妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!

カテゴリ: ブログ

このたび maman さんより、 【無条件バトン】 が回って来ました。



これってネズミ講?(笑)

そもそも送る相手がいない・・・送る相手が出来たら送るってことで

いいすか?maman さん?

とりあえず、これこそブログの醍醐味ってことで回答していきます。



★無条件でときめくイイ男3人★  



3人に絞るとなると、難しいぃーーー


1 岡田准一くん。

 この人は「無条件」で大好き。顔も声も。読書家のところも。

 クドカンの作品で無理やりハジけちゃっているとこも。

 彼がちょっとでも出ている番組、雑誌、必ずチェックします。

 もう思春期のころの追っかけ人生が黄泉がえり。

2 オダギリジョー
 これは、たまたま昨夜が『時効警察』の日だったから (o^-')b

 これが『情熱大陸』とかで語っている姿、観た後なら確実にランク外。

 あれ?無条件じゃないか。

 でも、映画やテレビで彼を観た後は、「無条件」で「どうにでもして!」って。

 ちなみに、『時効』で共演している豊原さん、同じレンタルビデオ屋だ!


 ロドリゴ・サントロ


 http://www.imdb.com/name/nm0763928/

 もうね、見るだけでときめくから、これこそホントに「無条件」って事だよね?

 日本じゃ、そんなに馴染みがないけど、ブラジルの俳優さんで

 映画『ラブ・アクチュアリー』に出ていたり、

 シャネルのCMで二コール・キッドマンと共演しているよ。

 ガエル・ガルシア・ベルナルとか、ラテン系の顔が好きなのかな?

ルールは「本を読む人!」(想像力が養われるから)

「眉毛と目の幅が狭い人!」(次点で、伊藤英明くん)


★無条件で嫌いなもの3つ★

これも有りすぎて・・・( ゜д゜)、ペッ。思いついたもの。

1 電車の入り口に立っていて、降りようとする人がいるのに

  頑として動かない人(特に満員電車で)

  邪魔なんだよっーーー一度ホームに降りろよ!気が利かねえな!と

  突き飛ばしますね。

  きっと、会社でも仕事が出来ない人だろうな、と陰鬱な気分になります。


2 有名人が事件やスキャンダルを起こしても、事務所が強いと黙認するTV

  これはね、自分が当たり前の芸能情報認識だと思って、

  友人に話を振っても、ついてきてもらわないとき。寂しい。

  ああ、世の中ではTVが一番の情報発信源なのだと痛感。



3 とうもろこし、枝豆、アーモンド、つぶアン とにかく豆!



  とんねるずの『喰わず嫌い』に出たら、絶対コレ。

  食感も見た目も嫌だし、胃から発芽して生えてきそうなトコも嫌!

  納豆は腐っているからOK!

  いくらや明太子も口内で溶けるから大丈夫。

  昔『悪魔の花嫁』ってマンガで、足の親指にアリの卵を植えつけ

  孵化した幼虫が、体内を貪り、最後成虫が目玉を食い破って出てくるって

  話があって、その卵が、どうみても「錦松梅」!それ以来さらにダメ。

  マンガつながりでは『スケバン刑事』読んで以来、ミミズがダメ!

  

★無条件でお金をかけられるもの5つ★



結構浪費家ではないと思う。ケチでもないよね???




1 友人・知人の冠婚葬祭費

  この質問で我が人生を振り返ったとき、一番費やしているのはコレじゃないかと。

  しかも「決して」戻ってこないし。だからって躊躇はしないし。

  結婚式参列、出産祝いは半端じゃないね、でもオメデタイことならね。






2 雑誌

  書籍や、マンガはこれでも抑えてるんすよ。

  マンガ喫茶行ったり、古本屋行ったり。

  雑誌は、そのとき買わなくちゃ手に入らなくなるし。

洋雑誌は高いし(タワレコさんお世話になってまーす)

  男性雑誌、女性雑誌、毎月相当ですね。ああ、両性はツライ。


3 ユーミンのコンサート

  今はそうでもないけど、徹夜して並んでも取れない頃あったんだよ。

  90年代の逗子マリーナとか。

  そんなとき、ダフ屋やネットやら金に糸目つけませんでした。

  だってお金以上の幸せが*・゜(n‘∀‘)η゜・*:.。.


これだけ5つでいいの?

 海外旅行。

  仕事の都合上、行くのはもっぱら年末年始、GW、お盆の夏休み。

  一番高い時期。それでも必ず行くのは、やっぱり大好き!

  死ぬまでに、いろんなもの見たい、知りたい、感じたい!

  ここんとこは皇太子妃雅子さまのお気持ち分かります。

 「皇室に入れ」と言われても(だれに?)、病気になっちゃう、お断り。






最後は細かいんだけど紅茶。特にお気に入りは

  マリアージュ・フレールの「マルコ・ポーロ」

  これ飲みながら、本を読んでいる時が至福のひととき。

  

  



★無条件で好きなもの3つ★



1 カッコいい人(自分が好きな顔)

  どんなに性格悪くても、顔が良ければ男はオッケーです。

  ムカつくこと言われても「ああ、素敵な顔」って許せるし。

  逆に、不細工にどんなに優しくされても「ウザい!」って。

  これだけは、誰に非難されようが徹底してるよ。



2 女友達とのおしゃべり

  なんて「世のため、人のため」にならないこと延々と喋っているんだろ?

  その「時間の無駄遣い」感が最高に好きです。

  あっ、みんなごめん↑「無駄遣い」だと思ってた(深層心理)



3 相方さん



  こんなことブログでマジレスしてどうする。でもmaman さんも

  「この人以外ありえなかった」ってダンナさん挙げているし。

  しかも、うちの相方さんは、評判悪いとこでは悪いですから。

  でも、こんなに「素晴らしい人」いないと思ってます・・・はい。

  反論コメント上等!

  

★無条件でバトンを渡す人5人★



  ホントにごめんなさい!今から探します。バトンになってない!

みなさん風邪はひいてませんか?

最近長い文章が多いので、ちょっと短い妄想っていうか

とても、とてもやりたいことがあるのです。


それは、旦那の「欠勤依頼」


「失礼します、岡田(准一くんのことね)と申しますが

主人がいつもお世話になっております」


「熱を出して、寝込んでおりまして、

本日、会社を休ませていただきたいのですが・・・

はい、本当にご迷惑をおかけして申し訳ございません」


で、電話をおくと、会社の方では

「おい、俺、いま岡田さんの奥さんと喋っちゃったよーーー

すげえ、丁寧な感じ」とか騒がれたいのです。


とても小さな夢。慎ましい夢。

けれど、決して叶わない妄想なのです。



「そのもの青き衣をまといて、金色の野に降りたつべし」

また、やるのか『風の谷のナウシカ』

らん、らんらら、らららん。

『キングコング』のスカル島の谷のシーン

「腐海だ、腐海だ!」と思いませんでした?

さすがに「ナウシカ」に自分を重ね合わせるほど

おごがましくないけど(永作博美は、重ねてましたよ、身の程知らず)。

クラリスは重ねてましたよ・・・何度か。

ルパンにさらって欲しかった。

「おじさま、わたしを泥棒にしてください!」

「奴はとんでもないものを盗んでいきました・・・あなたの心です」

テレビで放映するたびに、画面を食い入るように見つめ

ブツブツブツブツ・・・セリフを合わせていた息子を

親は、どんな目で見ていたのでしょう・・・。

話は飛びますが、昨夜は、神宮前の「鶏味座」へ。

http://www.incas.co.jp/shops/index.html

焼酎がいっぱいあるみたいだけど、実は「飲めない」し

おしゃべりに没頭してました。

と、言うのも、一緒に行った女友達

ずーーっと年下の子なんだけど

「徹子の部屋」「食わず嫌い」に何度も出ていられるし

「週刊文春」では阿川さんと、「週刊朝日」では林真理子と対談

もちろんアカデミー賞には、何度も(脳内)で出席している方なの。

そう、同じ「妄想一族」の血が流れているのです。

神は出会わせてくれるのですね。

筒井康隆の『七瀬ふたたび』で超能力者に出会えた喜び。

そう言えば分かるでしょうか?

もしや、黙っているだけで、隣のあの人も?すれ違った彼も?

世の中には「妄想一族」、どれくらいいるのかしら?

彼女は理由あって旅立ってしまうのですが

(決して病院に隔離されるわけではありません)

遠く離れていても、妄想の世界で、再会を約束しましょう。

今日は、電波飛ばした文章と、自分でも自覚しております。

このブログを始めてから、女友達に「ごめんね、あなたを分かっていなかった」

慈悲の言葉を、投げかけられることが多くなりました。

これに懲りずにまたよろしく。

@womanTVフリークカフェで、お世話になっているマリリンと申します。

はじめまして。


@womanで簡単に出来るってことで、あたしブログはじめまーす。

あら、奥さん、ホントに簡単。


突然ですが、みなさん、おしゃべりは好きですか?

あたしは大好き。「機関銃のようだ・・・」とお褒めの言葉も多々いただきます。

でね、あたしが繰り出すのは8対2ぐらいで「負のパワー」を発する言葉なんですよ。

人の悪口とかね。下ネタとかね。まあ自慢できる比率じゃないんすけど。

でもそこは、顔も声も「かわいい」から大概許されちゃうんですよ~、てへ。

それに、どんなにヒドイこと言っても、雰囲気でごまかせたり(そういう計算、大得意)

あとで、謀略練って「なし」に出来るじゃないですか(『白夜行』・雪穂)


そこでインターネット・・・。匿名性もあるし、不特定多数を相手にするから

怖い」((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル  って、イメージなんすよね。

「かわいい」からって許されないし。ぶっーーー。

何気なく書いた言葉が、誤解されたり、傷つけたり(ええ、普段も面と向かって傷つけてますけど)

掲示板を読むと、人を徹底的に打ちのめす言葉が羅列してたり

熱い主張を振りかざしてるけど、どうみてもトンチンカンな意見だったり

(そういうバカは相手にしたくないし)


でも始めちゃいます。そんな「恐怖」よりあたしの「自己主張」の方が強いから。

「あたしは、ここにいまーーーす」by『彼女たちの時代』・・・古い?!

このままでは、妄想で、脳の許容範囲が越えてしまうから・・・

だだ垂れ流していただきます。誰も読んでくれなくたっていいの。だって「妄想」だから。


で、ハンドルネーム(って言い方でいいのかな?)

いろいろ考えたんだけど、TVフリークの「マリリン」でいきます。

これは、TVフリークを始めた当時、あたしの大切な女友達「アンジー」と

「(ブリジット・)バルドー」と「マリリン(・モンロー)」って呼び合ってたのが

そのまま、そうなっちゃったんだけど(そうだよね?アンジ―?)

「マリリン」のままだったら、TVフリークの多大なる読者も、このブログに呼び込めそうじゃない?

って、虎視眈々たる野望も含めてで。ただ面倒くさかっただけなんだけど。

ホントはね、今は「二コール(・キッドマン)」なの。

そこんとこはまた今度。


で、普段はまっとうな「キャリア・ウーマン」だから

自分のことは「」って呼んでます。

だから、公私混同して、文章にそう出ても気にしないでね。

だって、これは「妄想の世界」なんだから。


それでは、よろしくお願いします。






↑このページのトップヘ