妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!

カテゴリ: TRAVEL Europe

年末の旅行のこと
なんだか尻すぼみに書いてしまってた。

会社の後輩が、いまイタリアで
働いているので、彼女に会いに
彼女の同期(旅行に行くまでは
1回しか飲んだことなかった仲
しかも年の差 16歳!)と
ミラノに行き、そしてパリで
カウントダウン美術館詣したんですよ。

で、パリでは4日間過ごすはずだったんですが
なぜか2日間!!!なぜ?!
いや、こんな題名の映画があったから
記事のタイトルにもしたんだけど
そもそも“恋人”じゃないし!
社内の人に、いい年した男女ふたりで
旅行すること吹聴してたのに、
誰一人として「ふたりは、もしかして
もしかして、付き合ってるの?」って
噂にもしてくれなかった!!


イタリアを満喫したあと
ミラノからパリに飛ぼうとした空港で
チェックインしようとしたら
オーバーブックで、飛行機を変えてくれ!」
「えええーーー、無理やん!!
時間を効率的に移動しようとしたから
このスケジュールにしたのに!」

「ハァ?一生懸命、こっちは
ほかの便に乗られるよう手配してるんやろっ!」
って
なぜか上からの物言い。
はぁーー英語を満足にできないニッポンジン。
そして、あんまり責任感じてないような
ラテン気質のイタリア人

そんなこんなでパリには深夜着。
一日つぶれた!

「あぁ、16歳も上だもん。
しっかりしなきゃ!」
って
気負いが入りすぎる僕に
「私のことは気にしないで
まずは自分が楽しんでくださいっ!!」

戒められる始末。
私は、大丈夫ですから!と。

そんな彼女が最終日
「あれっ?アレッーーーーー!!!
リュックが開いてる!!
えっ?えっ?!ええーーーー!!」


朝一番でモンマルトルの丘に観光して
こっからどこに行こうかと
ふたりで駅の路線図とガイドブックを照し合せてた
直後ですよ。

「すみません、財布盗まれました

 エェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?

しかも、その日の夜の便で
日本に帰国するので、
ホテルもチェックアウトし、荷物を預け
財布も日本の仕様に戻してて
クレジットカードや会社の社員証や
ポイントカードもすべて入っている
ブランドものの高価な財布!


全然大丈夫じゃないじゃん!
もう、小銭は、捨ててもいいような
昔使ってたボロ財布
紙幣は、白いアミアミの貴重品入れ?
それで服の下のお腹に巻いておかなきゃ!

(って、初めての海外旅行のころは
そうしてた気がする)

ガイドブックにも書いてある通り!
実地体験ですよ。
52B42C0D-2B6A-4FBD-B55C-D4BFCC8C2DE9

いや、僕自身、まったく気づかなかった!
(全然、しっかりしてない!)
隣にいたのに、「あのときじゃね?」とか
思い返して地団駄を踏むときもないくらい
分からなかった。敵ながらアッパレ。

その後はJCBパリに
カードを止めてもらい行ったの。
ほかのマイレージが貯まるカードばかり使うし
年会費ムダだし、JCB解約しようかな、とか
正直思うこともあるんだけど
素晴らしい!!日本人がいるJCB!
彼女が持っていたほかのカードを止めるのを
手伝ってくれたり、保険会社に連絡してくれたり
その間、僕は温かい飲み物を飲みながら
ソファに座って、日本の新聞や雑誌読みまくり。
1回だけ、なにかの手続き確認のために
「うちの会社の住所なんでしたっけ?」って
彼女に聞かれて
暗記してた住所を答えただけですよ。
それ以外、まったく役に立ってない!!
開いてて良かったJCB!!
やっぱり持ち続けますよ。

そして、(盗難の保険の申請書もらいに)警察に
フランス語で、どうやって盗まれた状況を答えるの?
そんな語学力ありませんから!

(もう、本当に役に立たない)
恐る恐る警察に行ったら
「ドウシタンデスカ?」って
日本語を話す、フランス人のイケメンポリス!!

あぁ、やっぱりこの辺で盗難に遭う日本人
多いんだよ!って、なぜか自分達だけじゃないと
思うと、悔しさも薄れ。
僕は警察の椅子に座って
出入りする人たちを観察。
あぁ、あの人は制服を着てないけど
眼光鋭いし、はみ出し者の刑事?
いきなしテロリストが入ってきて
警察を封鎖しないかしらん?
そして、あのカッコイイ警察官に
「ボクノソバニイテ!
アナタヲマモルカラ!」なんて……と
ひとり妄想タイムですよ。


帰りの飛行機で
「今回の旅、なにが一番思い出に残ってますか?」
と聞かれて、開口一番
「パリの警察!」
彼女の傷口に塩を塗るようなこと言ってしまった。
(*ノε`*)アチャー

4日の観光予定が2日間しかできなかったけど
すごい貴重な体験だった。
平和ボケのニッポン
日常生活では、自分が犯罪に巻き込まれるとか
まったく思わずに生きてるし
旅行も慣れてきて、いつのまにか緩んでた
自分の危機管理能力を、今一度引き締め直したぜよ。


あぁ、でもまた男にはついて行ってしまいそう。
パリの男に声かけられたらイチコロだよ!
僕は男で身を滅ぼすタイプだ!

イランでコロサレル!と思った話はこちら

さっき金スマでやってた銀座の母の手相。
確かに「男に貢ぐ」線が
ハッキリとクッキリと出てたし!
当たってる!

 

『マツコの知らない世界』の
「小室プロデュースの世界」
観てから、明け方まで
♪さーよーなら スィートペイン♪
♪輝く白い恋の始まりは~♪
♪愛しさと切なさと心強さと~♪
と、と、止まらない!!!
(脳内ではイントロ付き) 

(マツコ)「時代そのものを作ってたというか
一国の指導者みたいなもんだったと思うんですよ。」
(小室)「自分が作ってる曲が
自分自身を超えてしまった」
ほど耳にして
口ずさめる小室哲哉さんの楽曲。
(中森明菜の『愛撫』と安室は
カラオケでいまだに歌い踊るもん)

それが、今や
年末年始の旅行の行き帰りの飛行機での
「邦楽最新ヒット曲」チャンネル聴いたら
宇多田ヒカルの歌しか知らない!

そもそも歌声も彼女しか認識できなかった!
(小室さんも言ってたように、彼女の登場は
本当に衝撃だったもん。だからこそ
最新アルバムの藤圭子へのレクイエムや
母になって良かった賛歌は
浜崎あゆみの心の綴りと変わらないから
なんかつまんなーーーい)

でも、年のせいか、関心のなさか
昨年(ここ2、3年)ヒットした曲が
まったくわからない。


もうね、だからか(だから?)
今回イタリアでもフランスでも
写真のポーズに困ったら
『恋』ダンス頼み。

IMG_0198
DFA4A31D-8864-4246-9F09-1D14CFE644A4

来年になって写真を見返したら
なんで?ダブルピース?
しかも片手は裏ピース?

不思議がるかな~?
エッフェル塔や凱旋門の前で
『恋ダンス」踊って動画も撮ったけど
あの羽生くんの腰つきには到底及ばない。

ルーブル美術館では
なんと!「アイハブアぺーーーン」

IMG_0640

ピコ太郎とのコラボ
(普段こういう流行りものには
食いつかないのに!
やはり若者との旅が浮き足立たせたのか?)
でも、誰も反応してなかったから
世界で流行ってないよ!!(逆ギレ)

今回、そのルーブルには25年ぶり!

6D99B227-1600-43EA-949A-4DB6BCCC1225

そして、モネの睡蓮があるオランジェリー

IMG_7626

初めてのオルセー

IMG_7639

3つの美術館を回ったんだけど…

IMG_0682


すみません,芸術に疎い僕は……

('ε')ふーーーん。

IMG_7651


('ε')ふーーーん。

(・∀・)あーーモナリザになって
世界中の人の被写体になりたい!
フラッシュを浴びたい!

名称未設定 1
IMG_7556
B14A2749-CFB9-4D7C-B1CF-30F8CFB2DB6E-1


(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? 進撃の巨人?!

DA00F69A-6BCF-44CA-8E14-9FAFB5F4E256

もう、そっからは、
「これはエロではありません!芸術です!」
ってヌードになる女優がいるけど
これは「芸術ではありません!
歴史上のエロネタです!!」目線!!


IMG_7541
IMG_7534
IMG_0689
IMG_0697
IMG_7568
IMG_7647
58891482-5559-4F45-AD24-97A59CD008E5

芸術の都まで行って
僕は何を鑑定しに行ってるんだ?!


人生で最後に食べたいものは?

死や老いが現実味を帯びてくると
「消化にいいものが…」
「ちゃんと噛み砕けるものが…」

考えてしまう。

でも、最近、海外に行くと
帰りの飛行機の中では
「あぁ、セブンイレブンのおこわの
おむすびが食べたい!」


安室のライブにいつも一緒に行ってくれてた
16歳下の会社のAちゃんが、
(彼女は、幼稚園、小学生の時に
安室を聴いていたらしいんだけど('д` ;))
イタリアに移住したんですよ。
で、去年も会いに行ったんだけど
それから1年。
その彼女の同期のBちゃんが
「年末年始、Aに会いに
一緒に行きませんか?」


と。

「へっ???」

Bちゃんとは、会議で同席することはあっても
一緒のフロアで働いたりはしたこともなく
Aちゃんが帰国した時に、
3人で一緒に飲んだことがあるくらいだったの。

社交辞令かなぁ、って思ってた矢先に

「Aのところに行った後、
パリに行ってもいいですか?」


(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?現地集合、現地解散じゃないんだ?!

「 安いチケットが残り3席です!
取っていいですか?」

(゚ロ゚;)エェッ!?行き帰り、飛行機もずっと一緒なんだ?!
って言うか、マジで行くんか!

もちろんそれは「イヤ」だからではなく
こんなおっさんと四六時中一緒でいいの?
飛行機なんて、至近距離、
加齢臭とか大丈夫かしらん?

ランチ1時間ならごまかせるけど
2時間以上はヤバい!
「こいつ、底が浅い、面白くない」って
バレてしまうε=ε=(;´Д`)


そしてBちゃんは若いだけでなく
社内でも有名なくらい可愛くて
みんなの人気者。

そんな彼女に、こっちから図々しいかな?
思いつつ、こちらから

「ねぇ、部屋は別でいい?」

って、Bちゃんは
「当たり前だろ!お前から言うな!」って
もしかしたら心の中で思ってたかもしれないけど
ニコニコと「もちろんいいですよ!」っと

やっぱり可愛くて、愛されて
育ってきた子は、屈折したものがないのかなぁ。

社内の人にも、僕との旅を
「楽しみと」吹聴してたんだけど…

それを聞いた会社の人誰一人として
「二人は、付き合ってるの?」なんて
邪推してこない…


社内の45歳のおじさんとアラサーの女性が
ふたりで旅すると言うのに!!

そして、そっからは年末の忙しさもあって
何も決めずに、イツノマニカ ミラノ!!

IMG_7464
IMG_7472


でも、本当楽チンだった!!!
イタリア語もペラペラになっている
Aちゃんのアテンドで
次から次へと地元で人気のレストランへ。

なので、日本人観光客にも全然会わないし
メニューも細かく訳してくれるからバッチシ!
通訳とガイドさんがいるようなもん。

IMG_7374
IMG_7379

イタリアのティラミスって
なんでこんなに美味しいの?


IMG_7467

イタリアの生ハムって
なんでこんなに美味しいの?

IMG_7489
IMG_7492

甘いもの大好きで良かった!!

あと自転車が大好きなBちゃんが
行きたい!と自転車で有名なブランド
(僕は初めて知った)
ビアンキ(Bianchi)
カフェがめちゃくちゃ良かった!
(ミラノに行く人はぜひ!!)

IMG_7497
IMG_7499
IMG_7504
IMG_7505
IMG_7506

お皿も自転車柄!

そして、そして、3度目の正直!!!
今まで「予約」でいっぱいで行けなかったんで
(1回目は「予約」しなきゃいけないことさえ
知らなかった)
今回は、手数料を払って、現地の旅行会社(?)に
取ってもらった
『最後の晩餐』

15分ごとの人数、閲覧制限

幾つものガラスの扉を通り過ぎて
「どんだけ、厳重なんだ!」と
神妙な気持ちで3人で絵のある部屋に入ったら


(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
エエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエ

グループの他の皆さん
カメラでパシャパシャ、スマホでパシャパシャ
部屋で待機している警備さんたちからの
お咎めもないし、壁には「フラッシュ禁止」と
書いてるのみ。

IMG_7439
IMG_7432

エエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエ

こんな有名な壁画を、写真撮り放題なんだ!

今回、職場の、すごい年下の子との旅。
「人生、生きてると、働いていると
思ってもみないことがあるなぁ」
と。
そして、そんなアラサー女子との旅ができるなんて
ゲイで良かったなぁ、と少し思ったり。


 

あけましておめでとうございます。

今日はずっとボーーーっっとしてた。
明日から働けるのだろうか。
無性にラーメンが食べたくなって
1年に食べるか食べないかのラーメン
そして、一人外食!

お店の有線で流れてた
手嶌葵の『明日への手紙』に、
地方から出て来たばかりで
仕事にも、都会の暮らしにも慣れない青年が
田舎に帰れない大晦日の気分になって
遠くに光る東京タワーに泣きそうになってしまった。

ええ、大学卒業して、社会に出て20数年
(定年までの年数の方が全然短い!)
孤独に慣れきったおじさんですが!

しかも、この年末年始は
会社の子、16歳下、しかも女子!
部署も違い、飲みに行ったことも2、3回!の子と
パリで、カウントダウンして来ました!

観覧車に乗って、位置確認もすごい霧!
IMG_7620
IMG_7618
29F6B0F5-DE93-49D7-B236-12204263F76D

大晦日の夜は、ホテルからの時間も
見る場所も考えずに出発し

乗り換えの駅に着いた時点で年越し5分前。
電車を飛び降り、雄叫びをあげる
フランス人たちに混じって
駅の階段を駆け上って
エッフェル塔の
シャンパンフラッシュ!!

多分、時間は12時ぴったりを越えてたけど
ギリギリで見られた!

IMG_0704

「ハッピー!ニューイヤー!」って
とにかく叫んでおいた!!


日本語でもなく、フランス語でもなく英語で。

2D9F2498-BE93-481D-A74F-6318AD41C0B6

もう、その後も僕はグダグダ
いや、グダグダにしちゃいけないって
気を張って、
逆に
その気を遣いオーラ(アピール?)が
相手を負担にさせちゃったような。
だって年だけ取って役に立たない僕('A`|||)
ずっと一緒にいると、「底が浅い」
「面白くない」人間のことバレちゃうし。

でも、職場の同僚でもなく
同世代の友だちでもなく

とっても不思議な旅だった〜。

中学も高校も修学旅行は海外
そしてデジタルネイティブ!
Wi-Fiとグーグルアプリで
サクサクと移動し
撮った写真もすぐに共有し
iPhoneを使いこなす
その旅の方法にすごい勉強になった!

旅だけでじゃなく
これから会社でも、社会でも、
いろんな年代や価値観の人と接するんだもん。
すぐに閉じちゃう心や
固まっちゃう頭やルールを

アップ(?)デートしなきゃ、と
強く、強く反省?
抱負を持った新年でした。

これが2017年の僕のささやかな明日への
誓い
です。はい。

IMG_7691

 旅の続きはまた!

行きの飛行機内映画では
アンジェリーナ・ジョリー
ブラピと共演して監督した
『By the Sea』も観たんですけどね

 日本で大人気のアンジーなんで
あまり大きな声では言えないけど
(書いてる)
元ヤンのアーティスト気取り
工藤静香と同じく退屈〜

てか、二科展って?なに?なに?
スナックに掲げる絵品評会?!

演じてるだけで(歌ってるだけで)いいじゃん!!
『禁断のテレパシー』も『黄砂に吹かれて』も
大々大好きな歌だもの。

って、話がそれたけど
海に囲まれたドブロブニク
日本人女性(ひとり旅、母娘旅)が
いーーーーっぱいいたよ!

もう正解でしょ!
女性が旅するには、ネコ!食べ物!
きらめく海!まばゆい陽光!中世の街並!!

はらたいらさんに3000点!
さらに倍!残りはカンガルー募金に寄付の
大正解ですよ!!!@クイズダービー

僕は観ていないんですが
『ゲーム・オブ・スローンズ』の舞台(撮影?)にも
なってるらしく欧米人の観光客も多かったよ。

日本からのツアーだと新市街の
リゾートホテル宿泊になっちゃうから
個人で行って、旧市街のなかの
家の部屋を貸し出すプライベートルームに
泊まった方が、安いし、疲れたらすぐに戻れる!

(ネットで予約出来るし、そういうとこは
シャワーもトイレもキレイで完備!)
朝食はついてないけど、近くのベーカリーで
買ってきて、大概キッチンのコーヒーや紅茶は
無料で飲み放題だから、
そっちのほうがゼッタイいい!!
レストランやカフェ、
アイスクリーム屋さんもたくさん。

夜も安全。観光客も少なくて
静かでいい感じ〜。


IMG_6495
IMG_6365
IMG_6522
IMG_6512
IMG_6515
IMG_6505

初日は雨で、暗かったけど
そうだよ!真っ青な空、海!
キレイな景色は写真でもテレビでもネットでも
いつでも見られるじゃん!
と気を取り直し

IMG_6261
IMG_6265
IMG_6248

です。教会で
「晴れますように!」と必死に祈り


IMG_6222
IMG_6225

流れていく雲

IMG_6559

やったーーーーー!!!!

IMG_6535

スコーーンとした快晴じゃないけど
晴れました!!

IMG_6430
IMG_6458
IMG_20160504_055302

日が暮れてアドリア海の真珠

IMG_6475

25年前は戦火の街ドブロブニク
いまの世界も、日本も
そして自分も、テロ、天災、病気
いつなにが起きるか分からないもん。

行けるうちに行かなきゃ!って
ますます強く思った旅だったよ。

次は、夏に来て、ヌーディストビーチを
覗き見に…。

IMG_20160504_191227
 

↑このページのトップヘ