妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

カテゴリ: ブログ

うちの会社もテレワークの人が
増えていき、
そうすると僕の仕事が増えていく…('д` ;)

同じフロアの人たちには
「常に走り回っていて
足が4、6本に見える!
マンガみたい!!」と言われております。

IMG_0279


こんな感じ?

正直テレビもネットも観られず
(職場で、24時間テレビは流れてるが)
あっ、宮城県医師会の会見での
手話の方の「江頭2:50」とか
このコロナを1982年に予見してたかのような
小説『闇の眼』のような“ムー”的なことは
チェックしてるけど
もしかして、いま、日本で一番
コロナが広がったリアルな世界について
疎い人間かもしれない。


でも、やっぱり、どっかで不安はあって
そんなときに、また観たい!って
思うのは、明るくなるコメディでもなく
アルファンソ・キュアロン監督の
『トゥモロー・ワールド』

自分では、このブログで
どんなこと書いてたんだろ?!って
検索してみたら、14年前!!!
そして、多分、いま観ても
同じような感想だろうなぁ、
AIが僕のブログを解析して書いたら
書くだろうなぁ、って
「僕のフォーマット」通りの感想だった!!

そして、「トゥモローワールド」
「・」なしで検索したら
出てきた記事、10年以上前の
アカデミー授賞式とかの感想……

今(熟練の49歳)と30代半ば
思考回路が止まってる。

いま、この瞬間の自分も書きそうなこと
書いてる…。

あぁ、人間って成長しないのですね。

リモートコントロールに向けて
計画性もなく、新しいやり方に

四苦八苦して、周囲に迷惑かけてるなぁって
うぐぐぐぅっ
て、なってたんだけど
もうしようがない!
だって、できないんだもん!
マニュアル作りとか、
誰がやっても円滑に回るフロー作りとか
わかんないんだもん。

もう、臨機応変に判断して
やっていくしかできないんだもん!!

って、開き直るのも、全然変わらない…。


トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション [DVD]
チャーリー・ハナム
ポニーキャニオン
2007-03-21






こんな時こそ明るいこと
書きたいのに
日曜日は一日家にこもって
ある小説を読んでたら
孤独や闇に、引きずり込まれて。
本の力、おそるべし!
っていうか、すぐに影響受ける僕が弱し!

そしたら、志村けんさんの訃報。
もちろん亡くなったことは悲しいけど
そのスピードが怖い!
そして感染症ってこともあり
最期を看取れない
誰もに会えない。


なんか改めて、恐ろしいウィルスだなぁ、と。

今のご時世、友だちとも会うことは難しいから
伝えておきたいことは
伝えておかなきゃなぁ。


そして、♪時には誰かを知らず知らずのうちに
傷つけてしまったり♪
加害者になっちゃうんだよ

テレワークやリモートできるように
仕事を整理してたら
同じ部署に長くいすぎた
仕事を抱え込みすぎた
ダメ社員の典型。

アレ?これって僕しかわからなくない?!
やること多すぎない?!て。
早急に共有しなきゃいけないけど
その時間があるのか?!
ゼッタイ休めない!!!

社畜と言われようが、
ウィルスにかかるのが怖い。
自分云々じゃなく
みんなに迷惑かけるのが怖いよ。

♪今の僕には何ができるの?
何になれるの?♪
朝目覚めたら どっかの誰かに
なってやしないかな♪


って、なんか暗くなりがちなんだけど
能天気な態度を指摘すると
子供たちが
「グレタさんか?みたいな目で私を見る!」
って怒ってきた友だちのLINEがおかしくて。
「グレタさんを見る目!」
ごめんなさい、想像したらおかしくて。
そんなのを思い出して
今一人笑ってるのです。
僕、精神不安定かしら。

 
♪真っ新に生まれ変わって
人生一から始めようが
へばりついて離れない
地続きの今を歩いて行くんだ♪ 


本当、いい歌『白日』

 

よくさ、ハリウッドの文明崩壊後
世界を描いた映画でさ
オープニングで「そこ」に至るまでの
映像がガーーーって流れたりするじゃん。

独裁者が現れたり、暴動が起きたり
核弾頭が発射されたり、疫病が広まったり、
多くの死体を積んだトラックが
テレビの画面に流れたり。

そんな SFと思っていた世界に
今僕たちは住んでるんだよね〜。 


まぁ、わが国の独裁者の場合は
アッキーが、花見をしてたり
もう期待通りの笑い
を提供してくれてるけど。
そして安倍さんも
「レストランに行ってはいけないのか!」て。
この人いつも「違法じゃない!」って
開き直るけど
「お天道さまに恥じない」行動や品位を
持たないのかなぁ?

それでも、「たまたま通りがかって
写真を頼まれて、撮っただけ!」と
この夫婦を擁護してる人たち。
たまたま歩いてて、手越くんに会える奇跡を
信じるのか?!

いつも不思議なんだけど
こういう人たちのSNSのアカウントの
プロフィールを見ると(見るの大好き!)
必ず「美しい国、純潔なる日本人を守る!」
「愛国者」
とか書いてるじゃん。
どう見ても、あなたが崇めてる人は
この国のルールや節度をぶっ壊してる

思うのだが…。本当、不思議だよ〜

やだ!!こんなこと書いちゃいけない。
僕は、普段、政治もよくわかってない
脳内お花畑人間なんですよ。
「マジかよ!信じられねぇ!」
「もう二度と出ねえ!」
「動画削除してもらえませんか!」
って
恫喝してる工藤静香とkokiちゃんの姿を
妄想してるだけで、幸せ。


もうね、ネットばかり見てる依存症。
だから、この週末も家にこもってネット三昧。
いつ発症するかわからない(まだ味覚はある!)
それ以上に怖いのが
イタリアで罹患者が多いのは、
「成人しても、実家に住んでいて
そこから都会に働きに出てる子供が
親にうつしてるからだ」
みたいな説が
ネットに出てて、まさに僕じゃん!!
チャールズがコロナに感染したけど
エリザベス女王にうつさないでよ!
あの人、英国王室に災いしか持ち込まないじゃん。
僕も、それが一番怖いのだ。
親にうつしてしまうのが。

だったら、帰らない方がいいのか?!
でも、親は「僕が帰ってくることで
生活が成り立つ」
と。
そんな当たり前のような生活さえ
一瞬で失くしてしまいそうな。


他の国では、「ロックダウン」が行われてて
(小池百合子さん横文字カタカナだから
声高らかに、言いたいだろうな)
もはや、映画の中の世界のようだけど
日本は、いまだ満員電車に揺られ
会社に行って、日常が続いてて
リアルとフィクションが、背中合わせのようで

本当、不思議な国、ニッポン。

あっ、今日はただの日記です。

全米俳優組合賞

映画部門の助演男優賞受賞の
ブラッド・ピット

テレビドラマ部門で
主演女優賞を受賞した
ジェニファー・アニストン
舞台裏で見守るブラッド・ピット

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender


引き留めるその手!
♪冷たい指で手首つかまれて♪って
まさに明菜のTANGO NOIRやん。
♪ふりむくだけであなた、罪なオトコ♪

いやーー、こんなの見たら
アンジェリーナ・ジョリー
やってらんないだろうなぁ。

因果応報、自業自得か。
でも、まだ正式に離婚成立してないんだよね?
調停とか離婚条件とか
大丈夫なのだろうか。

この二人ばかり注目浴びてるけど
助演女優賞を取ったローラ・ダーン
昔、付き合っていたビリー・ボブ・ソートンが
いきなし、アンジェリーナ・ジョリーと
ラスベガスに行っちゃって、結婚するという…

あぁ、今年は、アンジー鎮火祭!!

アカデミー賞に向けて、
毎夜、ネットをさまよってるんだけど
2年前に、『ウィンストン・チャーチル』で
メイキャップ&ヘアメイク賞を
受賞された辻一弘さん
今年も『スキャンダル』で候補になってるんですね。
で、そんななか前回「日本人として」って
報道のされ方に違和感を持った辻さん
アメリカ国籍になってた!
「日本人は、日本人ということに
こだわりすぎて、個人のアイデンティティを
確立していない」
元記事
確かに、日本で誰かが偉業を成し遂げると
「日本人すごい!美しい国ニッポン!」って
なっちゃうけど、
辻さんや選手が素晴らしいのであって
おまえはすごくないよ!って。

そんな話を
友だちとのグループラインでしてるときに
ひとりが「ICAN」の話を持ち出したら
ほかのメンバーが知らなかった!!!
普段、ノーベル賞受賞やオリンピックになると
メダルキチガイ、感動よ、ありがとうになるのに
躍起になるマスコミも国民も
このネタは沈黙だったもんなぁ。

(新興宗教がらみのこともあるし)
それに憲法9条をなくしたいときに
「核廃絶」は政府としてはマズいもんね。

(っていう、日本でいいのか?!意味不明)
なんか、日本もさ、
どんどん情報規制されてるよなぁ。怖っ!

まぁ、僕はどんなに規制されようが
法の目をかいくぐって、セレブ、整形、皇室

(もう今は日本じゃなく、英王室が大変!!)
ゲイ!エロ!(だからPCがウィルス感染!)
チェックしていきますよーー!


終わったー!でも、またやりたい!!
(今度は観客席から見たい!)
前回9月に引き続き
スナックカータン生森明菜
スペシャルライブ

FullSizeRender
FullSizeRender

【テレビの国からキラキラ
青春アイドルショー】
って名前だったと思うのに
カータンのご報告のブログ記事では
既に「昭和歌謡ショー」ってタイトルに。

そう、確かにね、「ライブ」とか「アイドル」
「キラキラ」
というより
昭和の「(場末の)歌謡ショー」の趣でしたよ。

昔、『ビューティフルライフ』ってドラマが
始まる時のインタビューで
常盤貴子さんが「脚本が北川悦吏子さん
主演が木村拓哉さんという
当代きってのヒットメイカーという盤石の態勢。
コケたら私のせいですね」
って言ってたことを
20年ぶりに思い出しましたよ。

カータンというスター
エンターテイナーな
生森明菜ちゃんの横で
モノマネはできないし、歌が上手い訳でも
すべらない話の持ちネタも持たない
フツーのおじさん、これいかに?

ただ、僕は会社でも「メンタルモンスター」とも
言われるほど図太いんですよ。
始まるまで、控室で
「緊張する!」というふたりを見て、
紅組トップバッターとして出て
ハードルを下げればいいかぁ、って。


でもね、今回は年末年始でそれぞれが
めちゃくちゃ忙しく、
打ち合わせもできない
何を喋るかも決めてない状態で

(そのくせ、芸能ゴシップとかのLINEは
いつも通りしてたが)
仕事の合間に、ネットで「ドレス」とか検索して
「なにやろうかなぁ?」って。
僕のパソコン画面にセーラー服とか
セクシー衣装が出てて、職場の人は
「とうとうこいつ、そっち方面にいくのか…」と
思ってたハズ。

夜中にYouTubeで歌番組を観てたら
「あなたへのおすすめ」動画から
いつのまにか、昔、TBSでやっていた
本田美奈子ちゃんの追悼番組に。
泣いて、泣いて
もう「アメイジング・グレイス」ですよ。

美奈子ちゃん、あなたの意思は僕が引き継ぐ!!
マリリンだけに『1986年のマリリン』やるよ!!

その場で、「ベリーダンス」衣装を検索し
スパンコールキラキラの
チューブトップとミニスカ注文!!

衣装が届き、彼に見せて
「気持ち悪いな!お前はバカか」って言われるかと
思いきや、珍しく神妙に
「一瞬でも恥ずかしがるな!
こっちが照れながらやったら
観ているお客さんも、いたたまれなくなる!」
と。
「御意!!」

そして、もしかして、僕
本田美奈子とか、歌ったことねえじゃん?!と
会社が終わり、夜中にひとりカラオケ強行!
「週末に友だちの結婚式で、
歌を歌わされることになり
その練習できたんですよ、
だから30分でいいんですよ」
って設定の人を装い
(こういうとき楽器を手にしてれば
その練習に思われたか?!)
仕方なく来たことをアピール
(ゼッタイ、通じてない)
でも、僕の次に入った人はカラオケ履歴を見て
『1986年のマリリン』が、ずーっと続いてて
ビックリしただろうなぁ。
てか、声が全然出なくてビックリした。
本田美奈子ナメてた。「僕は本番強いから
なんとかなる」って、開き直ったけど。

とにかく、一生懸命歌えば
カータンのお客さんは
温かいから大丈夫!!って。

そしたら、初っ端の午前の部で、
自分たちの歌のリハーサルは
何度もやってたくせに、機械の操作のほうは
全然やってなく(苦笑)まさかのトラブル!!
次に続く、カータンの曲が流れない!!!
『セーラー服を脱がさないで』が!!
ヤバい!!!ここは、僕がなにか喋らなきゃ
「綾瀬はるか、グダグダの司会で成長なし!」と
叩かれちゃう!!
って、必死につなぎましたよ。

そう、みなさん、お気づきの人もいるかと
思いますが、僕は、常盤貴子や綾瀬はるかと
何事も女優に、自分を重ねてて

実は自分が一番「おめえ、何様だよ」。

やっぱり、メンタルは強いのか?!
でも、途中、喋りながら
普段、友だちや、会社の同僚とのランチで
喋ってるようなくだらないことを
話してるだけでいいのか?!って
我に返ったり。

カータンが「来てくれたお客さんみなさんを
見るようにした」とか
ホスピタリティあふれることを言ってて

「えっ!?僕、お客さんが、
ちゃんと笑ってくれてるのか」も
分からなかったよ、って。
あーーダメダメ!!


それに午後の部では、
足を骨折してるのに、その我慢強さも
ホンモノの明菜が憑依してるような
生森明菜ちゃんのステージ
を横で観てたら
中森明菜を好きで、
生森明菜ちゃんに出会えて良かった!

FullSizeRender
FullSizeRender

もう感極まって、鼻水が止まらなく、
突然、カータンのお姉ちゃんの名前を叫んで
泣き出しちゃったり

(聖子の「おかあさーん」オマージュ)
完全に情緒不安定なアウトな人だよ!

だってさ、子供の頃、観ていたテレビや
憧れてたアイドルの話をして
それだけでこんな幸せな空間にいられるなんて
カータンと生森明菜ちゃん
そして、今回来てくれたお客さんたちに大感謝!

本当ね、僕は、普段はフツーの会社員で
ぶっちゃっけ、自分の仕事はどんな大変でも
自分が選んだ道だから、いいけど
この年度末、契約を終わらせなきゃいけない
契約や派遣の人もいて、僕の決断や一言で、
その人たちの人生を変えてしまうかも、って
責任から逃れたい重圧や、イヤだなぁって
もう毎日自分の歯ぎしりギリギリの音で
起きてしまったり(全然、メンタル強くない)

人生いろいろだし
自分だけじゃなく、子供や親や家族
(カータンの親の介護とか!!)
自分でもどうにでもできない選択や局面もあり。
あのころ、テレビの前で、
ピンク・レディーや明菜やアイドルの
フリマネをしてたころとは、悩みの質も違う。


でもさ、くだらないことと言われても、
一生懸命やれば
新しいことや、ええーー無理無理!ってことも
楽しんじゃえば、
なんとかやっていけるのかなぁ
、って。
こんな僕でも、お腹出しながら
♪マリリー――ン♪とやりました!

(そういえば、お店の人にこの曲をお願いしたら
「1984」と入力し「ないですね、その曲」って。
それは「十戒やろ!」って。でも年齢的に
この曲のこと知らなかった……、確かに34年前の歌)
カータンの『セーラー服を脱がさないで』
変な猥褻さがなく(色気がないのか?)
セーラー服が似合うカータンにビックリ!!


FullSizeRender
IMG_9428
FullSizeRender
FullSizeRender

来てくれた人たちが
帰りに、「カラオケ行こうよ!」って
ちょっとでも楽しい気分になってくれてたら
それだけで、やった甲斐があったよなぁ、て。
あと、もらった写真を見ると
カータンと明菜ちゃんがステキな「笑顔」ばかりで
それもうれしかった!!

FullSizeRender
FullSizeRender


って、僕が今一番カラオケ行きたい!!
おみやげくださった方もお礼ができずすみません。
温かい拍手や歓声
そして、なにより来ていただき
ありがとうございました!!


FullSizeRender
FullSizeRender


↑このページのトップヘ