妄想特急999

ブレーキ壊れた妄想特急ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ止まるときは何かにぶつかる時。MOVIE!BOOK!COMIC!TRAVEL!「欲望」という名の列車に乗って日々加速中!まずは http://mousouexpress.blog.jp/archives/6265440.html を読んでもらえれば。

カテゴリ: TRAVEL Africa

今回のエジプト旅行

現存している唯一の世界七不思議のピラミッド
(バビロンの空中庭園見たかったなぁ)
呪われたツタンカーメン黄金のマスク
アガサ・クリスティが描いたナイルと
見たいものがたくさんあって
(アブシンベル神殿とか、十戒のシナイ山とか
紅海とか見てないものもたくさんあるんだけど)

でも、いちばんの目的は
相方とケンカしないで仲良く旅行する、だったんだ。
前回一緒に行ったタイはいろいろありまして
その後もいろいろありまして…(ノ◇≦。)
今回はイスラム圏、女性問題はナイかなぁ、と
安心はあるものの、この荒れ狂う自分の感情に
いい加減愛想を尽かされるんじゃ?


あたしは旅行行く時とか(そもそも恋愛においては)
暇さえあれば妄想していて、
頭の中で勝手にシミュレーションしちゃうんですよ。

それでも旅は、特に異国では不測の事態が起きる訳で
そんなときは、瞬間沸騰

キぃっーーー(〃*`Д´)ってなるの。
気ままなひとり旅や女友達との旅はまだしも
彼といるときは「ふたりの旅の思い出が…悪くなるだろぉ!」と
余計マグマがたぎるんだよね。

そんで当の彼は、焦らず慌てずマイペース。
そんな姿を見ると「誰のために計画したと思ってんの!」って
攻撃の矛先を彼に向けて、負のスパイラル。

勝手に脳内で思い描いて、イレギュラーなことに
柔軟性や許容量のキャパが狭いあたしがいけないんだけど

(それはいつもの恋愛そのものに言える)
何度旅行を繰り返しても、いつも期待と不安で
いっぱいいっぱい。

「旅は自分探し」とかなんとかほざいて
そんなダメダメな自分なんて見つめたくもない!!

それが今回は、なにが起こっても「ハハハハハ」と笑える
余裕があったんだよね。

アフリカの大地の暑さに、太陽の陽ざしに
遺跡での下からの照り返しに思考が溶けたのか
エジプト人のいい加減さに、どうでも良くなったのか。

なにより何千年と残るピラミッドや遺跡や
眠り続けるミイラの姿に
果てしない時間の流れを感じ、改めて
自分なんて「なにものでもない」のに
なに、シリアスに、彼にとって重要であろうと
がんばっちゃってんの?

いつものように浅はかでいいや!って思えたんだよね。

人間が平等に持てるものって、
たったひとつ「時間」だけじゃない?

またあたしは、これが、時間の使い方が下手なんだが。
死へのカウントダウン、その残り時間を
使い切らなきゃ!といっつも焦るように
仕事したり、映画を見に行ったり、
小説や漫画を読んでるんだけど
この一週間は、好きな人の横で、
好きな人のことだけを一日24時間考えてればいいんだ!

それって、すんごく幸せじゃん!
それでいいじゃん!って。


ごめんなさい、
こんな話ブログで書いても、
それこそナルシストの権化みたいでウザいよね?!

だから、恋愛ネタはあんま(これでも)
書かないようにしてるんだ。
今日はちょっといろいろあって、情緒不安定(笑)

この先どうなるかなんて分からないし
価値観も相性も合ってるか、怖くて確認できないけど

こうやって、いろんなとこ行ったり
残りの時間を全部賭けてもいい、と
(今は)思える人に会えて良かったのだ。


script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/ameblo.js.php?upwh=67368-1252385444-340-453

カイロからタクシーをチャーターして
20分ほど、町の建物の先に
(山手線から遠くに見える
東京タワーみたいなイメージ)

「あっ!( ゚∀゚」)」 ピラミッドだ!」
ふいに現れます。

妄想特急


正直ね、森を抜けるとドデェーーーンと出現する
アンコール・ワットの衝撃ほど受けなかった。

でもね、でもね、とーーにかくデカイっ!
大きさを想像したことなかったから
期待や不安に適わなかった訳じゃないんだけど

妄想特急
妄想特急

分かる?あたしや彼(下の写真)が写ってるんだけど
判別できないくらいでしょ?


吉村先生がいくら発掘作業に専念してようが
もう認めましょうよ!
ピラミッド、これ、絶対、
はるか昔に宇宙人がつくったね!

そうとしか考えられないもん。
建築的に、天文学的にとかその精緻さや不思議さは
分からんけど、もう存在そのものがミステリー。

ギザだけじゃなく、サッカラの階段ピラミッドやら
屈折ピラミッドを回り回りました。
ホテルでタクシーをチャーターしたら
キレイなワンボックスカーで1日400エジプトポンド
7000円ちょっとで回ってくれたよ。
遠近法を使って、ピラミッドを掌に乗せてみたり
スフィンクスとキスしたり、
くだらない写真を撮るためだけに(笑)


正直ね、ピラミッドだけじゃなくエジプトの遺跡は
宝を狙った墓荒らしのせいか
ローマやギリシアみたいにキレイに現存はされてないんだよ。
でも、迫力が違うっていうか
ルクソールのメムノンの巨像
あたしとの比較でこんなです。分かる?

妄想特急

墓荒らしの一番の目的、ピラミッドの中身も
いまや空洞。
古代エジプトの象形文字ヒエログリフ
妄想特急
昔、朝日新聞で連載されていた
長谷川町子さんの絵文字エッセイ
『サザエさんうちあけ話』を思い出したり。


実際ツタンカーメンの仮面やら秘宝がある
エジプト考古学博物館で、いちばん驚いたのは
ワニのミイラ。
ほかにもロイヤル・ファミリーのミイラは
2000年の悠久のタイムトラベル。
そこにエジプトの旅行の醍醐味感じましたよ。


そして、ピラミッド内部への通路はカビや汗臭く
(ツタンカーメンの呪いは、そのせいなんだろうな)
とてつもなく狭く、不自然な足の曲げ方で
降りていかなきゃならんのです。

そのため、あたしたちふたりは翌日、かなりの筋肉痛。
思わず外資系5つ星のインターコンチネンタルホテルの
SPAに行って、マッサージをお願いしちゃったよ。

そこで、大失敗!
今回、あたしはアラビア語の指差し会話集みたいなのを
持参したんですよ。
それはそれで大正解で、
ホテルやレストラン、水たばこのカフェの従業員
道往く人に尋ねるときも、拙いアラビア語でしゃべりかけると
大喜びされてたのね。
で、ホテルのマッサージ室。
『のだめカンタービレ』でもあったけど
(奇しくものだめは単行本最新刊でカイロへ!)
施術してくれる男性に「太ももが痛い」と。
キョトンとするマッサージ師。
「だーから、アタシ、フトモモ、イタイ、デス」
悲しそうな目で、あたしにうなずく彼。
「アレ?ちゃんと伝わったのかな~?おっかしいぃなー」
ベッドから起き上がり、今一度会話集を確認。
<旅のトラブル編>に書いてあったよなぁ、えーーーと
ぎゃぁーーーΣ(@Д☆)
あたしがさっきから繰り返していたフレーズ、
「太もも痛い」の下の段
「アタシ レイプ サレマシタ」だぁーーーっ!!

クルマと人であふれかえるカイロの街

妄想特急

ほかのイスラム諸国より
女性が社会進出しているエジプトだけど
町往く女性はまだまだ、目しか露出せず
全身を布で覆っている人が多かったよ。

なのに、ショーウインドウのマネキンは結構派手。
どこで着るんだろ?

妄想特急

あたしは、暑さ対策のために
タンクトップを、生まれてはじめて買っちゃった!!
エロ本買うより恥ずかしかった(*≧∀≦)ゞ
ご存知のように(って見たことないか)
あたしは胸板なんてもんはないので
テロテロのを着たら、とんでもないことになる。
(っていうか、ファッション的にもイヤ)
原宿にあるタンクトップのお店に行って
生地が厚く、きっちりしたやつを購入。
そこの店員さんは、鍛え上げた胸板で
どうだーって言わんばかりのタンクトップ姿。
「す、すみません。この上にシャツを羽織るんですよ」と
お客なのに、言い訳なんぞしちゃいましたよ。


ええ、実際、その上に七分袖のシャツを着たんすが
風が通り抜けて、快適で正解。

日本みたいな不快なムシ暑さではないんだけど
とにかく喉が渇く。あぢぃーーーー
(埃がすごいせいかな?うがい薬が重宝したよ)
水の飲みすぎで、しかも硬水で日本人はお腹を壊すって
聞いてて、行く前はハラハラしてたんですよね。

でも、そんなの気にするより前に、喉が渇く!!
ミネラル・ウォーターというより、7UPとかファンタとか
炭酸飲料が飲みまくってた。

(日本じゃコントレックスも苦手なくらい
硬水飲まないけど、エジプトのミネラル・ウォーター
問題なく飲めたよ)

そしてなんといっても街角のジュース屋さんの
マンゴジューース@50円弱
(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!

妄想特急
妄想特急

これはね、マジであたしの人生で
<おいしい飲み物第1位>に認定してもいいくらいっ!!
しぼりたてのマンゴのシャーベットを飲んでるよう。
一日何度も、そして最終日も空港に行く前に
わざわざ飲みに行くほどふたりしてハマッたよ。

ちなみに、相方はスーク(市場)でも、道端でも
食堂でも、美味しそうなものがあれば
なんでも飲むし、食うのだ。

衛生的にどうなの?ってのも、水道水だけでなく
「氷も遠慮するように」ってガイドブックとかで
書かれてるのに、まったく気にしない。
で、「うめぇーー、おまえも飲んでみぃ」と渡されたら
「いやだ!汚い!」とか言えないじゃないですか。

もうね、どうにでもなれ!お腹もお尻も爆発しちまぇ!って
覚悟で飲んだら、
(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!
そして、日本でも滅多にお腹PPにならない体質なんだけど
エジプトでも、まったく大丈夫だったよ。(もち彼も)
ルクソールへ行くときの空港で
日本人観光客何人かが、冷や汗流しながら
トイレに並んでたり、椅子に横たわっているの見て
「あたしは、勝ったのだ」となぜか意気揚々。

エジプト人の人気メニュー(吉野屋の牛丼みたいな存在)
コシャリは、マカロニ、パスタ、ひよこ豆にトマトソース。
炭水化物!!めいいっぱいで、ちょっと食傷。
妄想特急

逆にクセがあると書いてあったモロヘイヤのスープ
美味しくて美味しくて毎晩頼んでました。
地球の歩き方にも「中級エジプト料理」と掲載されている
レストラン『フェルフェラ』
ホテルの人にも、ルクソール旅行を
お願いした現地の旅行会社の人にも
「おいしいエジプト料理が食べたい!」って聞いたら
このレストランを紹介されたよ

(すごいマージンが流れているのか?)
確かに、美味しかった!!@1000円ちょっと
妄想特急

あとは、肉団子系か鶏肉料理(イスラムで牛肉食えんしね)
ミートボールのトマト煮込みに、鳩の詰め物
妄想特急
妄想特急

鳩は昔スペインで食べたとき
骨も多く、身も少ないし、味も大して美味くないよなぁ、と
思ってたんだけど、彼が「鳩だ!食べてみてぇ!」と
無邪気な声をあげていたので、黙ってたよ。

そうなのだ!今回は(って彼とは何度も旅行行ってるのに)
「イヤだ!」とか、「NO」を言わないよう努めたのだ!
エライ!マリリン!(≧▽≦)自画自賛。

いや、なにかあったとき
「あいつも4年前から…」とか
のりPの旦那のように、裏切ってほしくないからねん。
ただでさえ、職場でも、「おまえ、やってるだろ!」と
赤いきつね、緑のたぬき、碧いうさぎ、白いくすり疑惑
やってません! 「ダメ。ゼッタイ。」

エジプトと聞いて、思い浮かぶのは
「ピラミッド」なんだけど、
個人的に思い入れのあるのは
アガサ・クリスティ『ナイルに死す』
それも映画のほうの『ナイル殺人事件』

妄想特急
ナイル河

小さい頃見て、怖くなって夜トイレに行けなかったもん。
旅するに当たって、ん十年ぶりに見返したんだけど
映像も、心理サスペンスも今の映画に比べ、
全然ショッキングじゃないし、

むしろ豪華スター顔見せ興行の『オーシャンズ11』ポアロ版。
ただ、恋人をお金持ちの女友達に奪われ、
ストーカーと化すミア・ファローが怖かったんだっ∑(ll゚Д゚ノ)ノ
(『キャリー』のシシー・スペイセクとか、
中谷美紀とか、肌が頭蓋骨にはりついてる顔ってホラー顔)
彼女に、いまのあたしの狂気を見たのかなぁ?

なので、この旅では何より、
『ナイルに死す』で最初の事件が起きた

カルナック神殿に行きたかったんだ。
美貌の遺産相続人の上に、石がドーーンと落ちてくるシーンね。

朝4時ホテルピックアップの
(その日は緊張して1時間置きに目覚めてた)
ルクソール一日っていう現地発ツアーに申し込みました。
ツアーていっても、あたしたちふたりに
ガイドさんとドライバーがついて バンに乗って行動。
(往復の飛行機と昼食含め @50000円)

妄想特急
妄想特急
妄想特急
妄想特急

ほかにハトシェプスト女王葬祭殿と
ルクソール神殿

妄想特急
妄想特急
あたしの旅行写真は、オシャレな風景やら
現地の人々の息吹が感じられるものではなく
観光地の前で、思いっきり笑顔をつくる自分インの
まさに観光客写真ばっかりです!

(なのでブログに載せる写真があんまりナイ)

で、うちの相方もそれには思いっきし同調してくれるので
旅先でふたりで変なポーズ撮ったりできて、うれしいんだ。
(男の人って、結構そういうベタの嫌がりません?)
で、このルクソールでは、ふたりして
遺跡のように、胸の前で手をクロスする写真ばっかり(゚ー゚;

滞在日数が少なく、有名なアブシンベル神殿や
ナイルクルーズで有名なアスワンには
足を運べなかったんで
カイロでディナークルーズに乗ってきましたよ。

妄想特急
内装は、ちょっと豪華な「ナイル・マキシム」

日本円で最低5000円の食事をしなきゃいけないんで
(それが入船料とか、すべて込み)
今回の旅でいちばんの出費になったけど
(乗る前に、水を買い込むケチさ・笑)

妄想特急

船内では、観光客用に
ベリーダンス
妄想特急

そして、くるくると踊り続け、神様と交流する
スーフィーダンスが見られたよ。
妄想特急
妄想特急

本当にね、クルクルとクルクルと回り続けてるの。
ホテルで、従業員のみなさんに
「見てきたよ!」ってこのダンスのマネ(?)してみせたら
嘲笑されたけど。

カイロのナイル河岸には黄昏時から
たくさんの地元民が集ってくるの。
別にイルミネーションがされてる訳でも
風が吹き抜けるんでもなく
うだるように暑いだけの川べりなんだよね。
数少ないデートスポットなのかなぁ?
ただ、信号も車線もなく、
スピードを上げる車(しかも暴走車)の
合間を
ダッシュで渡るスリルは味わえるよ。

妄想特急
ナイルに夕陽は落ちて。

幼い頃、小学生から中学生のころ、そして今でも
アガサ・クリスティが大好きで大好きで
ハヤカワ・ミステリ文庫を読みふけってました。
犯人、動機のどんでん返しにハマったのももちろんのこと
(『ナイルに死す』のトリックにも驚いてたあの頃)
彼女の描く異国への、旅への郷愁、憧憬が
あたしの心をとらえて離さなかったんだよね。

あの時のドキドキが、あたしの旅行の原動力。

モテたいなら、イタリアやリゾラバ(古いっ?!)
目指すんではなく、中東に行けっ!!

目が合っただけで、微笑みかけられ
笑顔を返すようなら、フレンドリーに話しかけてくる。
それこそ、体を触ってくるし、その先も……。

イスラムの戒律で結婚するまで
自国の女性に手を出せないせいか
男性旅行者にもボディタッチが凄いし
なによりね、同性間セックスに寛容で
世界中のゲイに熱い視線を注がれてる国なの。


って、どんな説明だ!
こんな紹介じゃ、関係者各位に怒られそうだけど
エジプトに行ってきましたっ!!

妄想特急
妄想特急

でもね、街中で男同士が腕組んだり
手を繋いでるんだよ(友だち同士でも)

不思議な国。いや、それが目的じゃ…(*゚ー゚)ゞ

今回ね、夏休みが直前に変更して
(いつもは8月1週目)お盆に直撃。
どこの路線もいっぱいで取れなかったんだ。
不況は?インフルエンザは?どうなった?
手当たり次第、キャンセル待ちしてたら
取れたのが、エジプト。


妄想特急

小さい頃から行きたい国ベスト3に入ってたけど、
漠然と人生後半のメインイベントかな~、と。
でも、今回行く機会に恵まれ
ハッ(;'Д';)!
すでに、あたし人生の後半?!いや終盤なのか?

相方も休みが取れたので、一緒に行くことに。
(エジプト男性にモテモテ計画は頓挫)
ホテルを決めたのも直前、
エジプト文明や遺跡の知識もなく
のぞいたブログや旅本では、
たかりに来るエジプト人のしつこさが
ツラツラと書かれ、インドの悪夢再び?!って
ちょっと、不安だったのですよ。


シンガポール、ドバイでのトランジットも含め
丸々1日24時間の飛行機も……大丈夫かなぁ?
そしたら、行きも帰りの席もイグジットロウが取れて
足を伸ばせたし、トイレを気にする必要もなくGOOD!
しかも一路線、あたしの座席スクリーンが映らず
免税店のUS50ドル金券までもらえちゃった。
香港旅行の経験から「クレームがきっちりできるよう」
英会話を習い始めたんだけど、
ヤッタネ!!(v゜ー゜)ハ 成果出た!

(もちろんそんな金券もらえるなんて思わなかったし、
おだやかに丁寧に言いましたよ。
ありがとうございますm(u_u)m シンガポール航空!)

幸先いいなぁーーと思って現地に着いて……

めちゃくちゃイイ人ばっかじゃんヾ(*'∀'*)ノ
フレンドリーじゃん!!

優しいじゃん、エジプトの人たちヾ(*'∀'*)ノ
あたしがかわいいせいなのか?!
(男ふたりってので、安全だったのかも)

本に書いてあった通り、
カチっカチっと押す3色ボールペン
(販促でタダでもらったやつとか)
持って行ってチップ代わりにあげたら
本当に喜ばれたよ!
今後エジプト行く人は必須だよ!!

お泊りも、3つ☆だけど、世界中の人たちが
評価をつけてるホテルサイト
<Tripadvisor>
外資系のホテルを押さえ堂々の4位の
Talisman Hotel de Charme
妄想特急
妄想特急
妄想特急
妄想特急
妄想特急

こじんまりしたアットホームなホテルで
いろんなことに相談に乗ってくれて、
熱いシャワーも常に出て(コレ大事)快適でした

計画も立てずユルユルダラダラの旅で
彼に付き合って、水タバコを吸いに
行った先のカフェでも、店内中の男性にガン見され
声をかけられたり、優しくされたり
(男性の社交場で、女性は皆無なんだ)

「紅一点」状態で幸せ~ヾ(*'∀'*)ノ
(相手は「紅」だと思ってないが)

妄想特急
妄想特急

彼も、水タバコを気に入り、毎日(時には日に2回)
ふたりで足を運びましたよ。

マンゴやらフルーツ味であたしも挑戦。
煙にむせながら、彼がクスリをやらない人で良かった、と。
あたし、絶対一緒にやっちゃうタイプだなぁ(≧ё≦:)

しばらくエジプト旅行記続きます。
お付き合いよろしくぅ。

↑このページのトップヘ