妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

カテゴリ: BOOK

以前、叱責を受けた人
プツンと切れてしまって
そのまま消えちゃったことがあったんだけど
その言った(叱責した)方の本人が
「そんな傷つけてしまったのか…
横で聞いていてどう思いました?」
て。
「へっ?」
「へっ?って、そのとき
いたじゃないですかー!」

「エッ?!アレ?
ただ、なんかまくしたててるなぁ、って
アレのせいだったの?!」

「そうですよね、聞いた相手が悪かったです」
そしたら、その場にいたほかのメンツも
どさくさにまぎれて
僕のことをメンタルモンスター
畜生だから、心が折れる人の
気持ちなんて分からないよねー」
って。

まぁ、そう言われても
なんとも思わないけど。

白血病、RHマイナスの血液型
眼帯、低血圧、病院からの遅刻や早退
心配事があって、食べ物が喉を通らない。
眠ることができない、

そんな「ガラス細工の心」
どんなに憧れたことか!!

(実際、苦しんでる人ごめんなさい)
そして、社会に出て、アレ?アレレ?
なんで、みんなそんなに繊細なの?!
いや、僕だって、ヨガのクラスで
みんなが瞑想している時に、遅刻してきて
ガサゴソずっとやってる人とか
こっちの心が安静できねえよ!
図太いなぁ、信じられない!とか
思いますよ。
落ち込んだり、叫びたくもなるし。

まぁ、人に何言われようが
「うるせーよ!バーカ!!」
おめえのために、病んだり
髪の毛が抜けたりなんて
ゼッタイ、したくねえよ!!と
今日も日記(デス・ノート)に、死ね!と
書いたら、バタンキューで眠れますよ。

もう、それは中学生の頃から。
やっぱり、思春期当時は
ゲイであることに、不安で、不満で
でも、愛想笑いや自虐にしてたら
どうでもよくなっちゃった。


そこで、ちゃんと己のアイデンティティや
性癖や人生に向き合う人が

傷ついたり、心も折れたりしても
ちゃんとレベルアップ?
人生のステージが上がって
いくんだなぁ
、って。
もうね、年齢で言ったら、20歳くらい下なのかな?
もちぎさん
啓蒙本や意識高い系の本は苦手なんだけど
そんな本よりも、もうね、
ゲイ風俗で「売り専」として働いていた
もちぎさんが生い立ちやゲイ業界に生きる人を
描いた『ゲイ風俗のもちぎさん』
こりゃ、多くの人に支持されて読まれるや!!
壮絶な半生なのに、なぜか
パオ―――ンって、戦国時代のほら貝を
奏でたくなるような、
(これはあくまでも僕の読後感)
人生立ち向かっていくしかない!て
愛の賛歌のエッセイマンガですよ。

って、この本と僕のメンタルは関係ないか。

いや、最初に書いてた話には、続きがあって。
その叱られて、消えちゃった男性。
普段「怖いんです。〇〇さん(僕)
狙われてるようで、怖い

って言ってたんだって!!

え、え、ええええーーΣ(`□´/)/
まださ、僕が「かっこいいですね」とか
褒めたたえたり(そういうのもダダ漏れで言う)
それなりにモーションかけてたりしてた人に
そう思われてたんだったら
セクハラで訴えられても致し方なし!だけどさ!
あぁ、夜中とか、職場にふたりきりで
残ってる時に、しゃべりかけてたのとか
苦痛だったのか?襲われるのでは?と怖かったのか?


僕の場合、ゲイはゲイでも「加害者」のゲイだよ!

「まったく興味ありません!」と否定したいけど
もう、彼はいない。





早くも来月新刊が出るらしい!


あたいと他の愛
もちぎ
文藝春秋
2019-11-14

ね、眠い…('д` ;)
現実逃避なのか?!
先月の台風15号のときも爆睡してる間に
通過してたし

311の東日本大震災のときも
徒歩帰宅のせいか?家に着いた途端バタンキュー
いや、災害じゃないけど
実は、父親が死んだときも、病院から
家に戻ってベッドに入り
翌朝、弔問にきた近所の人たちの
大きな泣き声で「な、なにごと?≡゚д゚)エッ!?」と。
それまで一度も目を覚まさなかったのだ。

(どんだけ、無神経?!)

まぁ、昨日、終電に間に合わなかったので
今朝、早く起きて、実家に帰ってきたのだ。
電車、まったく人が乗ってなかった。

(当たり前か)
前回、うちの町内は、停電になったので
いざってときは、おっさんずラブの
応援上映時に買ったペンライトを振ろうか
、と。

お風呂にも入り、夜ご飯も早く食べ
小さい頃の紅白歌合戦への準備をする大晦日みたい。
まぁ、今夜が、首都壊滅の「イブ」に
ならなきゃいいけど。


でも、自然を前に、日本の(人間の)
鉄道や道路、インフレはいとも脆く。

(平日だったら、どうなってたの?!)
こんな僕でも、
ニュースを見ているだけで
ちょっと気分が沈む。

だからといって、NHK以外の
バラエティも観る気が起きず。


なにをしてたかっていうと
マンガ、しかも
『闇金ウシジマくん』という
超ダークな作品を、
一気読みしてたという…。

僕は気分を上げたいのか?落ち込みたいのか?
(ただ最終巻が借り出し中で
まだ未読!!完結できてない!!)

もう大好きなマンガで読み続けてたんだけど
『洗脳くん』編で、ちょっと心が侵食されてしまい
(モデルにもなってる北九州監禁事件が
事件モノが好きな僕でも、受け付けなくて)
「あぁ、連載が終わってしまったのに…」って
思いつつ、続きが読めなくなっており、
『ヤクザくん』編の33巻から、
やっとやっと再開!
いや、暴力団とか半グレまでいくと
自分とはちょっと世界がかけ離れすぎてて

(この先、どうなるかわからないけど)
耳を削ぎ落されようが
腕を切り落とされようが
死体が捨てられようが
「きゃっ!」で済む。

(まぁ、50歳前のおじさんが
ベッドに寝ころびながら、マンガ読んで
「きゃっ!」って叫んでるのもいかがなものか)

でも、意識高すぎたり、虚栄心が強すぎたり
頭が悪かったり、性に依存したり

身分不相応な欲望に流されるままに
お金をウシジマくんに借りる市井の人々
そこはリアルすぎて、怖いよ――。
僕、恋愛のいざこざで殺傷事件を起こす人より
自分より弱い人にいちゃもんつけて
クレーマーになったり、オラオラってすごんだり

歩きスマホにムカつくのはわかるけど
(あの歩きスマホや電車でも寄りかかってきて、
人に迷惑かけておいて、接触すると
チッて舌打ちする人が本当にムカつく!!)
体当たりしてくる人や
新しい男のために、子供が虐待受けてても
見て見ぬふりする人、
自分のために、子供を売る人

(アメリカでもデミ・ムーアが、自分の母親の
借金のカタに男に売られたことを
告白して話題になってるけど
前夫の性癖をバラしたのは、そこまで
注目を浴び続けていたいのか、と
浜崎あゆみみたいでイヤ!!)
ちょっとしたこと(?)で踏み外す人が
そして、そのラインが越えやすいがゆえに
罪悪感を抱いてないのが、怖い!!!

この年齢になると、人の美しさ
シワやシミがないとか、肌にツヤがあるとか
顎が頬骨が出てるとかじゃなく

(今週の週刊文春の林真理子さんの「整形」の
エッセイが面白かった!!
真理子さんとぜひ語りたい!)
「品性」だよなぁ、って。

この台風のせいか、事務所が「総出」で
圧力をかけているのか
テレビではまったく報道されないけど

木下優樹菜さん、
そして彼女を理想のママタレとして
憧れる人とかにも怖さを感じちゃう。
(インスタやSNSって、
どんなにお金や、ブランド、キャリアを身につけても
そういう「品のあるなし」って、ダダ漏れるから
芸能人はしないほうがいいのに!KKK親娘も!)

「品性」って、大切!!
「品性」が、自分をあっち側(ボーダー)に
踏みとどまらせるもの、
お金より、そっちを持ってたい!

まぁ、整形と悪口、噂話ばかりしてる僕は
「品性」とは程遠いけど。


服役したり、エグイことしまくりの
ウシジマくんには、なぜか「品」を感じるから
男惚れしてしまうのだ!!













すげぇ!!韓国!!!

嫌韓のみなさん、ご安心ください。
この「すげぇ」は、リスペクトとか
礼賛の「すげぇ」じゃなくて
82年生まれ、その主人公のお母さんって
いったら、うちの親より年下の50年代生まれとかの
女性だよね。その頃の人でも、
こんなにまで「男性至上主義」の
すげぇ世界を生きてたのか!!


いやいや、時代とか関係ない
82年生まれのキム・ジヨンも
いやいやいや、それこそ国とか国籍とか
まったく関係ない!!

これ、「今」を生きてる
日本の、世界中の
全女性に当てはまるよ!


もうね、韓国は嫌い!とか
そういうアンチ精神を今は置いといて
とにかく読んで!!
そして、旦那さんに!彼氏に!兄弟に
息子に読ませてーーー!!


『82年生まれ、キム・ジヨン』

ただ、正直、もうひとつの「すげぇ」
こういう動きに、韓国やほかの国の女性は
「#me too」も含めて立ち上がっていくけど
日本の女性って、そういう声を挙げることや
アクティビストに距離を置くし

(そして、政治家になる女性は
なぜか、男の中の紅一点
いくつになってもマドンナ、〇〇ちゃんって
呼ばれたがるような人ばかり!!)
そして、独身vs既婚vs子持ち
働く女性vs専業主婦

と、女性同士の対立の構図にするだけなんだもん。
もうね、本当、そういうのは置いといて!

とにかく読んで!!
「これは私だ!」
「なんで、私は“女”ってだけで
傷つかなきゃいけないんだ!
我慢しなくちゃいけないんだ!!」

でも、「これが社会」と声を殺してた過去が
記憶がよみがえり、叫びたくなるから。

いや、もっと叫んでいいから!!

(でも、こういうときに、
「私は、こんな目に遭わなかった」とか
「イヤな思いをしてない」とか言う女性が
出てくるのも事実。でも、それに安住して
後輩の権利を奪い、道を切り開いて
若い人につなげていかなかったのも罪!


かくいう僕も「加害者」です!
少し前に、僕の部署に、若い社員を入れようと
採用試験で、男女ひとりずつ面接したんですよ。
そのときね、
「毎日、夜遅い仕事だしなぁ」
「結婚されちゃってもなぁ」
「派遣で来てた女性たちは、
あのおじさんにセクハラされて
揉めるしなぁ」

個人のキャリアや技能とは関係なく
「男性」の方を選んでしまったの。

もちろん、ほかの人の意見も聞いたけど
「女性」だと起こりうる事案を念頭に
「男性」を選んでしまったの。

「男性」だとしても、いろんな問題は起こるのに!!
そのセクハラするおじさんのほうを
なんとかしなきゃいけないのに!!

猛省!!!

この本を読んで、もうね
ギャー―(*`Д')と叫んだよ!
僕は、わかったふりの「加害者」だ!!
ゲイの「マイノリティ」って旗をふりつつ
今までも、これからも「女性」の
悲しみもツラさもわかんない!!
肩代わりは出来ない!

だから、女性は教えて!伝えて!!!
叫んで!!
(男は叫ばなくても気づいて推し量って
もらえるのに、って不公平はとりあえず置いておいて)

コン・ユがこれを原作とした映画に出ると知って
書店にあって気にはなっていたけど
読んでなかったこの本を
やっと手にすることができたんだけど
(『トガニ』という映画を企画して、
福祉施設の子供たちへの
性的虐待を明らかにして、法律まで制定。
コン・ユのこういう社会的問題を訴える姿勢が好き!



一人でも、この本に
興味を持ってくれたらうれしい!

<後日>
僕は里親として、アフリカのケニアの女の子を
支援してるんだけど
その機関から、国際ガールズデーに向けて
世界の、教育を受けられない、人身売買
虐待を受けてる
女の子たちをサポートする
寄付のお願いがきたのね。

もうさ、この本を読んでたから
ポーンと振り込みましたよ!!偽善者だとしても!
そしたらさ、金ピカ先生に、福岡翼さんの訃報が続き
ぎゃぁー!孤独な老後、頼りになあるのはお金!!

僕は、なんであんなに寄付してしまったのだ?!
遠くの女の子より、自分じゃね?!と
地団駄を踏んでしまった!

やっぱり、僕は器が小さく(おちょこ)
サイテーな男ですよ!!



多部未華子ちゃん結婚おめでとう!
元カレの結婚報道があったから
「どうなの?!」
と思ってた矢先だから
本当良かった!

僕は、そういう面で(あらゆる面でも)
本当、イヤな一般大衆なので
S町が結婚すれば
エッ!?今後、I森やRは
7子と共演NG?!
音楽PのK林さんが、MラバのAさんと
HとYさんの件で離婚したときは
やーい因果応報!!!って
M下さんがガッツポーズしてないかなぁ、
そんなことをずっと考えてます。

もう女優大好き!
トーク番組があれば
どんな発言するのか?!
雑誌のインタビューも隅から隅まで読んじゃう。

そんななか、ずっと好きだった女優さん
常盤貴子さんが、エッセイを出したのだ
『まばたきのおもひで』

って、常盤さんも
僕のこんな下世話な前振りの後に
本を紹介されたくないだろうけど。


いやーー、やっぱり好きだ!!
多部ちゃんや戸田恵梨香さんはじめ、
朝ドラヒロイン経験者
それこそ宮崎あおいや綾瀬はるかのような
大河まで!!アラサー女優は
群雄割拠!錚々たるメンバーじゃないですか。

でも、彼女たちが「ヤンキー上がり」臭を
醸し出してるなら
(全員じゃないよ!
それに、本当にそうだったかは知らん)
いまのアラフィフ女優は
「スケバン上がり」
っていうか
もっと肝が据わってる感じ
誉め言葉!!なんですよ)
まぁ、年齢や経験を踏んでるゆえか。
岩下志麻さんや三田佳子先生とかまで行くと
「極妻(覚せい剤の母)あがり」だもんね。

でも、このエッセイを読んで
常盤貴子さん、逆に、
こんな普通で

(といっても、全然スペシャルだけど)
眠っていた脳を覚醒させたり
大切なことにこだわったり
新しいことに拒否反応を示したり
それでも、受け入れたり
チャレンジする勇気を奮い立たせり、
好奇心を抱いたり

もう、目をパチクリ、パチクリ
まばたきシャッター
美しい世界を、留めようとしてるんだ!
て。
なにより、「まばたきシャッター」!!
僕も、遠い国の美しい景色を見たり
好きな人が服を脱ぎだしたりwww
この瞬間、閉じ込めておきたい!ってなると
「まばたきシャッター!まばたきシャッター!」て
連写してるので、同じ言葉を使って
同じように生きてる人がいるんだ!!

って、すごく嬉しくなっちゃった!!

あとね、映画、小説、言葉やしぐさ
食べ物や場所、音やにおい
自分の好きなもの、嫌いなものを
手帳や日記にメモしたり、宣言したりして
よく「そんなに好き嫌いがあるね」って
言われるんだけど
そしたら、常盤さんが、自分の好き嫌いを
明確にすることによって

自分の輪郭をハッキリ浮かび上がらせる
ことを
エッセイで書いてて、
そうなの!そうなの!!って
やっぱり、大好きだ、常盤さん!!

その感受性が、若々しさや、美しさ
女優としての姿を形作っているなら

僕も「まばたきシャッター」
ずっと押し続けていこう!っと。

まばたきのおもひで
常盤 貴子
講談社
2019-09-28




よく「会社なんて、代わりは
いくらでもいるんだよ」
って、人は言うけど
それは仕事の場だけじゃなく
家族も友だちも、社会全部もそうじゃない?!
大概の人が
「この人じゃなきゃダメ」じゃないし
「世界に一つだけの花」とか
どこにも咲いてない
と思うのです。

いや、それは人の命なんて価値がない、とか
人生諦めてる訳じゃなく

僕は、「必要とされる側」の方の
人間じゃないからこそ

(自分が好きな相手には
愛されない現世!)
いてもいなくてもいい存在だからこそ
SNSで躍起に自己承認欲求を満たすのも
わかるし
(このブログがまさにソレ!)
何かに所属していたくて、
少しでも誰かと繋がっていたくて

働くし、自分から友だちにも声をかけ続けるし
むしろ、迷った時や落ち込んだ時は
僕がここで、ウジウジしてたって
誰も気にも留めねえよ!
大したことじゃないよ!
乗り越えていく力にしとる。
(まぁ、そう言って、細かいことに
モヤモヤして、1日過ぎたりもあるけど)

でも、『凪のお暇』とか読んだり
(時々、ドラマは観たり)してると
世の中の人って、そういう空気を読んだり
感情を押し殺したりする自分を
自己嫌悪に陥ったり

家族や恋愛、人との距離感を測りかねたり
模索してるんだなぁ
、って。
誰もあんたのことなんて、そこまで
気にしちゃいねえよ!

自分に何期待してるの?!って思っちゃう僕が
一番、人として、アレなんだけど。


そんなときは、
歌ちゃん、ツレちゃんですよ!!

以前、中学生の女の子が
「有名ブロガーになりたい!」って言った時に
「ハァ?なれねえよ!」って僕は一蹴した
ダメな大人ですよ。

それを聞いた歌ちゃんは
「なれない、とか、できない、とか絶対言わない!」
可能性をつぶすようなことは、
言わない!
と。
歌ちゃん、尊い!!

それは、実際、家庭でいろいろあったり
同性愛者だったり、そんないろんなことも

(もしかしたら、ネガティブな要因も)
全て、自分の手でハンドルを握って
人生を突き進んできた歌ちゃん
だから

(時には、声高に叫ぶから、逆風も強かっただろうに)
どんな人にも「可能性」や「希望」を
伝えていけるんだろうなぁ。

そして、多くの人が集まって来るんだろうなぁ。
歌ちゃんのそばにいると
こんな僕でも、「世界に一つだけの花」として
咲いていけるのかもしれない。

いや、どうせだったら、店先に並ぶ
カラーとか百合とか、スッと美しい花がいい。
(図々しいか)

そんな歌ちゃんが、描き手さんとして
デビュー10周年を記念して
ぎゅっとまとめた
『ゲイです、ほぼ夫婦です』
本として出ました!!

僕は、いつもツレちゃんに、
「頭イカれてる!」って言ってるから
(最高の褒め言葉なのだが)
いい加減、共演NGを
出されるかもしれない。

いや、それは絶対イヤ!
ツレちゃんは「会いたい!」と
思わせる、絶対無二の存在!
そう、「代わりがいない」人なのがすごい!!

そんな二人の抱腹絶倒
試行錯誤の日々を、ぜひ読んでみて!





↑このページのトップヘ