妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

カテゴリ: ブログ

朝から、険悪な空気〜〜。

職場の年下イケメンと僕と同じ年のAくん
バトル勃発。
お互い声を荒げて、怒鳴り合いー

「そんないい加減な仕事しやがって!
まわりがフォローしてるんだよ!
お前は甘やかされてるんだよ!」

ってAくんのヒートアップする言葉

「僕って甘やかされてますか?」って
いきなし、僕に話を振るイケメンくん。

巻き込まないでくれよー。

「言ってやれよ!迷惑してるって!」

「まぁ、もう、いいじゃん!」
この空気を収めようとする僕に

「お前は、こいつのこと
好きなのかっ!!!!


フロア中に響き渡る声で
怒るAくん。

エッ?!そこ?!

僕も、ついつい
「僕は、イケメンには甘いよ!
顔で、対応も変えんだよっ!」
って
言い返してしまったが。

これ、会社で、登場人物は男3人
(うち二人は50歳のおじさん)
の会話なんだよねー。

まぁ、あとで、
「Aさんには、顔でも、仕事でも
人生でもなんでも、全て勝ってますから!」

って言ってるイケメンくん
やっぱり、自分が、かっこいいこと
わかってるんだ……




もちろん、ボイトレは
目的やレベルは、人それぞれで

プロを目指している人
ミュージカルに挑戦するアイドル
ギターを持参して弾き語りしたり
BTSの『Dynamite』を踊ったり
その人に応じてレッスンしてるそうです。

僕は、堀越高校から制服のまま
阿久悠先生、なかにし札先生の
ご自宅に伺って、ピアノの横で練習してる
デビューを控えたアイドルだと思って
通ってます。


でもね、
僕の強固な妄想も負けるのだ。
だって、ボイトレの教室は
先生が電子ピアノを弾く横で歌う姿や
口の開け方を映したり
全面鏡張りだから!!!

目の前にはアイドル候補生じゃなく
リアルなおじさん!!!
羞恥心との戦いじゃぁー!!!

発声の基礎練習の「リップロール」
閉じたあひる口で息を吹き出し
くちびるをプルプル震わせるんだけど
それが、初めは、まーーったくできない!
ブッーーーーーブッぅブッーーー
このご時世に飛沫の嵐
鏡に、飛び散るツバ!!!
「ごめんなさい!ごめんなさい!」て
着てるシャツの裾で、ゴシゴシ拭きましたよ。
(そっちの方が汚い)

うまく歌うためには
「自分が楽器になること」
ギターや笛って、穴が開いてるじゃん。
それと同じように、喉や鼻を大きく開いて
鼻腔を響かせるように
声を出すといいみたいなんだけど

それが「んがぁ、んがぁ」
やってるうちに、鏡を見ると
アイドルじゃない!
そこには
♪命くれない ふたり連れ♪
トドクロちゃん、の瀬川瑛子だよ!!!


あとね、「オーーー」ではなく
「ウォーーーン」と
狼の遠吠えのよう
音が戻ってくるように
声を出すといいらしいんだが

(ほら、和田アキ子とかマイクを
めちゃくちゃ離しても、音を拾うじゃん)
もう四つ足歩行させてくれよ!
『ガラかめ』の『狼少女ジェーン』を
演じさせてくれたら、いくらでも出しますよ。
「女優」だと思えば、なんだってできる。

四つん這いになろうとして
横を見ると!またもや、鏡の中にリアルな自分!


あぁ、羞恥心との戦いじゃぁ!!
(そういう問題なのか?!)

きわめつけは、実際に誰かの歌を歌い出すと
マイクを持たない方の手が
自然に、動いちゃうんですよ。

やだ!平井堅?!ドリカムの吉田美和?
『I’m P︎roud』の朋ちゃんみたい

(ロスの高層ビルの屋上バージョン)

FullSizeRender

またもや横の鏡を見ると(ナルシストか!)
高い声を出すために手をあげてるのではなく
早口で、歌詞に追いつこうと
一生懸命、リズムを取ろうと
人差し指を上下に振ってる僕の姿!

ショーケン?
いや、松野明美が歌ってるよ!ガーン

FullSizeRender


今回のポジティブレッスン

でもね、楽しいんすよ!!!ボイトレ。

こんなに口を開けて、言葉をハッキリと出して
お腹から声を出すことなんてないじゃん。

今まで、何もせずによくカラオケで
人前で歌ってたなぁ、申し訳ない!
(お前は歌手か?!)
いろんなトレーニングがあるんだけど
できなかったことができるたびに
この年になっても前に進んでることが嬉しくて。


そして、先生が褒めてくれる!!
僕は、大概の男の人より、
高音が出せるらしいんだけど
それはなんとなくわかってた。
でもね、訓練しなくても
「ビブラートがすごい!!!」って
言われた日にゃ!
あぁ、中森明菜を40年歌い続けた賜物だ!!
「ありがとうございます」って
鼻下に手を添えて
伏し目がちに、消え入るような声で
明菜のモノマネして言ったけど、
それは先生はわかってくれなかったよ。


21世紀になって、流行歌
もちろんカラオケで歌ってはいましたよ、

でもね、昭和の80年代アイドルソングや
90年代の小室やミリオンヒット曲を
歌うときと本気度は違う。
「やっぱり、健康の話とカラオケは
同世代に限るねー」
なんて
安室だけじゃなく
苦手なブルーハーツも一緒になって
ソファで飛び跳ねてましたよ。

それが、令和になって、
新しいんだけど、懐かしい未来。
胸を締め付けられるメロディー




同じように、Facebookおじさんたちの
「あいみょん、いいよねー」とか
若ぶってるポストが目につきはじめたけど


歌謡曲が、歌詞で区切れるのに対し
令和の曲は、えっ、ここはそのまんま
つなげて歌い続けるの?
「てにをは」関係ないの?!

もう歌い方わかんないよ!!
息継ぎできない、俺を殺す気かっ!

最近の聖子みたいに、情感でためてためて
あかぁいぃっ、すぅういーぃい、とぉぴぃーなんて

素人が独学やっちゃダメ。
こりゃ、誰かに習うしかない!!
お金を払わなきゃ、無理だよ。

ボイトレに行く理由の一つにもなったのだ。

ボイトレでまずチャレンジしたのは
歌を全部「母音」で、歌うこと。
歌詞の意味を関係なく、
純粋に音に言葉をのせて
歌う練習。


どういうこと?

たとえば、米津玄師の『Lemon』
♪夢ならば、どれほどよかったでしょう♪
なら
♪うえあああ、おえおおおああえおう♪

そこで、問題が!!!

この勤続49年の脳、
即座に、母音に変換できないんですけど!

なんでも「紙」の世代
まずは、置き換えるのに必死。

FullSizeRender
(お金を払ってるし、どうせなら
どんな人と行っても、ずっと歌える曲にしようと
1曲目は安室の『HERO』にした貧乏性)

あとね、最近のヒット曲って
昭和の懐かしい感じがする、って
言う人もいるけど
(僕か!)
リズムが全然違うから!!!
ダンスビートは夜明けまで!ですよ。
(ついていける中高年は
荻野目ちゃんと早見優だけ!)

レッスンを始めるにあたって
「僕の声に、歌い方に、
合うのはどんな曲ですか?」

って聞いたの。
「合う、合わないより、歌いたい曲の方が
モチベーション上がって、上達しますよ。
普段どんな曲好きで歌うんですか?」
って
先生の言葉に
安室奈美恵です。
小室哲哉時代のとか」

「あー、聴いたことあるかも」
「へっ?」
(先生は30歳なので、知らない!!)

「でも、安室ちゃんは大好きです!
あんなに踊ってても
ブレずに歌える体幹は努力の賜物です。
そして、彼女の曲は裏拍が大事です」


裏拍ってなんぞや?

1・2・3・4ってリズム
「1234の数字」が「表」
「・」の部分が「裏」なのです。

って言葉で書いてもわからないよね。

先生が「タン タン タン タン」」って
手拍子をして、手が左右に開いた時
向かい合った僕が、その空間に、
上下に手拍子を交互に打っていくの。
いわゆる餅つきの合いの手。
それが裏拍をつかむ練習。

なんだそんなの簡単じゃん!って
やってみたら
で、できない!!!!

先生が手拍子を打って
手を重ね合わせてる時に

タイミングが合わない僕の手が
上から挟み込んでしまう!!!


若い女の先生の手を
上下から押さえ込んで、
何度も握ってしまう僕。

これじゃ、ただのエロ中年おやじじゃん!!!

「わざとじゃないんです!!
すみません、リズム感が悪くて!!
僕はゲイなんで、
別に先生の手を握りたいわけじゃ!


と、意味もなく、
カミングアウト
してしまった。('д` ;)

(って言うか、おじさんが
安室を歌い踊ってますって
言ってる時点でバレバレか)

そして、もっともっと
乗り越えなきゃいけない試練が
待ってたのだ!!


つづく。

今回のポジティブレッスン!!

ボイトレに行くようになってから
本当に、新しい曲を聴くようになった!!
YOASOBIやKing Gnuはもちろん
雨のパレード、ヨルシカ
最初はアーティスト名なの?曲目なの?
それさえもわからなかった彼ら。

今の若い子の才能はすごいねー。
そんな新しい音楽に
出会うだけで、脳が活性化!
知らない扉が開いていくのだ。


ボイトレのこと伝えたくて
興奮のあまり、長くなっちゃって
(アソコじゃないよ!不要な下ネタ)
本日書いた分、前後編に分けます。

35歳以降にちゃんと覚える歌は
平均5曲しかない」


雑誌か何かに載ってて
いやいやいや、もっとあるでしょ!

僕だって
ファンだった安室奈美恵以外の曲なら…

中島美嘉の『雪の華』でしょ
ドリカムの『やさしいキスをして』
スキマスイッチの『奏』
平井堅の『瞳を閉じて』それに
JUJUの『やさしさで溢れるように』
あれ?あれ?ジャスト5曲?

てか、徳永英明の
 (*`Д´)っ)) カバーアルバムかよっ!

あれ?なんか違和感?

先日、会社で、
僕の席の机のパーテーションに
腕を乗せてしゃべりかける若者に

「『クイズ100人に聞きました』の、
関口宏かいっ!ある!ある!ある!あるー!」

て、言ったらキョトンとされたのだ。
Wikipediaで見たら、この番組が
終わったのって、1992年!!
30年前だった!!そりゃ、知らねえか。

てな訳で、さっき挙げた曲も
もしかして思ってる以上に昔?
と調べたら
ビンゴ!!!
JUJU以外、25年以上前のリリースやん!
ってことは、僕が35歳以降に覚えた曲
一曲かいっ!!ヒェッ〜

まあ、安室の歌は知ってるもん!
(日本語か英語かわからなくて
人前では、まったく歌えんが)

今は、親子のコミュニケーションもあるし
スマホで聴いたりで、最近の曲を聴いてる
おじさんおばさん世代は多いだろうけど。
僕は耳が悪いのでイヤホンもできんし
こりゃ、ヤバい!でも、もういいか!
そりゃ、宇多田ヒカルの登場には
西田ひかる以上の英語!!って驚愕したけど

ミスチルは、いつからか、聴くたびに
「歌のタイトルと、それが主題歌だったドラマを
線で結びなさい」って、問題がよぎるし

椎名林檎ってサブカルの女王のイメージ。
aikoは、大して可愛くないがオサレな女の救世主
ゆずとコブクロって、貧乏くさい
Dragon Ash以降のグループは
みんな半グレに見える!
偏見の塊!!ファンのみなさんごめんなさい)
もうね、♪流行りの唄も歌えなくて
ダサいはずのこの俺♪

シングルベッドですよ!
そもそもこれが27年前の歌!!ヒィー。

それが平成最後の話。

だけど、令和になって、ここ3年。
なに?この耳に残る歌声は!!!
う、う、歌ってみたい!
いや、人様に聴かせられなくても
ひとりでも歌ってみたい!
それは、歌詞が、きみのために翼になるよ とか
やまない雨はない、とか、
意味不明な平成自己啓発
じゃないから。
そして、胸を締め付ける切ないメロディー

これは何?ここはどこ?あなたは誰?

後編に続く。


小さな頃から、習い事だけは
いっぱいしてきたのに
何一つもモノになってない!
楽器はまったく弾けない。

テニスもスキーも、大学時代は役に立ったけど
それ以来、したことない。
それこそ19歳で取得した車の免許だって
かれこれ20年以上ハンドルを
握ったこともないので
名ばかりゴールド免許(暴走老人)

日能研だって、お受験失敗
英語だって、喋れない。
親の教育費全て無駄にしてきたわが人生。


大人になって、自分のお金で始めたヨガだって
体も心も、全然柔軟でも、平穏じゃない!
エッ?!何年してるんですか?レベル。
見ただけで、体が動いたり
コツをつかめる、「センス」のある人が
うらやましかった。


そんな僕が、コロナ禍で、習い事を始めました。
それは、ボイトレ!
誤嚥性肺炎予防にいいんだって!なんて
誤魔化してるけど
(むしろ、こんな飛沫を出して
コロナにヤバいんじゃ?)
もう、単純に
歌がうまくなりたい!!
うまくなりたいんです!!」
「歌いたいんです!安西先生!!」


ゲイだけに芸達者に見られがちなんだけど
歌が下手で、下手で。

絶対音感なんて1音もないから
新しい曲を歌いたくても、わからないの。

吉田美和はもちろん
キムタクや竹内涼真が「俺ってうまいだろ」て
(キムタクはうまいと思わんが)
フェイクとかかけるのに、チッって舌打ちしながら
羨ましくて、羨ましくて。
でも、歌って、遺伝って言うしなぁ。
(うちの親はクリスチャンだから
聖歌とか歌ってたが、由紀さおり唱法で
うまいのか下手なのか判別不能)

ただ、この1年、ステイホームで
ネットでYouTubeを観る機会が凄まじく増えて
特に、ミラクルひかるはじめ
モノマネの人たちのを。
ビューティーこくぶさん観て



「本物どうしてるのか?!」て
杉山清貴さんのライブに行ったんですよ。

そしたら、現役なのをアピールするためか
新曲ばかりで、昔のを歌ってくれない!!
こっちは、サマー・サスピションが
聴きたいんだよ!!

でもね、うまいの!聴き惚れちゃうの!!
涙が出てくるの。

僕は、歌って思い出と繋がるから
泣けるんだ、と思ってたけど
知らないメロディでも、
歌がうまいと、人の心を動かせるんだよ!!!

って、速攻で、ボイトレを検索したのです。

そしたら、人の「心を動かす」前に
自分の「心が折れる」ことがいっぱいだった。

うまくなってから、みんなに報告しようかと
ブログにも書かなかったんだけど
(いつかまたカータンとのイベントがあって
歌うことがあったら、「うまい!」って
観客を一泡吹かせてやりたかった)
そんな兆しはないし

心は折れるても、へこたれない!
それ以上に、どんどん喉と一緒に
扉が開いていく感じ。

大人になっても、新しい世界知るのって
楽しい!!
月2回、半年間通って
(もちろんこれからも続ける)
そのことも書いていきますねー。

あっ!この漫画も面白かった!!!
ヤクザと男子学生のブロマンス。
全然違う世界の人が結びつくのっていい。

つづく。

↑このページのトップヘ