妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!

カテゴリ: ブログ

おぉ(゚ロ゚屮)屮
お弁当とお茶で捕まったか!
彼女は僕の監視リストに入ってたのに!

そのことはこちらに。

昔から学校で、今は会社で
頭のおかしな人に近寄られるたびに
「もう、やだ!!」って
ブーブー文句言ってるけど
僕の方が興味津々なのか!

それから、もうずっと
妄想特急が止まらない!

仲の良い友だちに
暴走して送りまくりですよ。
ノンストップ!!止まらない!!
ブログに書くには、悪意があるか?!
いや、愛だろ、愛っ!

あぁ、なんかブログを書くのが怖くて。

たとえば、海外旅行の帰りの飛行機
日本の地に着いた途端に
スマホやケータイを立ち上げる人
いるじゃないですか?
オイ、オイ、危篤の親戚でいるんですか?
機上の数時間で
あんたにどうしても連絡取りたい人や
知りたいニュースなんてないだろうが!
この依存症!!
っていじわるな視線を
送ってたイヤな人間ですよ。


でもね、睡眠の本で
「NGワード」にもなってる
眠る直前までベッドでスマホ
ヾ(゙ε゙*)ヾ(*゙ε゙*)ヾ(*゙ε゙)ノハイ ハイ ハイ!
僕ですよ。LINEにtwitter
インスタに、まとめサイトに、
サイゾーウーマンにアサジョ
依存症かもしれない。
しかも距離感がわからん。


不倫、有名人の死、事務所独立
スポーツや将棋
それにリアクションする芸能人や
匿名の書き込みやツイート、
絶賛評に、擁護に、アンチ
そして炎上!

みんなそれぞれ思うことはあるだろうけど
自分とは違う意見への
「おまえはひどい!老害!
空気を読めてない!痛い!」的な
やりとり、
よく「自分が正しい」って
善人面して書けるよなぁ、って。

( ゚д゚)ハッ! それってこのブログも
僕も、自分では「違う!」と思っていても
他人から見たら「そうなんじゃね?」って。

(掲示板的な場所でコメントとか
したこと、しようと思うことは
いっさいないけどさ)

いや、僕、友達へのLINEは
ヒドイですよ。もうね「人間失格」のオンパレード

でもさ、結婚式を挙げようが
自分の誕生日を祝おうが

(紀香ってば!とは思うけど)
いいじゃん!!!
逆に家族でTDL行こうがいいじゃん!
もう遺族がなにしようがいいじゃん!

(僕なんて父親が死んだ1週間後に
エアもホテルも予約してたから
彼と東欧に行っちゃったよ)
彼のブログも松居一代のブログも見ちゃうけど
(ただ、自分の家族や友人に不幸があって
悲しみを癒すため、なにかしてなきゃ
耐えられないと言われても
横でバシャバシャ自撮りされたり
「いま子どもといるところ撮って」と
スマホを渡されたら、そのまま
遠くに投げ捨てそうだけど)

もうさ、国中が自粛しなきゃいけないのか?
皇室かよっ!!!
なんかさ、ネットで自由を表現できるのに
どんどん粛清、自主規制、
忖度の世界
じゃんかっ!

大竹まことの言葉なんて
なんで咬みつくのかが分からん!!
もう、これじゃ、
♪言いたいことも言えないこんな世の中じゃ
POISON♪

今さらながら反町の時代が来ちゃったじゃん。

みなさん、ゲイってマイノリティだから
リベラルなんでしょ?て思いがちだけど
(アメリカとかで差別反対!!って
パレードとかしてるから)
いやいやいや、ネットの世界で
僕が一番驚いたのって
(勝手な偏見だった!)
すごいね、保守、アベちゃん(阿部寛でなく)
大好きな人も多いんですよ。

「雄っぱいむさぼり合おうぜ!」
(雄っぱい=隆起した胸筋)
「こちら場所あり、便所にしてくれていいぜ!」
なんてツイートのすぐあとに
極端な右寄りな政治発言、
憲法や軍拡の主張を繰り返してる人がいると

この人は、徴兵制を復活させたいのか?
(ドキっ!男だらけの軍隊生活!)
自分のテポドン発射させたいのか(オヤジギャグ)
頭クラクラするほど、分からなくなる。

なんかさ、ネットって
その人の知りたくなかったオピニオンや思想を
知ることになって、ちょっと困惑。

これがSNS疲れってやつか?

って、その割にいまもすごい勢いで
ブログを書いてるんだけど。

(わが人生、今日も反省の色なし!)

もう「やすらぎの郷」の暴走っぷりを
いろいろ書きたかったのに!

八千草薫が演じる姫を
「天使なのか?ボケ始めたのか」と
書いちゃうユーモア
倉本先生みたいに、自分のフィールドで
自分の言葉で毒もクスリも描けちゃうのって
やっぱり「言葉のプロ」は違うなぁ。



盛岡から急いで帰ってきたのは
面白くて人気のブログ
♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です
歌川さんのお家に訪問するカータン一家に
紛れてついて行くため。
だって、歌川さんって
おもてなしや、お料理すごいんだもん!
これ、ポテトサラダですよ



カータンがその時のことを
もうブログにアップしてますが
僕は、人見知りもしない代わりに
人の話はあんまり聞かない
他人に相談されても、よくわかんない。
会って数回の人にはすごい失礼な人間。
それに、長年の友だちも職場の人も
僕とはシリアスな話ってしたことないんじゃ?
だって、中身が薄っぺらいから、できないの。 てへ。

そうよね、ゲイの人って、
毒舌で下ネタばかり
言ってるんでしょ!
って
イメージがあると思うんだけど
そんなことない!思慮深い人も多いし

今回さ、歌川さんの長年のパートナー
ツレちゃん
同世代の男性で見た目も中身も
こんなに可愛くて
純粋な人いるんだ?!
ってビックリ。
歌川さんが、テレビを観ながら
自分とは違うタイプの芸能人をいい!とか
言ってると、「それって、別れの合図?!」
悲しくなっちゃうそうで。
なんて、可愛いの!!(*'∀'人)

僕なんて、彼が「あの女優いいなぁ」って
言った途端に「整形だよ!鼻なんて
横から見てごらんよ!シリコンプラテーゼ!」

と、ご丁寧にスマホですぐに画像検索して
ビフォーアフター見せるし
(その前に、常日頃から、整形ポリス発動で
スクショしたりテレビの画面映して
彼とカータンに画像送ってるけど)

「あぁ、あの人、ヤクザと
クスリ打ちながらヤッてるて噂だよ!」

「お前の情報どっからだよ!」
「サ○ゾー○ーマンだよ!(`Д´) 」
そんな会話何十回したことか。
それこそ呆れられて別れの予感(;´Д`)

「女に生まれてれば」
「美人だったら」と
究極の「タラレバ」で生きてきたけど
今回、歌川さんとツレちゃんのカップルを見てたら
男とか女とかLGBTとか関係なく
お互い尊重しあって、
愛し合ってる人はいるんだなぁと。

ゲイの理想郷
歌川さん&ツレちゃん宅は
♪愛の国ガンダーラ
素晴らしいユートピア♪
ですよ。
♪どうしたら行けるのだろう
教えてほしい♪
あまりにも遠い遥かな世界。・゚(゚`Д)゙

そして、カータン夫婦。
いつも楽しいことに向けて
まっしぐらなカータンだけど
彼女の一番の幸せは、
あんなに素敵な旦那さんと
出会えたことだと思う!
カータンのことを
「この人が生きてくれてたらいい」
「輝いていてもらいたい」
って⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾ 
僕がそんな言葉もらえるのって、来来来世?
どんだけ徳を積めばいいの?
修行すればいいの?

帰り道、僕より「不幸な」女友だちに
「僕たち、どこで間違えたんだろ?
誰かと恋して、ハッピーエンドに
なりたかっただけなのに!
お金も権力も名声も要らないのに!」

嘆きのLINE。
って、その友だちと高校1年から
30年ずっとこんなやりとりしてることが
一番の不幸の要因の気もするけど('д` ;)

お互いの彼や旦那に傷つけられた言動は
逐一報告しあってるもん。

その中で、僕なんて以前彼とケンカした時
売り言葉に買い言葉で
「いてもいなくても、俺の人生は
まったく影響ない!変わらない
って
言われたことは、
すごく根に持ってて (`Д´) ムキー!
もし、老後、一緒にいることあったら
塩分多めにしてやる!とか
寝たきりになった時に
床ずれ直してやんない!って
ふつふつとアオイホノオを燃やしてるもん。

相手を信じきれてない。
いや、相手への自分の気持ちを一番信じてない。

「自信のない僕をひたすら信じて
好きでいてくれる相手」
『逃げ恥』の原作漫画でも書かれてたけど
それこそ自分に都合のいい話か。
ううん、どんなに傷つけあっても
わがまま言っても、それでも

「お前を必要としてるんだ!
お前じゃなきゃダメなんだ!」

言われたいんだもん。
あぁ、10代のカータンの長女の相談なんて
のれないほど、恋愛レベル低っ!


彼といると、寂しさも、憎しみも
悲しみもいくらでも出てくる。
底が見えない。

けど、こんなどうでもいい感情を
全てぶつけられるのは
彼しかいないから
今は小出恵介くん関連のネタを
LINEに投下する日々。

「いつか別れる。
でもそれは今日ではない」


↑このタイトルに惹かれて、本を買ったけど
恋愛や感情が高度すぎて、よく分からなかったwww
パクリ疑惑とかいろいろあるらしく
紀伊国屋書店ですごい陳列されてていいのか?!






真夜中のTSUTAYAで
「やった!!やっと『あなそれ』の
5巻がある!」と指を伸ばした矢先に
隣から伸びた女性の手に奪われた。

(#`皿´) ムキーーーー! 最後の一冊だったのに!
でも、90年代ならそっから
男と女のラブゲームが始まるアブナイ予感。

本当に、人との出会いって
なにから始まるかわからない。

いつでもチャンスの前髪をつかめるかどうか。
僕は、積極的にいかないタイプです。
あっ!手を出すより、
お尻を突き出すのは早い!

(やんわり下ネタ)

あれは世紀が変わる頃?今から17年も前?!
女友だちに頼まれて、彼女が名付けた「マリリン」なんて
おかまキャラで(キャラじゃないか!)
ネットでドラマの感想を書くバイトをしてたんですよ。

読んでくれてる人の中には
「仲良くなりましょう!」
「会いましょう!」って
メッセージをくれる人もいて。


いやーー、正直
ムリッ((`д゚★))三((☆゚д´))ムリッ
見知らぬ人怖いし!

会って実は「あなたって、つまらないのね」
「薄っぺらいのね」ってバレれのイヤ!!

何より、どうしてどうしてからばっかなの?!
そんなんだったら「リアル」する必要ないし!
「ファンです!」って男に、
「だったら部屋を取ってるんだけど」と
セクハラ三昧できるならまだしも!(犯罪)
こちとらお尻を突き出したいんだよ!

そんな中、「今度アメリカから帰国するときに
You会おうよ!!」
って
こちらが反論する間もなく
すごい勢いで約束を取り付けてくる女性がいて。
「だから海外に住んでいる女は
押しが強いんだよ!
んもぉーーーΣ(′Д`ll
と困りつつも
僕も寂しい心に隙間があったときなのか
アラララ、アラララと
なぜか葛西臨海水族館で待ち合わせした(´∀`*)
ハーフで美人の娘さんと息子さんを連れて来てて
みんなで、観覧車に乗って。
どんな組み合わせだよっ!!
すごい盛り上がって、また会う約束して
そっから10年以上。


そんな彼女Jちゃんは、ジャニーズの追っかけで
多いときは年に何度もジャニコンや舞台を観に
日本に来るの(航空会社勤務ってのもあり)
ジャニオタのディープな飲み会に参加させてもらったり
舞台後、出待ちを何度もしたり
百人以上もいる女性ファンの中で
おじさん一人目立つ!目立つ!!
お目当のジャニタレくんが声をかけてくるんだよね。
今、思えばそれにあやかろうと利用されてたのか?!

平日は仕事で、時間を合わせられなくて
「あっ!今回はムリ!」って断っても
諦めずに、誘ってくれて
ときには、深夜の飛行機で帰る彼女を
見送るためだけに羽田空港に駆けつけたり。

たった一日のコンサートや観劇のためだけに
二泊三日とかで日本に飛んで来る彼女の
バイタリティに、すごい元気をもらったり、

アメリカで暮らすまでの(暮らしてからの)
波乱万丈な人生にビックリしたり
でも、やっぱりそういう「濃い」人は
影も強くなるのかなぁ。

体にも影ができて、
そして、すごいスピードで
昨日「亡くなった」と連絡が。

よくわかんないんだよね。
アメリカまで、お葬式に行きますって訳にもいかないし
1年に1回会うか会わないかで
それさえも断ったり
闘病中もメールの回数減ってしまったし。

学校や職場や、地域とか属してるものが
一緒だった訳ではないし
ただただ、彼女は僕がブログで書く内容だけで
僕を見つけてくれて、
声をかけてくれて。

ブログをやってなきゃ、交差することもない人生で。
でも、一緒に笑ったり、影響受けたり。
悲しい、寂しいと同じくらい、不思議


みなさん、ありがとうございます。
こんな見も知らない怪しいゲイのブログを
読みに来てくださって。
もしかしたら、いつも読んでくれてた人が
もうこの世にいないかしれない。
そして、僕も確実に年は取ってるし。

これから誰かに出会って、仲良くなっても
それは終わりの始まり
っていうか。
たとえ死じゃなくても、
いつか失う人になるんだよなぁ。

そのとき、なるべく後悔しないようにしよう、っと。
好きな人とは、少しでも続いていこう!



眞子様もご婚約!!!
職場で叫んだら、なんと阿川佐和子さんまで!
瞬時に、檀さん、大和田さん、檀さん!
吉川アナウンサーの呼び声と
紅組キャプテン中田喜子さんの心配顔が
目に浮かんでしまいましたよ。

気性の激しい父親と因果なことに
その血を濃く受け継いで、
カッとなったり、イライラしたり
イラチな性格の自分の全てを
認めてもらいたくて

地味ではあるけれど、情緒の安定した
相手を選んだ
という
週刊文春の阿川さんの特別寄稿を読んで
もうすごい分かる!!分かる!!と。

僕の父は、すぐにリーダーシップを取りたがり
会社の同僚や若い人たちを
すぐに家に連れてくるわ
それこそ、小さい頃の家族旅行には
必ず、職場の誰かが一緒に同行してた('д` ;)
今思えば、彼らは、苦痛じゃなかったのかなぁ。
先輩?上司の命令で、休日も連れ回され。
僕は苦痛でした。
そんな父の友人知人の前でも
「息子」を演じなきゃいけなかったから。

だから、今の彼は、父と正反対。
出不精だし、人付き合い嫌いだし
気を遣ったりするのが苦手で、
でも逆に気を遣わなくて放っておいていい。

(でもあまりにも僕に関心がないときは
(#`皿´) ムキーーーー!て僕がなるんですけどね!)
そして、いつも、穏やかな人。

まぁ、うちの父も怒鳴ったりは
記憶にはないけど。
僕、声を荒げる人イヤだもん。

先日のGWアフリカ旅行の帰りの飛行機で
離陸時に、近くの席の女性が
「寒い…」と、連れの男性にCAさんに
「もう一枚毛布をもらうよう」
お願いしてたんですよ。
僕は、寒いなら、自分で頼めばいいじゃん!って
そこでもうカチンとしたんだけど(心が狭い)
年もすごい離れてるし「親娘かな?」
まぁ、髪もちょっとロン毛にしてるし
若ぶってる男性だから、親娘仲いいのかなぁ?って。
ありゃ?(つд⊂)ゴシゴシ
毛布の下で指輪をはめた手を繋いでる!
年の離れた夫婦かっ!!Σ(´д`;)

まぁ、忙しい時に、毛布を頼まれたCAさん
なかなかやってこなかったんですよ。
そして、別の若いCAさんに頼み直したら
すぐにもう一枚の毛布が届き。

そしたら、そのおっさん、
最初に頼んだCAさんを見つけるやいなや
向かって「おい、お前みたいな年増が
仕事してるふりするからANAは
JALに越えられないんだよっ!!!」って
怒鳴り始めたの。

飛行機は出発態勢に入っていて
機内はシーーーンですよ。
絶対みんな心の中で
「JALだってババァはいるよ!」て
思ってたはず。いやいやいや
年齢関係ないじゃん!!
そもそもその怒られてるCAさん
どう見ても30代だし!

謝るCAさんに烈火のごとく恫喝するジジィ。
もう、聞いているこっちが
ムカムカしてきちゃって
こっちまで、立ち上がって、
怒鳴りたくなっちゃった。

女の前では、勇ましくなって
自分より弱い立場の人間に
当たり散らす男!!


いや、それ以上に、そんな男を
黙って見てる横の女
「お前が止めなきゃ、このバカ
誰が止めるんだよっ!(゚Д゚)ゴルァ!!
同じ女性が、イヤなこと言われてるのに
お前はなんとも思わないんかいっ!」
ゴ━━━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━━
━ルァ!!

もう、彼女の方に、怒鳴りたかったの!

僕、こういう女、本当嫌い!!!
それがちょっとケバかったり
ヤンキーぽかったり
「私の男、強いでしょ」って
誇らしげにしてる女だったら
(長渕と付き合ってる時の
国生さゆりね)
どうせろくな人生送らねえっ!て
納得するけど(決めつける狭い心)

今回は、カーディガンの袖を伸ばして
指でつまんでるような
地味目な、人畜無害のような女
だったのが
(イメージは眞子さまのご尊母)
また腹立って!!
お前みたいな女が、こういうオヤジを
図に乗らせるんだよっ!!
って。
横で、なんも言わずに座ってるんじゃねぇ!!

ハッ、こんなことで、
(#`皿´) ムキーーーー!となる僕
いつも横でなんも言わずに
穏やかにいる彼も同じことかっ。


でも、僕、クレームは言わないもん!
(クレーマーはみんな同じこと思ってる)
CAさんやサービス業の人には
「イヤな客だなぁ」と思われたくなくて
逆に、丁寧になっちゃうもん。

なにはともあれ、眞子さま、海の王子
阿川さん、お幸せに!!


↑このページのトップヘ