妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

カテゴリ: ブログ

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?えええーーーー!!!!

学生時代の友だちから
送られてきた写真にビックリ!!!

自分が死ぬ前にこの日が来るとは?!

地元あるある
「崎陽軒のシュウマイをよく食べる」
「中華街によく行く」なんていう人は
きっと、他の町から引っ越して来た
エセ横浜人です!!!

横浜、いや、神奈川出身の人が
「当たり前」すぎて
意識の潜在下に、もはや眠ってしまった感情。
「誰が」「なんのために」
「資金は?」もう、考えることもやめてしまったけど
ある日、フト、思い出す。
日本のサクラダ・ファミリア

「横浜駅の工事は
いつ終わるのだろうか?」


横浜駅に、定期的に通い出したのは
予備校に通う高校三年生の頃
今から30年ちょっと前だったと思うんですよ。
でも、その頃から、東口と西口を結ぶ中央通路の
天井を工事してた気が。

平成に生まれた子は
生まれた時から、横浜駅は
「工事してるもんだ」って記憶しかないのでは?!

このまま無事に終わるのだろうか?
何か大災害が起きて
また「0」に戻るのでは?!


このままの勢いで
もしかしたら、死ぬまでに
『ガラスの仮面』の最終回も
読めるのではないか?!
という期待が生まれた。



終わった…。

昨晩は、お忙しい中
「シンデレラナイト・ニッポン」
聴いてくださった方
本当に、本当に、
(*´∀人)ありがとうございます♪

初めての試みで、アクシデントもあり
カータンは珍しく落ち込んでたけど。
僕は、主催者側なのに
カータンとK美のモノマネに
大笑いして、一日経った今も
一人笑ってるんだけど。


ふたりは、ブログ読者や視聴してくださった
みなさんに
「楽しんでもらいたい」って
【想い】
が、めちゃくちゃ強くて、
もうプロやなぁ、って。

流れを簡単に確認するリハーサルでも
何喋っていいかわからない。
喋ろうと思うと、目の前に、自分の顔が!!
「おまえ、何様だよ!」と自分にツッコミ。
ますます口も心も閉じてしまい

いや、本番直前まで
出たくない!!!
こんな素人の、●●●に似てるおじさんが
出ても意味ないよ!!

ずっとゴネて困らせてたのは、実は僕で。
それこそ80年代のアイドルみたいに
マネージャーに灰皿投げてたんですよ。
(タバコを吸ったこともないし
ひとりでパソコンのセットもしてたけど)

もう、ヤバい、ヤバいって。

カータンの「背景に、明星とか用意したら?」って
に、実家の屋根裏を探してみても
(ひろ子や知世の表紙になった)
角川文庫の赤川次郎さんや眉村卓さんの本、
『アイドルを探せ』(吉田まゆみさん)が
入ったダンボールはあるのに
ない!ない!!!お母さん!!!
明星がない!!」って
49歳の息子が年老いた母に、
アイドル雑誌がない!って
八つ当たりですよ。(地獄絵図)

「ママは捨ててないわよ。
あっ!パパじゃない?
あなたの荷物が多いって怒ってたから」
パパが死んだのは、20年も前だよ!!

どうしよ、どうしよ('д` ;)
そしたら、カータンから届いたLINEを見ると!!!
それならあるかも!!!
自分の部屋のクローゼットをガサコソやったら

あったーーー!!!
映画のパンフレット!!

FullSizeRender
FullSizeRender

トシちゃんのあの噂は本物だったのか。

IMG_0667

小森のオバチャマ!

FullSizeRender

フォトショップ加工がない時代
舘ひろしと柴田恭兵の足の長さは本物?!
下から撮影したのか?


FullSizeRender

『19』今見るとニッキがかっこいい!

FullSizeRender

そして、僕の歴史に刻まれた【7・11事変】
いのちいっぱい恋をしたね。

FullSizeRender

ちなみに初めて買った写真集は風間トオルくん

FullSizeRender

あーー、こんなゲイということを
隠しながら
(イベントでも話したけどバレバレ)
小中高時代、アイドルが大好きで
テレビを観たり、映画に並んだり
明菜の新曲が出るたびに、振り付けを覚えたり
ラジオを聴き込んだり
ニッポン放送や曙橋のフジテレビ
レッツヤンに通った日々

そのことをみんなで話せるだけでいいじゃないか。

時計は、21時をすぎて、1時間を切った!!
もう時間がない!!
最後の頼みの綱
80年代の、いや、僕の人生の
アイドル映画の金字塔
『Wの悲劇』や!!!

FullSizeRender

DVDをダッシュで早送りして
「怖いんです、私、
この芝居全体を
壊してしまうかもしれない」


実力がないのに、スキャンダルと引き換えに
初舞台を前にした静香(薬師丸ひろ子)のシーンですよ。

「あーた、今日のために何犠牲にしたの?
あたしはね、初舞台の時に
怖くて生理が始まっちゃったの

それでもやったわよっ、血にまみれて!」

「女優!女優!!女優!!!
勝つか負けるかよ、いい?」

三田佳子先生の言葉を胸に

さぁ「6月13日土曜日、22時
シンデレラナイト・ニッポーン!!」

カータンのジングルと共に
カメラをオンにしましたよ!!!

舞台は上がった!!!

そのあとは…
もうね、今まで自分がビックリしたことや
印象に残ってる芸能ネタ
ただただ垂れ流してるだけだった、僕は。
もっと、カータンやK美の
アイドル話を聞き出せば良かったなぁ。

(そんな余裕も技術もないけど)

オールナイト・ニッポンを意識して
2時間にしたんだけど
あの番組は、考えてみたら
喋りのプロや一流の芸能人が
しかも放送作家さんがいる中で
進行してたんだもんね。
(K美の進行は、プロ並みだったが!)
グダグダになる中
お付き合いありがとうございました!!

参加してくださった人には
カータンからメッセージが

メールで届いてると思います。
ぜひ、読んでください!!!

こんな普通の会社員のおじさんの
話を聞いてくださりありがとうございます。
西村知美が、いつの日か『極道の妻たち』に
出演するときのために巻き舌を練習したように

僕も、また会える時まで、特訓しときますよ。

ある人のモノマネに絡むために
西田敏行のモノマネしようかと
動画を観たけど、無理だや。


それではまた!!!

ヤバい、ヤバい(((( ;゚д゚)))
音声がいっこく堂だよ!!!
K美が、いろいろとセッティングしてくれるんだけど
そのたびに、明らかになる僕のデジタル音痴。
喋りも、僕のダメさ加減たるや!!


会社の人に聞いても
ネットで取説を読んでも
もう何を言ってるかがわからない。

22時に、僕は現れるのか?!
声は届くのか?
(あっ、出ても、フツーの姿のおじさんです)
そもそも、みなさんが楽しんでもらえるような
空間を作れるのか?!

そして参加者のみなさん
開催15分前
21:45分から
渡されたリンクをクリックして
入場できる
ようにするみたいなので
不安な人は、接続して待っててもらった方が
安心ですよ!!

22時きっかりにスタートしますので!
その時、お会いしましょう。ドキドキ。

こちらからはみなさんの姿は全く見えないので
どんな格好でも、全裸待機でも
お酒飲みながらでも、
大丈夫なので、リラックスして観てください。

逆に、Zoomのコメント欄
書き込んでくだされば、
僕らも(文字は)見えて
みなさんの声をきかせてください!

チャット状態でも、参加者のみなさんと
盛り上がれるので
お願いします!!!!
(最初に、他にも、注意事項や楽しみ方が
案内されますので、
よーく聞いておいてください!)

黒柳さーぁーん!!!


IMG_0653

zoomは苦手!
だって、偉そうに芸能人やテレビを
語ってると(誹謗中傷?)
目の前に映る、49歳の汚いおじさん!!
「お前が言うか!」
「おめえ、何様なんだ!」

そう、自分の姿が目の当たりになるから!
でも、明日はとうとう勇気を出しての顔出し。
うぁーん。゚(゚´Д`゚)゚。
日曜から一気にblog閲覧数減ったらどうしよ。
コメントくださる方が、パタっと止まったら
どうしよ。

明日の22時からの
シンデレラナイト・ニッポン!!!



IMG_0619

その前に、喋れるのか?
面白いこと言わなきゃ!
空回りして、そこは、荒野です。

友だちや会社の人に
「80年代アイドルのことで
僕が喋って印象的だったこと何?」
と聞きまくり
答えてくれたこと
お、覚えてない…Σ(゚д゚lll)
そ、そんなこと、話した?!

普段どれだけテキトーなこと話してるんだ?

なので、明日も、明日限りの
二度と思い返せないこと
毒もクスリも←ダメ!ゼッタイ!
吐き出していきます!!

あー、余計なこと言いそう。
まぁ、それさえも忘れていくのが
年を取るのがいいところ!

こちらで、申し込みできますので
(今日のお昼まで!)
あー、緊急事態宣言で
友だちとくだらない話してないなぁ、て人は
僕の気持ち悪い喋り方を
ホラー映画の代わりに2時間!!
カータンとK美のお笑いで
コメディ番組のように2時間!!!



会社の後輩が歌がすごくうまくて
「あぁ、人って何かしら
取り柄があるんだなぁ」
って。
カラオケに行くと
米津やミスチルの曲を勝手に入れて
歌ってもらってるんだけど

僕が10代の頃は、
カラオケがそこまで手軽じゃなく
明星の付録のヤンソンの歌詞を写して、
ガリ版でわら半紙に刷って冊子にし、
遠足や修学旅行の行き帰りのバスの中
みんなで歌ったりの世界でした。

そのあと、カラオケ屋さん
知らない人の歌を聴きながら
希望の曲を紙に書いたはいいが
自分の番が後何曲で回ってくるか
わからず、終電の時間になってしまう時代。


カラオケボックスができても
他の部屋の人が同じ曲を選んでると
レーザーディスクがかかるのが遅い!って
不満を抱いてた時代。

1曲歌うのに、
機械に200円入れなきゃいけないから
勝負に出られず、いつも同じような曲を歌ってた。
一度、ダンスが得意という女の先輩に
『ダンシング・ヒーロー』を入れるよう頼まれたのに
『ダンシング・オールナイト』の
前奏が流れてきて、怒られた時代。


ただ、高校の文化祭で
うちのクラスがカラオケのステージを使って
歌合戦を催してたら

今や、EXILEのHIROさん
友だち二人と連れ立って来て
(一つ上の先輩でした)
少年隊の『君だけに』
踊って歌ってくれたんだよねー。
もはや伝説のステージですよ!

カラオケは非日常だった。
だから、当時は
好きな人がどんな歌を歌うのか
どんな歌声なのか、知らなかったし、

ましてや、二人でカラオケに行って
歌で「愛」や「気持ち」を伝えてもらうなんて
できなかった。

(歌どころか、言葉でも伝えてくれる人なんて
いなかったけどね!!)

もし、30年前に戻って
学生時代にカラオケが、今みたいに
数百円で歌い放題の時代だったら

何を歌ってもらいたいかなぁ。

しばらく考えて、出てきたのは
チェッカーズの
『夜明けのブレス』でした。

で、この曲調べたら
1990年の歌やった!!
なんや!昭和じゃなく、もう平成じゃん!!
(確かに、大学時代、歌ってた人がいた!!)
なんだ!昭和を語る
今度の『シンデレラナイト・ニッポン』
出せないネタじゃん!!!
(なので、今ここで書いた)

でも、そういった時代を過ごしてきたから
今だから語れる
みんなで笑えるんだよね!

ぜひぜひ、お待ちしてまーす。
申し込みはこちらです。

そして80年代といえばアイドルなんだけど
僕にとっては、もう一つ
『今だから』
作詞・作曲 ユーミン、小田さんに財津さん
編曲は坂本龍一教授(キーボード演奏)に、
ドラム・高橋幸宏さん
ギター・高中正義さん、ベース・後藤次利さん
30年経った今でもこの曲が
青春のとして、心に突き刺さっとる。












 

↑このページのトップヘ