄貴」
「家族」「ファミリー」って呼ぶ人って

(韓国の「義兄弟」と橋田寿賀子一派と
黒柳徹子は抜かす)
実際の家族や親子関係に恵まれなかったのかなぁ?

って、偏見にまみれたことを
すぐに思っちゃうから、いけない。
もう本当に、愚かな偏見です!!!
僕だけじゃなく、サスペンスの映画やテレビも
連続殺人犯は、小さい頃親に虐待されてたり
実際の事件でも、ニュースは
そんなことばかり強調したり。


いやいや、そういう人もいるかもしれないけど
むしろ、誰よりも「はぐれ刑事人情派」だったり
天然で、愛されキャラになる人もいるんだ!


ゲイの世界や、ネットで有名だった
歌ちゃん(そしてパートナーのツレちゃん)
カータンのおかげで、知り合いになって
仲良くなって、まだまだ話し足りないことは
いっぱいだけど、
生身の歌ちゃんと出会ってから
読み直したのです!


今秋の映画化にも向けて
再構成、描き直して、
6月30日に発売された
『新版 母さんがどんなに僕を嫌いでも』

でも、正直、いま実際に歌ちゃんと接してて
この本の中で、苦しんでた「たいちゃん」
いまの歌ちゃんが、結びつかないの。
それはどっかで、まだ僕が「虐待を受けた人は
どんなに明るく振舞っても瞳の奥が暗い」
とか
勝手なイメージを抱いてるせいかもしれない。
いや、いつも歌ちゃん(とツレちゃん)といると
お腹を抱えて笑うことばかりだから

真剣な話をしたことがないせいかもしれないけど
(( ゚д゚)ハッ! 僕はどんな友だちとも
マジ話ってしたことない!僕のせいか!)

目の前や、LINEの先の歌ちゃんは
いつも面白くて、優しくて、
毒があって、華があって。

もうずっと光の中を
歩いてきたスター
のようで。

改めて、今回「新版」を読んで
歌ちゃんの半生を見て
あぁ、この人は、
光を浴びたんじゃなくて

自分で光り輝いてきた人なんだ!って。
歌ちゃんは出会ってきた人が
「人生を変える機会をくれた」と
感謝してるけど
歌ちゃんが、光り輝こうとしたから
みんなも寄ってきて、
そして離れていかないんだろうな。

(僕もそのひとり)

どんな環境にいても、
どんなに長い間苦しんでも、

サバイバルはできる!

(歌ちゃんみたいな、強さと
頭の回転の良さは特別だし
そう簡単なことじゃないだろうけど)
多くの人にこの本が届けばいいのに!

アッ!歌ちゃん、あとがきで
身近な人のこと「家族」とか呼んでるよ!

このブログの最初の文章は
歌ちゃんをディスってる訳じゃありません。

まだまだ、出会ったばかりだけど
遠い親戚くらいになるよう
歌ちゃんとツレちゃんと
ずっと仲良くしていたい!!

みなさんもぜひぜひ読んでください!!
ステマじゃないよ!
幸せへの布教だよ!





そして新刊も出るらしい!

歌川 たいじ
KADOKAWA
2018-08-30




中年
自分と身近な人以外の
中年ダイキライ!!www

ファンクラブにまで入ったコン・ユの
『トッケビ』にあんまりハマれないのは
39歳(正確には鬼なので939歳)の
コン・ユの恋する相手が女子高生だから!


木村拓哉の主演ドラマが
視聴率悪ければいいのにぃ!って
ついつい思ってしまうのは、
彼がいまだ真っ直ぐで才能あふれる
“若者”だから。


そんなスターたちでさえそうなのに
「いまだに、ときめきたい!モテたい!」って
花咲かせようとしてる女性は
造花感ハンパないし

恋愛現役の人たちを見ても
「この人たち、若いとき
全然経験してこなかったから
いま狂い咲き?


安室のライブでツインテールや
赤いつなぎでコスプレしてるアラフォーが
振り返るたびに「マジかよ、うげぇ(*`Д')」

「若いってよく言われるぅ」って
自慢気に話してる人

若い子たちが思い描いている
「40代」や「アラフィフ」は
不死鳥コンサートをやった
あの美空ひばりのような
「昭和の51歳」と較べてるのであって
あなたは
「いまの年齢相応です」
Tシャツ着てみんさい!
人間ドックで検診着になってみな!
ヨレヨレやん!!
お葬式で喪服着てみれば
白髪染めの茶髪は目立つし
もう年バレバレやん!!

なんだよ芸人みたいに
「まだ若手ですから」って
40歳過ぎても、責任負いたくないだけじゃん!


って、毒まみれになってしまうのは
そう、僕自身が、誰よりも
「自分だけは、そこらの凡百の
中年とは違うのだ!」
って
どこかで思っているから。
「いや、いや、昭和の人間なんで」
「もう、おじさんですから」って
ちゃんと自覚してる大人ですよって顔しながら

「まだまだチヤホヤされたい!」って
自意識がダダ漏れしてないか怖いの。

そんなとき、同族嫌悪?
いまの中年みんなが「若いでしょ」って
あぁ、もうバレバレやん!!
見たくないよ!そんな恥ずかしい(己の)姿!
気づかせないで!

だから中年キライ!!!

そんな我が身が痛い痛い!!
でも、タイや足つぼマッサージのように
それが気持ちいい!!!

だって、もうこの世代の一体感?!
楽しいんだもん!


酒井順子さんの

『中年だって生きている』

自虐も含めて、ある!ある!ある!!
by関口宏のクイズ100人に聞きました

わかる!わかる!わかる!のオンパレード
読んでて、面白かった!!!

「かわいい」と言い続け
大人になっても小女性を育み続ける行為は
喫煙行為のようなものだ。
タバコは喫煙者にとっては嗜好品だが
非喫煙者にとっては迷惑以外の何物でもありません。
同じように中年の少女性も
ときめいたりするのに重要であっても
他人から見ると「気持ち悪い」
たとえばキャラTなどを着て外に出てしまったら
人込みの中で喫煙するのと同じ。
昨今、喫煙者だって、
限られた喫煙スペースにおいてのみ。
中年の「かわいい」も
他の人の視界に入らないところでのみすれば、
迷惑にならないのではないか。

ってのに、もう大納得!!!

先日、ワールドカップの
日本vsコロンビア戦
仕事が終わって電車に乗り込んだのが11時過ぎ。
青いユニフォームを着た若者たちが
「うぇい!」って言いながら、車内で
知らない者同士ハイタッチをしてました。


渋谷駅につくと、スクランブル交差点目指して
次々に、降りていく後ろ姿を
「あぁ、若者たちよ、楽しんできなさい。
はじけるのも、バカやるのも若さの特権」って
母性?のように、優しく見送ったのでした。


そのとき、あぁ、僕は「若者でもなんでもない」
(当たり前)
中年真っ盛り!
それでも、生きている!!





月のスマホ容量が10GB超えちゃう!
ゲームもしないし、動画も見ないのに!

詳しい人に見てもらったら、
LINEで「どうしてそんな容量使うんですか?」
あ、あんたΣ(´д`;)それ論文書いてるの?
て、ビックリされるほど
僕と友だちのLINEの文字量
凄いんですよ。
そして、テレビやネットで
パトロールした整形証拠写真のやりとり。
スタンプで済ますLINEの意味ねえ。

あとね、インスタ大好き!(47歳のおじさん)
1日見てられる!(47歳のおじさんの日常)
インスタは「自分の人生ステキ」の
一点張りで、変な主張や思想が入ってこないから。
っていうか、世界中の男優、男性モデルしか
フォローしてないからエロ本感覚?

(っていうか、インスタで‘しねえよ!’)

ネットのニュースや画像や動画を
友だちに送りまくり

ドラマや映画の他の人の感想を見て
自分が好きな作品にいちゃもんつけてる人に
バカ!バーカ!お前の理解力がねえんだよ!
と不幸の念を送る

本当、ダメなネット依存症。

そんなときに『ペンタゴン・ペーパーズ』を観て
触発され、そしてドラマ化されたことを知り
その配役(竹野内豊と上戸彩、松重豊さんら)で
想像しながら読んだ
『ミッドナイト・ジャーナル』

7年前の女児誘拐殺人事件
大誤報を出してしまった新聞記者。
そして、再び起こった類似事件
「今度こそ犠牲者は出さない!」と
真実を追い求める彼らのリベンジ!

ごめんなさい!ごめんなさい!
もう、出所の分からないニュース
匿名の罵詈雑言に心揺れません!
もう好き勝手にブログなんて書きません!

と、しばらく(って数日か!)
ネットから遠ざかってしまった!
(その間に、渋谷すばるは関ジャニ脱退してるし!
ホンモノの記者はセクハラだなんだと騒がれてるし
わがプリンセスA子さまは、なんだか
すごーーく、ふくよかになられてるし!)

今も書いてていいのかどうか
(少なくともA子さんネタは禁止だろ!)

実際に現場へ足を運んで
関係者に会って
取材する記者の姿猛省ですよ。
たとえそれが誤報だったとしても
被害者はじめ誰かを傷つけたとしても
ネットに匿名で、好きな時間に
批評して、都合悪くなったら
文字さえ消して逃げる素人より
締め切り時間があって、
印刷したら、もうその責任から
逃れられない記者の一字一字は
どんだけ重いんだ!?

飲食、睡眠も忘れて
(ネットの整形パトロールも休んで)
白目になって
ガラスの仮面の北島マヤ状態で
徹夜で一気読みしたよ!

でも、新聞記者の人は
飲食も、睡眠も削って
時には、徹夜や、寝る間も惜しんで
事件を追っているのか?!
ヒャーーー、ε=ε=(;´Д`)

それだけじゃなく
出世競争に、縄張り争い
他紙とのスクープ合戦!!!
警察との駆け引きに、忖度!
もういろんな人の思惑、野望。

仕事柄、「記者」と接するのですが
彼らを改めて尊敬。
少しでもお役に立てるよう
ちゃんと働かなきゃだ。


あっ、でも、すでに某女性歌手の
SNSと違う激太り画像を探し
自分が「つまんねえ!」と思った作品を
絶賛しているのを見つけ
「どこがおもしろいんだ?
提灯記事め!」と吐いてる
心の汚さ!心の狭さ!ネットの毒まみれ。

そしてブログを通常運転で買いとるがな!

ゴールデンウィークの読書におススメ!




↑このページのトップヘ