妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

カテゴリ: TRAVEL

ハァ?GoToトラベル?!
政府は頭おかしいんじゃね?!(*`Д')

と、憤ってたはずなのに
自分が旅してる…
コロナ禍でいろんな価値観がある中
こんなのブログに載せたら炎上じゃね?
そもそも、こんな時に不要不急で出かけるって
(新型コロナウィルスを持ち込む危険もあるのに)
やっぱヤバいんじゃ?と。

それでも、今は、行って良かった!!

暑い中、ずっとマスクして
食事処、観光施設、どこに入るにも検温して
住所「横浜市」なんて記載して
(東京都と書くよりはマシなんじゃ、と姑息なオレ。
GoToの制度はわからず使わなかったが。
鹿児島の人に、怒られるんじゃ?!
ドギマギして
(誰も彼もが優しかった!)

日本全国転勤しまくりの友だちが
「鹿児島がダントツで最高だよ!」
って主張してたのが
納得!身を持って感じた(あくまでも
通りすがりの旅行者の立場だけど)

黒豚!鶏肉!!魚介!!!さつま揚げ
軽羹に、氷白熊!!!

食べ物が美味しいし

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_1136
FullSizeRender

(全てのサイズが大きい!
でも、美味しくて食べられちゃう!)


何より、鹿児島に住んでた向田邦子さん
エッセイに書いてた両棒餅を食べられて良かった!

IMG_1118


市内でも銭湯?と思いきや、数百円でどこも温泉!!

FullSizeRender

街からすぐが海!!

IMG_1200

行ってから初めて知ったのだが、
街を走る路面電車
遠い異国のような、懐かしい日本のような。

IMG_1131

日中は仕事だった友達にも
鹿児島出身の会社の人にも
「レンタカーがあれば、もっともっと
いろんなところ廻れたのに!」
って
言われたけど、
何時間に1本の長距離バスや電車に揺られたり
それこそ目の前で出発するバスに
間に合わなかったりしても

年のせいか?空気のせいか?!
せっかちな僕が、「まっ、仕方ないか」て。

そう、こういうハプニングやリサーチ不足
ガイドブックも持たずに突然やってきて
未知な場所へのワクワクや不安
(観光案内所の人が教えてくれる有意義な情報!)

僕は、この先も、どうなるかわからない社会
自分の身体!
大きく変わる環境、新しい常識
対応していけないかもしれないし
間違った選択もするのでしょう。


それでも、この閉塞した気持ちや、世界の中で
聞いたり、見たり、
決めたり、身を任せたり、動いたり。

こういう旅ができることって
人生が送れることって
どの瞬間も、尊いことなんだ!!!

なーんて、カッコつけて書いてみたり。
てへ(*´∇`*)

帰りの飛行機は、羽田空港のルートが変わって
思いっきり、東京タワーの上を通過するんだね。
(遠くにスカイツリー)

IMG_1197
IMG_1196

そして、羽田空港は日本の航空会社の
飛行機しかいなくて
しばらくは海外なんて行けないんだろうな


FullSizeRender

また、気をつけて働いて、どっかに行こう!

IMG_1198

や、ヤバい。日焼けしとる。
会社では、ステイホームで
実家のベランダで焼いたことにするか?!
そのくらい、青い空!白い雲!!
異国のような鹿児島だったよ。

日本発祥の地とも言われる
霧島神宮に行ったんだけど
(伊勢の時も思ったのだが
元ヤンぽい人の神社参拝率の高さたるや!)

IMG_1154
IMG_1157
IMG_1159

深い、深い山と緑
神様がいた太古の時代から
この眺めは変わってないんじゃ?!

IMG_1188


そして、こんなに連なる山を越えて
九州の果てから

(テレビも新聞もネットもないのに!!)
鹿児島、薩摩の人たちは、島津家は
あそこまで、日本の政治に関与して
歴史に影響を与えたんだろ?!

(西郷さんや大久保さん
五代友厚さんとか銅像いっぱい)
海外との交流も盛んだっだんだろう?!
スゲェーー!!(*´Д`*)

世界遺産にもなってる仙厳園
桜島を一望できる島津家の御殿に行ったら

IMG_1130
IMG_1127
IMG_1122
IMG_1128
IMG_1125
IMG_1124
IMG_1123
IMG_1129

こんな雄大な景色を毎日見ながら暮らしてたから
心も自由に、どんどん広がっていったのかなぁ。

IMG_1126

歴史(幕末)にまったく興味がなく
司馬遼太郎の本も読んだことない!

大河ドラマも、三田佳子先生の『いのち』と
『篤姫』しか観たことのない僕にとっての
大人の修学旅行!

観光客も少ないせいか、色々説明してくれる
館内スタッフの方の言葉に「へぇー」って。

そして、知覧の近くに残ってる武家屋敷


IMG_1148
IMG_1145
IMG_1146
IMG_1150
IMG_1147

なんか、鹿児島って、霧島の太古から
幕末と、歴史が地続きで繋がってるーー。
雄大!壮大!!


鹿児島で、ハイ、消えた!!
なんでもコンプリート癖がある僕
日本の都道府県を踏破したいのだ!
「行った数じゃなく、何を見たか、
何をしたかじゃない?」なんて
正しい答えは要らんのじゃ。
そもそも、青春18切符を使って
日本全国回ってたのって大学時代。
そっから30年行ってないとこ多数あるし。

それでも、未踏の地であり
そして、「死ぬまでに行きたいリスト」の
場所があった鹿児島

そこは「知覧」!!
太平洋戦争で沖縄を攻撃してくる米軍を
止めるため、爆装した飛行機もろとも
敵艦に体当たりする特攻隊。
彼らの本土最前線基地となった知覧。

僕にとって、「原爆ドーム」
「ひめゆりの塔」に続くんだけど
ひめゆりの塔は、自決する少女たちの想いが
辛かったけど、
今回はさ、「必殺必沈!」「武運長久」と
命を落としていく若者たちを見送る
親目線で、もう、苦しくて、泣けて泣けて
彼らの写真と遺書が展示されてる
知覧特攻平和会館で、涙駄々溢れ
マスクがあって、良かったよー。

二十歳前後の男の子たちの、字がきれい!
(きれいな人が選ばれてるのか?)
それこそ、僕みたいに丸文字もあったり。
顔写真も、イマドキのイケメンがいたり。

父上様、母上様
永い間待ちに待った日が参りました。
喜んで死んでいきます。
敵空団轟沈を聞いて、
私が体当たりしたと思って喜んでください。
桜の様に潔く散ります。

人世の総決算
何も謂うこと無し

日本男子の本懐であります。

強く言葉を記す裏で何を思ってたんだろ?

母上様 親孝行できなくて
申し訳ありませんでした。

(妹に)家族をよろしく頼む。
できれば早く嫁にいきなさい。
何もしてやれない兄ですまなかった。

無念だったろうなぁ。
何をゴールに決めて
何を犠牲にしたの。
もっと、違う青春
もっと、違う毎日を過ごせたんじゃ?て。

いまも批評家やSNSでさ
軍拡やすごい好戦的な発言する人がいるけどさ
戦争経験してて、「またやりたい!」て人
聞かないじゃん。
どんな横柄な政治家でも
独裁者のような経営者でも
みんな、戦争は良くないって、言うじゃん。
そこは、経験者の先人の意見聞こうよ〜。
若い子たちの人生が奪われるのは
イヤだよ〜。

コロナで、観光客はどこもいないけど
ここだけは、人がいた。
いるべきだと、来るべきだと、思った。
終戦記念日を前に、来られて良かった。

玉音放送が流れて
「偉大な大日本帝国が!」と
悔しかった人もいただろうけど、

こんなバカげたこと終わる!
政治家の愚策の、世間の同調圧力のせいで
俺の、私の青春無駄にしたくない!
学校にも行ける!人にも会える!!
どこにだって行ける!未来を夢見られる!!
そう思った人も、多くいたのかなぁ。

IMG_1120
IMG_1121
IMG_1119
帝国軍の指定食堂となり
特攻に赴く若者たちが集った
富屋旅館

(親が以前来た時は
鳥濱トメさんご存命で、会えたとのこと)

IMG_1144
知覧で、あっ!ひこうき雲!!
見上げたら、虹がかかってた!
写真だと分かりづらいが。

IMG_1149




今回の記事は、コロナのこともあり
怒る人には怒られちゃうかも。
うちの親は自然が大好きで
バブルの時に、信州に別荘を建てたのだ。
僕はまったく興味がなく
学生時代や20代の頃は
友だち何人かでドライブがてら
行ってたんだけど…

ここ、10年くらい行ってない(・Д・)

でも今年の夏休みは
別荘なら、誰に会うこともないし、
ひとりで行こうかなぁ?と。

で、実家で鍵を受け取って
京浜急行に乗って東京に向かってたら
やっぱり、車の運転20年もしてないし
レンタカーはヤバいかぁ。
他人の人生も奪ってしまうかも((((;゚Д゚)))))
駅からバスで近くの村まで行ったとして
その先は?食事は?温泉は?
どうやって過ごすの?!
そもそも隣の家まで何分もある
あの家にひとりで泊まるの?
(人を殺したら、処理には困らない家!)

なんか、めんどくさくない?
うーむ。

そんなネガティブなこと列挙してたら
途中下車して
そのまま羽田空港に行ってしまった。
高校時代の友だちが単身赴任してる県が
未踏の地で、いつか行く行く!と言ってて。
LINEしたら、ちょうど入れ違いに
お盆休みで横浜に帰るけど、今日はいるよ!と。

空港も機内も人がいない!

IMG_1004
ラピュタみたいな大きな雲が現れたら

IMG_1032
その中は富士山だった!

IMG_1033
飛行機はガラガラだったので、
窓際でパシャパシャ。

IMG_1036
IMG_1035
そして、連なる山、深い緑

IMG_1037
IMG_1038

空港に到着して
母に電話したら
「別荘着いた?水道とガスの元栓わかった?」

「あっ、行くのやめて
今、鹿児島に来ちゃった」

「ハァァ?( ´△`)」

まぁ、そうなるよなぁ。

いまは、台湾の空港です。
といっても、ここは通過点。
今から、また飛行機に乗ります。
台湾の人は、旧正月に旅行する人が多く
年末年始の飛行機が日本みたいに
高くないのだ。

でも、ここまで来たら
台湾の地に降りたい!!!
今年、楽しかったことのひとつ
カータンと龍羽先生と行く
台湾ツアー

ちょっとだけ合流したこと。


帰り、空港へ向かうバスの中で
搭乗口へのエスカレーターで、

なんでみんな泣いてるの?!
たった2泊3日の旅行で何があったの?!
なんで、みんなそんな幸せそうなの?!

その答えは!?
来年は、僕の代わりに
みなさんも参加して確認してみて!

そして、新しい未来に行きましょう!
また詳しいことは
カータンのブログをcheck!


【台中編】
日程:2020年3月7日(土)〜3月9日(月)
料金:136900円
出発地:成田、中部、関空、福岡
航空会社:チャイナエアライン
宿泊ホテル:国賓大飯店(2〜3名一室)

【台北編】
日程:2020年3月11日(水)〜3月13日(金)
料金:134900円
出発地:成田、中部、関空、福岡
航空会社:チャイナエアライン
宿泊ホテル:国賓大飯店(2〜3名一室)

それでは、僕は違う国に行ってきまーす!



↑このページのトップヘ